プロフィール

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴミ投資家の視点から見たゴミ金融機関
以前に書いた記事の関連記事です。以前の記事はこちら。

銀行のホンネ。そして富裕層のお金に対する考え方

この記事において、メガバンクにとっては1000万円程度の預金者などはゴミでしかないらしい、という話を書きました。この話を、ゴミ客である私の目から見ると、逆もまた真なりということに気付きます。



すなわち、少額の資産しか持たない、ゴミ預金者やゴミ投資家の立場からすれば、旧来型の銀行や証券会社など、ゴミでしかないということです。



ゴミ金融機関と考える理由もまた簡単です。旧来型の金融機関と取り引きをしていても、たいした利益をもたらしてはくれないからです。ならば、ゴミ金融機関と考えても差し支えないと考えます。

さて、ここで、前回の記事中で参考サイトとして引用した記事を再引用します。

資産運用には興味なし 想像を絶する富裕層の資産管理術(株/FX・投資と経済がよくわかるMONEYzine)

-------------引用開始-------------------------------

「1000万円なんて、まあ、ゴミですね。われわれが相手にしているのは、資産100億円の富裕層ですから」
 そう豪語するのは、あるメガバンクの富裕層担当の営業マンだ。

(中略)

「お金を持っていない層からが何事も注文やクレームが多いですね。ですから省力化して、コンタクトを取らないようにしています。つまり、ATMのような機械がすべて応対すれば、その分、利益率が高い富裕層向けに積極的な営業活動ができますから。富裕層はいったん顧客になってもらえれば、心にゆとりがあるので、ほとんど任せきりですからやりやすいですね」(前述の営業マン氏)

-------------引用終了-------------------------------



この文章を、全く逆の視点で、ゴミ客の目から金融機関を評価して、言葉を入れ替えて文章を書き換えてみると、以下のようになります。



---------------------------------------------------

「在来型の銀行や証券会社なんて、まあ、ゴミですね。われわれが相手にしているのは、インターネット銀行やインターネット証券ですから」
そう豪語するのは、ある個人投資家だ。

「サービスも悪く、高コストファンドなど質の悪い商品しか置いていない在来型の金融機関なんて相手にする必要はありませんね。ですから、できるだけお金を置かないようにし、省力化してコンタクトをとらないようにしています。つまり、ATMのような機械のみで利用すれば、購入に値しない投資信託などのよけいなセールスを受けることもありませんし、その分、ネット銀行やネット証券の方により積極的に資産を集中できますから。ネット銀行やネット証券は、扱っている金融商品の質やサービスがいい上に利便性も高く、新商品の取り扱いにも積極的ですからやりやすいですね。」(前述の某個人投資家)

---------------------------------------------------



メガバンクがゴミ客に対して行っているのは、省力化を図り、できるだけコンタクトをとらないようにするとの話でした。ならば、我々のようなゴミ預金者やゴミ投資家もまた、ゴミ金融機関に対して同じことをすべきなのだと思った次第です。

つまり、預金者や投資家に対して利益をもたらしてくれない金融機関にはできるだけお金を置かないようにする、ということです。私も、某銀行に数百万円のゴミ客レベルの金額のお金を預けていたとき、用があって銀行窓口に行くと、「投資に興味はありませんか?」だの「投資信託はいかかですか?」だのとセールスを受けたことがあります(その後、セールスの電話もかかってきました)。しかし、ラインナップを見ると、コストは高く、ろくな商品がなかったため、きっぱりと断りました。そして今では、せっせとお金をネット銀行やネット証券にお金を移すようにし、在来型の金融機関とはATMを利用するだけで、できるだけコンタクトをとらないようにしています。

もし仮に、在来型の銀行や証券会社が、ネット銀行やネット証券のようにローコストで魅力的な商品や、利便性の高いサービスを提供してくれるというのなら、私も積極的に取り引きしようと思うことでしょう。しかし現実にはサービスも悪く、魅力のある金融商品も取り扱っていない以上、そういう対応をせざるを得ないのが実情です。

もっとも、その一方において、在来型の金融機関のサービスに魅力を感じる人がいるのもまた事実です。ネットでの取引に抵抗を示す人もまた決して少なくはありません。その意味では、在来型の金融機関にもそれなりの存在意義はあるということでしょう。



関連記事:
ゴミ投資家の逆襲



スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

貯蓄は美徳だから行うのではなく、必要だからという理由で行っているに過ぎない
世の中には、「貯蓄は美徳だ」という考え方をする人がいるようです。しかし、私は全くそうは思いません。そもそも、人はなぜ貯蓄をしようとするのか。それはただ単にそれが必要だから、というだけの話に過ぎません。美徳だから貯蓄を行っているのではないのです。

普段からお金を貯めていないと、いざというときに困窮することになります。また、金儲けの天才ならいざ知らず、ごく平凡な能力しか持ち得ない普通の人が生涯に手に入れることのできるお金には自ずと限度があります。若いうちからお金を貯めておかないと、いざ老後を迎えてからお金に困ることになります。それゆえに、好むと好まざるとに関わらず、貯蓄の努力をせざるを得ないようになっているのです。節約や貯蓄というのは、要するにただそれだけの話です。

私自身は、節約も貯蓄も嫌いです。できることならば、やりたくありません。しかし、そうせざるを得ないからお金を貯めるという、不本意ながら努力をしているだけです。貯蓄を美徳だと思って行っているわけではありません。貯蓄をしていることが偉いと思っているわけでもありません。当たり前のことです。そして、その"大嫌いな貯蓄"を行うためのツールとして、面倒だと思いながらも家計簿をつけているのです。

これは投資でも同様です。中には、投資が好きだから投資をしているという人もいるのかもしれませんが、この考え方が私には全く理解出来ません。私にとっては、投資もまた、「必要だと思うから行う」という、ただそれだけの話だからです。美徳かどうかはもちろん関係ないし、投資が好きか嫌いかということも関係ありません。投資をしていることが賢明だとも思いませんし、愚かだとも思いません。私は投資も貯蓄と同様、大嫌いです。できればやりたくないというのが本音です。投資が社会貢献になるという主張をする人もいますが、投資で社会貢献をする必要性など全くありません。



貯蓄や投資は、美徳でもなければ悪徳でもありません。好きか嫌いかも関係ありません。判断基準はただ一つ、必要か否かというただそれだけです。必要と判断したのなら、貯蓄がどれだけ必要なのか、投資においてはリスク許容度はどれだけなのかということがほぼ唯一の判断基準となります。



これは、働いてお金を稼ぐということも同じです。「額に汗して働くのは尊い」と考える人もいるようですが、これもまた、働くことが尊いとか、美徳だからという理由で働いているわけではなく、働かないと生活できないから働くに過ぎません。働くのが好きか嫌いかも関係ありません。「オレは働くのが嫌いだから働かない」というのでは、生活が成り立たなくなります。「額に汗して働くのが尊い」というのは、そうでも考えないと、バカらしくてやってられないから無理矢理にそういう理由付けをしているに過ぎないと私自身は考えます。額に汗して働くのは尊いが、お金の運用で不労所得を得るのはけしからんという考え方も今なお根強いようですが、これは変な理屈だと思います。

本題からは少し逸れるかもしれませんが、お金の習慣というのは、健康の習慣とよく似ています。例えば、人は、たとえ野菜が嫌いでも栄養面を考えて野菜を食べたりしますし、運動が嫌いでも健康のために運動したりしますが、これもまた、ただ単に必要だからそうしているだけのことであり、好きか嫌いかは関係ありません。もちろん、美徳かどうかも無関係です。お金の問題にせよ、健康の問題にせよ、あるいは他の多くの物事でも同じだと思いますが、好むと好まざるとに関わらず、真剣に取り組まないと大変なことになるから実践するというただそれだけの話に過ぎないのです。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

銀行や証券会社、保険会社のサイトで、インフレリスクについての解説を調べてみた
過去に書いた記事の関連記事です。関連記事はこちら。

本当にインフレで預金は目減りしたのか?
預金がインフレに弱いことを示すデータはどこにもない
金融商品の売り手側がインフレリスクを強調する合理的理由について考える
インフレリスク商法に踊らされないように注意しよう
インフレ対策だけならば、預金が最も合理的だと思う




今回は、銀行や証券会社、保険会社のサイトから、インフレリスクについてどのように説明しているのかをピックアップしてみました。なんだか、揚げ足取りっぽい記事になっている感もありますが、まあ、一種のネタ記事みたいなものです。


まずは、東京海上日動のサイトから。

タンス預金でも十分?(インフレリスク)(東京海上日動)
-------------引用開始-------------------------------

タンス預金という言葉を聞いたことがありますか?金利がゼロの時に、タンスに1万円をしまっておいたとしましょう。
1年後、物価が全て5%安くなったとします。そうすると、しまっておいた1万円の価値は約5%増えたことになります。
一方、高度経済成長時代のように、日本の物価がどんどん上昇したとしましょう。物価が10%も上がったとしたら、タンスにしまっておいた1万円の価値が低下していることになります。物価の上昇により実質9000円分のものしか買えないことになるからです。このリスクをインフレリスクといいます。
一般に、預金商品や保険商品など安全運用型の商品はインフレリスクには弱く、市場経済の実質の価値を反映する株式がインフレリスクに強いといえます。

-------------引用終了-------------------------------


この表記には妙な違和感を感じます。最初はタンス預金の話だったのに、最後には「預金商品や保険商品など安全運用型の商品はインフレリスクには弱い」という話になっています。金利のつかないタンス預金と金利のつく銀行の預金商品とでは根本的に違います。そもそも、タンス預金というのは、金融機関に預けられず、家庭内に保管されている現金のことですから、これは「現金はインフレに弱い」ということです。うがった見方をするならば、タンス預金という言葉の中に含まれる”預金”という単語を利用して、意図的にミスリードを誘っているような気がしないでもありません。



続いて明治安田生命のサイト。

インフレリスク(明治安田生命)

-------------引用開始-------------------------------

インフレ(物価上昇)が進むと、資産の実質価値が目減りするリスクです
インフレとは、世の中のモノやサービスの価格(物価)が上昇することを指します。それによって相対的にお金の価値が下落し保有資産の価値が目減りする可能性があることをインフレリスクといいます。
 長期固定利率の定期預金等、安全な元本確保型商品等で運用する場合、将来的なインフレの可能性を考慮したうえで選択することが大切です

-------------引用終了-------------------------------


ここで注目すべきは、「長期固定利率の定期預金等」という記述。ということは、短期の定期預金等なら、ある程度はインフレに対応できるという認識を持っているという解釈もできそうです。



次に、ソニー銀行。

アセットごとのリスク|資産運用の基礎知識(MONEYKit - ソニー銀行)
-------------引用開始-------------------------------
貯蓄型のリスク

貯蓄型は、預貯金のように元本と利息が確定しているものや、MMFのように実質的に元本割れの可能性が低い安全な商品です。しかし、リスクがまったくないわけではなく、主なものとして現在のような超低金利が続くとインフレリスク(*1)の影響を受けることになります。
また、銀行が経営破たんするなど、預金には倒産リスクもついて回ります。

(*1) インフレリスク
資産運用を行う場合、インフレもリスクのひとつと考えなければなりません。物やサービスの価格が上昇することで、運用する金融商品の資産価値を相対的に減らしてしまうことを意味します。
特に長期運用に際しては、このインフレリスクを警戒する必要があります。預貯金などの貯蓄型商品はインフレ率を上回る運用が難しく、長期運用には向いていません。

-------------引用終了-------------------------------


「預貯金などの貯蓄型商品はインフレ率を上回る運用が難しく」という記述には問題があります。




お次は三菱UFJ信託銀行。

セカンドライフの6つのリスク(三菱UFJ信託銀行のセカンドライフサポート)
-------------引用開始-------------------------------

インフレリスク

年率3%のインフレで、100万円は25年後に47.8万円に

インフレで大きく目減りする資産価値

-------------引用終了-------------------------------

文章の一部のみを引用しましたが、このサイトでは、グラフ付きでインフレの恐ろしさを書いています。しかしながら、そのことを示す具体的な過去のデータ等は一切ありません。仮にも大手金融機関である以上、日本の過去のインフレ率と預金金利の関係を表すグラフくらいは表記して、実際にどれだけ預金が目減りしたのかを具体的な数字で示して欲しいところですが、やっぱりそれだと、預金はインフレに弱いという話のウソがばれるから都合が悪いということかもしれません。



次はカブドットコム証券。

インフレリスク(カブドットコム証券)
-------------引用開始-------------------------------

インフレリスクは、投資した金融商品の利率などより、インフレ率(物価上昇率)の方が高い場合に生じます。たとえば、年5%の定期預金に1年間投資し、その間のインフレ率が10%だったとしますと、投資元本は利息を加えると1年後に105円になりますが、投資した時点で100円だったものの価格は110円になってしまいます。
つまり投資したことにより価値が低下してしまうことをいいます。

-------------引用終了-------------------------------


実にシンプルな表記です。下手に預金ではインフレリスクに対応できないうんぬんという話を書くよりも、こういう単純明快な書き方をした方が、顧客を騙しやすい・・・もとい、納得させやすいと言えるでしょう。



次は、野村アセットマネジメント。

投資信託の基礎知識|ライフプランからはじめよう|第22回 長期投資(野村アセットマネジメント)
-------------引用開始-------------------------------

たとえば、1970年には食パンが116円でしたが、2008年には474円と、4.1倍になっています。商品によって異なりますが、それぞれ価格が上昇していることがわかります。

インフレリスクとは、このようにモノの価格が上昇していく際に、現金の実質的購買力が低下することをいいます。また金融商品で運用していても、その金融商品の収益率がインフレ率よりも低い場合には、やはり実質的な購買力は低下することになります。

長期の運用を考える際には、物価上昇によって資産の実質的価値が減少しないような、インフレリスクに強い運用を心がけることも大切です。

-------------引用終了-------------------------------


野村アセットマネジメントのサイトでは、食パン等の価格変化を例にとって、インフレリスクについて説明しています。これはなかなか説得力がありそうです。無知な人なら、簡単に引っかかりそうな感じです。だが、ちょっと待ってくれ。1970年から2008年の間に物価が大きく上がっているのは確かでしょうけど、物価上昇率の高い時期というのは、預金金利も同じくらいに高かったのでは?
それに、ここもやはり、過去のインフレ率と預金金利を示す具体的データは示されていません。やっぱり金融機関にとって都合の悪いデータは表に出さない方がいいんでしょうね。



きりがないので、今回はこれで終わりますが、こうして見てくると、やはりというべきか、ミスリードを誘う、いささか問題のある表記をしているケースが見受けられます。もっとも、そもそも預金がインフレに弱いという話自体がマユツバものである以上、これは仕方がないかもしれません。

他にも、個人ブログ等の各種サイトにおいても、「預金はインフレに弱い」という話はいくらでも見つかりますが、これは広く信じられてきたことですから、やむを得ないでしょう。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

インフレ対策だけならば、預金が最も合理的だと思う
先日、「吊られた男の投資ブログ」において面白い記事がありました。コメント欄の方も、非常に盛り上がっています。


インフレ対策にリスクを取った投資は不要 (吊られた男の投資ブログ)

続・インフレ対策にリスクを取った投資は不要 (吊られた男の投資ブログ)

預金とインフレ率のデータ (イギリス&アメリカ) (吊られた男の投資ブログ)


これらの記事の内容は、極めて正しいと思います。インフレ対策のために、あえてリスクをとってまで投資をする必要はなく、金利固定期間が短い銀行預金で十分でしょう。ちなみに、私の個人的オススメは1年ものの定期預金です。

それにしても、私がよくわからないのは、それなりに高い金融リテラシーを持っているはずの投資の知識を持った人たちの中にも、預金ではインフレ対策にならないと思い込んでいる人がいるという事実です。これは上記ブログのコメント欄を読んでもよくわかります。”預金はインフレに弱いという信仰”は非常に根強いようです。

ブログ中の記事にある、「預金が一番欠点が少なく、インフレ対策としてだけなら一番優れている」という指摘は非常に大切なポイントだと思います。

確かに、預金ではインフレに対応することができないというケースもあるにせよ、リスクとリターンのバランスを考慮すれば、預金はインフレ対策として十分に合理的だと思います。何より、株式のような資産クラスは、守りとしての単純なインフレ対策としては、リスクがあまりにも大きすぎるのです。株式は、予想される結果のバラツキが大きく、インフレに大きく勝てる可能性もある一方、大きな損をする可能性もまた高いからです。株式のような資産クラスは、リスクをとってでも、お金を殖やしたいという場合においてこそ使うべきであって、インフレ対策という守りには不適切。リターン基準ではなく、リスク基準で考えると、預金が一番だと思います。

ところで、インフレリスクの話を見聞きする度にいつも思うことなのですが、なぜ、デフレの真っ最中にインフレの心配をする人がいるのかがよくわかりません。もし、預金でインフレに対応できない状況が将来的に起こりうるとしても、インフレ対策を行うのは、実際にインフレの兆候が出始めてからでも遅くはないと思います。



関連記事:
本当にインフレで預金は目減りしたのか?
預金がインフレに弱いことを示すデータはどこにもない
インフレリスク商法に踊らされないように注意しよう


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。