プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それほど間違っていない就職活動・求人用語集
今回は、「それほど間違っていない就職活動・求人用語集」と題して、ネタ記事としてお送りします。就職活動とはなんぞやという話から、求人票にありがちな表記をいくつか取りあげてみます。あくまでも、ネタ・ジョーク記事につき、かなりテキトーですので悪しからず。


-------------------------



就職活動・・・仕事を求める求職者と、企業の採用担当者との間で繰り広げられる茶番劇のこと。さしずめ、狸と狐の化かし合いのようなものであろう。企業側はいい人材を採りたいがために、自社がいかにも立派な会社であるかのように事業内容や業績をウソではない程度に誇張する一方、求職者側も、採用担当者にいい人材だと思わせるために、自分をいかにも有能な人間であるかのように見せかけようとする。結果として、企業側は、これはいい人材だと思って採用したものの、あまりの無能ぶりに落胆することとなり、一方、採用された側も、入社前と入社後のイメージのあまりのギャップに、入社したことを悔やむという、お互いにとって不幸な結果で終わることも珍しくない。



志望動機・・・面接における定番の質問事項の一つ。求職者が採用担当者からこれを問われたとき、いかにして、もっともらしいウソをつくかが最大のポイントであろう。間違っても、「志望動機なんて別にありませんけど、働いてお金を稼がないと生活できないから応募しただけです」などという本当の志望動機は決して言ってはいけない。ここで求められているのは、いかにうまく相手を納得させるウソをつくことができるかという点であるといっても過言ではない。試されているのは、就職活動という名の茶番劇をうまくクリアする能力なのである。
ちなみに、筆者は、昔、面接の時に言った志望動機など、とうの昔に忘れてしまっているが、別にそんなものがなくとも、会社で働く上では何の支障もないとつくづく思う。



当社規定により優遇・・・具体的な給与金額がどこにも明示されておらず、この言葉のみが掲載されている場合には注意が必要である。ケースバイケースだから一概に言えないという理由であればいいのだが、支払うことのできる給料があまりにも安く、求人票に表記することがためらわれるからこんな表記をしているのかもしれない。相当な安月給でこき使われることは覚悟しておくべきである。どちらかというと「当社規定により冷遇」という表記の方が正しいであろう。



勤務時間 午前○○時から午後○○時まで・・・名目上の勤務時間。始業時刻には一分一秒たりとも遅刻は許されないが、どういうわけか、終業時刻の方は、いくら遅くなってもかまわないという、いたってルーズなことが多い。
「何?もう帰りたいだって?まだ午後10時じゃないか!新人のくせに何を言ってるんだ!先輩の○○さんはいつも真夜中まで働いてるんだぞ!!それから明日は朝イチで会議があるから君も参加するように。絶対に遅れるんじゃないぞ!」



「給与額は残業代込みです」・・・サービス残業ありという意味。この場合、長時間の残業をしても残業代が支払われないわけだから、早く仕事を済ませて早く帰るようにするのが合理的なはずだが、会社の雰囲気的に、定時で仕事を終えることを許さないことが多い。しかし、明示的にサービス残業ありと名言しているだけでも、ある意味、正直な会社だという評価もできるであろう。
なお、「残業しろ」という暗黙のプレッシャーを無視し、とっとと帰ってしまう強者がたまにいるが、そういう空気を読めない人には「周りのみんなが頑張っているのを無視して帰ってしまう、仕事をサボる怠け者」のレッテルを貼られることがあるので気をつけよう。



正社員登用実績あり・・・これだけを読むと、アルバイトから正社員になれるという、一見素晴らしいことのように思えるが、問題なのは、実際にどの程度の実績があるかということである。現実には、正社員になるための条件がやたらと厳しく、ほとんど実績がないにも関わらず、人集めのためのエサとして、この言葉が使われることがあるので注意が必要である。



寮完備・・・寮があるのは一見いいことのように思えるが、この場合、会社を辞めるときには、仕事と住まいの両方を失ってしまう点に注意すべきである。
なお、特に注意すべきは、ブラック企業、特にブラック派遣会社の場合である。この場合、一般の相場よりも高額な家賃や各種経費が寮費として給料から天引きされることがある。



未経験者歓迎。誰でも出来るお仕事です・・・サルでもできる仕事につき、何年働いても何の技術も身につかない仕事であることが多い。あるいは、仕事内容や待遇があまりにも悪すぎて経験者が寄りつかず、やむなく未経験者を募集しているということも。
「いいか、お前ら。この仕事で大事なのは体力と気合いと根性だ!!」



若い人の多い職場です・・・ただ単に、社員が長く在籍せず、辞める人が多いだけだったりすることも少なくないと思われる。



○○万円以上可・・・死ぬほど働いて実績を出したら、もしかしたら、それだけ稼ぐことも不可能ではないかもしれません。



昇給制度あり・・・えーと、最後に昇給したのはいつだっけ?いや、制度はあるんですよ。制度はね。でもなかなか経営状態が厳しくてねー。



家族的でアットホーム会社です・・・とりあえず、求人広告を出す際に決まり文句として書いておく言葉。だって、他に書くことがないんだから仕方ないじゃん。
でも、本当に家族的な会社だと、人間関係や人付き合いがやたらと濃厚だったり、公私混同がまかり通っていたりして何かと大変かも・・・。



-------------------------


番外編:

コンプライアンス・・・法令遵守のこと。昨今では、法律を守ることのみならず、社会的規範や企業倫理(モラル)を守りながら企業活動などを行うことが厳しく求められる傾向にある。しかしながら、「※ただし、労働基準法関連は除く」などの独自ルールを加えている企業も決して少なくはないようである。



くどいですが、今回の記事は全てネタ、ジョークですので念のため。たとえ思い当たることがあったとしても、それはきっと気のせいです。




関連記事:
それほど間違っていない投資用語集



スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

暴騰と暴落の両方を経験して初めて投資家は一人前になるのかもしれない
私はこれまでの拙い投資経験の中で、株式市場の暴騰と暴落の両方を経験しました。金融危機が起こる以前のバブル的状況と金融危機以降の大暴落です。その経験の中で、当時思ったことが二つあります。
まず、株式市場が暴騰する中で思ったのは、「お金というのはこんなに簡単に殖えるものなのか」ということでした。そして、底なし沼のような大暴落という状況下では、「お金というのは、こんなにもたやすく減ってしまうのか」という、投資の恐ろしさを思い知らされました。
暴騰と暴落の二つの局面で感じたことは、文字通り、全く正反対のものでした。しかし、このいずれもが投資というものの本質を物語っていると私は思います。
この両方を経験した今現在、私が思うことは一つです。

それは、投資家というのは暴騰と暴落の両方を経験し、それを乗り越えてようやく一人前になるのかもしれないということです。

暴騰局面しか知らない投資家は、どうしてもリスクを甘くみるようになり、過剰なリスクをとりがちです。一方、暴落局面しか知らない投資家は、リスクを過剰評価するようになり、投資がもたらしてくれるかもしれないリターンというものの存在を見落としてしまいます。

暴騰によってそれがもたらすリターンの凄さを知り、暴落によって投資の持つリスクの恐ろしさを知る。その両者を経験し、かつそれをくぐり抜けることによって、リスクとリターンの両方を、文字通り身をもって学ぶことができるわけです。そしてそのことによって初めて、リスクとリターンの両方を意識した、バランスをとったポートフォリオ構築ができるだけの知恵が身につくのではないかと思うのです。

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

自己投資の本質は、お金の投資ではなく時間の投資である
自己投資というと、なにやら「自分のためにお金をかける」というイメージを持ちがちだと思います。しかし、何か知識を得たり、技術を学ぶのにお金を使わなくてはならないとは限りません。お金をかけずにできることはたくさんあると思います。むしろ、より低コストでより大きな効果を得るための工夫をすべきだと私は考えます。


自己投資の本質は、あくまでも学習のために時間を投資することであって、お金を投資することではないからです。


以前に、某資格試験を受けたときのことですが、そのとき、学習費として使ったお金は本屋さんで買ってきたテキストと問題集の計2冊だけでした。他に活用したのは、ネット上で見つけた練習問題を集めたサイト。ネット上のデータは、当然無料で使えます。試験の合格率は十数パーセントくらいだったように記憶していますが、結果は見事に合格でした。

同じことは、他の分野でも言えると思います。例えば英語の勉強をするのに、高額な教材や講座は必須ではありません。ラジオ講座を録音したり、自分で安価なテキストを買えば、コストは極めて安くて済みます。ただ、英語学習の場合には、辞書にだけはお金をかけるべきだとは思います。ちなみに、私の経験上、一番面白かったのは、ベストセラー作家の小説をテキストとして使うことでした。英語の勉強というのはなかなかモチベーションが続きにくいものですが、面白い小説であれば、話の続きが気になるので、自然と読もうという気にもなるものです。

他にも、例えば体力作りをするのに、必ずしも高い会費を払ってスポーツクラブに通う必要はありません。特別な器具を必要としない運動なら、自宅でもできます。この場合必要な者は、せいぜい正しい運動方法について書かれた本くらいのものです。

よほど難易度の高い目標に挑むのなら、それなりのお金を注ぎ込む必要があるのかもしれませんが、多くの場合、工夫次第で安価に済ませることは可能だと思います。


以前に、高額な受講料の資産形成講座という記事を書いたことがありますが、投資の分野の勉強をするのにも、高額な講座を受講する必要は全くありません。Amazon などで、評価の高い投資関連本を見つけ出して何冊か読み、あとは実地で自ら試行錯誤しながら経験を積むのが最も安上がりです。もっとも、投資の場合、失敗した時の経済的ダメージも大きくなるので、投資の上限額についてはきっちりと決めておく必要があるのは言うまでもありませんが。

基本的に、自己投資目的でお金を使うのは、特に極めて厳しい目で見るべきだと思います。その理由は、自己投資目的での支出というのは浪費の言い訳になりやすいからです。特に、資格取得や自己啓発系の講座や教材というのはやたらと高額な値付けをしているものが多いので、そうしたものを購入するときには注意が必要です。


ただし、自己投資において、お金の節約はできても、時間の節約はできないと考えておいた方がいいと思います。先ほど書いたように、自己投資において最も大事なことは、時間を投資することだからです。



それから、けっこうありがちなのが、勉強のための教材を一通りそろえただけでなんとなく満足してしまい、肝心の勉強がちっとも進まないというパターン。当たり前のことですが、いかに優れたテキストや教材を買ってみたところで、実際にそれを活用し、知識や技能を身につけなければ何の意味もありません。とはいえ、これは私もよくはまるパターンではあるので、あまり偉そうなことは言えないのですけどね・・・。




関連記事:
自己投資が単なる浪費にならないように気をつけよう



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

ハイリスク・ハイリターンという言葉に対する勘違い
「より大きなリターンを得ようとすれば、より大きなリスクをとらなければならない」ということがよく言われます。ハイリスク・ハイリターンというわけです。ハイリスク・ハイリターンと言う言葉を辞書で引くと、こんなことが書かれています。
デジタル大辞泉より引用します。


-------------デジタル大辞泉より引用------------------
ハイリスク・ハイリターン(high risk high return)

損失の危険が大きいほど、投資家は高い収益を期待するという投資の一般原則
-------------引用終了-------------------------------


さて、私はこのハイリスク・ハイリターンという言葉に対する認識が間違っている人が意外と多いのではないかと思っています。

どういうことかというと、リスクが高いからといってリターンが高いとは限らないということです。リスクが高いということは、それはすなわち予想される結果のバラツキが大きいということです。当たり前のことですが、ハイリスクな投資をすれば、お金を失うリスクもまた大きくなります。
また、世の中には、ハイリスク・ハイリターンというよりは、むしろリスクだけがやたらと高い、ハイリスク・ローリターンのものも少なくないはずです。

一番最悪なのは、ハイリスク=ハイリターンと、単純に思い込んでしまう勘違いだと思います。「大きなリターンを得るためには、リスクはできるだけ大きくとった方がいい」とばかりに、ハイリスクのもたらす結果を考慮せず、無茶なレバレッジをかけた超ハイリスク投資をしてしまうというのがその典型。あまりにも大きすぎるリスクは、破滅的な結果を招くことがありますが、そのことを忘れてしまい、単純にリスクが大きいからリターンも大きいはずだと思い込んでしまうのです。

人がハイリスク・ハイリターンという言葉を使うとき、多くの場合、どうしてもハイリターンということに注目しがちです。このとき、ハイリスクという言葉は、意識的あるいは無意識的に軽く見てしまいがちです。

しかしながら、最も大事なのは、リスクとリターンのバランスをとることです。注目すべきは、リターンではなく、あくまでもリスクであり、そのリスクをいかに抑えるかということにこそ留意すべきなのです(ちなみに、これは金融商品への投資に限ったことではなく、他の分野でも同様のことが言えるでしょう)。

投資においてリスクを減らす最も効果的な方法は、いうまでもなく分散投資です。ブリタニカ国際大百科事典の分散投資の項目より引用します。


-------------ブリタニカ国際大百科事典より引用--------
分散投資(diversification)

複数の証券に分散して資金を投下することをいう。複数投資の目的は、ポートフォリオ全体の投資リスクを、個々の証券のリスクの加重平均値以下に減らすことにある。これは、高収益を期待できる証券ほどリスクも大きいという前提の下に、複数の証券を組み合わせて収益のばらつきを相殺させることによって、リスク軽減効果を狙うものである。同時に分散投資は、大きな収益を獲得するチャンスを犠牲にするものであるが、高収益を放棄することによるマイナス面よりも、リスクが減少することによるプラス面が高く評価されている。
-------------引用終了-------------------------------


もちろん、これとて、リスクという不確実性をゼロにすることは決してできません。リスクは依然として存在します。しかし、少なくともハイリスク投資をするよりはよほどマシです。いたずらにハイリスク・ハイリターンを狙おうとしないようにしたいものです。




関連記事:
リスクのとりすぎは、やはり危険なようです



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

運用利回り(2012年2月26日現在)
恒例の運用利回りです。この前の日曜日にまとめたデータです。


-------------------------
運用利回り(2012年2月26日現在)

*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 投資収益率 -23.7%  年間収益率 -5.4%
*STAMグローバル株式インデックス・オープン 投資収益率 +13.0%  年間収益率 +7.6%
*STAM新興国株式インデックス・オープン 投資収益率 +5.9%  年間収益率 +3.0%
*STAMグローバル債券インデックス・オープン 投資収益率 -2.8%  年間収益率 -1.4%
*TOPIX連動型上場投資信託 投資収益率 -16.2%  年間収益率 -3.5%
*さわかみファンド  投資収益率 -19.4%  年間収益率 -3.9%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 投資収益率 -16.0%  年間収益率 (データなし)
*外貨建てMMF(ユーロ) 投資収益率 -7.9%  年間収益率 (データなし)
*純金積み立て 投資収益率 (データなし)  年間収益率 (データなし)

参考:1米ドル= 80円67銭、1ユーロ= 108円67銭(ソニー銀行)


※外貨建てMMFの投資収益率は、円換算のものです。
※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。
※純金積み立ては田中貴金属工業にて行っています。

-------------------------


前回の利回り公開の際に、STAMグローバル株式インデックス・オープンの年間収益率の数字がおかしいとの指摘がありましたが、これについては原因が不明のままです。もしかすると、資産管理ソフト、Microsoft Moneyのバグの可能性もありますが、公開するデータとしては、今後もMoneyのデータに基づいて行うものとします。

今回は、STAMグローバル株式インデックス・オープン、STAM新興国株式インデックス・オープンの2つがプラス。その他は全てマイナスです。純金積み立てについては恐らくプラスになっているものと推測されますが、詳細は把握していません。

データ全体を見ると、ポートフォリオ全体としては元本割れの状態が依然として継続中。含み損の金額は、一頃に比べると大きく減少しているものの、まだまだマイナスの幅が大きく、プラスに転じる目処はたっていません。現状から、さらなる相当な上昇がない限り、プラスに転じるのは到底無理です。

今回のデータで特徴的なのは、STAMグローバル株式インデックス・オープンが+13.0%と、2桁台のプラスになっているという点。

利回り向上に関してできることは何一つないわけですから、これまでと同様、今後も推移を見守っていきたいと思います。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。