プロフィール

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功から学ぶか、失敗から学ぶか
私は、物事を学ぶ上では二つの方法があると考えています。それは何かといえば、「他人の成功から学ぶこと」と、「他人の失敗から学ぶこと」の2つです。

私自身は、どちらかと言えば、他人の失敗から学ぶことに重点を置いています。その理由は、私の好きな言葉の一つで表現することができます。その言葉とは・・・


「成功者には必ずしも共通点があるとは限らないが、失敗者には必ず共通点がある」


というものです(この言葉、あるいはこれに近い言葉を何かの本で目にしたと思うのですが、忘れてしまいました)。
そもそも、成功者の事例というのは、現実問題として、役に立たないことが多いと私は考えています。どんなことであれ、物事が成功するためには、当人の意欲や能力・才能の他、運という要素も含めた、様々な要因が極めて複雑に絡んでいるからです(もちろん、成功者の人生を描いた文献などは、読み物として非常に面白いのは間違いありませんが・・・)。

それに対して、失敗というものは、多くの場合、極めて単純な要因に起因することが多く、それゆえに、より学びやすいと考えているのです。

そしてまた、何よりも、世の中には成功事例よりも失敗例の方がはるかに多いものです。一人の成功者の影に、何百人・何千人・何万人もの失敗者がいるということは珍しくありません。そういう意味では、ごく一部しかいない成功者の事例を学ぶよりも、多数の失敗事例から何らかの教訓を得て、それを他山の石として、あるいは反面教師として活用する方がはるかに現実的だと思います。


かくいう私も、様々な点において、他の人を反面教師として学んできた人間の一人です。


投資に関しても同様であって、少なくとも私の知っている範囲内においては、投資で実際にお金を儲けた人というのは誰一人としていないのが現実です。その失敗者の多くは、利益にばかり目がくらんで投資のリスクをきちんと理解していなかったり、投資手法が個別銘柄投資といったものが大半でした。

私はそうしたいくつかの事例を反面教師として、投資家として様々なことを学び、そして実践してきました。

・・・というよりも、投資で成功した人というのが一人もいなかったため、成功者から学ぶということができなかった、というのが本当のところではあるのですが・・・。
こう書いてしまうと、身も蓋もないのですけどね・・・(^^;)




スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

運用利回り(2008年8月23日現在)
2008年8月23日時点での利回りです。

-------------------------

運用利回り(2008年8月23日現在)

*TOPIX連動型上場投資信託 投資収益率 +0.6%  年間収益率 +0.2%
*インデックスファンドTSP 投資収益率 -23.6%  年間収益率 -14.8%
*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 投資収益率 -2.2%  年間収益率 -1.3%
*さわかみファンド  投資収益率 -7.5%  年間収益率 -3.4%
*HSBCチャイナオープン  投資収益率 +61.5%  年間収益率 +15.7%
*HSBCインドオープン  投資収益率 +21.0%  年間収益率 +9.8%
*日本プライムリアルティ 投資収益率 -5.4%  年間収益率 -1.5%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 投資収益率 +13.2%  年間収益率 (データなし)
*外貨建てMMF(ユーロ) 投資収益率 +34.7%  年間収益率 (データなし)
*純金積み立て 投資収益率 (データなし)  年間収益率 (データなし)

参考:1米ドル= 109円85銭、1ユーロ= 162円54銭(ソニー銀行)

-------------------------

商品説明(一部のみ)

TOPIX連動型上場投資信託(証券コード1306)・・・TOPIX連動型ETF

インデックスファンドTSP・・・TOPIX連動型インデックスファンド

トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド・・・米国バンガード社の4種類のインデックスファンドに投資するファンド・オブ・ファンズ。日本以外の世界主要各国の株式に投資する。為替リスクあり。

日本プライムリアルティ(証券コード8955)・・・J-REIT

純金積み立て・・・田中貴金属工業にて純金積み立て。

※外貨建てMMFの投資収益率は、円換算のものです。
※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。

-------------------------

相変わらず、元本割れになっている金融商品が目立ちます。大きな変化としては、日本プライムリアルティがとうとう元本割れになったというところでしょうか。公開しているのは、分配金を含めた上での利回りですので、分配金込みでも元本割れになったということです。

客観的に見れば、なかなかひどい利回りだと言わざるを得ないでしょう。しかしながら、投資家というのはリスクがあるのは承知の上で投資をしているわけですから、損失額が、自分自身で容認できるリスク許容度の範囲内である限りにおいては、なんの問題もないと思っています。

投資反対派の方がこうした利回りの数字を見ると、「損をするくらいなら、投資なんてしなきゃいいのに・・・」と思われるかもしれませんが、少なくとも私はそういうふうには考えていません。

投資をしなければ損をしないかわりに利益を出すこともありません。リスクを嫌うのであれば、債券資産クラスのみに投資するという手段もあり得るかもしれません。しかしながら、債券資産クラスだけでは期待リターンが低すぎて、私の目標とする金額のお金を得ることができません。リスク許容度の範囲内であれば、損失など所詮は想定の範囲内に過ぎないのです。


ちなみに、ポートフォリオ全体としてはプラス運用となっています。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

ブログ開始からまもなく3年

当ブログ「貯金生活。投資生活。」を始めてから、まもなく3年になります。第一回目は2005年8月28日でした。

この3年というのは短かった気もしますし、長かったような気もします。ブログを開始当初は、そもそも貯金と投資という内容だけで、どれだけの期間続けることができるのだろうか?と考えておりました。記事にするネタがなくなったら、それで更新をストップせざるを得ないからです。

しかし、意外にも記事のネタは尽きないものです。お金というものは、それだけ奥が深いのかもしれません。

ブログを開始した当初は、私の投資歴も、まだ2年4ヶ月程度に過ぎず、投資家としてもまだ初心者の域を出ていなかったと思います。しかし、投資の継続とブログの更新を通じて、投資に関する知識も当時と比較すれば多少なりとも成長したように思います。

当ブログは、記事のネタが続く限りは継続する方針ですので、今後ともよろしくお願いいたします。
かなり細々とした更新になるかとは思いますが・・・。


なぜお金のアドバイスは「よけいなお節介」になりやすいのか?
前に書いた記事、過剰な節約と適切な節約の境界線の中で、こんなコメントを頂きました。
まずは、コメントを引用します。

---------------------------------------

「実生活でお金の価値観を他人に話して、有意義だったためしがありません。
どうしても、しこりみたいなものが残りがちでした」(水瀬ケンイチさん)

「今まで省みたことはなかったのですが、今回の記事と上記の水瀬さんのコメントを読んで、たしかに、どう考えても家族や友人や後輩のためだと思って、お金の価値観や保険や資産運用のアドバイスをして、「しこり」が残らなかったことがありません。。。 」 (虫とり小僧さん)

---------------------------------------

そんなわけで、今日のテーマは、「ではなぜ、お金のアドバイスは余計なお節介になりやすいのだろうか?」ということについてです。

この点、考えてみたのですが、その結果は例によって単純なものでした。



お金の使い方は、その人の人生観・価値観を表すといっても過言ではない。よって、そのお金の使い方に対して他人から口出しされるのは、自分の人生・生き方・プライドそのものに対してケチをつけられるのに等しい



ということではないかと思います。ある意味では、「相手を知るもっとも簡単な方法の一つは、その人がどんなことにお金を使っているかを知ることである」といっても決して言い過ぎではないと思います。あるいは逆に、「決してお金を使おうとしないのはどんな分野に対してなのか?」という視点でみるのも面白いかもしれません。


お金に対するアドバイスというのは、本当に”よけいなお節介”になりやすいとおもいます。例えば、クルマを買おうとしている人に対して、「クルマを一生持ち続けたとすると、それにかかる経費は○○万円もかかるよ。それでも買うの?」とか、家を買おうとしている人に対して、長期に渡るローンを組んで家を買うことがいかにハイリスクで、経済的合理性に適わないか、などということを具体的データを示しながら延々と語る、などというのは、まさにその典型的なものだと思います(特に、持ち家購入の場合には、文字通り、人生を賭けての大きな買い物なので、それを否定されるというのは相当な不快感を感じるものと思われます)。



投資に関する話も同様で、投資に興味を持っていない人(あるいは投資反対派の人)に対して投資を語る、のはまったくもって百害あって一利なしです。「若いうちから投資などでお金の備えをしておかないと老後になってから困る」だの「長期投資家は短期でのお金の値動きなど気にしない」だのと”優れたアドバイス”も、聞く側にとっては、うんざりするだけです。
相手はこんな風に思っているかもしれません。

(あー。その話はもうわかったよ。だからおまえは一体何なの?オレとお前は違う人間なんだよ。そんなこともわからないの?オレにはオレの考え方があるんだよ。大体、そんなにお金にこだわって何が楽しいの?もしかして拝金主義?
・・・っていうか、そんなにお金があるんなら、オレにカネをくれよ。こっちはお前みたいに”投資とかいう遊び”に使うようなカネの余裕はないんだから・・・。そんなことより、宝くじ買わなきゃな・・・)




ちなみに私の場合、「なんでそんなにお金を使わないの?」と言われたことが何度かあります(-_-;)
その人にとっては「お金は貯めるものではなくて使うべきもの」なのでしょう。
私にとっては必ずしもそうではないのですが、説明は邪魔くさいので適当に答えておりましたが・・・。
当然のことながら、私も「そんなのは余計なお世話だ!」と心の中で思ったのは言うまでもありません(^^;)




------------------------------

最後にお知らせです。もうすぐ私の勤務先もお盆休みに入るのですが、例によって、休み中およびその前後は何かと忙しいので、ブログの更新をお休みします。次回の更新は、8月20日頃、もしくは8月24日頃の予定です。
なお、頂いたコメントに対するレスは、次回更新までの間に書くようにします。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

お金持ちになるのに有利な性格について考える
あるとき、「金持ちを目指す上で有利な性格とは何だろう?」と考えたことがあります。
そんなわけで、思いつきではあるのですが、私の考える「お金持ちになるために必要と思われる性格的特性」を少しだけ書いてみます。



*お金に関して、決して感情に流されない冷徹さ。
*お金に関する決定に際して、常に損得勘定で考える計算高さ。
*ムダなお金を1銭たりとも使わないドケチさ。
*”お金を稼ぐためのお金”と判断したものに対しては、たとえお金を失うリスクがあろうとも、お金を惜しまない決断力と思いきりの良さ。
*お金を稼ぎ、殖やすということに対する強い執念。




・・・ううむ。なんだかあまりいい印象のものがありません。
しかし、金持ちになるためには、こうした要因は必要不可欠ではないだろうか、と思うことがよくあるのです。

よく、「お金は後からついてくる」という言われますが、私はそれはウソではないかと常々思っています。当たり前のことですが、自分が欲しいものというものは、自分から求めなければ決して手に入らないと思うからです。
私の想像ですが、「お金は後からついてくる」というタイプで成功する人は、自分では何ら意識することなく、無意識的に、お金を稼ぎ・殖やすための仕組み作りのできる才能を持っている人ではないかと思います。金儲けに関して特別な才能を持っていない人が、「頑張っていればお金は後からついてくるさ」などと考えていても、一生金持ちになることはできないのではないかと思うのです。


それはさておき、いわゆる「金持ち」という言葉に対して、いいイメージを抱くことが少ないのは、もしかしたらこういう性格的要素を持っているお金持ちの人が実際に多いかもしれないなあ、と思った次第です(これも単なる私の想像ですけど・・・)。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

ワーキングプアは決して他人事ではない
今日は、ワーキングプアについて書きます。
まずは、関連サイトへのリンクを貼っておきます。

ワーキングプア(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


また、サイレント・テロなどという言葉もあります。

サイレントテロ(はてなダイアリー)

これは、非常に深いテーマでして、私の拙い文章力ではうまくまとめることができませんし、考えもまとまってはおりません。
そこで、今日のところは、なぜあえてこのテーマの記事を書こうと思ったのか、そのきっかけを中心として、書いておくこととします。


私は、当ブログの記事のカテゴリーの一つである[本業一般]カテゴリーにおいて、本来は「ポートフォリオにおける中核としての本業との付き合い方」というテーマで書く予定でいろいろと文献をあさっておりました。

しかし、様々な文献を読むうちに、もはや、「本業こそがもっとも稼げる」という、個人投資家の投資行動における暗黙の前提がもはや危うくなりつつあると感じるようになりました。

私も、かつては、いわゆるワーキングプア問題は、ごく一部の人たちの問題に過ぎず、またそれは個人の自己責任の問題だろう、という程度の認識しか持っていませんでした。しかし、この問題に関する文献を読むうちに、これは決して個人の自己責任というような単純な問題ではないということに、遅ればせながらようやく気付いたのです。



それと同時に、私にとって「ワーキングプア問題は決して他人事ではない」と思うようになったのです。



私自身は、現在、弱小中小企業ゆえに収入は少ないといっても、それでもワーキングプアと呼ばれる方々よりは相当に恵まれたポジションにいるのだということを認識するようになりました。

とはいうものの、私自身の人生を振り返ってみると、ワーキングプアに陥る可能性は人生において2度ありました(最近になって、ようやく気付いたのですが・・・)。
一度目は、大学卒業のとき。1993年当時、就職氷河期の始まった頃、私は就職活動において大変苦戦をしていました。比較的規模の大きな企業の入社試験を何社か受けたところ、一次面接あるいはその前の筆記試験であっさり不合格。そこで中小企業にターゲットを変更したのですが、名前も知らなかったような中小企業を何社も受けるも、全てにおいて不合格。受けた会社は大企業・中小企業全てを含めると合計で30社を超えていたと思います。その全てで不合格となりました。

就職先が決まらないまま、年を越え、卒業する年である1994年を迎えることとなったのです。
「やれやれ。このままでは無職か・・・。仕方がないからフリーターにでもなるかな・・・」と諦めかけていたとき、1月下旬頃に、企業が集まっての合同就職面接会というのがあり、それがきっかけで受験した企業のうち、1社だけ合格し、ようやく就職先が決まったのです。

・・・もっとも、就職先が決まったとはいえ、自分が一体何の仕事をするのか、さっぱりわかりませんでした。ずいぶんいいかげんな話ですが、当時の状況は非常に厳しく、どんな仕事でもいいから働く先を決める必要に迫られていたので、何の仕事なのかなど、もはや何の興味もなかったのです(その後、今に至るまで同じ業界にいます。途中で会社が経営破綻したりして、会社は変わっていますが・・・)。



今にして、ふと思ったのは、もしあのとき、就職が最後まで決まらず、フリーターになっていたら、今頃はどうなっていただろう?ということです。極めて高い確率で、ワーキングプアの仲間入りをしていたのではないかと思うのです。


次に2度目についてです。私がワーキングプアになる陥る可能性の2度目の出来事は、2000年に訪れました。新卒で入社した会社が経営破綻し、同業他社に吸収されたあと、その会社の社風に合わず、退職したときです。会社を辞めた後、職安に行ったのですが、そこに行って驚いたのは、まず第一に職を失った人の多さ。こんなに多くの人が無職なのか・・・ということに驚きました。そしてもう一つの驚きは、並んでいる求人票の給料の安さです。


「・・・こんな安い給料でどうやって生活するんだ???」


求人票の多くは、私が新卒で入社したときの初任給を大きく下回り、「こんな給料では必要最低限の生活費だってまかなえないよ?」というほどの安い給料額だったのです。当時はまだ、ワーキングプアという言葉は存在していなかったと思うのですが、その後、ワーキングプアという言葉が登場したときに、あのときに見た求人票のことを思い出したのです。

幸い、私の場合は、知人から声をかけてもらって、今の会社に正社員として入社することができたのですが(もっとも、収入は以前よりダウンしましたが、それでもあのときに職安で見た求人票よりはよほどマシでした)、「もしあのとき、知人から声をかけてもらってなかったら・・・?」と思うと、背筋が冷たくなります(おそらく今頃は投資どころではなかったことでしょう)。

私の体験談は、このくらいにとどめておきたいと思います。まだ書けることはたくさんありますが、長くなるので・・・。



ワーキングプアの一番大きな問題は、いくつかありますが、中でも大きいのは、以下の点だと思われます。上記リンク先のWikipediaより引用します。

-------------引用開始-------------------------------

1990年代、とくに橋本龍太郎内閣以降一貫して進められた自由化・規制緩和の流れの中で、労働者の就業形態が多様化したが、企業の人件費削減の中で非正規雇用が増えた。そうした流れの中で、同時期の長期不況に社会に出た「就職氷河期」の世代は正規の職を得ることが出来ず、フリーターのような不安定な形で職に就くことが少なくなかった。また、日本の雇用慣行では、新卒として正社員の職を得られなかった場合、その後に安定した職業につくチャンスが少ない。こうした事情が、ワーキングプア増加の背景として指摘されている。

(中略)

正社員の採用については、新卒が主流なため、新卒で就職できなかったり、あるいはいったん正社員となっても、自発的な離職、倒産やリストラなどの非自発的離職で職を失うと、特別な技能や国家資格などがあるか、即戦力となれるだけの経験・技量がある(と求人先に認められた)場合を除き、定職に就くのは厳しい。また、派遣・アルバイト等の経験は、どれだけあってもキャリアとは認められない傾向が強く、正社員への道は極めて狭い。

-------------引用終了-------------------------------


まとめてみると、

(1)新卒で就職に失敗してしまうと、なかなか正社員にはなれない。
(2)一度職を失うと、特別な技能・即戦力となるだけの実務経験がない限り、なかなか定職につけない。その上、派遣・アルバイトなどの非正規雇用の場合、いくら実務経験があっても、それをキャリアとはなかなか認められないケースが多い。

・・・という2点が特に大きな問題だと思われます。日本という国は、失敗した人に対しては非常に厳しいようです。

参考書籍も挙げておきます。Amazonへのリンクを貼っておきます。

貧困大国ニッポン 2割の日本人が年収200万円以下

この本より一部を引用します。

-------------引用開始-------------------------------

 たとえば、国税庁の「民間給与実態統計調査(06年度)」によれば、日本の給与所得者4485万人のうち、年収200万円以下の人は22.8%に達し、その数は1023万人にものぼる。1000万人を超えたのは、実に21年ぶりのことだという。
 また、総務省統計局の「労働力調査(07年)」では、15歳以上の労働力人口5174万人のうち、正社員ではない非正規雇用の労働者の数は過去最高の1732万人に達したと報告されているが、そのうちの77%は年収200万円未満という驚くべき調査結果が出ている。人数にすると1333万人で、労働力人口の約25%に相当する。
 いずれのデータも、働くことが可能な人の2割以上が年収200万円以下だということを示している。

-------------引用終了-------------------------------

この数字は驚くべきものだと思います。

また、もう一つ、参考図書として、もう一冊Amazonへのリンクを貼っておきます。
(いずれのリンク先も、アフィリエイトリンクではないので念のため)

ルポ正社員になりたい―娘・息子の悲惨な職場(小林 美希 著)

ちなみに、この本の著者である小林 美希氏は週刊エコノミストの「娘、息子の悲惨な職場」の特集を担当された方のようです。



・・・ずいぶん長くなったので、今日のところはこのくらいでとどめたいと思います。何が言いたいのか書いている本人にもよく分からない記事になってしまいましたが、投資家である前に、一人の労働者として、どうしても書いておきたかったのです。このブログを読んでおられる読者の方々の大半にとっては、縁のない話かもしれませんが、少なくとも私にとっては決して他人事ではないので・・・。

私の考えがまとまったら、もう少しちゃんとした形で書いてみたいと思っています。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。