プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍端末のSony Readerを買ってみた
先日、Sonyから発売された電子書籍リーダーのSony Readerを購入しました。買ったのは、6型のTouch EditionであるPRS-650の方です。ぶっちゃけ衝動買いしてしまったわけですが、節約家を自認している私が衝動買いするにはそれだけの理由があります。最大の購入動機は、電子ペーパーであるがゆえの読みやすさにあったのですが、今回はこのReaderを使ってみての感想を書いてみたいと思います。
この端末についていくつかのレビュー記事を読んだところ、いくつかの批判点が目に付きました。そこで、当記事においては、Readerに関してよく言われる批判項目を挙げて、それに対する私の感想という形で書いていくこととします。



よくある批判1. Reader Storeの電子書籍の品揃えが悪すぎる

この点、全く問題ありませんでした。なぜならば、私の場合、有料の電子書籍を購入するつもりなど全くなかったからです。私が電子書籍リーダーで読みたいと思ったのは、ネット上に存在する無数のテキストデータです。例えば、青空文庫や、アマチュア作家の書いている小説・ブログ、掲示板の過去ログデータなどのコンテンツなどです。私はこうしたコンテンツをPDFデータに変換して、それをSony Readerに転送して読んでいます。
例えば、下記サイトを利用すれば、テキストデータを縦書きのPDFファイルに変換することができます。


青空キンドル [Beta](一般のテキストデータ向け)


青空キンドル [Beta](青空文庫専用)


このサイトは、Kindle向けのデータ作成を目的としたもののようですが、ここで作成したデータはSony Readerでも全く問題なく使えます。これは非常に便利です。これがあれば、いくらでも自分で電子書籍を作ることができます。私も早速、青空文庫や、ネット上で公開されている様々なテキストデータをPDF化し、Sony Readerで読んでみましたが、非常に快適です。
また、PDFファイル作成ソフトを利用して、PDFファイルを作るという方法もあります。これなら、印刷可能なものはPDFファイルに変換できます。私が利用しているのは、アンテナハウスの「リッチテキストPDF」という有償ソフトですが、ネット上には無料で使えるソフトもあります。例えば、以下のソフト。


CubePDF

PrimoPDF

ただ、単純にPDFファイルを作った場合、Sony Reader上において、タイトルがきちんと表示されないことがあります。その場合には、「PDF InfoMaker」というフリーソフトを使うことで、PDFファイルのタイトル情報などを設定・変更すればOK。


PDF InfoMaker(Vector)


また、あえてPDFにせずともテキストデータをそのまま読むことも可能です。縦書き表示やPDFにこだわらず、ただ文章を読めればいいというのであれば、これでも十分かもしれません。このように、別に電子書籍をあえて買わずとも、インターネット上に存在するコンテンツを利用することでSony Readerを活用することは十分にできます。



よくある批判2.無線LANや3Gなどの通信機能がない

これも私にとっては全く問題ありませんでした。私が行うのは、パソコン上でPDFデータを作成した後に、Sony ReaderをUSBでパソコンに接続してデータを取り込むだけなので、通信機能は必須ではありませんでした。USBケーブルでパソコンに接続してファイルをコピーするのは別にたいした手間ではありません。パソコンに接続すると、USBストレージとして認識されるので、自作ファイルであれば、付属の専用ソフトを使わずとも、エクスプローラーで普通にファイルをコピーできます。私自身は付属ソフトのインストールすらしていません。
また、通信機能がないがゆえにSony Reader単体で電子書籍を購入できないので、電子書籍の衝動買いを防ぐという意味でもむしろよかったと思っています。これは節約家としての考えです。いつでもどこでも本が買えるというのは確かに便利だけれど、どうしても衝動買いしやすくなってしまうからです。



よくある批判3.ページを切り替えるとき、一瞬画面が白黒反転してちらついた感じになる上、反応が遅い。

これもノープロブレム。最初に店頭で見たときにはこのちらつきが気になったものの、画面がちらつくのはページをめくるときだけで、文章を読んでいるときにはそんなことは全くないのですからすぐに慣れます。また、反応速度が遅いというのも、私はそれほど気になりませんでした。



よくある批判についての私の感想はとりあえずこんなところです。

さて、私がSony Readerを高く評価する最大の理由は、最初に書いたように、なんといっても電子ペーパーの読みやすさにあります。私が電子ペーパーなるものを見たのはこのSony Readerが初めてでしたが、最初に文字を読んだときに、そのあまりの自然な文字表示に感動しました。最初に思ったのは、「紙と比べても、ほとんど遜色がないじゃないか!」ということでした。最初に店で見たとき、表示画面部分にシールを貼ったサンプルかと思ったのですが、実は電源が入っていたのです。紙と変わらない、あまりにも自然な文字表示だったために気付かなかったというわけです。

私の場合、眼が弱いこともあり、パソコンや携帯電話の液晶画面で長時間に渡って長い文章を読むのは非常につらいのですが、電子ペーパーを採用した、このSony Readerはこの問題を完全に解決してくれたのです。また、もう一つ驚いたのが、本体が非常に薄く、重さも非常に軽いことでした。iPadは非常に重くて大きいという印象があったので全く興味がなかったのですが、Sony Readerなら毎日持ち歩いても全く苦になりません。実際、毎日カバンに入れて持ち歩いてPDF化したファイルを読むのに利用しています。バッテリーの持ちがいいのも素晴らしい!

・・・とまあ、べた褒めになってしまったのですが、これが私の率直な感想です。このSony Readerは私にとってもはや手放すことのできないアイテムとなっています。私とは異なる考えを持つ人も大勢いると思いますが、液晶ディスプレイで長文を読むのがつらい私にとって、これほどいい電子書籍端末は今のところ他にありません。Sony Readerの最大のライバルになるのはKindleでしょうけど、こちらはまだ現物を見たことがないので、比較できないのですけど。

もっとも、液晶ディスプレイで長文を読むことが全く苦にならない人であれば、あえてSony Readerを選ぶ必然性はないというのもまた確かなこととは思います。その意味では、私はやっぱり少数派なのかもしれませんね。

Sony Readerを買ってみての感想はとりあえずこの程度にしておきたいと思います。もう少し使い込んだ上で、後日また記事にすることがあるかもしれません。


------------------------------

なお、年内のブログ更新はこれが最後となります。本当は、「2010年の年末を迎えて」というタイトルで貯金と投資の総括記事を書くつもりだったのですが、Sony Readerのあまりの素晴らしさに感動してしまったため、このような形になりました(^^;)

それでは皆さん、よいお年を!!
(投資の運用利回りは来年公開します)

------------------------------
2011/1/2 追記:

ちょっとだけ補足です。
エクスプローラーでSony Readerにデータを入れる際のコピー先のフォルダについて説明しておきます。

USB接続すると出てくる、ドライブ名 Readerから[database]-[media]とフォルダを辿っていって、このmediaフォルダの中にあるbooksフォルダにデータをコピーすればOKです。このbooksフォルダの中に、サンプル書籍も入っています。



スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

お金が貯まらない人に共通する生活習慣
今回は、以前の記事、お金の貯まる人に共通する生活習慣(2)の逆パターンで、お金が貯まらない人の特徴について書いていきたいと思います。これについても、いろいろな見方があるのですが、思いつくままにいくつか取り上げてみたいと思います。



*「必要なもの」と「欲しいもの」の区別がついていない

「必要なもの」というのは、人が生きて生活していくために絶対に欠かせないもののことです。衣食住にかかる最低限度のお金がそれに該当します。「欲しいもの」というのは、生きていく上では必ずしも必須とは言えないけれど、あれば人生や生活を豊かにしてくれるもののことです。お金が貯まる人の場合、この両者を明確に区別しているものですが、お金が貯まらない人の場合、その区別が極めて曖昧であることが多いものです。端的に言うと、なんでもかんでもが「必要なもの」に分類されてしまっているということです。



*買い物それ自体が自己目的化している

お金が貯まる人が何かを買う場合、それが「必要なもの」か「欲しいもの」かに関わらず、少なくとも必要性があるからこそ買っているわけです。それに対してお金が貯まらない人の場合には、商品が欲しいからというよりもむしろ、商品を選んで買うというプロセスそのものを楽しむことが目的となってしまっているケースがけっこうあります。私の知っている人でも、冷蔵庫の中に入りきれないほどの食べ物を買って、結局は捨ててしまっていたり、ろくに使いもしない商品を次から次に買ってしまう人がいます。このタイプの人は、わざわざお金を出してゴミを買っているとしか言いようがないのですが、当人は全くその自覚がないようです。いわゆる買い物依存症というやつですね。



*収入がもっと増えたら貯金を始めようと思っている

これはお金が貯まらない人の典型的な言い訳の代表格です。何か特殊な事情を抱えている人を除けば、これは単なる言い訳にしかならないことがほとんどです。この手のことを言う人は、大抵の場合、たとえ収入が増えても貯蓄はできません。



*お金に関して「いい人」であろうとし、妙にプライドが高い

お金が貯まらない人というのは、「自分が他人にどう思われているか」ということを必要以上に気にしている人が少なくないと思います。例えば、「他人にケチだと思われたくない」「店に入った以上、何か買わないと店の人に悪い」「人に誘われたり、頼み事をされたら断れない」といった具合。このタイプの人はお金が貯まらないものです。何も”お金に汚い嫌な奴”にまでなる必要はありませんが、お金に関してはある種のシビアさや冷徹さも必要です。これはビジネスの世界でも重要。



*浪費癖があるという自覚がない

何をもって浪費癖とみなすかというのは非常に難しいのですが、たとえお金を無駄遣いしても、その自覚がない人はけっこういるものです。客観的に見れば、明らかに浪費としか思えないのに、当人には全くそれが理解できないというパターン。これはもう頭のどこかがトチ狂っているとしか思えません。小銭を節約する一方で大金を浪費していたり、やっていることがとにかくちぐはぐだったりします。




書くべきことはまだまだあるのですが、書き始めるときりがないので、今回のところはこのくらいにしておきます。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

労働生産性追求の果てにあるもの
今回の話の元ネタは、橘玲 公式サイトの記事です。例によって、リンクを貼った上で、記事の一部を引用します。



牛丼と革命―未来世界のマックジョブ(橘玲 公式サイト)


-------------引用開始-------------------------------

短期間で「革命」を実現するために小川が選んだのは、徹底した独裁だった。『日経ビジネス』記事で描かれるゼンショーの社員(クルー)管理は衝撃的だ。

社員には「ゼンショーグループ憲章」という小冊子が配られるが、ここには「社員は群れてはいけない」「いい人に思われるようにするな」などの精神論と同時に、「商談は30分」「歩く時は1秒に2歩以上」などの行動規範もこと細かに定められている(「憲章」にはシリアルバンバーが打たれ、なくすことは許されない)。

顧客の回転効率を高めるため、すき家ではカウンター席の牛丼を原則10秒以内で出すことになっている(吉野屋は15秒)。クルーは、「いらっしゃいませ」と声をかけてからの動作を、体のバランスから手の動かし方まで、秒単位で訓練されている(たとえば丼を下げるときは、左手でトレーを持ち、右手で専用ナフキンを使って、肘から下を使ってテーブルをZ字に拭く。上腕を使うと動きが大きくなり、時間をロスするからだ)。

こうしたクルーの“ロボット化”によって、すき家だけが、深夜のワンオペ(ワンオペレーション。調理と接客を1人でこなすこと)を可能にした。そのかわり全店には監視カメラが設置され、監視役の社員が24時間、クルーの動きをモニターしている(防犯対策の意味もある)。

新入社員は4月1日から11日間、「ブートキャンプ」と呼ばれる合宿に送り込まれる。その目的は「学生時代の誤ったリーダーシップ観を徹底的に否定する」ことで、訓練や討論によってゼンショー憲章への絶対服従を叩き込んでいく。――これは海兵隊の新兵訓練(スタンリー・キューブリックの『フルメタルジャケット』で描かれた)や、ヤマギシ会の特講(米本和広『洗脳の楽園』)と同じ典型的な洗脳技法だろう。

-------------引用終了-------------------------------




これを読んだとき、私は「これはまさに、サラリーマンの究極的な姿であり、企業経営者の目指すべき最も理想的な経営のやり方だ」と思いました。経営戦略を立案したり、利益を出す仕組みそのものを作り出すという極めて高度な仕事をするのは、経営トップの一握りの人間だけができればいいわけで、それ以外の従業員は、ただ単にトップの決めた方針や命令に従うだけの存在でしかないという話です。

ここまで極端ではないにしろ、サラリーマンという立場においては、みな似たようなものだと思います。就業規則に従い、業務マニュアルや社内の様々なルールに従い、上司の命令に従う。命令を下す上司もまた、より上位層からの命令に従って行動しているに過ぎません。要するに、「お前らは、ただ言われたことをやっていればそれでいいんだ」というわけです。そこには余計な創意工夫は必要ありません。

このことがよいことなのか、悪いことなのか、残念ながら私にはわかりません。ただ、私が思うのは、労働生産性を極限にまで高めようとすれば、程度の差はあれ、こうしたことは避けようがないのではないかということです。

職務に対してより忠実であろうとすればするほど、そして業務の効率化を進めようとすればするほど、組織の歯車の一つでしかないサラリーマンという立場では、業務の多くは単なるルーチンワークになってしまい、結果的にマックジョブ化して行かざるを得ないのではないかと思うのです。

私は過去の記事において、サラリーマンという立場に対して、「いつでも交換可能な部品でしかない」とか「仕事という名の芸をして、給料というエサをもらっている存在でしかない」などと書きましたが、その行き着く先は”ロボット化”ということなのかもしれません。

経営方針を組織の末端にまで浸透させようとすれば、ある種の”洗脳”はどうしても必要です。従業員が経営陣の決めた経営方針に疑問を持っていたり、業務命令に逆らうことを許していては、組織全体としての活動に支障をきたしてしまいます。無駄な行動をなくし、より効率的に人を動かそうとすれば、理想の社員像・行動規範というものを作り上げ、それに少しでも近づくように、徹底的に指導・教育という形で洗脳していくのが合理的です。個性などというものは必要ないのです。

会社で働く身分のものとしてはなんともうんざりする話ですが、これはある意味で、組織の忠実な犬であるサラリーマンのあるべき姿なのだろうと思います。企業が最大限の力を発揮するためには、従業員全員が一丸となって一糸乱れることなく一つの目標に向かって行動していかなければならないということを考えれば、”従業員の洗脳とロボット化”を成し遂げた企業のみが、最強の地位を得ることができるのかもしれません。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

お金の貯まる人に共通する生活習慣(2)
前回の話の続きです。前回の記事は、こちら。

お金の貯まる人に共通する生活習慣

前回紹介したリンク先、お金のたまる人の中から、特に面白いと思ったものをいくつかピックアップして取り上げたいと思います。
以下、上記サイトより項目を引用しつつ、コメントを書いていきます。



・部屋がキレイ

これは無駄なものを買わないから必然的に部屋がきれいになるということなのでしょうけど、無駄なものを買わないためには、余計な収納家具を買わないようにするということも重要です。ものを収納する場所が少なければ、必然的に「買っても場所がないから」ということになり、余計なものを買うことに対する抑止力が働きやすくなります。



・待ち合わせは本屋さん

この話のミソは、待ち合わせ場所が喫茶店じゃないところなのだろうと思いました。待ち合わせというと喫茶店がよく使われますが、これだと余分なお金がかかってしまいます。本屋さんの場合、なんといってもタダで入店でき、また待ち合わせした相手が来るまでの間に、新刊本や話題の本をチェックしたりして、待ち時間という無駄な時間をより有効に使えます。



・まめにポイントを使う

これも地味ながら重要。ポイントカードで貯まったポイントというのは、お店や企業に対して無利子でお金を貸しているのと同じなので、ポイントはあまり貯めこまずにこまめに使うのが正解です。



・お金のかかる友人とは付き合わない

これも大事。人付き合いは重要とはいえ、金銭感覚が甘い人や、収入レベルや生活レベルが自分よりも上の人と付き合おうとすると、とても多くの出費を覚悟しなくてはなりません。



・何かに失敗した時、自分の行動を省みる

反省しない人は成長しないという単純な話。これは、「反省力」とでも呼ぶべきもので、自分を省みるという習慣は必須。



・趣味には惜しみなく使う

これは、節約とは矛盾するかに見えて、お金を貯める人におおむね共通する部分だと思います。節約家であっても、お金を使うと決めた部分にはバンバンお金を使うものです。



・儲け話に乗らず、着実に生きる人

お金の貯まる人というのは、これがしっかりとできています。安易に儲け話に乗ると、たちまち大金を失ってしまうから当たり前なのですが。投資をする場合においても、いわゆる、うまい儲け話がこの世に存在しないことをよく知っていて、きちんと勉強してから行っているはずです。全体としてみれば、投資に対しては保守的な人も多いのではないかと思います。投資については、本業で稼いだお金を投資に回すだけで、投資そのものでお金を儲けた人はむしろ少数派という印象が強い・・・。



・金がない怖さを知っている

これも何気に重要。お金がない怖さを知らない人はお金を大切にしようとしないものです。「お金がなくてもなんとかなる」とか「お金がなくても幸せになれる」というのは全くのデタラメ。これは、「お金があっても幸せになれるとは限らないが、お金がないと確実に不幸になる」というのが正しい。



・トイレが綺麗な人

この話は、お金の話になると大抵出てくるのですけど(その多くは風水関係ですが)、これは恐らく、トイレをきれいに掃除するというマメさや几帳面さがお金を貯める体質作りに貢献しているのではないかと思います。



・全てを疑う

世の中においては、お店や企業、果ては詐欺師に至るまで、なんとか他人にお金を使わせようと必至になっているので、疑うことは重要。これは、疑うことそのものよりもむしろ、世の中のお金にまつわるカラクリを見抜く、賢さが必要ということだと思います。



書いていくときりがないので、とりあえずはここまでにしておきます。
今回、いくつかの話題を取り上げましたが、これは非常に奥の深い話です。投資分野に関して一個人でできることには自ずと限度がありますが、貯蓄分野については、創意工夫の余地がいくらでもあります。今後、またあらためて取り上げてみたいと思います。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

お金の貯まる人に共通する生活習慣
今日の話の元ネタは、先日ネットで見つけた某サイト。メモ書き程度の内容ですが、ここにはお金の貯まる人の特徴がきっちりとまとめられています。リンク先を示した上で、抜粋という形で一部を引用します。


お金のたまる人

-------------抜粋の形で引用-------------------------------

・ すっかり忘れていた預貯金が数十万単位で存在する
・ 100円ショップでも利用目的を考えながら買う
・ 100円200円でも良く考え、計算して使う
・ 消耗品に金をかけない
・ なにやっても最終的にたまる
・ 本当にそれが欲しいから流行など気にせず高い物を買う。そして大事に使う。

-------------引用終了-------------------------------


抜粋した引用内容はほんの一部ですが、このサイトに書かれている内容は、まさにお金の貯まる人の特徴をほぼ完璧に網羅しています。お金を貯めるのが得意な人であれば、思い当たることがいくつもあると思います。

以前の記事で、お金を貯めるためには高度な金融の知識は不要で、お金に関する生活習慣の問題だという話を書きましたが、お金を貯めるためにはまさに生活習慣だけが重要なのです。生活習慣ということは、そこには一定の基本的な行動パターンが存在するということでもあります。お金が貯まるかどうかを判断するには、上記サイトに列挙されているような、”お金の貯まる人の思考・行動パターン”が身についているかをチェックすればいいということになります。このブログで何度も書いてきたとおり、投資の方は、人によって向き・不向きというのが非常に大きく、決して万人向けとは言えませんが、貯蓄分野においては、ほぼ万人向けの方法というものは存在します。そして、お金を貯める能力は、投資をする上でも必須の能力でもあります。お金を貯める能力にさらに磨きをかける意味でも、定期的に自分のお金の生活習慣を見直し、チェックする方がいいと思います。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。