プロフィール

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資の本当の難しさは、いかにして投資資金を用意するかという点にある
前に書いた記事、楽をしてお金を儲けたいと考えるのは悪いことなのか?の関連記事です。

この記事のコメント欄において、私はこう書きました。


-------------引用開始-------------------------------

個人投資家における投資の難しさというのは、投資そのものではなく、「いかにして巨額の投資元本を用意するか」という一点のみではないかという気がします。

つまり、「投資で稼ぐこと自体は簡単だが、莫大な金額の運用元本を用意することが難しい」ということです。巨額の運用資産があれば、過大なリスクをとる必要すらなくなるわけですから。

-------------引用終了-------------------------------


「果たして、投資収益のみで食べていけるか?」という問いに対する答えは、ただこれだけのことに尽きると思います。十分な金額の運用元本があれば、投資収益だけで生活することは可能なはずだからです。利回りが大きく低下しても、元本を取り崩して生活すればよいのです。3億とか10億とかの莫大な金額があれば、そうしたことも可能なはず。
資金が用意できないからこそ一般の個人投資家は苦労しているわけです。

こうした視点で世間の投資関連本を見てみると・・・

「高いレバレッジをかけての信用取引」「ロバート・キヨサキ氏の言うところの『よい借金』」「まず働いてお金を稼ぎ、投資資金を捻出する」・・・などなど、その他いろいろありますが、これら全てが、「投資元本を最大化するための方法」ということになりそうです。

(余談ですが、いわゆるナンピン買いがダメな投資手法とされるのは、これもまた、投資資金には限りがあるがゆえんです。もし、仮に投資資金が永遠に尽きることがなければ、ナンピン買いだっていつかは成功します)


また、ドルコスト平均法も同じです。「ドルコスト平均法は、有利でもなければ不利でもない」という話はすっかり有名です。

参考サイト:
山崎元のホンネの投資教室「ドルコスト平均法は有利でも不利でもない」

山崎流マネーここに注目「ドルコスト平均法は本当に有利か」


有利もなければ不利でもないとされるドルコスト平均法が、なぜそれほどまでに支持されるのかというと、「個人投資家が、投資元本を用意するためには、事実上それしか方法がない」という点が非常に大きいと思います。

一般的な個人投資家の場合、十分な資金を用意することができないため、積み立てによってお金を用意するしかないからです。また、仮に、長年貯めてきたお金・あるいは退職金によって、まとまった資金があったとしても、心理的な抵抗感から、一度に大量のお金を投資してしまうのはどうしても躊躇してしまうでしょう。まとまった金額のお金とはいえ、個人が持つお金にはおのずと限りがあるわけですから。


とすれば、結局のところはドルコスト平均法(あるいは分割買い)をするしかない、ということになります。他の選択肢がないのですから仕方がありません。


ドルコスト平均法という積み立て投資はまた、投資信託などの金融商品を販売したい金融機関側の立場から見ても、顧客へのアプローチがかけやすいので、ここにおいて、顧客である投資家側と金融機関側の思惑が一致することになります。


投資の勉強をしていると、どうしても投資手法にばかり目がいきがちですが、本当に重要なことは、「いかにして、投資資金を用意するか?」ということにこそあるということを理解しておくべきだと思っています。

もちろん、その答えは、いかなる投資本も教えてはくれません。結局は、自分で試行錯誤するしかないのです。

「果たして、早期リタイアすることは可能かどうか」という点に関しても同じことで、「早期リタイアまでにどれだけのお金を用意することができるか?」という一点に尽きるでしょう。十分なお金が用意できるならば可能でしょうし、できなければ不可能という単純な話です。




--------------------------------

最後にお知らせです。

まもなくゴールデンウィークですが、その間はブログの更新を休みます。
次回の更新は5月10日前後の予定です。
悪しからずご了承下さい m(_ _)m

なお、過去の記事に対するコメントは、連休の間に書く予定です。




スポンサーサイト
さわかみファンドの営業姿勢に対する率直な疑問
以前に書いた記事の続編です。

過去の記事はこちら。

さわかみファンドに対する率直な感想


さわかみファンドというと、直販を中心にした独立系投資信託会社で、なかなか頑張っているファンドだというイメージがあります。私自身も投資しているわけですが、正直なところ、その営業姿勢にはある種の疑問と不信感をもっているのも事実です。それは・・・



あまりにも耳に心地よい言葉ばかりを並べ過ぎている



という点です。私は、澤上篤人氏の著作や文章を全て読んでいるわけではありませんが、どうもこの点がいつも気になっています。さわかみファンドというのは言うまでもなく、投資信託です。当然それなりのリスクがあります。しかし、澤上氏の書いておられる文章を読むと、まるで、リスクなど存在しないかのように錯覚を覚えることがあるのです。
投資判断をする際に一番重要なことは「リスクを知ること」「自らのリスク許容度を知り、その範囲内で投資する」ことだと思いますが、澤上氏の文章を読んでいる限りではこれらのことが全く見えてきません。これは「『バイ&ホールド型』の長期投資を基本」(※第8期運用報告書の中の「運用方針」より引用)とする方針だからなのかもしれませんが、いくら長期投資が基本といっても、投資である以上は、リスクに関する部分も、もう少しきっちりと書くべきではないか、という気がします。

もちろん、目論見書には、リスクについてきちんと書いてあります。しかし、それ以外の部分では、リスクについてはほとんど語ろうとせず、自社のファンドの運用の仕方がいかに素晴らしいか、ということだけをただひたすら語るようなやり方にはある種の不気味ささえ感じることがあるのです。

さわかみファンドには、「信者」などと言われる熱狂的なファンがおられるようです。他のことならともかく、投資に関しては極めて冷静な判断が必要なわけで、過剰な感情を持つことは禁物だと思います。私は、澤上氏の営業姿勢に対して、まるで催眠商法のようだな、と思うことが度々あります。


語る言葉はいつも同じ。話す内容は何も変わらない。素晴らしい言葉ばかりを並べ立て、人を投資へと駆り立てる。まるでカルト教団のようだと思うことも・・・。


「長期投資」というセールストークにもミソがありそうです。たとえ、ファンドを買った人が元本割れになったとしても、「さわかみファンドは長期投資だから・・・」ということで、なんとなく納得してしまいそうな雰囲気。「仮に損をしたとしても、さわかみファンドで損をしたのなら納得できる」というような人もおられるのではないでしょうか?


ところで、さわかみファンドは株価の下落局面でも資金が集まることが多いようですが、このことについて、ふと恐ろしいことを考えてしまいました。もしかすると、「信者」と呼ばれるほどの熱狂的なさわかみファンドの投資家さんたちは、投資におけるリスクというものをきちんと理解していないのではないのか?・・・と。私としては、これが杞憂であることを願います。しかし、リスクを語ろうとせず、耳障りのいい言葉ばかりを並べ立てる澤上氏と、それを聞いて投資をする投資家という構図を考えると、もしかすると本当にリスクというものをちゃんとわかっていない人も少なからずおられるのではないかと思ってしまうのです。







資産形成は一生、使うのは一瞬
「資産形成は一生、使うのは一瞬」。この言葉は、貯金や投資に力を入れている人が、いつも肝に銘じておかなければならない言葉だと思っています。資産形成には本当に途方もない労力と時間がかかります。しかし、使うのは一瞬です。何十年もかけて、それこそ人生の大半をかけて一生懸命貯めて殖やしたお金であろうと、そんなことは関係ありません。

そういえば、何かの本で、どこかの資産家の話として「莫大なお金を持っているが、子供の金銭教育は非常に厳しくしている」というのを読んだことがあります。その理由というのが、「いくら資産があっても、子供が浪費家だったらあっという間に資産を食い潰してしまうから」ということでした。

なるほどなあ、と思ったものです。

大きな資産を築き上げるのも大変な労力が必要ですが、それを維持し続けるのはそれ以上に難しいものなのでしょう。


お金を使うときには、「さて、このお金を使うのはいいが、果たしてこの金額を稼いだり殖やしたりするのは果たしてどのくらいの時間と労力がかかるのだろう?」ということを自問自答した方が良さそうです。


「ご利用は計画的に・・・」というのは、借金だけの話ではなく、自分がすでに持っているお金であっても同じということですね。


投資を始めてからまもなく5年・・・
私が投資というものを始めてから、まもなく丸5年を迎えようとしています。初めて投資をしたのは、2003年4月26日の外貨建てMMFの購入で、金額はわずか1万2046円に過ぎませんでした。そこから始まって、それまでに貯め込んでいた預貯金を投資へと振り向け、いまでは投資資金が1000万円を超えるようになったわけですが・・・

思えばこの間に様々なことがありました。

ライブドアショック、幾度かの世界同時株安、NYダウの市場最高値更新、サブプライムローン問題に端を発する大暴落。短期で一気に進んだ円高ドル安・・・。



それでもなお、私自身は、投資の世界から脱落せずに生き残っています。ポートフォリオ全体では今なお利益が出ている状態。投資商品の価格が軒並み下落したところで、その影響範囲は、集中投資に比べれば極めて限定的です。やはり分散投資は有効なのだろうと思っています。



ところで、ここ最近、あまり経済ニュースや投資関連本を読まなくなっていました。その結果わかったことは、別に経済ニュースや投資本を読まなくても、何の問題もないということです。もともと、積み立て投資家の場合、「定期的に積み立て投資を行って、ただ持ち続ける」というそれだけの話なので、投資判断のための経済ニュースも、必要以上の投資本を読むことも不要であると、あらためて認識した次第です。

しかし、投資本を読まなくなったことでまた別の問題も発生しました。それは「ブログの記事を書くときのネタに困る」ということです。投資系ブログを書いている者としては、これは由々しき事態なので、結局、また投資本を読むのを再開する予定にしています。


さて、投資歴5年というと、投資家としては、そろそろベテランの域と考えてよいのでしょうか。私の感覚では、この5年間に起きた投資にまつわる様々な荒波を乗り越えてきたことは非常に大きな自信となってきているのは確かです。これからも、決して派手さはありませんが、この地味な投資を続けていきたいと思っています。



マネー誌が常に強気でなければならないもう一つの理由
マネー誌は一般的に金融機関の広告が満ちあふれているので、常に強気一辺倒・買い推奨一辺倒なわけですが、マネー誌が強気でなければならないのには、また別の理由があるのではないかという気がします。

それは、以前の記事、経済・投資関連のニュースや記事を読むときの注意点について考えるで書いたことと同じなのですが・・・


投資家が投資をするかどうかの決断をするにあたって、投資家自身が誰かに背中を押して欲しいからではないかと思うのです。つまり・・・
「マネー誌には、金融機関の広告塔として、いつでも投資のチャンスであるかのように書かれている。そんなことはわかっている。でも、それでもやっぱり・・・マネー誌を読んで”今が買い時だ”という記事を読みたいんだ。自分の投資の決断を促す(あるいは正当化する)何かが欲しいんだ」


という人が多いのではないかと。私自身も、無意識的にそうしたことを考えることがあるからです。たとえ投資目的であれ、自分のお金を出すということは、それなりの理由付けが必要です。理由という言葉よりもむしろ「言い訳」と言った方がいいのかもしれません。



前回書いたように、「人間というものは、自分にとって都合のいい情報を信じたがる傾向にある」のだとすれば、投資をしようという人間にとって都合のいい情報の掲載されているマネー誌というのは、投資家にとって必要不可欠なものなのかもしれません。

仮にその投資判断が間違っていたとしても、「・・・だって、あのマネー誌には今がチャンスだって書いてたし」と、自分自身に対して弁解することができるからです。

結局のところ、マネー誌は「投資家が求めている情報」を掲載しているだけのことなのかもしれません。だとすれば、マネー誌もまた、読者のニーズにきっちりと答えているということになりそうです。


ロバート・キヨサキ氏の著作を読んでからの具体的な変化
以前の記事、当ブログ内における、ロバート・キヨサキ氏の著作を巡る議論についての個人的見解のコメント欄において、こういう書き込みがありました。LEOPARDさんのコメントです。

-------------引用開始-------------------------------

読んだ後で具体的な変化はあったのでしょうか?また、その具体的変化とはどのようなものでしょうか?

-------------引用終了-------------------------------

さて、ロバート・キヨサキ氏の著作を読んでの具体的な変化ですが、私の場合・・・



何も変わらない、というのが本音です。



こう書いてしまうと、なんともあっけないのですが、本当のことなので仕方がありません。
まあ、あえて言うなら、買い物をするときに、「今買おうとしているものは、資産か負債か」ということを意識するようになったくらいのことでしょうか。

これはほんの小さな変化ですが、しかし意外と大きな効果があるのでないかと思ってます。なぜなら、”ほんの小さな気付き”が長い目で見ると大きな違いを生み出すことになると考えているからです。

とはいえ、現実的には、ロバート・キヨサキ氏の言うところの「資産」と呼べるようなものは、投資商品くらいしかないので、実質的にはほとんど何の意味もないのも確かなことではあります。


実際のところ、ロバート・キヨサキ氏の金持ち父さんシリーズは大ベストセラーになりましたが、おそらく読んだ人の多くが、私と同じような状況だと思います。ごく一部の行動力のある方々だけは、実際に起業なり、不動産投資なりで成功したのだと思いますが、少なくとも私にとってはさほど役には立ちませんでした。


・・・もっとも、あの本は、このブログの記事を書く上では非常に役立ってはいるのですけどね(^^)
資産や負債といった言葉の定義が明確なので、私のような文章を書くのがヘタクソなブロガーにとっては、あの本の文章は引用するのにちょうどいいのです。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

楽をしてお金を儲けたいと考えるのは悪いことなのか?
今日のテーマは、「できるだけ楽をしてお金を儲けたいと考えるのは悪いことなのか?」ということについてです。
まずは、今回の記事の元ネタである、以下のサイトを見てください。


【株の亡者】株で生きると誓った大学生の日記


今回取り上げるのは、上記ブログの中の一文です。以下に引用します。


-------------引用開始-------------------------------

「働くの嫌だから、辛いから株式投資で食っていく」というスタンスで投資家になられても成功するのは難しいんじゃないですかね

-------------引用終了-------------------------------



ここでの問題は、「では逆に、こうした考えを持たずに、もっと勤勉な姿勢で投資をしたとしたら、投資で成功できるのか?」ということなのですが・・・

私はできないと思います。働くのがイヤだから投資で稼ごうと考えようが、勤勉に労働しつつ投資の社会的意義をよく理解した上で投資をしようが、運用成績にはほとんど何の影響も与えないのではないかと・・・。要するに、どんな考え方を持って投資をしようが、あまり関係ないと思うのです。



勤勉に投資に取り組んだからといって、お金持ちになることを保証されるわけではありません。



私なども、はっきり言えば投資などというくだらないこと(あえて、「くだらないこと」と書きます)にあまり時間も労力もかけたくありません。だからこそ、もっとも楽で効率のいいインデックスファンドをメインとするほったらかし投資をしているのです。

なまじ勤勉な人ほど、企業分析だの、業界動向だの、各投資指標の比較検討だのと、無駄な労力をかけてしまっているように思えます。他のことならまだしも、投資に関する限り、余計な努力など無意味ではないでしょうか?


逆に、市場平均程度の運用利回りなら、何の努力もせずに弾き出すことが可能です。インデックスファンドを買うだけでいいのですから。私自身は”勤勉に”投資をするつもりなどさらさらありませんから、これほど自分に合った投資方法は他にありません。


私は学校の勉強では常に落ちこぼれといっていい成績でした。当時、テストで平均点をとるということは、私にとっては至難の業であったのです。それが投資の世界ではただインデックスファンドを買うだけで、平均点がとれるのです。私にとっては、これはまさに夢のような話です(インデックスファンド投資は、落ちこぼれでもできる唯一の投資手法なのかもしれません)。

----------------------------------

さて、そもそも人間というものはできるだけ楽をしたがる生き物だと思います。だからこそ、全自動洗濯機や電子レンジ・パソコンなどが売れるのです。それらの便利な道具を使えば作業にかける労力を大幅に減らすことができるからです。「もっともっと楽をしたい」という思いが、様々な便利な道具やテクノロジーが生み出される原動力になっているのでしょう。そういう意味では「楽をしてお金を儲けたい」というのは極めて自然なことであると思います。

そんなわけで、私自身は、「できるだけ楽をしたい」という気持ちに素直に従って、今後も投資をしたいと思います。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。