プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インデックスファンドによる分散投資を否定したところで、代替案は存在しない
金融危機以降、インデックスファンドによる国際分散投資に対する否定的な意見を述べる人も増えてきた感があります。もはや、分散投資でお金が殖やせる時代は終わったという主張もちらほらと見受けられます。しかし、インデックスファンドによる分散投資を否定したところで、これを超える方法は存在しません。代替案などどこにもないのです。

代替案が存在しない状況下でインデックスファンドや国際分散投資を否定したところで何の意味もありません。そもそも、もともと100%確実にお金を殖やせる投資方法などどこにも存在しません。インデックスファンドによる国際分散投資とて例外ではありません。当たり前のことです。期待リターンがプラスであるとしても、それは100%確実に儲かるということを意味しているわけではありません。インデックスファンドによる運用の目指すところはあくまでも市場平均に負けないようにするというただそれだけの話です。

もし仮に、必ずお金を殖やせる投資方法があるのであれば、リスク許容度という概念自体が最初から不要ということになりますが、現実にはそんなことはあり得ません。リスクのない投資などあり得ないのです。「インデックス投資で分散投資をしていれば、100%確実にお金が儲かるはずだ」と無邪気に信じている人もいるようですが、それは単なる勘違いです。

どんな方法をとるにせよ、投資を行う以上は元本割れリスクを避けることは決してできません。元本割れリスクを受け入れるのは投資家の宿命のようなものです。元本割れになるのがイヤだという人がとるべき道があるとすれば、投資に手を出さず、預金にとどめておくことです。投資をしなければ損をすることはありません。

インデックスファンドによる国際分散投資を行うか、もしくはおとなしく預金にとどめるか。事実上、この2つ以外に選択肢はありません。代替案は存在しないのです。他の投資方法に乗り換えたところで、むしろもっと酷い目に遭うのが関の山です。




関連記事:
インデックスファンド投資は初心者向けなのかという問題




スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

腹八分に医者いらず。支出八分に借金いらず。
「腹八分に医者いらず」という言葉があります。誰でも知っている格言ですが、これはけだし名言です。腹八分を守らず、ただ食べたいだけ食べ、お酒を飲みたいだけ飲んでいたら、最後には病気になってしまい、食事制限せざるを得なくなったりします。好きなものを好きなだけ食べたり飲んだりしたがために、かえって好きな物を食べたり飲んだりすることができなくなるわけです。

これはお金の分野でも全く同じです。もし、支出額に一切の制限を設けず、ただ欲しいものを欲しいだけ買うという無茶なお金の使い方をしていれば、いつかお金が足りなくなり、最後には欲しい物があっても買えなくなってしまいます。それがさらにエスカレートして借金に頼るようになると、金利の支払いがかさみ、ますます生活が苦しくなります。しかし、支出するお金を、収入の八割までにとどめておけば、お金は確実に貯まっていきますから、不意の支出にも対応できるだけでなく、高額商品を借金することなく一括払いで買うことも可能になります。支出八分に借金いらず、というわけです。

健康問題にしろ、お金の問題にしろ、自由にやりたいことをやったがために、かえって不自由になってしまうというのは、なんとも皮肉なことです。



節約家や貯蓄家が倹約を心がけるのは、お金が惜しいからお金を使わないのではありません。それは結局のところ、自分の欲しい物を欲しいときに買えるようにするためです。ほんのちょっとだけ支出を抑えるというのは、一見すると不自由に見えますが、それを続けていくと、かえってお金に不自由しなくなり、欲しいときに欲しいだけ、自由にものを買えるようになるのです。



ちなみに、食事においては、偏食をせず、バランスよくいろんなものを食べることが推奨されますが、これはお金でも同じです。ポートフォリオを構築する際には、特定の金融商品に偏ることなく、各資産クラスをバランスよく保持することが勧められます。

健康の習慣とお金の習慣にはいくつもの共通点があります。健康の秘訣も、金銭管理の秘訣も、結局は似たようなものです。そこに裏技や必勝法は存在せず、ただ当たり前のことを淡々と当たり前にこなす。この、実につまらない、誰でも知っていることを実行することが、健康の秘訣であり、お金に困らない秘訣です。唯一の問題は、その簡単なことを実行するかどうかという、ただそれだけのことに過ぎません。




関連記事:
健康とお金の共通点

貯蓄は美徳だから行うのではなく、必要だからという理由で行っているに過ぎない



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

運用利回り(2012年7月7日現在)
恒例の運用利回りです。


-------------------------
運用利回り(2012年7月7日現在)

*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 投資収益率 -29.4%  年間収益率 -5.4%
*SMTグローバル株式インデックス・オープン 投資収益率 +9.7%  年間収益率 +5.1%
*SMT新興国株式インデックス・オープン 投資収益率 -4.4%  年間収益率 -2.0%
*SMTグローバル債券インデックス・オープン 投資収益率 -3.9%  年間収益率 -1.7%
*TOPIX連動型上場投資信託 投資収益率 -22.7%  年間収益率 -4.8%
*さわかみファンド  投資収益率 -27.1%  年間収益率 -5.3%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 投資収益率 -17.6%  年間収益率 (データなし)
*外貨建てMMF(ユーロ) 投資収益率 -17.2%  年間収益率 (データなし)
*純金積み立て 投資収益率 (データなし)  年間収益率 (データなし)

参考:1米ドル= 79円36銭、1ユーロ= 97円 68銭(ソニー銀行)


※外貨建てMMFの投資収益率は、円換算のものです。
※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。
※純金積み立ては田中貴金属工業にて行っています。

-------------------------


今回は約一週間前の2012年7月7日にまとめたデータです。
金融危機以降、ずっとそうであるように、今回も元本割れ継続中です。私が投資を開始したのが2003年4月の話ですから、あれからすでに9年以上経過していることになります。あと1年足らずで10年となるわけですが、過去9年のトータルで見ると、お金は殖えるどころか、マイナスという状態。これでも金融危機の最悪期よりはずいぶんと改善してはいるわけですが、やや回復しては下がり、回復しては下がり・・・という状態を繰り返しているという印象があります。世界経済の現状を考えると、まだまだプラスに転じるのは難しそうな状況です。

とはいえ、元本割れというのは、投資をすると決めたその時から覚悟していたことです。お金が殖えるに越したことはありませんが、元本割れという事態を受け入れるのは投資家としては当たり前のことであり、後悔はありません。今後もリスク許容度を意識しつつ、投資を継続し、推移を見守りたいと思います。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

就職活動における大企業志向についての個人的見解のまとめ
当ブログでは、就職活動における大企業志向についていくつかの記事を書いてきました。今回は過去に書いてきた記事の内容を踏まえて、私自身の個人的見解をあらためてまとめてみたいと思います。



・学生たちが、大企業に入りたいと希望すること自体は間違っていない

学生たちが大企業を目指そうとすること自体は決して間違いだとは思いません。一般的に、大企業と中小企業とではれっきとした格差があり、中小企業は大企業に比べて給与・労働条件・各種待遇の全てにおいて劣っているのが普通です。今の時期はちょうどボーナスシーズンですが、中小企業の場合、ボーナスがない会社も少なくありません。給料というのは、個人の実力によって決まるのではなく、会社全体の実力によって決まりますから、うっかり弱小中小企業に入社しようものなら、下手をすると生涯にわたって低賃金で働かねばならなくなります。ゆえに、大企業に入りたいと願うこと自体は極めて妥当で正しいといえます。



・しかし、大企業に入社できるのは希望者のごく一部だけ

とはいえ、ここで大きな問題が生じます。学生たちが皆、大企業に入社したいと願ってみたところで、大企業の採用枠には自ずと限度があります。この世に存在する企業のうち、大企業はほんの一握りであり、大半は中小企業なのです。ゆえに、多くの人は、いかに希望しようとも、大企業には入社できません。希望者に比して採用人数が少ない以上、物理的に不可能です。



・大企業に入社できる見込みのある人が大企業志向であることは何ら問題ではない

例えば、大学受験に例えれば、東大に十分合格できるだけの実力を持った人が、「東大以外はクズだ。東大でなければ価値がない。東大以外には行きたくない」と考えたとしても、なんら問題ありません。しかし、三流以下の大学にしか合格できる見込みのない受験生が「東大に入りたい」というのは明らかに無謀です。それと同じように、大企業に入社できる見込みの高い、実力のある人が大企業志向になるのは何の問題もありません。しかし、たいした実力のない人が「大企業に入りたい。中小企業では働きたくない」と考えるのは単なるわがままでしかありません。この場合、否応なしに、中小企業への就職を考えなくてはなりません。



・ブランド志向が必ずしも間違っているとも思えない

大企業志向をブランド志向だと批判する人もいるようです。しかし、ブランド志向が一概に間違っているとも思いません。一流企業で働きたいというのは、プロスポーツの世界で例えれば、一流のチームに入って活躍したいというのと同じです。決して間違った動機とは思えません。ただし、企業イメージというのはあくまでも個人が勝手に信じているイメージに過ぎません。ゆえに、入社前のイメージと、会社組織の一員として働くことの間には大きなギャップがあるのは当然です。企業名から連想されるイメージだけで、入社後の仕事をイメージするのが問題なのは確かなことではあります。



・大企業志向の本当の問題点は、大企業にこだわるあまり、最終的にどこにも就職できなくなるリスクが高まることだ

大企業志向がもたらす本当の問題は、安定志向ということではなく、大企業への就職にこだわるあまり、大企業の入社試験しか受けようとしないがために、結果的にどこからも内定がもらえないまま卒業を迎えて無職になってしまうリスクが高まることです。日本の場合、一旦学校を卒業してしまうと、もはや新卒とは認めてもらえないのが一般的ですから、この場合、著しく不利な立場に追い込まれてしまいます。たとえ、意に沿わない中小企業であろうとも、なんとか卒業までに内定を勝ち取り、正社員の地位を手に入れなければなりません。



・会社に安定性を求めるのは当然だ

大企業志向に関連する話として、「寄らば大樹の陰」ということから、安定志向を批判する論調もよく見受けられます。しかし、安定志向のどこが悪いのかがさっぱりわかりません。会社の業績というものは不安定であるよりもできるだけ安定している方がいいに決まっています。例えば、会社の経営状態が不安定で、高い業績も上げることもあるが、大赤字に転落してしまうこともあるというようないい加減な経営のやり方では、従業員のみならず、運転資金を融資している金融機関や取引先企業としての視点からみても、不安を感じざるを得ないでしょう。どこの世界に、安定経営を望まない人がいるというのでしょうか?
ただし、会社が安定していることをいいことに、その上にあぐらをかいて楽な仕事をして高給取りになろうと考えているのなら、明らかに問題です。とはいえ、実際には、外部から見れば安定しているかのように見える企業であっても、入社してみればそんなに甘くはないのが普通です。現実には経営陣から末端の従業員に至るまで、皆が必死になって働いて初めて、ようやく安定性が得られているのだということに、否応なしに気付かされることになるでしょう。

長々と書いてきましたが、今回の記事の趣旨を一言でまとめると、以下の一文になります。




能力の高い学生は大企業志向でもいいけど、そうでない学生の場合、大企業志向を捨てないと無職になる恐れがあるけどそれでもいいの?という簡単な話です。




とはいうものの、就職活動における自分の実力を客観的に評価するのは著しく困難です。これが例えば大学受験であれば、偏差値という客観的な数値で自分の現在の実力を把握できますが、就職活動ではこうしたわかりやすい指標が一切ありません。ゆえに、就職活動における自分の実力が全くわかりません。そのため、とりあえずの行動として、自分が社名を知っている大企業へと向かおうとするのかもしれません。

また、中小企業の場合、大企業とは異なり、採用のためにあまりコストをかけることができないため、人材募集の広告をそうそう出すことができないという事情もあるのではないかと思われます。結果として、どうしても大企業の人材募集広告ばかりが目につきやすくなり、中小企業の人材募集広告を目にする機会は少なくなってしまいがちになるのではないかと推測されます。もしかしたら、こうしたことが大企業志向をより加速させる一因となり、職を求める学生側と企業側とのミスマッチを生み出す一因になっているのかもしれません。




関連記事:
就活をする学生の大手志向・安定志向は、おおむね合理的である

就職活動において大企業志向が問題になるのは、安定志向ということではない




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

「時間をお金で買う」か「お金を時間で買う」かそれが問題だ
自己啓発などの本では、「時間は貴重だから時間を節約するためにお金で買え」という主張を見かけることがあります。例えば、「時間を節約するために電車に乗らずにタクシーに乗る」「雑務は自分でやらずにお金を払って他人にやってもらう(アウトソーシングする)」「無料で手に入る情報ではなく、お金を出して有料の情報を購入する」という類の話です。

これにはもちろん、一理あります。「金持ちはお金を払って時間を買うが、貧乏人は時間を売ってお金を稼ぐ」という言葉もあり、それはその通りだと思います。しかし、私はお金で時間を買うという発想があまり好きではありません。その理由は簡単です。この話は、理屈としては確かに正しいのですが、お金を払って時間を買うのが合理的なのは、かなり高収入な人に限られると思うからです。


「お金で時間を買う」ということを、物事に成功するための条件のように書いているケースもありますが、どちらかというと、「成功したからこそ、お金で時間を買えるようになった」という話の方が正しいと思います。


もともと、節約というのは、「お金を手に入れるための対価として時間を支払う」という側面があります。外食をやめて自炊するとか、タクシーに乗らずに電車に乗るとか、家事その他の雑用を自分で行うとかいうのは全てその類です。サラリーマンが働くのも、労働時間という形で時間を売ることによって、お金を手に入れているわけです。

そもそも、お金で時間を買うためには、まず第一に時間を買うだけのお金を持っていることが大前提です。と同時に、時間を買うために支払ったお金以上の価値を生み出せる(お金を稼げる)ことが必要です。高収入な人であれば、確かに、雑務を自分でするよりも人を雇って任せたり、移動する時間を短縮するために電車の代わりにタクシーを利用するなどして、それで浮いた時間を自分の得意分野や専門分野に割り当てる方が合理的だといえるでしょう。「時は金なり」の格言の通りです。

しかし、さほど高収入ではない人がお金で時間を買っていたら、成功する前にお金がなくなり、経済的に破綻してしまいます。稼ぎが良くない人の場合、もともと時間の価値はさほど高くなく、費用対効果は極めて低いので、多くの場合、お金を出してまで時間を買うメリットはほとんどないと思います。

特別な金儲けの才覚のない平均的な凡人の場合、どちらかというと、お金で時間を買う代わりに、余分にかかった時間の有効活用を考える方がいいと思います。例えば、タクシーを使わずに電車で移動すれば、確かに時間は余分にかかるかもしれませんが、その電車での移動中の時間を、本を読んだり、勉強に当てたりといったことに使うわけです。それができれば、お金を節約して、なおかつ時間の有効活用もできるという一石二鳥の効果が生まれてきます。家で家事をするときには、たとえ両手はふさがっていても、耳はあいているわけですから、CDやラジオ、携帯オーディオプレーヤー等を使えば、何かの用事をしながらであっても、知識を身につけることも不可能ではないと思います。

そうした隙間時間の活用というのは、一回当たりの時間は短くても、積もり積もってくると、決して馬鹿に出来ないものがあると思います。また、各種の雑務にしても、より短時間で効率よくできるようになる方法はないかと、自らの頭を使って考える思考習慣を身につければ、発想力を鍛えるトレーニングにもなります。

そんなわけで、お金で時間を買うために余分なお金を支払うよりは、もっと単純に時間の有効活用ができるように創意工夫する方がよほど合理的ではないかと思うわけです。お金で時間を買うのは、物事に成功して稼ぎがよくなってから実行しても決して遅くはないと思います。

いずれにしても、時間をお金で買うというのは極めて高度な話だと思います。よほど熟慮して常に費用対効果が最大化するようにしなければ、それは単なる浪費に終わってしまいます。



関連記事:
自己投資が単なる浪費にならないように気をつけよう




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。