プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1000万円貯蓄から学んだ、目標を細分化することの重要性
今回は、過去に行ってきた1000万円貯蓄の計画と実践の中から学んだことを書いてみたいと思います。それは「大きな目標は小さな目標に細分化する」ということです。

私が一番最初に1000万円を貯めようと志したのはもうずいぶん昔の話ですが、その計画を立案する中で最初に行ったのが、大きな目標は小さな目標に分割するということでした。要するに、1000万円貯めるという大目標を、まず100万貯蓄という中目標を設定し、さらに10万円貯蓄計画という小目標を設定するという具合です。1000万円という金額は遠大な目標でも、10万円という貯蓄目標なら極めて現実的なものとなります。100万円貯めるには、10万円貯蓄を10回繰り返せばいいわけです。100万円貯めるのに成功したら、その時点で100万円貯めるためのお金の習慣はすでに身についています。1000万円の貯蓄目標を達成するには、その100万円貯蓄を10回繰り返すだけです。その過程で、お金を貯めるための節約ノウハウも洗練されていきますから、貯蓄に慣れない最初のうちは大変だったとしても、お金を貯めるのはだんだんと簡単になってきます。

単純なことですが、この細分化というのは非常に有効です。これは貯蓄に限った話ではなく、何事でも同じです。なにか大きな目標を達成するためには、その目標を中目標・小目標へと細分化する必要があります。もし、その過程で目標を達成する上で妨げになる問題が見つかれば、その問題点を紙に書き出し、さらに、その問題点を解決する方策も合わせて紙に書きます。目標や問題点は細かく砕いて、より現実的な行動計画へと落とし込むという極めて簡単な話です。



スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

純金積み立てで、田中貴金属工業を選んだ理由
先日、こちらのブログにおいて、私のブログがちょっとだけ取りあげられていました。

金(Gold)に投資するなら、純金積み立て?投資信託?ETF?(麻酔と世界分散投資?)

そこで今回は、この記事に便乗して純金積み立てに関して書くことにします。今回のテーマは、純金積み立てを行う会社として田中貴金属工業を選んだ理由についてです。

それについて書く前に、以前から何度も書いてきたことではありますが、純金積み立てを行う理由についてあらためて書いておきたいと思います。その目的の一つは分散効果を期待してのことにありました。株式等、他の資産クラスとの相関性が低いと考えられるためです。これは結果論になりますが、米国の金融危機の時、株式が凄まじい勢いで下落する最中、これだけが上昇していて、おかげでポートフォリオ全体での損失を多少なりとも減らすことができました(あくまでも結果論であることに注意)。以下、参考までに田中貴金属工業のサイトへリンクを貼っておきます。

金価格推移(田中貴金属工業)

そして、純金積み立てを行うもう一つの理由は、現物資産であることに魅力を感じたためです。
もともと、純金積み立てを始めるきっかけとなったのは、2001年9月に起こった9.11の同時多発テロです。当時はまだ純金積み立てに限らず、投資というものを全く行っていませんでしたが、この事件の後に、「有事の金」という言葉を初めて知りました(「有事の金」ということについては、Googleで検索すれば色々と出てきますのでここでは割愛します)。名目通貨ではない、現物資産としての金の価値に魅力を感じたわけです。これが私が純金積み立てを行う理由です。

先ほども書いたように、金融危機の時には、株式が大幅に下落し、大きな含み損を抱える中、金だけが上昇していて、結果的にはお金の目減りを防ぐ上で、一定の役割を果たしてくれました。ただし、金融危機の時は単なるまぐれという程度の認識しかもっておらず、今後も、金に関しては、過度の期待はしていません。イメージとしては、たまたま収集していたコレクションアイテムがたまたま大人気になり、お宝アイテム化して高値がついたという感じです。金は投資とはいっても、ゼロサムゲームに過ぎません。利息も配当も何もなく、それ自体が殖えるわけではないので、「投資」と呼べるような代物だとも思っていません。投資と投機をあえて区別するとすれば、これはいわゆる「投機」に属すると考えるのが妥当だと思われます。
その意味において、金という資産クラスは、決してポートフォリオの主役にはなり得ません。せいぜい脇役、それもチョイ役でしかないと思っています。それでもこれを買うのは、先に書いた通り、株式等、他の資産クラスとの相関性の低さと現物資産としての価値に魅力を感じたからです。

さて、今回の本題である、田中貴金属工業で買うことに決めた理由ですが、これはなんといっても、金融商品ではなく現物の地金を買うことができるという点。そして特定保管であるという点の2つによります。私が利用しているオンライントレードのG&Pプランナーというサービスなので、そちらへのリンクを貼っておきます。

購入した貴金属地金はどのように保管されますか?(田中貴金属の純金&プラチナ積立 | FAQ)

特定保管の意味についてはこちら。

特定保管とは(金融経済用語集)

一方、欠点としては、少額積み立ての場合、購入手数料率のパーセンテージががけっこう高くなるという点が挙げられるかと思います。

地金を購入するとき、手数料はいくらかかりますか?(田中貴金属の純金&プラチナ積立 | FAQ)


また、田中貴金属工業のG&Pプランナーでは積み立ての一時休止はできません。最低月1000円の購入が必要です。

積立を一時的に休止できますか?(田中貴金属の純金&プラチナ積立 | FAQ)

もっとも、積み立てを完全にやめたくなったら、契約を解約してしまえばいいわけですが。

契約を解約したい場合、どのような手続きが必要ですか?(田中貴金属の純金&プラチナ積立 | FAQ)

上記リンク先にあるように、解約の場合、地金を引き出すか、全量売却かのいずれかの精算方法を選択できます。解約後も金の保有を続行したければ、引き出した地金を自分で保管すればいいわけです。ただ、盗難リスクを考えると自宅での保管はいささか心許ないと思います。最も安全な保管場所で思いつくのは、せいぜい銀行の貸金庫くらいでしょうか。

いろいろと書いてきましたが、田中貴金属工業のG&Pプランナーには、長所もあれば短所もあります。しかし、コストが少々高くとも、あえて田中貴金属工業で純金積み立てを行うのは、先に述べたように現物資産を買い付けることができ、しかも特定保管であるがゆえの魅力によります。特定保管であるがゆえの安心感は、非常に大きなものがあります。「消費寄託」では若干の不安要素があるのであまり好きではありません(消費寄託については下記用語集へのリンクを参照して下さい)。

消費寄託とは(金融経済用語集)


田中貴金属工業のG&Pプランナーを利用しての純金積み立てについて、個人的見解を一言でまとめると、「投資」としては決してお勧め出来るものではないが、現物資産としての金というものに魅力を感じるのであれば検討するのもいいのではないか、というところです。それ以外の判断基準としては、積み立て金額が少なければ少ないほど購入手数料率が高くなるという点と、金という商品の性質上、配当も何もないゼロサムであるという点をどう評価するかによると思います。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

今年も夏のボーナスは全て貯蓄へ回しました
先日、私の勤める会社において、無事に夏のボーナスが支給されました。今年は例年に比べるとずいぶん金額が多かったのですが、今回も例年通り全て貯蓄へと回しました。前から何度か書いているのですが、私はいまだかつて、先に商品を買って後からボーナスで支払うというボーナス払いをしたことがありません。それは、まだ手に入っていない将来の収入を見込んで買い物をするのは愚かしいと思っているからです。そして、何か商品を買う場合には、将来の収入を当てにして買うのではなく、原則として、今すでに持っているお金の範囲内で買えるものでなければ決して買わないという方針を持っているためです。この方針にあえて例外を認めるとすれば、住宅のような超高額商品に限ります。

ボーナスを全て貯蓄に回すのには、まとまった金額が入ってくることによる衝動買いを防ぐという意味合いも持たせています。ボーナスというと、どうしても臨時収入という意識が強く働き、どうしても「せっかくお金が入ったんだから何か買おう」という気持ちが大きくなってしまいます。それを抑えるために、全額を貯蓄に回すことによって、「ボーナスなど最初からなかったもの」として扱うことで、無駄遣いを防いでいるのです。これは私が社会人になって以来、長年に渡り一貫して継続してきたものですが、結果としては、これは実行していてよかったとつくづく思っています。「ボーナスを一切使わない」というと、けち臭いしみったれた生活だと思われる向きもあるでしょうけど、普段から十分な貯蓄の習慣があれば、特にボーナスを当てにせずとも日頃の貯蓄で貯めたお金で商品を買うことができますし、また、それ以前の問題として、日常生活に必要な生活必需品は、ほぼ全て揃っていますから、特に何かを買い足す必然性はありません。今すでに手元に持っているものだけでも、十分過ぎるほどに贅沢な暮らしができているのは明らかです。

また、ボーナスが入ったからといって、それを投資資金に回すことも行いません。投資資金については長期的な計画に従って行うという方針を持っており、資金を投資するかどうかを決定するのは預貯金を含めたアセットアロケーション(資産配分)とリスク許容度によります。例えボーナスが予想以上に入ってきたとしても、その余力資金を無計画に投資資金に組み込むことはありません。

私としては、「ボーナスを決して当てにせず、ボーナスは最初から無かったものとして貯蓄する」という方針をこれからも堅持する予定です。貯蓄の習慣はとても重要だと思っています。それは、金儲けの才覚を持たない凡人でも実行可能な方法であり、そして決して失敗することのない最も確実な資産形成戦略だからです。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

みずほ銀行のATM停止で思った、預金口座の分散の重要性
今回の元ネタは、先週見かけたこのニュース。

みずほ銀行ATM停止で阿鼻叫喚 「油断した」「所持金200円しかない」(J-CASTニュース)


みずほ銀行を給料の振り込み及び各種支払いの引き落とし口座として使っている私も、今回のATM停止の件はすっかり失念しておりました。なにしろここ最近は仕事が非常に忙しかったこともあり、頭の中から完全に抜け落ちていたのです。

しかし私の場合、特に問題はありませんでした。もともといざというときのために、財布の中に現金は常に多めに持っているからです。

それはさておき、冒頭に挙げたニュース記事を読んであらためて思ったのが、預金を複数の銀行に分けておく分散預金の重要性です。複数の銀行にお金を分けて預けていれば、いざというときには他の銀行からお金を下ろすことができます。今回のケースのように事前に十分な告知がなされていた場合は問題ないかもしれませんが、銀行が突然システム障害を起こすという事態も想定すると、普段から預金口座を複数の銀行に分散させておく方が望ましいのではないかと思ったわけです。

分散預金というと、どうしてもペイオフ対策ということを連想してしまうのですが、ペイオフ対策をとらなければならないほどの大金を持っていない人であっても、やっぱり預金の分散はしておくべきではないかと思います。

これは銀行のシステム障害対策ということだけではありません。例えば、万が一キャッシュカードを盗まれたり、あるいはフィッシング詐欺に遭ってネット銀行のログインIDやパスワードが流出してしまった場合でも、銀行を分散していれば、最悪の場合でも被害額はその口座の分だけで済み、全財産を根こそぎ盗まれることはありません(もっとも、ここまで想定するのはいささかやり過ぎなのかもしれませんけれども・・・)。

今回の事例をきっかけに、預金においても分散という形でのリスクヘッジをしておきたいものだという認識を新たにした次第です。「卵は一つのカゴに盛るな」というのは別に投資型の金融商品だけに限った話ではないと思います。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。