プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いわゆる「国家破綻本」について思うこと
私が個人的に「破綻本」と総称しているジャンルの本があります。「20XX年、日本国破綻」という類の本のことです。私もこの手の本は何冊か読んできたので、少し思うことを書いてみたいと思います。

日本が抱えている莫大な借金について、まじめに書いてある本も、もちろんたくさんありますが、その一方で、トンデモ本の類も少なくないという気がします。この手のトンデモ本の印象を一言で言うなら、ノストラダムスの大予言の金融版というところでしょう。面白いのは、いくつかの本において、国家破綻の際に財産を守るためと称して、著者の主催する会員組織への勧誘、高額なレポートの宣伝、海外の投資ファンドの紹介などをしている点。これは、実質的には、高額なレポートやファンドを売るための広告塔と言った方がいいかもしれません。この手の本は、もうかれこれ10年くらい前からあったように記憶していますが、その間ずっと、「日本はごく近い将来、財政破綻し、円の価値は大幅に下落する」という類のことを主張し続けています。で、毎年のようにそれが外れ続けているわけです。行動経済学の考え方を適用するなら、人々の不安や恐怖心をあおってお金をもうけようとするのはビジネスとしては正しいのかもしれませんが、考えようによっては不安商法の詐欺的ビジネスという見方もできるわけですから、あまり真剣に取り合わないほうがいいだろうとは思います。

個人的な考えとしては、確かに、日本がいつの日か財政破綻する可能性は大いにあり得るにしろ、それが実際に起こるのか、そしていつ起こるのかはわからないというのが妥当な見方だと思います。少なくとも現時点では、過剰に不安視する必要はないと思います。

日本の財政破綻の話について最も気をつけるべき点があるとすれば、「あなたの財産を守ります」と称して、お金を騙し取ろうとしたり、高額な手数料のレポートやファンド等の金融商品を売りつけようとする輩に対してだと思います。恐らくこの手の業者は日本の財政破綻の懸念が高まるとともに、続々と登場してくることでしょう。


スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

浪費家と倹約家のお金の使い方の違い
今回は、基本に立ち返って、浪費家と倹約家のお金の使い方の違いについてまとめてみました。
あくまでも私の主観に基づく思いつきなので、間違っている部分もあるかもしれませんが、大体はこんなものだろうと思います。


浪費家:欲しいものはすぐに手に入れないと気が済まない。
倹約家:欲しいものが本当に必要か、少なくとも数日間は検討してから買うかどうかを決める。


浪費家:流行を追いかけるのが大好き。
倹約家:一時の流行には左右されない、飽きのこない本当に良いものを買って長く使う。あるいは、実用性のみを考慮し、徹底的に安いものを買って割り切って使う。


浪費家:パチンコやギャンブルが大好きで、ギャンブルで本気で一財産作れると思っている。
倹約家:ギャンブルはしない。もしくは、ギャンブルでは財産は作れないことをよく理解した上で、単なる遊びとしてのみ行う。


浪費家:買い物をしたら、レシートはもらわない。あるいはもらってもすぐに捨てる。
倹約家:買い物をしたらレシートは必ずもらう。


浪費家:外食や喫茶店が大好きで上限を決めずお金を使う。
倹約家:外食は少ない。外食をするときでも、きちんと予算や回数など上限を決めている。


浪費家:収入が増えさえすれば、自分のお金の問題点は全て解決すると思っている。
倹約家:収入が増加させるための努力はもちろん大事だが、それと同じくらいに支出のコントロールも大事だと思っている。


浪費家:臨時収入が入ってきたら、すぐに使わないと気が済まない。
倹約家:臨時収入が入ってきたら、最初からなかったものとしてすぐに貯蓄に回す。


浪費家:人に気前よく奢るのが好き。そうすることで羽振りの良さを見せようとするが、その実態は単に見栄を張りたいだけであることが多い。
倹約家:むやみに人に奢ったり、他人のためにお金を使ったりしない。しかし、費用対効果を考え、必要と判断したときには躊躇なく他人のためにお金を使う。
(ちなみに、この費用対効果というのは、仕事関係での接待や贈答品を送る際にも非常に重要)


浪費家:お金の使い方にメリハリがなく、だらだらとしたお金の使い方をする。
倹約家:お金の使い方にメリハリがあるため、お金を使うときは気前よく使う一方、使わないときには徹底的にコストを絞る。


ちなみに、倹約家というか、お金の使い方のうまい人の特徴を一つだけ挙げるとすれば、お金を使うときと使わないときの差が非常に激しいということではないかと思っています。価格ではなく価値で判断し、要らないものはどんなに安くても買わない一方、必要とあらば少々高いものでも平気で買う、といった具合。見ようによっては、ものすごいドケチにも見えるし、逆に浪費家に見えることも。
普段から倹約していてお金を持っているからこそ、いざ必要となったときにお金をポンと出せるということなのでしょう。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

金融商品の選択眼があれば、投資戦略は自ずとシンプルになる
以前の記事の続編です。過去の記事はこちら。


金融商品の選択眼があれば、ポートフォリオは自ずとシンプルになる

金融商品の選択眼があれば、商品の乗り換えは自ずと少なくなる


今回は、過去の記事のまとめで、金融商品の選択眼があれば、投資戦略は自ずとシンプルなところに落ち着くという話です。
個人投資家における投資戦略は極めて単純なものです。まとめれば以下の2点に集約されます。


1.どれだけの金額を投資に回すか、そしてどれだけの金額を預貯金のままにしておくかにするかを決める

2.投資資金のアセットアロケーション(資産配分)を決める。これはインデックスファンドかETFの中からのみ決めればよい



ただこれだけ。極めつけにシンプルです。

そして、これも非常に重要なポイントですが、投資継続の鍵を握っているのは、投資資金ではなく、安全資金としての預貯金にあるといえます。投資資金のアセットアロケーションに悩むより先に、どれだけの金額を預貯金として確保しておくかということについてきっちりと決めるほうがよほど重要です。余裕資金は少し多すぎるというくらいでちょうどいいでしょう。金銭的な余裕は心の余裕につながり、これが投資継続にとっては重要だからです。また、投資資金のアセットアロケーションにしても、今すぐに決める必要はなく、積み立てながら徐々に考えるという方法もあります。投資の場合、車や住宅購入の場合とは異なり、まとまった金額の資金は必要ないので、よりお手軽です。個人投資家にはなんのしがらみもないので、やってみて無理だと思ったらやめればいいし、継続できそうだと思ったら継続すればいいわけで、この点でも非常に単純です。もっとも、しがらみがないがゆえに投資戦略がぶれやすいという欠点もあるわけですが。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

利回りおよびアセットアロケーション(2012年1月1日)
運用利回りとアセットアロケーションです。

-------------------------
運用利回り(2012年1月1日現在)

*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 投資収益率 -32.6%  年間収益率 -8.1%
*STAMグローバル株式インデックス・オープン 投資収益率 -0.8%  年間収益率 -0.5%
*STAM新興国株式インデックス・オープン 投資収益率 -12.0%  年間収益率 -6.9%
*STAMグローバル債券インデックス・オープン 投資収益率 -7.9%  年間収益率 -4.4%
*TOPIX連動型上場投資信託 投資収益率 -26.0%  年間収益率 -6.2%
*さわかみファンド  投資収益率 -29.8%  年間収益率 -6.5%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 投資収益率 -20.4%  年間収益率 (データなし)
*外貨建てMMF(ユーロ) 投資収益率 -15.8%  年間収益率 (データなし)
*純金積み立て 投資収益率 (データなし)  年間収益率 (データなし)

参考:1米ドル= 76円73銭、1ユーロ=99円42銭(ソニー銀行)


※外貨建てMMFの投資収益率は、円換算のものです。
※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。
※純金積み立ては田中貴金属工業にて行っています。


--------------------------------------------

*TOPIX連動型上場投資信託(ETF) 比率 13%
*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 比率 26%
*STAMグローバル株式インデックス・オープン 比率 12%
*STAMグローバル債券インデックス・オープン 比率 5%
*STAM新興国株式インデックス・オープン 比率 6%
*さわかみファンド 比率 4%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 比率 12%
*外貨建てMMF(ユーロ) 比率 10%
*純金積み立て 比率 12%

国内債券 0%
国内株式 17%
海外株式 44%
海外債券 27%
純金積立 12%


(注)
※預貯金及びMRFは除外しています。
※外貨建て商品は円換算のものです。

--------------------------------------------

利回りは不定期ながら年に何度か公開しているので、特に見るべき点はありませんが、今回の特徴としては、円高ユーロ安になっているということでしょうか。ポートフォリオ全体ではいつもと変わらずマイナスの状態。

アセットアロケーション(資産配分)については、海外株式が44%と最も高い比率になっていますが、まあこんなものでいいのではないかと思っています。純金積み立ての比率がまだ高いのでこれは今後もリバランス目的での売却を予定。

以前から何度か書いていますが、総資産に占める預貯金比率が50%をやや上回っているという状況なので、安全資産は十分過ぎるほどに確保されています。
後の問題は、ポートフォリオがプラスに転ずる日がいつ来るのか、それとも来ないのかということですが、これはさっぱりわかりません。

今年の方針はSTAM系の積み立てを継続。ただし、STAMグローバル債券インデックス・オープンについては、積み立てを停止し、その分をSTAMグローバル株式インデックス・オープンに回す予定。外国債券については、いわゆる外債不要論というやつがやや気になっていて、現状では迷っているという状態。なので、今後また変わる可能性はあります。確固たる方針になっていないのはいつもの通り・・・。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。