プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて投資をしたときの恐怖心

今日は、私が初めて投資をしたときのことを書いてみたいと思います。
私が初めて投資型商品を買ったのはソニー銀行での外貨建てMMFの米ドルで、そのとき買った金額は、1万2000円くらいのものでした。
今にして思えば、その金額はごく小さなものです。何しろ、現在の投資額は1000万円を超えてしまっているのですから・・・。それでもなお、私はそのお金を投資するのを相当に迷ったのを覚えています。



注文確定の際には、マウスを持つ手が震えていたかもしれません。



私は、投資というものに対してそれほどの抵抗感を持っていたのです。何しろ、長年にわたって堅実に貯めてきたお金です。あぶく銭ではないのですから、ある意味でそれは当然のことだったとも言えます。
堅実に貯めてきたお金だっただけに、「元本割れするかもしれない恐怖」におびえていたのです。たとえわずかな元本割れであっても、耐え難いものがあるのではないか、と考えていたのです。自分のリスク許容度については未知数でしたので、なおさらでした。



そして、注文確定のクリックをしたときにはこう考えました。
「ああ、もうこれで後戻りはできないんだ・・・」と。



今にして思えば非常に大げさな反応だったかもしれません。しかし、それまで貯金一辺倒であった私にとっては、いかに投資の勉強をしてきたとはいえ、その心理的抵抗はすさまじいものがあったのです。

・・・その後、2回目からは最初の時のような抵抗感は少しずつ薄らいできました。しかし、同時に「慣れとは恐ろしいものだ」と感じたものです。例えとしては不適切かもしれませんが、初めて借金をするときには強い抵抗感があるが、2回目からは慣れてしまってなんとも思わなくなるのと同じようなものでしょうか。

「慣れ」というと聞こえはいいのですが、別の視点で見れば「感覚が麻痺してくる」とも表現できるかもしれません。


投資において、「慣れ」や「感覚の麻痺」というのは、見方によっては非常に危険なものだともいえます。積み立て投資を重ね、その結果として非常に大きな投資資金を運用するようになっても、何も感じなくなってしまうからです。


この感覚の麻痺というのは、すなわち「金銭感覚の麻痺」を意味しています。


このことを考えたとき、私は時々自分が恐ろしくなることがあります。すでに1000万円超という巨大なお金を運用していることに対して何の抵抗感も持っていない自分自身に対して・・・。
理想としては、初めて投資をしたあのときの恐怖心を決して忘れないようにしたいとは思っているのですが、残念ながらもはやそれはできそうになさそうです。


結局、慣れとは恐ろしいと思いつつも、より多くの利益を求めて前へ進むしかなさそうです。このことがいいことなのか悪いことなのかはわかりませんが・・・。




スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

日本株式比率を低くする理由
現在、私は日本株式資産クラスの比率を低くするべく、インデックスファンドTSPやTOPIX連動型上場投資信託への追加投資をストップしていますが、そもそもなぜ日本株式の比率を低く抑えようとしているのかという理由を書いておきたいと思います。もっとも、その理由はいたって単純です。それは・・・



少子高齢化が確実に進み、人口が減少していく中で、日本経済がさほど成長するとはどうしても思えない



ということです。もちろん、自分の住んでいる国である以上、日本が今後とも成長を続けることを期待したいとは思いますが、長期的に日本の未来というものを考えると、どうしても明るい材料を見つけることができません。投資家さんの中には、「投資=日本株式の個別銘柄への投資」というイメージしか持っていない人も大勢いるようです。しかしながら・・・



もはや日本株式のみで儲けることのできる時代はすでに終わっているのではないか?



との思いがどうしても消えません。日本株式というのは、確かに最も身近な資産クラスではあります。しかし、身近な資産クラス=儲かる資産クラスというわけではありませんし、今後、日本が迎えるであろう超高齢化社会のことを考えるとうんざりとしてしまうのです。もちろん、今後も日本で生活を続ける以上は、この状況から目をそらすわけには決していきませんが・・・。

ともあれ、そんなわけで日本株式資産クラスを低く抑え、外国株式資産クラスの比率を高めようとしているわけです。もっとも、日本株式資産クラスへの追加投資は全くやめるわけではなく、さわかみファンドへの追加投資は今後も継続する予定なので、スローペースながら日本株式への追加投資は行うことになります。しかしながら、さわかみファンドへの積み立て投資よりも、外国株式資産クラスへの積み立て投資の方へはるかに重点を置くという方針には変わりはありません。


結局、私としては、「日本国民の一人としては、日本経済の成長が今後とも続くことを願うが、決して大きな期待はしない」ということになりそうです。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

運用利回り(2007年11月23日現在)
今日は、運用利回りの公開です。大きく円高が進んでいるので、ついでにソニー銀行での為替レートも備忘録として明記しておきます。


-------------------------
運用利回り(2007年11月23日現在)

*TOPIX連動型上場投資信託 投資収益率 +18.9%  年間収益率 +7.2%
*インデックスファンドTSP 投資収益率 -11.1%  年間収益率 -11.7%
*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 投資収益率 +14.0%  年間収益率 +9.8%
*さわかみファンド  投資収益率 +7.5%  年間収益率 +3.8%
*HSBCチャイナオープン  投資収益率 +196.0%  年間収益率 +37.6%
*HSBCインドオープン  投資収益率 +74.2%  年間収益率 +44.1%
*日本プライムリアルティ 投資収益率 +66.3%  年間収益率 +17.5%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 投資収益率 +8.9%  年間収益率 (データなし)
*外貨建てMMF(ユーロ) 投資収益率 +30.1%  年間収益率 (データなし)
*純金積み立て 投資収益率 (データなし)  年間収益率 (データなし)

参考:1米ドル=107円49銭、1ユーロ=160円52銭(ソニー銀行)

-------------------------

商品説明(一部のみ)

TOPIX連動型上場投資信託(証券コード1306)・・・TOPIX連動型ETF

インデックスファンドTSP・・・TOPIX連動型インデックスファンド

トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド・・・米国バンガード社の4種類のインデックスファンドに投資するファンド・オブ・ファンズ。日本以外の世界主要各国の株式に投資する。為替リスクあり。

日本プライムリアルティ(証券コード8955)・・・J-REIT

純金積み立て・・・田中貴金属工業にて純金積み立て。

※外貨建てMMFの投資収益率は、円換算のものです。
※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。

-------------------------

運用利回りは大きく下落。現在保有する中で最も運用利回りが低いのはインデックスファンドTSP。マイナス11%程度の元本割れ。前に書いたとおり、これについては当面の間、追加投資を行う意思はありません。
一番の主力ファンドであるトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドも大きく下落しています。
現状、一番運用利回りが高いのはHSBCチャイナオープンとHSBCインドオープン。高コストのファンドではあるのですが、全体的に大きく下落する中で、圧倒的な運用利回りの高さを誇っています。これでこそ、あえて新興国に分散投資をしてきた意味があるというものです。


2007年8月の記事、運用利回り(2007年8月15日および8月18日現在)において、「株価下落傾向の長期化も覚悟しています」と書いていましたが、どうやらやはり長期化しそうな雰囲気ではあります。しかし、長期投資という視点で見れば、バーゲンセール・超大安売りが当面の間は続くという考えもできるわけですから、今後も「時間の分散」を意識しつつ、以前から表明しているとおりトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドに重点的に追加投資する計画。今回ばかりは元本割れも覚悟していますが、たとえそうなったとしても追加投資の手を緩めるつもりはありません。

安いときに買っておけば、やがて回復に向かったときに大きく報われるのですから、問題ないと思っています。こうしたことも、比較的値動きの緩やかなインデックスファンドだからこそできること。個別銘柄投資ではさすがに恐ろしくてできません。


円高ドル安も大きく進んでいます。外貨建てMMFの米ドルを見ると、それでもなお円建てで+8.9%の利益。これもドルが極端に安いときに買っていたからこそですね(もちろん、分配金の再投資をしてきたおかげでもあるのですが)。


ポートフォリオの現状はこんなところです。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

若いうちは貯金より自己投資だというけれど
いわゆる自己啓発に関する本を読んでいると、よくみかける主張があります。それは、「若いうちは貯金などしないで、自己投資にお金を費やすべきだ」というもの。
私は、この主張に対して、半分は賛成するものの、100%賛同することはどうしてもできません。それはなぜかというと・・・



(1)自己投資というものは、もっとも評価が難しい投資である
(2)いざという時にお金がないとどうにもならないことがある



と思っているからです。
まず上記(1)についてですが、実際のところ、自己投資ほど難しい投資は他にないでしょう。一歩間違えれば、「自己投資という名の浪費」になってしまう恐れも十分にあります。よく、「自己投資は最もリターンの高い投資である」と言われますが、それは自分という最大の資産を適切に、そして客観的に評価できてこそ初めて言えることだと思います。現実問題として、自己の適性・能力・可能性を冷静・適切・客観的に評価できる人というのはそうそういないのではないでしょうか?ほとんど場合、試行錯誤しながら、迷いながら、一歩一歩手探りで自分の適性を見出すしかないのではないかと思います。そういう意味では、自己投資で使ったお金の大半は無駄になってしまう恐れが十分あり得ると思います。

また、自己投資と浪費の区別がきちんとついているか?という問題もあります。私自身、自己投資という名目で、勉強しようとおもっていろいろと本を買いこんでいた時期があったのですが、その多くがただの無駄金になってしまったという苦い経験があります(-_-;)



そこで、自己投資のためにお金を使う際には、「これは本当に自己投資になっているのか?」と自問自答することが必要だと思います。



で、上記(2)の「いざという時にお金がないとどうにもならないことがある」ということにつながるのですが、これは例えば仕事を失ってしまったときに、全く貯金をしていないとのっぴきならない状況に追い込まれてしまいます。
ある程度の貯金があれば、そんなに焦って仕事を探す必要もありませんし、仕事を見つける前に旅行に行って気持ちをリフレッシュしたり、スクールに通ってスキルアップを図ったりすることも可能です。何よりも、お金の余裕は気持ちの余裕につながります。
これがもし、今月の家賃も払えないような状況ですと、とにかく今すぐに仕事を見つけなければならず、焦るあまりによく考えないままに行き当たりばったりで仕事探しをしてしまい、結果として低賃金でなおかつ自分の能力にも合っていない仕事にも飛びついてしまう、などということになりかねません。

また、仮に何か素晴らしいビジネスを思いついたとしても、元手となるお金がなければどうすることもできません。「お金がなければ借りればいい」という意見もありますが、そもそもまともにお金を貯めることもできないような金銭感覚というのは、それ自体が大きな問題ではないかという気もします(少なくとも、私であれば、全くお金を持っていない人に対して、事業用のお金を出資したり貸したりするということはあり得ません。ビジネスをしようとしているのに、お金を持っていないということ自体がナンセンスだと思うからです)。


そんなわけで、「若いうちは貯金より自己投資」という主張には100%の賛同ができないのです。
私としては、自己投資に50%、貯金に50%くらいの感覚が私にはしっくりときます。要は、両者のバランスが重要だと思うわけです。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

今後のアセット・アロケーション(資産配分)と積み立ての検討
この前、アセット・アロケーション(資産配分)を公開しましたが、今日はそれに関連しての話題です。

前回の記事はこちら。
アセット・アロケーション(2007年11月4日現在)


今日は、今後のアセット・アロケーション(資産配分)と積み立て計画についてです。

まず、日本株式クラスへは、さわかみファンドを除き、積み立てを当面の間は停止することに決定。
これは、従来からの方針通りで、日本株式の比率引き下げのためのものです。

トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドへの重点的な追加投資も、従来通りから変更なく、そのまま継続。とはいえ、サブプライムローン問題の影響がどこまで大きくなるのかが今なお見極められないので、しばらくの間は慎重に追加投資を行いたいと思います。



今のところ、一番迷っているのは、中国・インドの新興市場への積み立て投資をどうするか、という問題。
前回公開時のデータを見ると、HSBCチャイナオープンの比率が9%、HSBCインドオープンの比率が8%となっていて、この二つを合算すると、ポートフォリオ全体の17%を占めています。前々から、新興市場の比率は低めにすると書いておきながら、実際の比率は17%にもなっているのですから、これでは低い比率とは言えません。

新興市場に関しては、トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドの中にも含まれているので、新興市場の比率はもう少し高いものになりそうなのですが、新興市場の比率をどの程度にすべきなのか、いつも判断に迷います。長期的には無視できない存在だと思いつつも、リスクも大きいわけで、今後の投資計画を考える上で、一番難しいポイントではあります。

中国とインドに関しては、ポートフォリオの中でもトップクラスのリターンをもたらしています。それだけに、下げに転じた時の影響も非常に大きなものになります。


今後、新興市場の比率をどうするかが、ポートフォリオ全体の運用利回りを考える上で、重要なポイントになりそうです。
試行錯誤は今後も続きます。





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

2007年10月の家計簿は、損切りの影響で赤字になりました
先月(2007年10月)の家計簿が月次ベースで赤字になりました。その最大の要因が東京グロースリート投資法人の損切り売却です。金額は非公開ですが、損切りを実施したことが原因で赤字に転落したというのは初めての経験です(損切り売却したのが初めてなので、当たり前のことですが)。
今回の赤字金額は、節約でカバーできる金額を超えてしまっていましたのでどうしようもありませんでした。


とはいうものの、損切り売却に関して、私は今なお全く後悔してはいません。東京グロースリート投資法人を持ち続ける理由がなかったのですから、赤字になろうとも損切りは正しい決断だったと考えているのです。


今回初めての損切り実施に際して、私は「損切りの痛み」というものをほとんど何も感じていないということに気付きました。これは、損切りの痛みよりもむしろ、「投資対象を無駄に持ち続けることによる損失」を重視するという姿勢がちゃんと身についたからだと考えています。つまり、投資対象を無駄に持ち続けるよりも、そのお金を他の投資対象に向かわせることでより有効に活用する方がいいという考え方に素直に従えるようになったということです(もっとも、売却代金相当額を、今この時期にトヨタアセット・バンガード海外株式ファンド購入にあてたという投資判断が適切だったかどうかはなんとも言えませんが・・・)。


損切りに関しては、私は短期投資家の潔い損切り姿勢から学ばなければならないと常々考えてきましたが、どうやらそれはきちんと身についていると考えて良さそうです。


バイ&ホールドすべきものはしっかりとホールドし続ける。一方、切るべきと判断したときは、損切りしてでもばっさりと切り捨てる。これは長期投資家であっても、しっかりと使い分けるべきものだとあらためて思った次第です。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

好きな経済誌と、読む理由
私は、これまでに様々な経済誌を読んできました。週刊ダイヤモンドはかつて定期購読していましたし、週刊東洋経済、週刊エコノミスト、日経ビジネスも図書館で借りて読んでいます(図書館で借りている分に関しては、特に興味のある号だけではありますが・・・。そもそも、新しい号は既に借りられていることが多く、なかなか借りることができないのです)。
その中で、一番好きなビジネス誌は何かと問われれば、迷わず日経ビジネスと答えます。

私が日経ビジネスを好きな理由。それは・・・


日経ビジネスは、人を中心にした記事が多いように思うからです。


企業の経営資源には、人・カネ・モノに分けるとすると、以前にも書いたようにその中心にあるものはあくまでも「人」であることは疑いの余地がありません。なぜならば、カネもモノも、それをどんな風に動かすかを決めるのは人だからです。カネ・モノだけではビジネスは成り立たず、頭脳となり、労働力となる「人」の存在がなければどうにもなりません。

そういう意味で、人を中心として記事をまとめていることが多い日経ビジネスというのは、もっとも好きな経済誌なのです。


これはあくまでも私の独断と偏見によるものですが、「人を中心にした記事構成」という意味では、他誌(ダイヤモンド、東洋経済、エコノミスト)では到底及ばないという気がするのです。


私は経済誌を読んでいるといっても、別に投資判断を下すために読んでいるというわけではありません。インデックスファンドをメインとする投資家にとっては、そんなものは無意味だと思っているからです。それでも私が経済誌を読む理由は、経済や社会の動向を知るというそれ自体に意味があると考えているからです。


投資判断には一切使わないとはいえ、投資家としての視点で経済誌を読むとまた違った視点が見えてくるものです。具体的に答えよと言われると明確には答えられないのですが、投資家としての視点で経済誌を読むと、経済というものが非常に身近に感じられるのです。私は投資を始める遙か以前から経済誌を読んでいましたが、その頃は、経済の記事などはどうしても「自分とは直接は関係のないこと」という認識でしたので余計にそう思います。



私は経済誌を投資判断に使っているわけではありませんので、そういう意味では経済誌を読むためにあえて時間を割くというのは、投資家としては合理的ではないのかもしれません。それでもなお、経済を読むことには意味があるのではないかと思います。経済誌を読むということは自分が生活している社会をより詳しく知ることにつながるからです。そんなわけで、投資の勉強とは無関係であっても、やはりこれからも経済誌を読み続けたいと思っています。





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

アセット・アロケーション(2007年11月4日現在)
久々のアセット・アロケーション(資産配分)の公開です。データは2007年11月4日にまとめたものです。
最近、ポートフォリオ管理の手抜きぶりがさらに一層ひどくなっていて、アセット・アロケーションをまとめるのは数ヶ月ぶりです。


--------------------------------------------

*ETFおよびインデックスファンド(日本株式) 比率 15%
*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 比率 26%
*さわかみファンド 比率 4%
*HSBCチャイナオープン 比率 9%
*HSBCインドオープン 比率 8%
*J-REIT 比率 10%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 比率 13%
*外貨建てMMF(ユーロ) 比率 12%
*純金積み立て 比率 3%

(注)
※公開している比率は投資商品のみの合計で100%としており、預貯金など元本保証型の金融商品については除外しています。
※ETFおよびインデックスファンド(日本株式)は、TOPIX連動型上場投資信託(ETF)とインデックスファンドTSPを合計したものです。
※J-REITは日本プライムリアルティのことです。
※外貨建て商品は円換算のものです。
※純金積み立てのみ購入価格。それ以外は全て時価です。

--------------------------------------------


重点的に積み立て投資を行ってきたトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドの比率が上がっています。前回公開時(2007年7月1日時点)では21%だったものが現在は26%になっています。日本株式ETFおよび日本株式インデックスファンドの比率は前回と変化なし。J-REITの比率が前回公開時は15%だったのが10%に低下。これは東京グロースリート投資法人の売却の影響でしょう。外貨建てMMFの比率は米ドル、ユーロともに大きな変化はなし。外貨建てMMFは全く買い増ししていませんが、分配金は全て再投資されています(とはいえ、分配金が出るたびに税金をとられているので、投資効率は悪いのですが・・・)。HSBCチャイナオープンとHSBCインドオープンの比率が上昇していますが、これは基準価額の上昇分の影響が大きいものと思われます。

それから、純金積み立ては比率3%になっていますが、これだけは時価ではなくて購入価格で算出しているので、実際の比率はもう少し高いはずです。純金積み立てについては、前々から書いてきた通り、利回りを全く把握していないのでさっぱりわかりません。

----------------------------------------

ちなみに、前回公開時の記事はこちら。

アセット・アロケーション(2007年7月1日現在)





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

毎月分配型投信における勘違い投資家
今日は、毎月分配型投信の話題です。
私の比較的身近なところにいる60代以上の方々で、毎月分配型投信を買っている人は何人かおられるのですが、中には、大きな勘違いをしている人がいます。

単純な話、「分配金が毎月入ってきているから、その分儲かっている」という勘違いです。
で、そういう勘違いをしている人が近所にいるという話を聞いたので、人づてに「分配金が入ってきているからといって、その分が儲かっているとは限らない。ファンドの基準価額の変動分も計算に入れて、トータルで判断しないと儲かっているかどうかは判断できない」ということを伝えてもらいました。

それでその人は、実際にファンドの基準価額とこれまでに受け取った分配金を元に、トータルでの損益計算をしたようです(恐らく、銀行でしてもらったのではないかと思います。自分で計算するほどの知識はないでしょうから)。
そしてその結果は・・・



案の定というべきか、これまで儲かっていたというのは単なる勘違いで、実際には損をしていたとのことでした。分配金は入ってきていたものの、ファンドの基準価額の値下がり分を考慮すると、完全な損失になっていたのです。




私はこれまで、毎月分配型の欠点として、複利運用できないとか、利益も出ていないのに分配金を出すタコ足配当だとかいうことを問題視してきましたが、投資家の意識としては、それ以前のレベルの問題のようです。実際には損をしているのに、利益が出ていると勘違いしている人は恐らくたくさんいると思われます。


その人は、ファンドの基準価額が変動していると言うことをちゃんと理解できていなかったのでしょう。ファンドの価格が変動することは商品を販売するときに説明を受けているはずですから知らないはずはないのですが、有利な預貯金という感覚で投資をしていたから、そんなことにまで頭が回らなかったのだろうと推測されます。


毎月分配型投信は、分配金が出るたびにはがきで通知が来るようですが、書いてあるのは分配金の金額だけで、基準価額の変動と合算した損益計算とか、運用利回りは一切書いていません。
例えばの話、「今月は○○円分配金が出ました。また、ファンド基準価額は決算日時点で○○円となり、前月と比較して○○円上昇(下落)しました。結果として、お客様の過去の総合損益は、+○○%(マイナス○○%)で、年利換算すると+○○%(マイナス○○%)となります」・・・とかいう風に文章でわかりやすく書いておけば、いくら投資のことを理解していない人でも、儲かっているか損しているかくらいはわかると思うのですが、そういう書き方にはなっていないので、非常にわかりにくいのです。


結果として、「分配金が出ているから、儲かっている」という勘違いを生んでしまっているのでしょう。


今回は、毎月分配型投信を取り上げましたが、儲かっているか損をしているかというのは、Microsoft Moneyのような資産管理ソフトを使っている人はともかく、そうでない人の場合、非常にわかりにくいように思います。資産管理ソフトがないと、いちいち自分で計算しないといけないわけで、基準価額変動と分配金を含めてのトータルでの損益計算はとくに初心者には非常に面倒だという気がします。この点、何とか改善できないものかな?といつも思うのですけど、何とかならないんでしょうか・・・?

この点が改善されないと、こうした勘違い投資家は一向に減らないと思います。もっとも、こうしたファンドの売り手側から見るならば、そうした誤解(本当は損をしているのに、利益が出ているという誤解)をして欲しいからこそ、利益が出ていないのに分配金を出すという、いわゆるタコ足配当をするのではないかという気もしますね。

というよりもむしろ、まさにそれこそがあえてタコ足配当をする唯一の合理的な理由なのかもしれません。売り手側からすれば、「誤解する方が悪い」ということなのでしょうか。





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。