プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

預貯金と投資資金の比率についての、現時点での自分なりの最適解
この前の記事、アセットアロケーションおよび運用利回り(2013/1/4現在)において、預貯金(MRFを含む)が55%で投資資金が45%の比率となっているということを書きました。今回はその件についての補足記事です。

私が投資を実践していく中で最大の悩みどころの一つが、預貯金と投資資金の比率はどの程度が適切なのかということでした。これにはいろいろな考え方があります。3ヶ月分の生活費のみを預貯金としておき、残りを投資資金とするもの。あるいは2年分の生活費を預貯金とし、残りを投資資金とするものといったものです。これは人によって考え方はそれぞれ異なると思います。

私の場合、過去9年以上にわたる投資活動の中で、色々と試行錯誤してきましたが、現時点での最適解として行き着いたのが、預貯金50%、投資資金50%というものです。この比率を保守的とみるか、リスクのとりすぎとみるかは人それぞれだと思いますが、とりあえずはこれが自分にとっては心理面も考慮しての一番無難な選択だというのが現時点での結論です。
なお、実際のポートフォリオでは、現時点で預貯金+MRFで55%となっているので、理想型とはいささか異なるのですが、これは誤差の範囲と考えています。投資資金の評価額は常に上下に変動することもあり、プラスマイナス10%程度の差異は特に気にしません。

ところで、なぜ最終的に(というよりも現時点で)この数値に落ち着いたのかという話ですが、その理由も簡単な話です。仮に投資に失敗して、投資資金が元本のマイナス80%とかマイナス90%というレベルの大きなマイナスになった場合でも、総資産の半分は預貯金という形で保全されるからです。預貯金だからといってリスクゼロというわけではないにしろ、さりとて、株式などのリスク資産に比べればリスクははるかに小さいのは確かです。その意味において、総資産額の半分を預貯金で確保するのは非常に大きな安心感があります。

私が投資を始めるにあたって重要視していたことの一つに、「預貯金に偏らず、投資に偏らず」というのがありました。また、投資はリターン基準ではなく、リスク基準で考えるということも重要な方針でした。その意味において、総資産を預貯金と投資資金で半分ずつというのは過度なリスクをとらず、かといって極端な預貯金志向に走らず、というところで、一番バランスがとれているのではないかと考えたわけです。

ちなみに、この比率に行き着くことになった最大の出来事は、なんといっても米国の金融危機でした。預貯金とリスク資産の比率の問題、そして生活防衛資金としての預貯金はどの程度確保しておくのが妥当なのかということはかねてから大きな悩みどころではあったわけですが、あの金融危機がそれをあらためて考え直す大きなチャンスとなったわけです。ここであえてチャンスという言葉を使いましたが、あの時の大暴落は私にとってまさしくリスクというものを見つめ直す大きな幸運だったのだと思います。以前に、暴騰と暴落の両方を経験して初めて投資家は一人前になるのかもしれないという記事を書いたことがありますが、私は金融危機以前に暴騰を経験し、逆に、金融危機の時には大きな大暴落を経験しました。、投資を始めてから比較的早い時期にその両方を自らの身をもって経験することができたというのはまさしく幸運と呼ぶのが適切だと思っているのです。

そんなわけで、現時点では預貯金と投資資金が半々というのがベストというのが今の私の見解ですが、これは今後もまた継続して考えていかなくてはならない問題でもあります。これから先も積み立て貯蓄と積み立て投資の継続によって、預貯金総額、投資資金総額ともに増加していくことになるはずですが、今後この見解はどのように変化するのか、それもまた楽しみなことではあります。預貯金と投資資金の比率の問題というのは、恐らくこれまでがそうだったように、これから先も延々と考え続けねばならないテーマなのだろうと思います。



スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

プレジデントオンライン「なぜお金持ちは紙袋を持つのか?」の感想
今回の記事の元ネタは、プレジデントオンラインから。2010年8月頃の記事ですが、とても面白い話だと思いました。

なぜお金持ちは紙袋を持つのか?(プレジデントオンライン)

この記事の中で面白いと思った部分をピックアップして引用します。

-------------引用開始-------------------------------

お金持ちはなぜ紙袋を好むのか? 彼らは紙袋で移動してもOKだからだ。運転手付きの車、タクシー移動とドアtoドアで雨にも濡れない。だから紙袋でも平気なのだ。

(中略)

「海外ではいい時計や靴がセレブの証だ」というけれど、本当のお金持ちにとって、それも無意味らしい。なぜなら予約の際すでに彼らの身分は割れている。お金持ちは決して粗雑に扱われないルートで予約するし、定宿は決まっている。一流ホテルとなれば、常連の顧客の顔を覚えていないわけがない。安い時計にスーパーで買ったシャツでも、彼が歓待されるのはそういうわけがあるのだ。

(中略)

またお金持ちはブランドショップにもいない。ものを買うなら知り合いから少しでも安くものを買うのが基本だから。

(中略)

さらにお金持ちは「ブラックカード」や「プラチナカード」も持たない。「ゴールド」ですらいらないという。「年会費がバカ高くてもったいない、普通のカードで十分」なのだそうだ。必要な局面ではコネがあるので優遇されるし、不必要な場所で自分がお金持ちであることを、ことさら触れまわるのはリスクが大きい。

(中略)

本当のお金持ちは絶対に見栄を張らない。なぜなら彼らは「お金持ち」であることを人に知らせる必要がないのだから。

-------------引用終了-------------------------------


最後の「本当のお金持ちは絶対に見栄を張らない」というのはとても面白い話だと思います。確かに、本当の金持ちならば、自分が金持ちであることをことさら触れ回る必要はないでしょう。それどころか、記事にもあるように「不必要な場所で自分がお金持ちであることを、ことさら触れまわるのはリスクが大きい」わけですから、それはいわば当然のことだといえます。

これを逆に考えると、いわゆる成金趣味でやたらと高価な服や時計・宝飾品で飾り立てて、「自分は金持ちだ」ということを全身で表現しているような人というのは、まだ本当のお金持ちになりきれていない人ということになるのかもしれません。

見栄を張らないというのは、資産家ではない、ごく普通の人がお金持ちを目指す場合であってもとても重要なことだと思います。見栄を張るためにお金を使っていては、お金が貯まらず、いつまでたっても金持ちになれません。仮に、長年の努力によって小金持ちクラスにまではなることができたとしても、だからといってお金を派手に使うわけにはいきませんし、多額のお金を持っていることを吹聴するわけにもいきません。お金を持つようになったら、今度はそのお金をいかに守るかということが重要になってきますし、「自分は金持ちだ」と誇示するのはとても危険な行為だからです。

結局のところ、見栄を張るという行為は、真の金持ちにとっても、そして金持ちを目指そうとしているごく普通の人にとっても何のメリットもないことだといえそうです。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

アセットアロケーションおよび運用利回り(2013/1/4現在)
運用利回りとアセットアロケーションの公開です。今回は年始早々にまとめた、2013年1月4日現在のもの。

-------------------------
運用利回り(2013年1月4日現在)

*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 投資収益率 -14.4%  年間収益率 -2.7%
*SMTグローバル株式インデックス・オープン 投資収益率 +19.8%  年間収益率 +12.6%
*SMT新興国株式インデックス・オープン 投資収益率 +11.6%  年間収益率 +6.8%
*SMTグローバル債券インデックス・オープン 投資収益率 +8.4%  年間収益率 +2.8%
*TOPIX連動型上場投資信託 投資収益率 -5.5%  年間収益率 -1.2%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 投資収益率 -9.1%  年間収益率 (データなし)
*純金積み立て(※過去の売却分及び現在保有分の合算) 投資収益率 +86.6%  年間収益率 (データなし)

参考:1米ドル= 87円50銭、1ユーロ= 114円3銭(ソニー銀行)

※外貨建てMMFの投資収益率は、円換算のものです。
※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。
※純金積み立ては田中貴金属工業にて行っています。

--------------------------------------------
アセットアロケーション(2013年1月4日現在)

*TOPIX連動型上場投資信託(ETF)    比率 16%
*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド  比率 27%
*SMTグローバル株式インデックス・オープン   比率 22%
*SMTグローバル債券インデックス・オープン 比率 5%
*SMT新興国株式インデックス・オープン   比率 11%
*外貨建てMMF(アメリカドル)           比率 11%
*純金積み立て  比率 8%

国内債券 0%
国内株式 16%
海外株式 60%
海外債券 16%
純金積立 8%

(注)
※預貯金及びMRFは除外しています。
※外貨建て商品は円換算のものです。

--------------------------------------------
預貯金(MRF含む)と投資資金の比率

預貯金及びMRF  55%
投資資金  45%

--------------------------------------------

ポートフォリオは、外貨建てMMF(ユーロ)とさわかみファンドがなくなったことでさらにすっきりとしてシンプルになりました。これら2つの売却分は、外貨建てMMF(ユーロ)の方はSMTグローバル株式インデックスオープンとSMT新興国株式インデックスオープンに適当に振り分け、さわかみファンドの方はTOPIX連動型ETFに資金を回しました。なお今回は、純金積み立てについても過去の売却分を含めての損益状況を計算しましたが、こちらは86.6%のプラスで、保有する資産クラスの中ではトップクラスの評価益となっています。とはいえ純金積み立てはしょせんはゼロサムに過ぎませんから、ポートフォリオの中核には決してなり得ないことに代わりはありません。

アセットアロケーションを見ると、海外株式が投資資金全体の60%を占めており、これに海外債券の16%を加えると、投資資金のうち実に76%が海外向け投資資金となりますが、総資産に占める預貯金やMRF等の円資産の比率が高いことから、これはこれでいいだろうと思っています。どちらかというと、投資に関しては国内向けより海外に振り向けたいと考えているからです。

利回り全体についてですが、現在の保有分と過去の売却分を考慮したトータルでの損益金額は正確な金額は算出していないものの、一頃に比べると、ずいぶん改善されてきているという印象があります。特に、SMTグローバルインデックスオープンと純金積み立ての2つのプラス金額が大きく、他のマイナス分を大きくカバーしてくれています。とはいえ、こういう好調気味の時こそ、決して調子に乗ることなく、より慎重な運用を心がける必要があると思っています。


--------------------------

以下は余談。
本当は、過去の売却分を含めた、トータルでの損益率を出すつもりだったのですが、Microsoft Money上で、一体どうやったらその数字を算出することができるのか、全くわからなかったため、今回のところは断念しました。そのうち、エクセルにデータ出力し、データを集計して、ちゃんとした損益率と金額を出してみたいとは思ってはいるのですがね・・・。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。