プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資における失敗談
今回は、私が過去に行ってきた投資活動を振り返ってみての失敗談について書いてみようと思います。他人の失敗から学ぶことは意義深いと思うからです。

私の投資の最大の失敗は何かというと、それはJ-REIT(不動産投資信託)の個別銘柄を買ったことだったと考えています。これは、最終的には損切り売却を実施し、現在は保有していません。
それで、何が失敗だったのかというと、私自身がREITの個別銘柄というものに対して、十分な知識と判断力を有していなかったにもかかわらず、投資してしまったということです。損切り売却したことが問題なのではなく、「自分に理解出来ない商品は買ってはならない」というルールを破ってしまったということが最大の問題でした。


REITに関しては、私は一つ大きな大きな勘違いをしていました。それは何かというと、商品の仕組みをわかっているということと、投資判断ができることとは異なるということを理解していなかったということです。


REITについては、一応、それなりの知識は持っていました。J-REITの仕組みや商品特性についてはきちんと解説本を読んで理解していたつもりではいました。しかし、それはただ単に「REITとは何ぞや」というレベルの話であり、投資家にとって必要不可欠な投資判断ができるというレベルの知識や判断力は有していなかったのです。実際、分配金支払の際に送られてくる資料をみても、そこに書かれている数字の意味を読み取ることは全くできませんでした。これでは投資家失格です。

私がこの基本的な間違いに気付いたのは、某J-REITが破綻したというニュースを見たときでした。破綻したREITは私の保有するものとは全く無関係なものでしたが、このニュースが、自分自身を省みる大きなきっかけtなりました。「果たして、自分は保有しているREITに対して十分な知識を有しているのか?果たして投資判断はできるのか?」ということをあらためて自問自答したのです。その結果、自分自身のあまりの無知ぶりに我ながら驚いたのを覚えています。そこで、「理解出来ない商品を買ってはならない」という大原則のルールを守るために、損切りしてでも売却を実行したわけですが、これはいい勉強となりました。

ちなみに、これ以降、自分に理解出来ない商品は一切買わないことを心に誓うところとなり、今日に至っています。今、あらためて振り返ってみて思うことは、真の意味で金融商品を理解するということは意外と難しいということです。金融商品の仕組みや商品特性を理解しているつもりではいても、だからといって、投資判断ができるだけの知識と判断力を有しているとは限りません。しかし同時に、私はこの失敗によって、ようやく、「理解出来ない金融商品を買ってはならない」という言葉の真の意味を悟ったというも事実ではあります。





スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

カタログや広告においては、本当に重要なことは小さな文字で書いてある
今回は私が電化製品を買う際に気をつけていることについて書いてみたいと思います。それは何かというと・・・



カタログや広告において、本当に重要なことは小さな文字で書いてあるということです。



どんなものでも同じですが、商品カタログには、その製品の特徴が大きな図と文字で説明されています。しかし、私が注目するのはそこではなく、むしろカタログの片隅にほんの小さな文字で、※とか※1とかいう形で書かれている注釈の部分。この欄は本当に小さな文字で書かれていて、目の悪い人であれば虫眼鏡で見なければ見えないのではないかというくらいに小さく表記されていることが多いものです。しかし、この注釈こそが商品の購入を検討する上で最も重要な部分だと思います。この項目には例えばこんな感じで書かれています。

※○○はできません。
※○○できない場合があります。
※○○には対応しておりません。
※○○を利用するためには、別途、市販の△△が必要です。
※○○は全て別売りです。
※○○を利用するには、別途、○○サービスの契約・使用料が必要です。
※効果の感じ方には個人差があります。
※カタログ上の数値は、性能を保証するものではなく、使用状況によっては、記載の数値を下回る場合があります。
※○○と△△の同時利用はできません。

・・・というような具合です。
あえて小さな文字で書いているということは、その商品を作っているメーカーにとってはあまり知られたくない(目立ちたくない)ことが書かれているケースがほとんどです。商品の長所については、目立つように大きなイラストや写真とともに詳しい解説が掲載されているものですが、短所については大きく書かれることがないので、この欄外の注釈を熟読することは非常に重要です。これが、購入するかどうかの決め手になることも少なくないと思われるからです。

また、上に書いたような表記はなくとも、仕様一覧の表などを見て細かい部分をチェックしているうちに問題点に気付くこともあります。例えば、当然あると思っていた機能がないとか、期待したほど高性能ではないとかいった類のことです。

いずれにしても、商品の広告やカタログについては隅から隅まで目を皿のようにして熟読することが必要だと思います。そうでなければ、商品を買ってから「こんなはずではなかったのに・・・」と後悔することになりかねないからです。

ちなみに私は、商品のカタログについてはネットで見るのではなく、できるだけ紙のカタログを手に入れるようにしています。欲しい機能のところに丸印をいれたり、価格調査の結果を書き込んだり、他社製品のカタログと見比べたりといったことがやりやすいためです。何より、一言一句に至るまで細かく仕様のチェックを行う上では、やはり紙のカタログの方が視認性に優れていると思います。
また、商品を購入する際には、ネット上の口コミ情報を調べることが重要なのは言うまでもありません。口コミ情報の中には、明らかに間違ったものや誹謗中傷の類、また業者の宣伝ととれるものが混じっていることもありますが、全体としてみれば、十分に参考になると思います。
いずれにしても、商品購入に際しては、十分な調査・検討が必要です。



関連記事:
無料商法に気をつけよう




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

シャッター通りを作り出したのは誰なのかという問題
先日、久々に地元の商店街を通ったとき、驚いたことがあります。以前は、いくつもの店があったのに、その多くが閉店しまっていたからです。

いわゆるシャッター通りというやつです。

そういう状況を見て、寂しくなったと思う半面、これもまた仕方のないことなのだろうと冷たい目で見ている自分に気付きます。なぜならば、そもそも私自身が、地元の個人商店の並ぶ商店街で買い物をしたことなど久しくなくなっているからです。

私の場合、日用品や食料品の類を買うときには、品揃えが豊富で利便性の高い大きな店で買い物をしますし、ちょっと値段が張るものを買うときには、価格.comやAmazon、楽天などで価格比較をし、その中で最も安い店で買い物をするというのがもはや定番です。私にとって、地元のしょぼい個人商店の店など、もはや何の存在意義もない、不必要な存在になってしまっているのです。シャッター通りというのは、結局のところ、消費者でもある地元住民の選択の結果に過ぎないのでしょう。

そう考えてくると、シャッター通りというのは、結局は消費者であり、地元住民でもある我々自身が作り出したものだと言えそうです。

他でもない、地元住民自身の選択の結果として、シャッター通りというものを作り出しているというのなら、買い物客を呼び戻そうという地元住民や地元商店街の努力もまたある意味で空しいものなのかもしれないなと思った次第です。

もっともその一方で、したたかに生き残っている個人商店もあります。おいしいという評判の持ち帰り専門の焼鳥屋さん。仕入れにこだわり、本当に質の良い魚しか仕入れない魚屋さん。ラジコン専門店に業態を変えたおもちゃ屋さんなどです。こうした店は、近所に大手のお店があってもなお、潰れることなく営業を続行しています。また別の商店街の話ですが、そこでは商店街全体で客を集める工夫をしていて、けっこう繁盛しています。

しかし商売というものは、一旦悪化してしまうとどんどん悪循環にはまり、もはやそこから抜け出せなくなってしまうことが多いものです。私も、かつては繁盛していたのに最後には店を閉めざるを得なくなった人を個人的に知っているので、そうした厳しさもまたよく理解しているつもりではいます。

シャッター通りの問題というのは、実に難しいと思います。時代の流れだから仕方がないと言われれば、確かにそうなのでしょうけれども・・・。



------------------------------

追記:

シャッター通りについては、不況が原因だとか大型店舗ができたからだとかいう話をよく見かけますが、それはちょっと違うのではないかと思います。仮に日本の景気がよくなったとしても、もはや魅力のなくなった個人商店で買い物をすることはないでしょうし、大型店舗の出店を規制したところで、今度は規制には引っかからない中規模店やネット店舗に客を奪われることになったであろうことは明らかだからです。根本的な原因は、何一つとして経営努力をしてこなかった個人商店の経営者自身にあるのだと思います。もっとも、経営努力といったところで、たいした商才のない無能な個人商店の店主では手をこまねいているだけで、何一つとして有効な手を打つことはできなかったでしょう。いわば、シャッター通りというのは時代の変化によって生じた、歴史の必然なのだろうと思います。

不況だとか大規模店ができたからうんぬんというのはほとんど言い訳に近いでしょうね。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

人々の利己的な行動によって世の中はよくなっていく
一般的に利己的な考え方をする人というのは批判されやすい傾向にあります。しかし、ビジネスの世界においては自分の利益を追求しようとするわけですから、基本的に利己的でなくてはなりません。例えばの話、もし仮に、ライバル企業から市場シェアを奪い合う経営戦略を立てるときに、ライバル企業の先行きを心配する”心優しい”経営者がいたらとしたらどうでしょう?
「もし、この経営戦略が成功したら、我が社のシェアは市場トップに躍り出て、利益は大幅に拡大するだろう。しかし、ライバル企業は一体どうなるのだろうか?彼らの業績は急速に悪化して、大規模なリストラに追い込まれ、その従業員や家族を路頭に迷わせる結果になるかもしれない。ああ、なんという罪深いことだ!」
もちろん、こんな馬鹿な考え方をする経営者などいるわけがありません。自社の利益追求以外のことを考える必要はないし、また考えるべきでもありません。ライバル企業のことなど一顧だにせず、心置きなく叩き潰してしまえばいいのです。考えるべきは、己の利益のことだけです。利己主義に徹し、ひたすら自分の利益を追求することこそが重要だと言えるでしょう。

実際のところ、企業をとりまく様々な立場のステークホルダー(利害関係者)も、皆それぞれの立場で自分の利益のために利己的な行動をとります。利己的行動をとる代表格は、なんといっても企業にとって最も重要なステークホルダーの一つである顧客です。彼らは、客である自分自身にとっての利益を第一に考えるため、より良いものをより安く提供してくれる会社の商品を買おうとします。もしも、他社の製品やサービスの方が優れていると判断すれば、顧客たちはいともたやすく他社に流れてしまいます。会社のオーナーたる株主は、自社の顧客を他社に取られては大変ですから、株主によって選ばれた経営陣の尻を叩いて、会社の業績を向上させようとします。そして経営陣は、自分の評価と利益を最大化するために今度は従業員を叱咤激励し、会社のために働かせようとします。従業員たちは自分たちの生活費を稼ぎたいがために必死で働きます。彼らは皆、己の利益のために動いているのです。
また、企業にとって非常に重要なステークホルダーの一つである銀行もまた利己的な判断に基づいて行動します。融資先の企業が危ういとみれば、貸し渋りや貸しはがしを検討し、実行に移します。時には、苦境に陥った企業にさらなる追加融資を行うこともありますが、それとて、銀行自身の利益を考えての行動に過ぎません。

そして、株主の一人である投資家もまた、自らの利益獲得を目指して振る舞います。投資家に利益をもたらしてくれない会社の株を保有するメリットなど何もないのですから、駄目だと思った企業の株はあっさりと手放してしまうでしょう。投資は慈善事業ではないのですから当たり前です。会社を応援するために株を買ったりはしませんし、純然たる社会貢献を目的として投資を行うこともありません。

このように、この世の中では、誰も彼もが自らの利益のために活動し、利己的判断に基づいて行動しているのです。
少なくとも、ビジネスという金儲けの世界においては、利己的であることは決して悪いことではないと思います。なぜならば、みんなが自分の利益だけを追求しようとすることによって競争が生まれ、その競争の結果として世の中全体がよくなるようにできているという考え方もできるからです。





関連記事:
「投資で社会貢献」というのは間違っていると思う



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。