プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラリーマンが金持ちになれない理由。そして会社が社員のものではない理由
今回の話題は、サラリーマンが金持ちになれない理由と、会社はなぜ株主のものであって、社員のものではないのかということについてです。この2つの議題は直接的には関係ないようにも見えるのですが、実際には非常に密接な関係にあるのではないかと私は考えました。

まずはサラリーマンという給料をもらう立場では金持ちになれない理由。これは簡単な話で、損益計算書を見ればわかります。損益計算書には様々な項目がありますが、大雑把にいうと、収入である売上高から様々なコストを差っ引いたものが利益ということになります。このうち、サラリーマンの収入である給料というのはどこに該当するのかといえば、コストの部分に該当します。サラリーマンにとっては収入である給料が会社側から見ればコストになるわけですから、企業が利益を上げるためには、この部分をできるだけ削減する必要があります。しかも、会社で使われる様々なコストのなかでも、人件費は相当な割合を占めますからなおさらです。このことから、「より優秀な人材をより安い給料で雇う経営者こそがよい経営者である」ということがいえます。例えば、雇用コストの高い正社員を減らし、その代わりに低コストの非正規社員を増やしたり、日本国内で人を雇うとコストが高いのでより人件費の安い海外で人を雇うとかいったことがその一例。また、企業がリストラすると株価が上昇するのも同じ理屈です。この事実が、労働者に支払うお金が単なるコストでしかないことを如実に表しています。サラリーマンという従業員という立場は、企業のオーナーである株主や、実際に経営を行う経営者の目から見れば、単なる使用人に過ぎないのです。ただの使用人に高いコストを払うような経営者は株主の利益を損なうことになるので、経営者失格です。


サラリーマン、つまり社員は単なる使用人であり、そしてそれはコストでしかない。これこそがサラリーマンという雇われ労働者の立場では金持ちになることのできない本質的理由だと言えます。


そして、このことから、なぜ会社が株主のものであって、社員のものではないのかということもわかります。要するに、社員という単なる使用人が会社を所有するのはおかしいという単純な話です。
では、もし会社が株主のものではなくて、社員が所有していていたらどうなるだろうかということを考えてみます。もし、会社が社員のものだったとすると、社員たちは社員自らの利益の最大化を図ろうとするはずです。即ち、限りのない賃上げ要求と待遇改善要求です。これを損益計算書の考えに当てはめて考えると、人件費の最大化を目指すということになります。そうなると、必然的にコストが増大し、利益が出にくくなります。また、会社は社員の利益最大化のために必要以上に社員に対して気を遣うようになり、業務は非効率化します。そしてやがて経営は立ち行かなくなるはずです。これは労働組合の強くなりすぎた会社の末路を考えればわかります。中でも一番わかりやすいのはJAL(日本航空)の例でしょうか。
また、当然のことながら会社は顧客のものでもありません。ゆえに、株主の利益を毀損してまで顧客重視するというのも間違いです。

ついでに書いておくと、「株主を重視し過ぎだ」という意味不明の話を真に受ける人がたまにいるので念のため書いておきたいのですが、株主というのはそんなに強い立場というわけでもありません。株主が受け取る利益というのは、企業が経営活動をした結果として最終的に残った利益だけです。株主が利益を受け取る前に、取引先への支払、債権者への支払、そして社員に対する給料の支払いは済んでいるわけで、株主の受け取る利益は、いわば単なる残りものに過ぎないのです。


さて、ここで、サラリーマンという立場では金持ちになれないという話に戻ります。もし、サラリーマンという社員という立場、労働者という立場では金持ちになれないのだとしたら、ではどうすれば金持ちになれるのか。基本的なことですが、お金を稼ぐには大雑把に言って以下の選択肢しかないと思います。



*儲かる仕組みそのものを考案し、それを実現できる人・・・・・・起業家

*他人の作った儲かる仕組み(会社)の中で、自らが歯車になって労働を提供し、その対価としてお金を受け取る人・・・・・・労働者

*儲かる仕組みを自分で作れるが、その中で、自らが歯車になって働く人・・・・・・自営業者

*自分で儲かる仕組みを作ることはできないが、他人の作った儲かる仕組みに出資し、利益の分け前を受け取る人・・・・・・投資家


この中で最も効率がいいのは、起業家と投資家ということになりますが、今回は起業を取り上げます。恐らく、本気で億万長者を目指そうとすれば、起業以外の選択肢は事実上存在しないからです(ちなみに、不動産投資は、言葉上では投資ですが、実際には起業の一種だと考える方が妥当だと思います)。しかし、起業という世界は、非常に厳しい世界です。起業に成功した人の書いた本を読むと、起業はいかにも簡単そうに見えますが、ここには生存者バイアスが働いています。成功するのは起業した人全体のごく一部だけなのですが、そのごくわずかな人たちが「私はこうして起業で成功した」という本を書いているから起業が簡単そうに見えるわけです。失敗した人は、敗軍の将は兵を語らずということで、表に出ることなく消え去っていきます。

とはいえ、本気で金持ちになろうとするならば、起業するしか道はありません。しかし、それは茨の道であることもまた確かです。
起業は、金持ちになる最も効率のいい方法であると同時に、一歩間違えれば破産に至る最も簡単な方法でもあります。下手な投資は浪費よりもタチが悪いものですが、下手な起業はむしろ下手な投資以上に危ういものです。どの道を選択するのがベストなのか。それは各自が自分自身の向き・不向きを考え、判断するしかありません。


最後に思ったことが一つ。今回の主要テーマは「サラリーマンが金持ちになれない理由」だったわけですが、考えてみれば、起業家や投資家とは異なり、サラリーマンは何のリスクもとっていないのですから、リターンが低いのは当たり前といえば当たり前ではありますね・・・。



スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

投資で忘れがちな「商品を購入している」という感覚
私は、投資を始める前に様々な投資本を読んで投資の勉強をしてから投資を始めたわけですが、このことは結果として非常によかったと思います。その一方において、事前に投資の知識を何も身につけないまま、いきなり投資を始める人も少なくありません。しかし、投資の勉強をしないまま、投資を始めるのはあまりにも無謀過ぎます。特に、予備知識なしで投資信託を購入する人は、投資のことを預貯金と同じように考えている節があります。しかし当然のことながら、預貯金と投資とでは全く異なります。

投資というのは、ただ単に金融機関にお金を預けているということではありません。投資というのは金融商品を購入するということです。商品を購入するのですから、自分が買おうとしている商品について、事前に知識を仕入れ、十分に吟味するのは当たり前のことです。例えば、10万円を投資するケースを考えてみると、これはつまり、10万円で金融商品という”商品を買う”のと同じです。100万円を投資する場合であれば、100万円の商品を購入するということです。

この点については私もあまり偉そうに言える立場ではないのですが、どうもお金の使い途が投資ということになると、大金をポンと出すことに対してあまり抵抗を感じなくなりがちです。高額な電化製品や家具、クルマなどを購入するときには、カタログを見て商品を比較検討したり、ネットで口コミ情報を調べたり、そもそも購入の必要性があるかどうかなど慎重に吟味する人が、こと投資になると何の警戒もなしに簡単にお金を出してしまうというのは珍しくありません。


投資というのは、れっきとした商品購入だということを忘れるべきではありません。当たり前のことですが、預貯金とは異なり、リスクのある投資には元本保証などありません。それは紛れもなく、”お金を使っている”のです。商品を購入しているのだという金銭感覚を決して忘れてはならないと思います。


そして、そのことをしっかりと理解しておくためにも、投資を始める際には、事前に十分な投資や金融の知識を自分で勉強してしっかりと身につけておく必要があります。投資学習なくして投資なし、ということです。


最後にもう一つだけ。
事前に十分に投資の勉強をしてから投資を始めることの最大のメリットは、何らかの要因で投資判断に迷ったときに、原点に帰ることができる点だと思います。私も、金融危機の大暴落の最中には、私の投資の原点とも言うべき、バートン・マルキール著「ウォール街のランダムウォーカー」を読み直したものです。投資を勉強することなしに投資を始めた人の場合、そもそも最初から戻るべき原点が存在しないので、投資判断に迷った困った場合の判断規準が何もありません。結果として、間違った判断を下してかえって深みにはまったり、不安に振り回され、どうしていいかわからずに右往左往するしかなくなってしまう恐れがあります。そうした事態を避けるためにも、投資の事前学習は必要不可欠だと言えます。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

ブログを継続するのはなぜ難しいのか
今回は、投資とは無関係の話題で、なぜブログを継続することは難しいのだろうかという話についてです。先日、相互リンク先のうさみみさんのブログにて面白い記事があったので、それに便乗して記事を書くことにしました。うさみみさんのブログから一部を引用します。



ブログは衰退して行くのかもしれない(30歳代からの資産運用~よちよち投資家のブログ)

-------------引用開始-------------------------------

おや、あの程度のブログでもアクセスが集められるのだったら、やってみようかなって始める人がいたとしたら、実際はじめてみると閑古鳥が鳴くわけです。
無数にあるURLの中から、自分のブログのURLが選ばれるというのは、簡単な事ではないという部分は非常に大きいと思うんです。


だんだん時間の無駄に感じて来て、ブログを書く事は時間の無駄、そんな時間があるのなら別の事をした方がいいという風に考えるのが自然です。
ブログを書くことは基本的にタダ働きですから、自分が何かの意義を感じて、モチベーションを維持していかないと、ブログを書き続けるのは困難だと思います。

-------------引用終了-------------------------------



これ、全くその通りだと思います。様々なブログを読んでいると、「この程度の記事なら自分でも書けそうだ。アクセス数だってそれなりに集まるはずだ」と思うわけです。しかし、実際にブログを開設して、更新を継続していても、ちっともアクセス数が伸びなかったりします。以前の記事、個人ブログの平均アクセス数って大体どのくらいなんだろう?でも書きましたが、平均アクセス数が50以下(わからないも含む)のブログが全体の75%を超えるというのが実情のようです。これではまさに閑古鳥状態。

個人ブログにおいてアクセス数を稼ぐのは非常に難しいものです。Q&Aサイトでも、「ブログを開設して、毎日更新しているのに、ほとんど訪問者が来ないんです」とか「コメントが全く付かないんですがどうしたらいいんでしょう?」とかいった質問を見かけたことがあります。ブログを開設している人の大半は、恐らくこれに近い状態ではないかと思います。



有名人でもない、ごく普通の一般人の書くブログがアクセス数を稼ぐというのはそんなに簡単なことではありません。これがシビアな現実です。



アクセス自体がほとんどない。コメントなんてちっともつかない。また、記事にするネタだって、よほど発想の豊かな人でない限り、自ずと限度がある。その上、ただ働き。文字通り一文の得にもなりません。ブログ更新の意欲が続くはずがないのです。

名もない一個人のブログがそれなりのアクセス数に達するためには、どこかで他のブログとの差別化を図る必要が出てきます。この世の中にごまんとあるブログの中から自分のブログを選んで読んでもらうというのは実に大変なことだと思います。ましてや、固定読者としてブックマークやRSSリーダーに固定読者として登録してもらうとなるとなおさらです。

ブログを書き続けることの難しさというのはこのあたりにあるのだろうと思います。どうやってブログの存在を知ってもらうか。どうやって固定読者になってもらうか。他人が読みたいと思えてもらえるような記事をどうすれば書けるのか。そして何よりもブログを書くことに対して、自分が楽しいと思えるかどうか。これらについてしっかりと考え、実際に実行できる人だけが、ブログを継続し、アクセス数を伸ばすことができるのだろうと思います。これは非常に難しいことです。「必ず人気ブログになる方法」など存在しないのですから当たり前です。
もちろん、たとえ閑古鳥の鳴いているブログであっても、自分なりにモチベーションを維持する方法があれば問題はありません。しかし、これもまた難しいものです。

結局、このあたりの問題をいかに克服するかというのが、ブログを継続できるかどうかの分かれ目になるのだろうと思います。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。