プロフィール

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資を身近な人に勧めない理由(2)
今回は、私が投資を人に勧めようと思わない理由についてあらためて書いてみたいと思います。この点については私は以前にこんな記事を書いています。


投資を身近な人に勧めない理由

-------------引用開始-------------------------------

私は、普段の生活において、投資を人に勧めたことは一度もありません。こんなブログを書いておきながら、私は身近な人には投資を勧めたくないのです。それにはもちろん理由があります。その理由とは一体何か?それは・・・

あまりに金銭管理能力の低い人が多いから

です。

(中略)

そして、金銭管理能力の低い人にうかつに投資を勧めたとして、その人が最終的に損失を出したとしたらどうなるか・・・おそらくその人は投資を勧めた私を非難するかもしれません。

-------------引用終了-------------------------------


この記事を書いたのは2006年3月の話ですが、私は今でもやっぱり、人に投資を勧めようという気にはなりません。私自身が投資を実践しているのに人に投資を勧めたくない理由は当時と全く変わりません。私が誰かに投資を勧めたとして、その人が損失をした場合に、その責任をなすりつけられるのが嫌だからです。
当たり前のことですが、投資というのは自己責任の元で行うものです。しかし、誰もがそのことを理解しているわけではありません。何か問題が起こったら、それを他人のせいにしたがる人は世の中に少なくありません。私が一番恐れるのは、そうした、自分の身に起きたことを他人のせいにしたがる人たちに逆恨みされることです。これは非常に大きなリスク要因だと言えます。だから私は投資を人に勧めたくないのです。

そもそも投資というのは他人に勧められたからといってすべきものではありません。「みんながしているから」という理由で行うべきものでもありません。逆に他人に止められたかといってやめるべきものでもありません。自分自身の意思で、全ては自己責任の下で行うべきものなのです。
また、私は以前にこんな記事も書いています。


日本人の異常なリスク感覚


投資を学べばリスクとの付き合い方が見えてくる


私がこれらの記事で言いたかったのは、人々の多くはリスクの取り方がおかしいということでした。極端に大きなリスクを平然ととったり、逆にゼロリスクを求めようとしたりといったことです。実際、このタイプの人たちはさほど珍しくないと思いますが、この手の考え方の人に投資を勧めるのは危険です。元本割れ恐怖症の人であれば、ちょっと元本割れになっただけでも大騒ぎするでしょうし、逆に、例えばギャンブル好きの人であれば、相場の魔力に魅せられてしまい超ハイリスクな投機を行って身の破滅を招く恐れがあります。リスクというものをきちんと認識し、うまく付き合うことのできる人であればいいのですが、そうでない人にとっては投資は危険なものでしかありません。


ちなみに、「投資を身近な人に勧めない理由」の記事を書いた当時と今とでは認識が若干変わっている点もあります。それは、投資というのは、金融危機の時がそうだったように、いかに国際分散投資を実践していようとも、短期に大きく損失を出してしまう可能性があり、その意味において、当時想像していた以上にリスクが高いということです。金融危機以前は、国際分散投資で各資産クラスに分散投資をしていれば、損失は出しにくいという認識の人が多かったのではないかと思いますが、金融危機の時に実際に起こったのは、ほぼ全ての資産クラスの下落というものでした。もちろん、このことは国際分散投資の有効性を否定するものではありませんが、投資というもののリスクの大きさを象徴する出来事であったとも言えます。


私は他人に投資を勧めるのには極めて慎重であるべきだと思っています。インフレに対しては、1年定期で対応できていたという過去のデータもありますから、過度に警戒する必要はないと思います。インフレ対策だけでいいということであれば、実際にインフレ傾向が出てきてから対応すればよいという考え方もあります。また、老後資金の準備のために投資をするにしてもリスク許容度という概念についてしっかりと理解し、リスクのとりすぎには注意しなくてはなりませんが、それをわかりやすく説明するのは容易なことではありません。また、本当のリスク許容度は、実際に投資を実践して、暴騰や暴落を何度か経験してみて初めてわかるという側面もあります。

お金のことを他人に語るというのは、元来難しいものです。特に、他人に投資を勧めるというのは、自分自身で投資を実践する以上に難しいことだと私は考えています。ゆえに私は人に投資を勧めることを厳に慎んでいるのです。もし、どうしても投資について説明を求められたら、私はリスクについてのみ語るようにします。投資のメリットについても、もちろん知っておかなくてはなりませんが、まずはリスクについての理解が先だと思っています。利益がどのくらい得られるかは不確実ですが、投資にリスクが伴うことははっきりしているからです。


それから、投資を他人に勧めない私が現在もなお国際分散投資という形で投資を継続する理由の一つに、日本という国、そして円という通貨に対する集中投資を避けるため、というものがあります。しかし、そもそもこの考え方が正しいのかどうかということすら、今なお確信を持つことが出来ません。あるいは、わからないからこそ投資をしているとも言えます。自分でもよくわからないものを他人に勧める気にはなりません。


一般的に投資ブログというのは「投資は素晴らしい!みなさんも投資をやりましょう!!投資を世に広めましょう!!!」・・・というような内容の方が読者の受けはいいでしょうし、そうした内容を書くのが普通なのかもしれません。しかし私自身は、実に困ったことに、投資を実践し、投資に関する様々な文献を読み、そして投資について考えれば考えるほど、投資に対する疑問が次から次へと湧いてきます。当ブログでは、そうした内容を中心にして記事を書いているため、結果的に投資否定ブログのようになってしまっています。しかしまあ、こういう内容のブログがあってもいいのではないかと私自身は思ってはいるのですけどね。


--------------------------

なお、来週は都合により、ブログの更新をお休みします。


スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

無料商法に気をつけよう
世の中には、無料商法というものがあります。まずは、無料商法について、Wikipediaより引用します。

無料商法(Wikipedia)
-------------引用開始-------------------------------

無料商法(むりょうしょうほう)とは商品やサービスなどを無料で提供して客を集めるが、無料であるのは初回や一定期間のみであり、無料期間終了後に有料で提供する事により料金を徴収する。他には2個以上の物をセット販売し、まとめて買う事により1個分の価格を無料にするなどといった商法。

「無料体験」や「無料点検」や「無料キャンペーン」など無料であるという事を強調したキャッチフレーズが特徴。

-------------引用終了-------------------------------



私が最近体験した無料商法は、先日、某携帯電話ショップでスマートフォンに機種変更をしたときものでした。店員さんから、「フォトビジョンを無料でつけますよ」と言われたのですが、これは本体は無料でも、毎月の基本料金がかかります。これではとても無料とは言えません。
ソフトバンクといえば、iPhone4Sの発売に当たって、iPhoneの新規契約者や、既にiPhoneを使っている人がiPad2を契約する際に料金面で優遇するという「月額料金0円~」という宣伝をしていました。しかし、この話には大きな問題点が指摘されています。詳細は下記サイトを参照のこと。


iPad2が0円はウソ?ネットでSoftBankのプランが汚いと波紋呼ぶ(秒刊SUNDAY)


ソフトバンクの「iPad 2」販促 「月額料金0円~」看板に偽りあり( J-CASTニュース)


このやり方もまた、無料商法の一種だと言えるでしょう。




それから、最近、家にかかってくるセールスの電話で多いのが、「インターネット回線をADSLから光回線にしませんか?今なら無料でできます」という類のもの。私の場合、かなり安い料金プランでADSLを使っているため、機器の取り替えや回線切り替えは無料であっても光回線に替えると確実に毎月の回線使用料が上がってしまいます。よって、毎回断っているのですが、業者の方は、やたらと「無料」であることを強調してきます。

無料商法といえば、「無料」をうたったオンラインゲームなどで高額請求をされたというニュースを見たことがあります。基本的にこういうのは規約を読まない方が悪いというのが正論ではあるのですが、こういう話を見たり聞いたりするたびに、タダより高いものはないということをよく実感します。



そもそも、この世の中に本当の意味で無料のものなど存在しないというのが基本です。「無料」を謳っていても、多くの場合、実際には結果として高い支払いをしなければならないケースが大半だと考えて間違いないでしょう。無料商法に引っかからないよう、気をつける必要があります。



私の場合、悪徳商法の様々な手口についてもある程度の知識は持っているので、あまりにも見え透いた無料商法にはたいていの場合すぐ気付くのですが、それにしてもこういう商法に出くわすと実にうっとうしく感じます。しかし、ふと世の中を見渡せば、「無料」を謳って客寄せをしている業者が多いことに驚かされることがあります。


無料商法というのは、実にあざとい商売のやり方だと思います。と同時に、これは極めてうまい商売のやり方だと考えてしまうのも事実ではあるのですけどね。


それから、今回の話とは直接の関係はありませんが、商品のパンフレットなどでは、大体において、「肝心なことは必ず小さな文字で書いてある」というのが基本だと思っています。商品のカタログやパンフレットに、「※」とか「※注1」とかいう表記があれば、それについての詳細について書かれた部分にすぐに目がいく習慣がついています。その詳しい説明というのが、多くの場合、虫眼鏡で見なければわからないほど小さな字で書いてあるのが定番です。しかし、これを見逃すと、商品を買ってから、「こんなはずじゃなかったのに」と買い物を後悔することになることにつながりかねません。パンフレットやカタログの細かい部分にまで目を通す習慣をつけておけば、買い物の失敗をかなり減らせると思います。これはごく当たり前のことではありますが、こうしたことを、より意識的に行うことは大変重要なことだと思います。



そんなわけで、無料商法や、肝心なことは必ず小さな文字で記されているという表記方法にはうんざりしているのですが、それでも投資や金融などお金の知識がある程度あれば、この手の商法には引っかかりにくいのではないかと思います。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

スティーブ・ジョブズ死去のニュースを見て思ったこと
先日、アップルの共同設立者の一人、スティーブ・ジョブズが死去したという衝撃的なニュースがありました。

個人的には、アップルという会社はあまり好きではないので、アップル社の製品はほとんど使ったことがありません。しかし、それでもなお、スティーブ・ジョブズが天才的な才能を持った凄い人物であったことを否定することはできません。私の場合、子供の頃からパソコンと関わってきたので、その思いはなおさらです。私がアップルという会社のことを最初に知ったのは、当時購読していたパソコン雑誌を読んでのことでしたが、その頃からアップルの製品には独特の個性があったように記憶しています。

私がスティーブ・ジョブズ死去のニュースを見たとき、思ったことは二つありました。一つは、「一つの時代が終わった」ということ。そしてもう一つは、ジョブズのいなくなぅたアップルは今後どうなるのだろうかということでした。

私はアップルという言葉を聞く度に、「アップル信者」という言葉を連想するのですが、アップルの一番凄いところは、信者と呼べるほどに熱狂的なファンがたくさんいることではないかと思います。実際に、アップルファンの頭の中では、宗教信者の脳内と同じようなことが起きているようです。詳しくは下記サイトを参照のこと(これは5ヶ月ほど前の記事です)。


アップルがかき立てる「宗教的反応」、BBCが科学実証(CNN.co.jp)

-------------引用開始-------------------------------

MacやiPhoneを愛するアップルファンの脳内には、宗教信者の脳内に起きるのと似たような反応が起きていることが分かったと、英BBCのドキュメンタリー番組が伝えている。

同番組では神経学の専門家が磁気共鳴断層撮影(MRI)を使ってアップルのファンに同社の製品を見せ、脳内の反応を調べる実験を行った。その結果、脳の特定の部位が明るくなっていることが判明。これは、宗教信者に神の像を見せた時に明るくなるのと同じ部位だった。

ドキュメンタリーのシリーズ第1回では、ロンドンに最近できたアップル直営店の開店イベントで、同社社員たちが何かに熱狂的に駆り立てられたような様子を映し出している。

-------------引用終了-------------------------------



これはアップルならではないかと思います。例えばWindowsユーザーでは、ここまで熱狂的なファンは滅多にいないでしょう。

それだけに、スティーブ・ジョブズという”教祖”なきあとのアップル社は果たしてどうなるのか、その点に大きな興味を抱いています。果たして今後もファンを魅了するだけの素晴らしい製品を出し続けることが出来るのか。そして投資家的視点で見るならば、アップルの株価はどう動くのか。大変興味深いところです。

それにしても、スティーブ・ジョブズが56歳という若さで亡くなったというのはアップルファンではない私にとっても残念でなりません。なんだか、ものすごい喪失感を感じます。スマートフォンやタブレット端末が各社から発売されていますが、そのブームの最初の火付け役となったのはアップルの出したiPhoneやiPadであるのは疑いようがありません。もし、アップルがiPhoneやiPadのような製品を発売しなければ、世界は今とはずいぶんと違ったものになったことでしょう。

今はただ、スティーブ・ジョブズ氏のご冥福をお祈りしたいと思います。


----------------------------------------------
追記:
すでにiPhone4Sの予約が始まっていますが、某大手量販店ではiPhone4Sの予約の客で一杯でした。やはりスティーブ・ジョブズ氏の作品は、いつもと同じようにファンを魅了しているようです。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

老後資金を失う最大の理由は、老後資金を得るための投資によるものだと思う
投資をする動機付けの一つとしてよく挙げられるものに老後資金の確保のためというのがあります。そのこと自体は決して間違ってはいません。しかし、皮肉なことに、この老後資確保を目的とする投資によって、老後資金を失ってしまう人たちが大勢いるのもまた事実です。


恐らく、老後資金を失う理由の中で最大のものは、老後資金を得るための投資によるものではないかと思います。


実際、「投資(あるいは投資詐欺)で老後のための蓄えを全て失ってしまった」というのはしばしばニュースでも見かけます。個々の事例は様々です。投資詐欺に遭うケースもあれば極端な集中投資が災いして、結果としてお金を失ってしまったというケースもあります。無茶なレバレッジをかけた信用取引で大損する人もいます。分散投資でも油断はできません。極端な大暴落時には、ほぼ全ての資産クラスが値を下げてしまうということもあります。

この手の話でつくづく皮肉だと思うのは、そもそも老後を安心して生活するために投資をしていたのに、よりにもよってその投資によってお金を、実にあっさりと失ってしまうことがあるということです。

まとまった金額のお金を持っている人たちというのは、恐らくはその大半が、何十年にわたってコツコツとお金を貯めてきた人たちだろうと思います。このタイプの人は、無計画な浪費でお金を失うことはまずないでしょう。その堅実な人たちが、十分な自己防衛の知識を持たないままに、うかつにも投資という世界に足を踏み入れてしまったがために、お金を失ってしまうというのは悲劇としかいいようがありません。投資の世界では、たった一回の投資判断ミスだけで、全てのお金を失うことだってあるのです。

特に、預貯金しか経験していない人というのは、投資リスクに対して免疫がなく、投資に対して”元本変動型定期預金”とでもいうような妙な認識を持っていたり、あるいは元本を失うリスクについてあまりにも楽観的すぎる傾向が見受けられるので、注意しなくてはなりません。実際、分配金や配当金には関心を持っていても、肝心の元本がどうなっているのか、あるいはトータルでのリターンがどうなっているのかということに全く関心を持っていない人は多いものです。預貯金しか知らないがゆえに、リスクを理解出来ず、定期預金感覚で投資をしてしまうのでしょう。預貯金であれば、リスクなど事実上存在しないわけですから、リターンのみに目を向ければいいのですが、残念ながら投資ではそうはいきません。

老後資金を得ようと投資したがために老後資金を失ってしまった人たちがその後どのように暮らしているのかはわかりません。そもそも、生活が成り立っているのかどうかすら定かではありません。その暮らしぶりの実態はともかく、彼らの多くが自らのとった行動を後悔しているであろうことは容易に想像がつきます。ただ一つ言えることは、下手な投資さえしなければ、少なくとも、お金を失うことはなかっただろうということだけです。投資というのはお金を殖やす最も効率的な方法であると同時に、財産を失う最も手っ取り早い方法でもあります。投資をしないリスクだの持たざるリスクだのという主張をする人もいますが、大事なのは、投資をすることによって生じるリスクだけだと思います。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。