プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご当地ファンドを買う人の心理について推測してみる
この前書いた、ご当地ファンドに関する記事の続編です。
前回の記事へのリンクはこちら。

ご当地ファンドで地域貢献というけれど


今日は、ご当地ファンドを買う人の心理について考えてみたいと思います。
前回の記事で、ご当地ファンドというものをあえて買う理由はない、ということを書きましたが、それではあえてご当地ファンドを選ぶ人の心理というものは果たしてどういうものなのでしょうか?



私が思うに、投資でお金を稼ぐことに対する一種の罪悪感のようなものこそが一番大きいのではないか、という気がします。どういうことかというと、「額に汗して働いてお金を稼ぐのはいいが、投資でお金を右から左に動かすだけでお金を儲けるのはよくない。でも、ご当地ファンドなら地域貢献にもなるわけだから、社会的にも非常に意義がある。あくまでも地域貢献が主で、金儲けは二の次だ」と考えているのではないか?ということです。



要するに、投資でお金を稼ぐことに対するある種の罪悪感に対する「免罪符」としての意味が大きいのではないでしょうか?日本人というのは、とかく「不労所得」というものを悪いことのように考える人が多いので、「これは金儲けを目当てとした投資じゃない。あくまでも地域貢献のための投資だ」という理由付けが欲しい人がこうしたファンドを買っているのではないかと私は推測しました。
また、「あくまでも地域貢献のための投資だ」と考えることで、たとえ損失を出したとしても、「結果としては損失を出してしまったが、自分の出したお金が地域貢献になったというのなら別にいいじゃないか」という言い訳も成り立ちます。なぜなら、あくまでも地域貢献が主体だったわけですから・・・


---------------------------------------------

今日書いたことは、私の単なる推測でしかありませんから、もしかしたら間違っているかもしれません。しかし、地域貢献を全面に押し出すことで、初めて投資をする人の背中を押すことなったことは確かではないか、という気はします。いずれにしても、こうした理由でご当地ファンドへ投資することは、投資家としては決して合理的とはいえないと思います。もしかしたら、「本来なら投資するほどの価値もないご当地企業を応援」しているだけかもしれないからです。私の投資基準は、「応援したい企業よりも儲かる企業」が基本です。「地域貢献」などという言葉を持ち出した段階で、もはや投資家としては失格だと思っています。


前回の記事の繰り返しになりますが、本当に地域貢献をしたいのなら、地元企業・個人商店で商品を買ってあげるか、寄付でもすればいいのだと思います。投資はボランティアではありません。投資というものは、あくまでも「利益を出すこと」こそが目的なのですから。





スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

過去の投資を振り返って [運用初年度・2003年末時点の運用利回り]
今日は、「過去の投資を振り返って」ということをテーマに記事を書きます。そんなわけで、私が投資の世界に実際に足を踏み入れることとなった2003年にスポットを当ててみます。

そんなわけで、2003年末時点での運用利回りを公開しておきます。

--------------------------------------------------
2003年12月30日時点での運用利回り

*TOPIX連動型上場投資信託 投資収益率 -1%  年間収益率 -4%
*HSBCチャイナオープン  投資収益率 +7%  年間収益率 +66%
*日本プライムリアルティ 投資収益率 +7%  年間収益率 +28%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 投資収益率 (データなし)  年間収益率 (データなし)
*外貨建てMMF(ユーロ) 投資収益率 (データなし)  年間収益率 (データなし)
*純金積み立て 投資収益率 (データなし)  年間収益率 (データなし)

------------------------------------------------------

これは投資を開始してから最初の年の決算書のデータをもとにしています。
なお、このときは外貨建てMMFに関して利回りのデータを出していませんでしたので、データなしとなっています。純金積立は今と同じく利回りを把握できていません。

現在は高い利回りを出している日本株式ETFのTOPIX連動型上場投資信託も、このときはマイナスリターンでした。
HSBCチャイナオープンと日本プライムリアルティについては、いずれも+7%。なお、この2つに関しては、年間収益率がやたらと高くなっていますが、これはまだ投資を始めてから日が浅いということもあって、年利換算での利回りが非常に高くなっているものと推測されます。

現在の運用利回りと比較すると、ずいぶんと低い利回りですが、TOPIX連動型上場投資信託、HSBCチャイナオープン、日本プライムリアルティの3つを合算したときの利回りは投資収益率 +4%、年利換算 +19%となっていて、これでも十分な利回りになっていると言えます。

そういえば、この当時はまだ現在のポートフォリオの中核となっているトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドはまだ全く保有していませんでした。アセットアロケーション(資産配分)をどうすべきかまだ検討中の時期だったように記憶しています。投資金額自体も、今と比べればずいぶんと少額でした。このころはまだ資産の大半は預貯金の形で保持していたのです。


この当時は、まだまだ知識不足で、文字通り試行錯誤していたことを思い出します。日本の株式市場も低迷していたころではありました。低迷していた頃に投資を始めたからこそ、その後の上昇の恩恵を最大限に受けることができたのだといえますね。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

投資収益と労働意欲の微妙な関係(2)
前に書いた記事の続編です。前回の記事へのリンクはこちら。

投資収益と労働意欲の微妙な関係


前回、「投資を始めて以来、労働意欲は低下するどころか、むしろ向上した」と書きました。今日は、そのことについてもう少し詳しく書いてみたいと思っています。

私が投資を始めるまでは、資産形成の手段は、「給料の一部を貯金する」ことだけでした。もちろん、これは非常に重要なことで、貯金ができていなければ、資産形成など夢のまた夢であることは間違いありません。しかし、その一方で、ある種の虚しさを感じていたこともまた確かなことではありました。つまり・・・


「自分がもらえる給料の金額なんてたかが知れている。いくら節約に力を入れてお金を貯めてみたところで、結局は自分の生涯賃金以上のお金を手に入れることはできないわけだから、たとえ一生働いても貯められるお金には限度がある」


という想いが常に心の中にあったのです。そしてもう一つ、



「いくら頑張って仕事をしてお金を稼いでも、お金持ちになるなんて夢のまた夢。年金だって将来はどうなるかわからないし、下手すると定年退職どころか、生活費を稼ぐために年をとっても寿命間際のぎりぎりまで働かないと最低限度の生活もできなくなってしまうかも・・・?」


ということも考えていました。これは貯金計画を立てていると必然的に分かる話で、「1年間に貯金できる金額×労働年数」によって、最終的に貯められるお金は計算できてしまいます。今の世の中、年齢とともに給料が上がっていくほど甘くはありませんから、なおさらそう思ってしまうのです。皮肉なことに、私には貯金に関する計画性があったがゆえにそうした冷酷な現実を認めざるを得なかったのです。


これは一種のあきらめに近いものでした。


ところが、私が投資というものを知るようになり、それを勉強していくうちに、そのあきらめは希望へと変わっていったのです。その変化は非常に大きいものでした。幸いにして、私には学生時代からスタートさせ、社会人になって以来ずっと貯め続けてきたそれなりの金額の貯金がありました。これをうまく活用すれば自分の生涯賃金のレベルを超える、大きな資産形成が可能になるかもしれないということに気付いたのです。そして私は実際に2年間にわたる投資の勉強を行った末に、実際に投資をスタートさせたわけです。
そして、その後の私の心境の変化は劇的なものがありました。


かつて、私にとっての会社での労働は、あくまでも「日々の生活費を稼ぐため」のものに過ぎませんでした。それが、「投資資金を稼ぐための労働」に変わったのです。つまり、「投資という、人生をより豊かにするための資金を稼ぐための労働」に変わったわけです。投資資金をうまく複利運用できれば、たとえ小さな金額の積み立て投資であっても、長期的には非常に大きな金額になることも学びました。


こうした心境の変化によって、私は働くことが楽しくなってきたのです。「生きるためには一生涯働き続けるしかない」というあきらめから、「労働以外の手段でお金を稼ぐ手段」を得たことによって、人生の選択肢が大きく広がるのを感じたわけです。


そして、私は今、経済的自由・早期リタイア可能な経済状態を目指しているわけですが、今は「今日の労働によって、経済的自由へと一歩、また一歩と少しずつ近づいているのだ」ということを考えながら毎日毎日働いています。


最後に一言。
投資というものは、決して楽してお金を儲けようというものではなく、むしろ勤勉に働く人に希望を与えるものではないか、という気がします。額に汗して働くことを好む人たちが真に報われるためにこそ、投資というものが必要だと思うわけです。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

投資を人に語ることの難しさ(2)
ずいぶん前に書いた記事の続編です。
過去の記事はこちら。

投資を人に語る難しさ


ポートフォリオが大きくなるにつれて、投資を人に語ることの難しさというものをますます強く感じるようになってきました。投資によって資産総額が大きくなってくると、もはやその金額を軽々しく口にできないということももちろんあるのですが、今日書くのは、それとはまた別の話です。

かつて私は、「1000万円ものお金を投資するなど、正気の沙汰ではない」と考えていました。その理由は簡単で、「投資には元本保証というものがないわけで、1000万円ものお金をリスクにさらすなど、まともな人間のやることではない」という理屈です。

また、「もし私が1000万円ものお金を運用するようになったとしたら、恐らくお金を減らすのが心配で夜も眠れなくなるのではないだろうか?」と考えてもいました。つまり、大きな利益を得る代償として、「心の平安」を失うことになるのではないか?と思っていたのです。そしてその不安は、投資資金が増えれば増えるほど、より大きなものになっていくのだろうと・・・。


しかし今、実際に1000万円超のお金を運用するようになってみて、それが大きな間違いであることに気付きました。以前の記事、1000万円を運用してみてわかったことで、私はこう書きました。


-------------引用開始-------------------------------

「投資とは利益を出すことが重要なのではない。いかにリスクとうまく付き合い、リスク管理をするかということであり、経済環境の変化に対して耐えられるようにすることこそが重要なのだ」

-------------引用終了-------------------------------


これが真実だったのです。私は、このことがわかってから、以前にも増して投資に対して安心感を持っていられるようになりました。しかし、こうしたことをどうやって人に説明したらいいのか?ということになると、正直、うまく話すことができません。
こればかりは経験してみないとわからないだろうと思うのです。それゆえに、私は「人に投資を語る」ということがどうしてもできません。


「投資で一番大事なことは、リスクとのうまい付き合い方を学ぶこと。」


言葉にするとわずか一行で済みます。しかし、この言葉には実に深い意味がいくつも込められていると感じます。今の私にとっては、投資することとリスク管理をすることとは等価であるといっても差し支えありません。しかし、しかし・・・これをわかりやすく説明するということは私にとってはあまりに難解すぎるのです。

「投資って儲かるの?」「何を買ったら一番儲かるの?」ということを聞きたがる人にはどうにも答えようがないのはもちろんですが、投資について説明しようとして、「投資で一番大事なのは利益を出すことではなくてリスク管理なわけで・・・」なんていう説明の仕方をしたとしても、聞いている人は「何それ?どういうこと???」となってしまうのは目に見えています。

たかが投資。されど投資。投資というのは実に奥が深いものだ、とつくづく思ってしまうのです。


-----------------------------------------

個人的な都合&会社の仕事上の都合により、一週間ちょっとの間、ブログの更新をお休みします。次回更新は6月24日の日曜日の予定です(もしかしたら、6月20日頃にも更新できるかもしれませんが、この期間は何かと忙しいので・・・)。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

積み立てによるリバランスの限界
私は、ポートフォリオのリバランス・調整を行うときの基本的な考え方として、「値上がりした資産を売り、下がった資産を買う」という方法ではなく、「売却は原則として行わず、相対的に低い比率になっている資産クラスに対する積み立てをすることで、結果的にポートフォリオを調整する」という方法をとっています。
しかしながら、ポートフォリオが大きくなってくるにつれて、この方法にも段々と限界が見えてきました。



要するに、積み立て金額よりも、ポートフォリオ全体の値動きの方が遙かに大きいので、もはや積み立てによるリバランスが難しくなってきた



ということなのです。この傾向は、今後ポートフォリオがさらに大きくなるにつれて、ますます顕著になってくると思います。そして最後には、積み立てによるリバランスという作戦は完全に破綻してしまう可能性が高くなりそうです。
そんなわけで、いずれは本来の意味でのリバランス、すなわち、「値上がりした資産を売り、下がった資産を買う」という方法をとらざるを得なくなるかもしれません。

私が投資を始めた頃、どうしてわざわざコスト(売買手数料・税金など)をかけてリバランスを行うのかがよく分からなかったのですが、ようやくその理由が分かってきたというわけです。


「積み立てによるリバランスは、投資資金が小さいうちは極めて有効だが、資金が大きくなってくるともはや有効ではなくなる」というのは、私にとっては大きな発見ではありました。よく考えてみると当たり前のことなんですけどね・・・。



今回の件に限らず、投資額の増加とともに、投資戦略の変更を余儀なくされるケースというのは、今後もまた出てきそうな気がします(-_-)


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

今更ですが・・・あの映画ファンドはどうなった?
ずいぶん古い話題で、今更ではあるのですが、過去の映画ファンドの話題です。先日図書館で借りてきた週刊東洋経済の2007年3月10日号「著作権は儲かる」という特集の中で記事が載っていたので、一応書いてみることにしました。

今回書くのは、2004年11月に松竹によって立ち上げられた「忍 SHINOBI ファンド」について。


週刊東洋経済によると、1000人を超える個人投資家から約5億円の資金を集めたそうです。で、その結果ですが・・・
制作費が15億円に対して、興行収入は13.5億円。DVDの売り上げも振るわなかったようです。
その結果、出資額10万円当たりの償還金額が8万9000円(元本60%確保タイプ)という元本割れに終わったとのことです。


「映画ファンド」という発想は面白いと思うのですが、いつも書いているように、やっぱり「応援すること」と「投資すること」とは別個のものとして考えるべきだなあ、というのが私の率直な感想です。


映画ファンドに限らず、今後も様々な投資商品が出てくるのでしょうけど、やはり一般の個人投資家の場合は、無難にインデックスファンドで運用するのが一番いいのかもしれません。インデックスファンドには面白みは全くありませんが・・・。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

バーチャルトレードの体験談
以前、いわゆるバーチャルトレードというのをやってみたことがあります。仮想資金を使って投資し、利益額を競うというやつです。
で、その時の運用成績がどうだったのかというと・・・



結果はさんざんでした (-_-;)



現実の運用と同じように、TOPIX連動型ETFを買ってみたのですが、たまたま時期が悪かったらしく、みるみるうちに価格が下落。利益が出るどころか、あっという間に仮想資金の約10%を失う結果に。

バーチャルトレードのゲーム期間は、確か3ヶ月間(うろ覚えですので念のため)だったので、かなり短期での勝負となってしまうこともあって、全力買いをしたわけですが、それが裏目に出てしまったようです。

で、バーチャルトレードをやってみて思ったことがあって、それは何かというと・・・


現実の取引とバーチャルトレードは感覚が違う


というものでした。まあ、当たり前といえば当たり前なんですが・・・。一番の違いは「投資資金に対する意識の違い」です。バーチャルトレードは所詮は仮想資金に過ぎず、投資資金に対する重みがありません。よく、「バーチャルトレードではうまく利益が出るのに、現実のトレードでは損ばかりしてしまう」という話を聞きますが、私に限っては全く逆の結果となってしまいました。現実のお金を使った取引では、熟慮に熟慮を重ねて、高値づかみを避けるために時間の分散をしながら少しずつ買い進めるのに対して、バーチャルトレードでは、ゲーム期間が短い上に、「しょせんは仮想資金だから・・・」ということもあって、何も考えずにビシバシと買い進めていったわけです。


私はどうやらバーチャルトレードには向いていないようです。


それでも、バーチャルトレードでは損失がせいぜい10%程度のマイナスで済んだのは、ETFだったからだと思います。これがもし個別銘柄だったら、もっと損失が大きくなっていたに違いありません。
そんなわけで、バーチャルトレードでは何一つ学ばないまま、すっかり興味を失ってしまいゲームを終えたのですが、それでも一つだけ学んだことがありました。それは・・・


「株式投資で損をするというのはこういうことなのか」ということを実感できた


ということなのです。私の場合、現実のお金を使った取引では、投資を開始して以来、一時的・部分的な元本割れはあっても、ポートフォリオ全体としては毎年プラスリターンだったので、「損をする」「塩漬けにする」ということの感覚がわからなかったのです。それがほんの少しだけわかった気がしました。


しかしながら、それ以外のことに関してバーチャルトレードで学んだことは・・・残念ながら何もありませんでした。


私はいまだにバーチャルトレードの意義がよくわかりません。「自分が汗して働いて貯めたお金」と「単なる仮想資金」とでは意識が全く違いますし、ゲーム期間があまりに短すぎて、短期売買しかできません(もしかしたら、もっとゲーム期間の長いバーチャルトレードもあるのかもしれませんが、いわゆる「長期投資」に耐えうるほどのバーチャルトレードってあるのでしょうか?)。そんなわけで、バーチャルトレードでの経験が現実の投資で役立つのかどうかということについてもよくわかりません。これが投資教育になるとも思えません。投資教育どころか、「単なる証券ギャンブラー養成のための博打教育」のようにも思えます。結局、バーチャルトレードというのは「短期売買をしてもらって手数料を稼ぎたい証券会社の仕掛けた罠」だという気がするのですよね・・・。バーチャルトレードというものに対して、大きな存在意義を見出す人もたくさんおられるようですが、少なくとも、私の投資感覚とは大きなズレがあったのは事実です。






テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。