プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天引き積み立て貯金の威力
「稼いだお金の一部は自分のためにとっておく」

いくつかのマネー本に書かれていた言葉です。最初にこれを読んだとき、意味がよくわかりませんでした。「稼いだお金は、当然すべてのお金が自分のものなんじゃないのか?」と。
しかし、よく考えてみると実際は違うのですね。給料としてもらったお金はまず税金を引かれます。次に、各種支払が待っています。たとえば、家賃、水道光熱費、各種保険料、食費などなど。それらを差っ引いて残ったお金が本当の自由になる自分のお金。しかし、そこからさらに外食、飲み代、雑誌、贅沢品、その他もろもろのお金を使ってしまうと残りはほんのわずか。最悪、お金は残らず、ちっとも貯金できないというわけです。

私のように独身者の場合、「給料すべてが小遣い!」という人もいるでしょうが、そんなことをしていてはお金を貯めることは不可能です。

なので、給料の一部は「最初からなかったもの」と考えた上で、天引き貯金してしまうわけです。これはまさに自分に対する支払であり、さらに言えば未来の自分自身に対する支払であるといえます。

最初は大変ですが、少々ムリをしてでもこれを続けていくと、馬鹿にならない金額になってきます。そして、それこそが、将来、「金の卵を産むにわとり」になります。すなわち、お金がお金を生み出すための原資となるわけです。


また、別の寓話風にたとえて言うとこうなるでしょう。
「今ここに木の実があります。これを今食べてしまうとそれで終わり。でもこの木の実を地面にまいて育てていくと、やがて大きな木に成長し、毎年食べきれないほどのたくさんの木の実を実らせることになるでしょう」

天引き積み立て貯金。これがすべての始まりとなります。

スポンサーサイト
貯金の最初の10万円
えー。ここで私の貯金談義を披露しましょう。

私の場合、貯金を志したのは学生の頃の話なので、けっこう昔の話になります。学生だったわけですから貯金といっても頼みの綱はバイト代のみ・・・。家計簿はその頃からつけていました。まあ、その当時は家計簿というより小遣い帳だったわけですが。
一番大変だったのは、最初の10万円でした。わずかなバイト代から貯金を捻出するのは容易ではなく、ペースは遅々として進みませんでした。けれど、貯金金額が10万円に達すると、次の目標の20万円は(感覚的には)さほど大変ではなくなっていました。思うに、最初の10万円というのは「貯金の習慣」を身に付けるまでの産みの苦しみだったのでしょうね。10万円を貯めるころには、少しずつ貯蓄の習慣が身についてきていたので、次の目標も容易になったということでしょう。

社会人になり、収入も増えると、それまでに身についていた貯蓄の習慣と相まって、貯金はさらに楽になっていました。

・・・と、こう書いてくるとなにやらやたらとケチケチ生活を送ってきたようですが、無駄なお金はビタ一文使わない反面、熟慮した上で欲しいと思ったものはある程度の予算の範囲で、惜しみなくお金を使いました。・・・まあ、その中に衝動買いや無駄使いが全くなかったわけではありませんけど。人間というものはそう完璧にはなれませんしね。

なんだか何がいいたいのかわからなくなってきましたが、要するに

「貯金というのはその習慣が身に付けるまでがもっとも難しい」

ということですね。

スタートラインに立てるかどうか
一般的に世の中というのはお金持ちに有利にできています。

お金持ちはさらに金持ちになるし、貧乏人はさらに貧乏になるようにできているといってもいいでしょう。
「貧乏暇なし」という言葉があります。
「貧乏人ほどよく働く」という言葉も聞いたことがあります。
貧乏な人はその貧乏ゆえに、よりお金を稼ごうと、より多く働こうとする、ということですね。仕事に追われ、時間に追われ、の毎日を送ることになります。
貧乏人の典型的なパターンは以下のようなものでしょう。
本業での稼ぎが少ないから、本業の仕事が終わったら、何かバイトをして稼ぐ。それでも足りないから、また別の仕事を兼業でする。当然体力が続かず、しまいに体を壊して働けなくなってしまいゲームオーバー。

一方、金持ちの生活の典型的パターンはこうなるでしょう。
十分な金額の資産があれば、それを働かせてお金を稼ぐことができます。
たとえば、仮に10億円のお金があればそれを何らかの金融商品で1%の利回りで運用できたとして、毎年1000万円の収入になります(ここでは話の単純化のため税金は考慮していません)。ここで重要なことは、この収入は「不労所得」つまり物理的な労働なしに得られたものであるということです。
また、ここでは1%で計算していますが、現実にはもっと有利な形での運用ができるでしょうから、利益はもっと大きなものになる可能性が高いでしょう。

貧乏人は体を壊すほど働いても貧乏なまま。一方のお金持ちは働かずして大金を稼ぐ。
不公平といえば確かに不公平です。しかし、世の中がそういう風にできている以上、いくらわめいてみても負け犬の遠吠えにしかなりません。

貧乏人が金持ちになるためには、
「スタートラインに立てるかどうか」
で最初の勝負が決まる気がします。
「どうせダメなんだから・・・」と最初からあきらめてしまうか。
あるいは先に書いたように「資産の把握・収支の把握」をスタートし、天引き貯金などで、たとえ、すこしずつでも貯金を増やそうとするか。

つまり、スタートラインに立つ前にあきらめるのか、スタートラインに立とうとする意思があるのかどうか。
そのいずれの道を選ぶかが第一の運命の分かれ道という気がするのです。










貯金なくして投資なし
投資をするためには元となるお金が必要です。
よって、まずは貯金が必要となります。
そして、貯金をするためには
*現在の金融資産(現金・預貯金など)の把握
*家計簿などにより毎月の収支の把握
という作業が必要になってきます。あたりまえのことなのですが、このことがわかっていない人が多いのではないかという気がします。

世の中の風潮を見ていると「お金がないから手っ取り早く株で殖やしたい」という人が多いです。しかし、手順を間違えると生活がほぼ間違いなく破綻してしまいます。
おそらく企業経営などでも同じだと思うのですが、資金的にムリのある経営やどんぶり勘定では会社は成立しないでしょう。一時的に好景気で稼いでも、経理処理がいいかげんでは会社は倒産してしまいます。バブルの時代とその後を見ればそのことがよくわかる気がします。

よって、まずは、先ほど書いたように

*現在の金融資産(現金・預貯金など)の把握
これにより、現在、自分の置かれている状況がわかります。

*家計簿などにより毎月の収支の把握
毎月、家計簿をつけていくとどんなことにお金をどのくらい使っているのかが把握できます。無駄な支出があれば、それを削減し、それを貯金に回します。
そして、貯金の中から投資資金を捻出するわけですね。

数多くのマネー本を読んできて学んだこと。それは
「貯金なくして投資なし」ということでした。

貯金生活。投資生活。のコンセプト
このブログは、管理人の貯金と投資に関するノウハウを考えていこうというものです。
私は、これまで数多くのいわゆる「マネー本」を読み、またそのいくつかを実践してきました。現状ではまだまだお金持ちとはいえませんが、いつかその仲間入りを目指そう!!というものです。

更新は不定期で、月に1-2度程度になるかもしれません・・・。
元来が、横着なもので・・・(T_T)

ノウハウに関するコンテンツは、「貯金」と「投資」の2種類に分類するつもりです。なぜなら、この2つは「お金持ちを目指す」という目的は同じでも、必要なスキルが全く異なるものだと考えているからです。

「貯金は苦手だが、投資でガンガン稼ぎたい!」
「投資は怖いけど、貯金だけで地道にがんばろう」

この2つの考えはどちらもムリがあるように思えます。貯金がないのに投資をしようというのは無謀です。もし誤って損失を出してしまうと生活が破綻します。第一、精神衛生上よくありません。
また、投資を一切しないで貯金だけでお金持ちを目指すというのもかなりムリがあります。途方もない時間がかかってしまうからです。

大事なのは、貯金と投資のバランスで、その両方の知識とスキルを磨いていくことこそがもっとも大切なことだと考えます。
というわけで、このブログでは、

*マネー本を読んで覚えた貯蓄と投資のノウハウ
*私の貯金体験記・投資体験記
*世の中のお金をめぐる風潮やニュースをみて思ったこと

といった内容にする予定です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。