プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外ヘッジファンド投資についての個人的見解
最近、アブラハム・プライベートバンク株式会社の「いつかはゆかし」の広告をよく見かけます。また、投資ブログにおいても、何人かのブロガーたちが取りあげています。まずは公式サイト及び公式スタッフブログへのリンクを貼っておきます。

いつかはゆかし公式サイト(アブラハム・プライベートバンク)
いつかはゆかし公式スタッフブログ

次に、「いつかはゆかし」を取りあげているブログへのリンクを貼っておきます。

「いつかはゆかし」のリスク~海外ファンド積立で1億円を目指す?(ホンネの資産運用セミナー)
「いつかはゆかし」解約時にファンド売却を条件とするのは適切か?(ホンネの資産運用セミナー)
「いつかはゆかし」に対する疑問にアブラハムから返答(ホンネの資産運用セミナー)

「いつかはゆかし」徹底検証 - おかしな解約条件(吊られた男の投資ブログ)
「いつかはゆかし」徹底検証 - 特徴的な契約の注意点(吊られた男の投資ブログ)
「いつかはゆかし」徹底検証 - 本当の投資顧問契約額はいくら?(吊られた男の投資ブログ)

「いつかはゆかし」で、にぎわってますね(かえるの気長な生活日記)


米ヘッジファンド4年連続市場平均に敗北、「レバレッジが不充分」- ガラパゴス化する「いつかはゆかし」(みんなの心にも投資 … ソーシャルインベスター(社会投資家)への道)



さて、ここからが本題ですが、今回はこれに関連する話題として、海外のヘッジファンド投資の是非についての個人的見解を書きたいと思います。

最初に結論を書いてしまうと、少なくとも私自身は、たとえ少額からの積み立て投資ができるようになろうとも、海外のヘッジファンドに投資をすることは決してないと考えています。なぜならば、「理解出来ない金融商品に投資をしてはならない」という投資の大原則に反するからです。ヘッジファンドというと、ロング・ショートとかアービトラージ(裁定取引)とかマーケット・ニュートラルとか、いろんな取引手法があるようですが、残念ながら私にはちんぷんかんぷんでさっぱりわかりません。わからないので、投資判断自体ができないのです。また、複雑な取引手法には当然高いコストもかかるでしょうし、運用者の見通し・目論見が外れた場合、一体どうなるのかという不安があります。過去に高いリターンを上げたファンドが将来も高いリターンを上げ続けるという保証もありません。ヘッジファンドというのは、少なくとも、投資手法を理解出来ない私のような頭の悪い者が投資すべきものではないでしょう。

私は常々思っていることがあります。それは、投資家というのは闇雲に高いリターンを求めるのではなく、透明性が高く、自分に理解出来るわかりやすい金融商品を求めるべきだということです。「取引手法はよくわからないけど儲かるらしい」という金融商品は、一歩間違えれば、「なんだかよくわからないけど損をしてしまった」ということにつながりかねません。私は、自分に理解出来るものに投資をして結果的に損をしたとしても、そのリスクを受け入れる覚悟がありますが、理解出来ないものに投資して損をするリスクは許容できません。
確かに、世界には長期間に渡って高いリターンを上げているヘッジファンドがあるのかもしれません。しかし、その利益を上げる取引手法の仕組み・からくりが理解出来ない以上、投資対象とすることは決してあり得ません。

私にはやはりインデックスファンドに投資し、市場平均に負けない投資方法が一番合っているのだろうと思います。残念ながら、絶対リターンを狙うヘッジファンド投資というのは私のニーズには全く合わないのです。




スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

プレジデントオンライン「年収は、なぜ『使う財布の値段』の200倍になるか?」の感想
今回の記事の元ネタはプレジデントオンラインです。先週くらいに某ポータルサイトで話題になっていました。リンクを貼った上で、一部を引用します。


年収は、なぜ「使う財布の値段」の200倍になるか?(プレジデントオンライン)
-------------引用開始-------------------------------

私のように、税理士という仕事をやっていると、申し訳ないことだが、ビジネスパーソンの収入がだいたいわかってしまう。業種、売上高、従業員数といった数字を把握できれば、その会社の社長や役員がどのくらいの報酬を得ているか、ほぼ正確に推測できてしまう。

お財布自体の値段を的中させることができ、お財布の持ち主の年収を推定できるようになったとき、私はこのふたつの間に、恐るべき関連性があることに気づいたのである。

お財布の値段×200=持ち主の年収。

すなわち、その人の年収は、持っているお財布の値段のほぼ200倍なのである。私が幾多のお財布を見てきた経験から言って、ほぼ間違いなく200倍前後の範囲に収まる。年収1000万円の人なら5万円前後のお財布を使っており、年収の2000万円の人は、10万円前後のお財布を使っているものなのだ。

この公式は、単に人様の年収をお財布の値段から推し量るためのツールではない。重要なのは、むしろ、この公式に当てはまらないお財布の所有者をどう判断するかにある。私の経験からはっきり言えるのは、以下の2点である。

・お財布の200倍が現在の年収よりも大きい人は、これからもっと稼ぐ。
・お財布の200倍が現在の年収よりも小さい人は、これから落ちていく。

つまりお財布とは、自分の「稼ぐ力」に対するセルフイメージを反映しているものなのだ。たとえ現在の年収が300万円しかないにもかかわらず10万円のお財布を使っている人は、間違いなく年収2000万円の方向に進んでいく。なぜなら、「このお財布にふさわしい金額が入ってくるはずだ」と彼ははっきり予感しているのであり、お金はそうした確信を持った人のことが大好きなのだ。

-------------引用終了-------------------------------


この記事に対する私の最初の感想は、「なんというバカバカしい記事なんだろうか」というものでした。そもそも、本当に「お財布の値段×200=持ち主の年収」という法則が統計的に成り立つかどうかという話自体が眉唾ですが、百歩譲ってこの法則がおおむね当てはまると仮定した場合でも、ただ単に、年収の高い人は高い財布を持つ傾向にあり、年収の低い人は安い財布を持つという結論しか導き出せないと思います。要は、収入に見合った価格帯の財布を選んでいるというただそれだけのことだろうという話です。これは財布だけの話ではなく、他のものでも同じでしょう。収入の多い人は収入の少ない人よりはいい家に住むことが可能だろうし、いいクルマやいい服を買うこともできます。当たり前の話です。この記事の著者は、原因と結果を勘違いしている典型的なケースだと思います。
この記事で一番意味がわからないのは、「お財布の200倍が現在の年収よりも大きい人は、これからもっと稼ぐ。お財布の200倍が現在の年収よりも小さい人は、これから落ちていく」というところ。この話の根拠が全く不明です。

とはいうものの、著者が言うように、「お財布とは、自分の『稼ぐ力』に対するセルフイメージを反映しているもの」ということを意識して、あえて高価な財布を選んでいるという人であれば、あるいは高価な財布を選ぶことに意義を見出すことができるかもしれません。例えば、「愛用している高価な財布にふさわしい収入が得られるように仕事を頑張ろう」というように、高い財布を持つことで仕事に対する意欲が高まるというのなら、確かに高価な財布を使うことにも意味はあるとは思います。ただ、これは仕事へのモチベーションが上がるアイテムであれば服でも腕時計でもなんでもいいと思います。あくまでも、「セルフイメージを反映しているもの」なのですから、別にあえて財布にこだわる必要はないでしょう。どちらかといえば、あまり人に見せる機会の少ない財布よりも、服のような、人に見られやすいところにこだわる方がむしろいいのではないかと思います。

ちなみに、私自身はいわゆるブランドものは決して買わないものの、腕時計など長く使うことが前提のものであれば、あえて少し高めのものを買うようにしています。なぜならば、そのことが仕事への意欲向上に役立っているからです。仕事中にお気に入りの腕時計を見る度に「さあ、もうひと頑張りしよう」という気になります。少々高価なものを身につけたからといって収入が増加するなどということは決してありませんが、そのことによって仕事の取り組みへの意欲が上がる等の何らかのプラスの心理効果が見込めるのであれば、それはそれで意味のあることだろうとは思います。ただし、明らかに現在の収入に見合わない、あまりにも高価過ぎるものは、どう考えても似合わないと思うので、さすがにやめておいた方がいいとは思っていますが。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

TOPIX連動型ETFの運用利回りがプラスに転じる(運用利回り:2013年2月3日)
先日、私のポートフォリオにおいて、TOPIX連動型ETFのTOPIX連動型上場投資信託(コード:1306)がプラスに転じたので、備忘録的な意味合いで、ここであらためて運用利回りをまとめておきたいと思います。

-------------------------
運用利回り(2013年2月3日現在)

*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 投資収益率 -3.9%  年間収益率 -0.7%
*SMTグローバル株式インデックス・オープン 投資収益率 +34.6%  年間収益率 +19.9%
*SMT新興国株式インデックス・オープン 投資収益率 +21.9%  年間収益率 +11.8%
*SMTグローバル債券インデックス・オープン 投資収益率 +16.5%  年間収益率 +5.3%
*TOPIX連動型上場投資信託 投資収益率 +0.3%  年間収益率 +0.1%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 投資収益率 -3.6%  年間収益率 (データなし)
*純金積み立て 投資収益率 (データなし)  年間収益率 (データなし)

参考:1米ドル= 92円74銭、1ユーロ= 126円66銭(ソニー銀行)


※外貨建てMMFの投資収益率は、円換算のものです。
※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。
※純金積み立ては田中貴金属工業にて行っています。

-------------------------

上記データの通り、わずか+0.3%ですが、TOPIX連動型上場投資信託がプラスとなりました。これがプラスを記録するのは実に久しぶりのことです。
(※正確には2013年2月1日の金曜日にプラスになったのですが、データをまとめたのが3日の日曜日なので3日時点のデータを公開するものとします)

この時点での他の金融商品の利回りを見ていくと、トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドと外貨建てMMF(アメリカドル)の2つだけは依然としてマイナスですが、それでもマイナスの幅はかなり小さくなっており、それら以外のものは全てプラス。ポートフォリオ全体での利回りはプラスになっており、それなりの評価益が出ている状態です。

とはいうものの、少々利回りが上昇したところで、調子に乗るつもりは全くありません。運用利回りがプラスに転じたからといって、何か特別な感想もありません。今考えていることは、冷静に今後の推移を見守ろうという、ただそれだけです。こういう冷静さが投資家には必要なのだろうと思います。





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

預貯金と投資資金の比率をめぐるジレンマ
前回の記事、預貯金と投資資金の比率についての、現時点での自分なりの最適解の関連記事です。
前回の記事で、私の現時点における個人的な最適解として、預貯金50%、投資資金50%という比率に落ち着いているという話について書きましたが、この件についてもう少し補足したいと思います。私が、過去9年以上に渡る投資歴の中で、預貯金と投資資金の比率をめぐっては一つのジレンマがありました。

それは、預貯金ではお金が減る心配はほとんどないが、お金が大きく殖えることもない。逆に、投資資金ではお金が大きく殖やせる可能性があるが、お金が減ってしまうリスクがあるという極めて単純な問題です。

私の心の中では、お金を減らしたくはないと思いつつも、一方においてはお金を殖やせる可能性があるのであれば殖やしたいという二つの思いが常に複雑に錯綜していたわけであり、この問題こそが、預貯金と投資資金の比率をどうすべきかという、投資活動における大きな悩みの種ともなっていました。それは本当にやっかいな問題でした。投資において個人投資家が考えるべきことはあまり多くありません。せいぜい、どの資産クラスにどれだけ配分するかというアセットアロケーション(資産配分)くらいのものです。アセットアロケーションというと、投資資金のみについて語られることが多いものですが、実際には預貯金を含めた形でアセットアロケーションを決める必要があります。総資産額のうち、どの程度までを投資資金につぎ込むかというのは非常に大きな迷いどころです。

「インデックスファンドをメインとする投資であれば、個別株中心のポートフォリオに比べればリスクは低いはず。よってより大きな投資資金を投入しても問題ないのではないか?」という思いと、「いかにインデックスファンドといえども投資である以上、大金を投入するのはリスクが高すぎる」という思いの二つが常に頭の中にありました。

結果的には、極力リスクを抑えつつリターンも狙うという方法をとることとなりました。それが資産総額の50%を預貯金として確保しておくというものになったわけです。投資に積極的な人から見れば、これはかなり保守的なものと映ることでしょう。考え方の一つとしては、「もし生活費の3ヶ月分あるいは2年分で不足する事態に陥ったら、運用している投資資金を取り崩せばいいではないか」というものもあるからです。むしろこちらの方が一般的かもしれません。

私がなぜこの考え方をとらなかったのかといえば、その理由は2つあります。一つは、勤務先が中小企業であるがゆえの安定性の悪さの問題。不景気がやってくると、会社の急激な業績悪化と、投資資金の運用利回りの大幅な低下の二重苦になる恐れがあります。万一、大不況の最中で職を失う事態に直面し、なおかつ職探しが長期化した場合に、生活防衛資金を超えて運用資産を取り崩すということになると、元本割れの状態で投資資金を現金化しなくてはならない可能性が高くなります。不況に強い会社で働いているのであればもっとアグレッシブなポートフォリオにしたかもしれませんが、様々なリスクを考慮するとそれは無理があると判断しました。
そしてもう一つの理由は、投資資金の中身が、株式を中心としたポートフォリオになっており、非常にリスクが高いという点。現状のポートフォリオでは、価格変動があまりにも激しく、ブレ幅は非常に大きくなります。利回りが大きなマイナスになったときのことを考えると、安全資産を十分に確保するのが妥当だと判断したわけです。

そんなわけで、投資資金をできるだけ抑えつつ、なおかつお金を殖やす方向にも賭けたいということで現在の比率にいきついたわけです。安全を求めるという気持ちと、より多くの利益を得たいという気持ちという、2つの相反する心の折衷案として行き着いたのが、預貯金と投資資金を半々にするというものだったというわけです。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。