プロフィール

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコン買い換え計画についての結論(2)
前回の記事の補足です。一応、前回の記事へのリンクを貼っておきます。

パソコン買い換え計画についての結論


今回は単なる雑談的なことですが、パソコン買い換え時期を延期し、既存パソコンの活用という結論に至るまでに考えたことについて書いていきます。
当初は、というかより正確に言うと昨年(2013年)の年末までは、あくまでも買い換えることを前提としていて、購入資金として銀行からお金を下ろして用意していました。それが土壇場になって覆った一つのきっかけは、年末にパソコンを見に行ってのことでした。主に、マウスコンピュータ、ドスパラ、パソコン工房の他、家電量販店、中古ショップも見て回ったのですが、中古ショップで目についたのが、Core2DuoマシンにWindows7をインストールして販売されていた中古パソコン。価格帯はせいぜい2万円程度であり、いかにも旧式という感じでしたが、Core2Duoでもまだ現役で使えるのではないかということを再認識させられ、自宅の予備機をWindows7にすることで対応することにしたわけです(なお、インストールしたのはWindows7 Professionalの32bit版)。

それと、買い換えを躊躇する要因の一つとなったのが、私的にこのタイミングでの買い換えはできるだけ避けたかったということでした。Windows7機を新規購入する場合、Windows7のサポート期限が2020年1月14日となっており、せいぜい6年程度しか使えません。パソコンで6年使えれば十分ではないかとの意見もありますが、私としてはわずか6年しか使えないというのでは不満が残ります。あとは、Windows8.1搭載パソコンに買い換えるという選択肢でこれが一番最有力でしたが、Windows8.1もさほど評判がよくないということを考えると、できればWindowsの次期バージョンが出るまで待ちたいというのが本音でした。

さらに、あえてもう一つ挙げるなら、ただ単にパソコンを買うお金が惜しくなったというのも事実ではありますけれども。必要なものは躊躇せず買い換えるとはいいつつも、それなりのスペックのパソコンはやっぱり高い・・・。

なお、今回の旧パソコンのWindows7化に際しては、現状の160GBのハードディスクのより大容量のものへの取り替えや、SSDへの換装といったことも考えたのですが、何しろこのパソコンが発売されたのが2006年8月(このパソコンを買ったのはもっと後の時期でしたが)ということで、実に7年以上も前の旧世代のパソコンであり、今更このパソコンのパーツ交換に費用をかけるよりは、そのお金を次期パソコンのために温存しておいた方がいいだろうということでとりあえずは断念することとなりました。

先送りになったパソコン買い換えですが、メーカー的にはPCショップブランドのBTOメーカーが最有力候補となりました。BTOでのパソコン購入はWindows95の時代から何社か利用してきているので、私にとってはBTOもはやおなじみの選択です。ただ、念のために書いておくと、PCショップブランドのBTOメーカーに関しては、基本的に自分で買うことはあっても他人には推奨しません。その理由は、サポートの評判が悪いメーカーが少なくないためです。

それでも購入を検討するのは、やはり自分の好きな構成でカスタマイズ注文ができるという柔軟性の高さによります。高性能グラフィックカードを搭載した上でいくらかのカスタマイズを施したノートパソコンを買おうとすると、BTOメーカー以外には、なかなか選択肢がありません。
他の人に薦めないのは、ちょうど自分が投資をしていても他人には投資を勧めないのと同じ理由で、要は、他人に恨まれたくないからです。サポート重視という向きには、やはり日本の大手家電メーカー製のパソコンがよいのだろうと思います。

さて、評判が必ずしもよくないショップブランドのパソコンですが、ネットにあふれる口コミのクレーム情報を見ていると、確かにメーカー側に問題があると思われるケースもあるものの、ユーザー側にも問題のあるケースもいくつか見受けられます。これについては下記のブログが参考になりそうです。


ドスパラの評価を落とすクレーマーの口コミを検証(前編)

ドスパラの評判を貶めるクレームの低レベルさを検証(後編)



参考までにネット上での評判をいくつか、価格.comのサイトをあげておきます。

ドスパラWebのショップ評価(価格.com)

パソコン工房のショップ評価(価格.com)

マウスコンピューターのショップ評価(価格.com)


全体的に見ると、当たり外れが非常に多いという印象を受けます。PCショッブブランドのパソコンで大手家電メーカー製パソコンのような至れり尽くせりの高品質な商品とサービスを求めるのは難しいものと思われます。
私は、基本的にメーカーのサポートに過剰な期待はしていないので、サポート力はさほど重視していません。要は、品質は多少落ちてもいいから、割安であればそれでいいという話です。たとえ大きなトラブルに見舞われても「精密機器の集合体であるパソコンなんてそんなもの」という程度にしか考えていませんし、もし致命的な不具合や故障に見舞われても、それは運が悪かったということで割り切ります。



今までにいろんなメーカーのパソコンを買ってきていて、トラブルやら痛い目に遭ったことは何度もありますが、クソーテックの異名を持っていた、ソーテック製のデスクトップパソコンを買ったことがあります。時期的には、ちょうどPentiumⅢの頃だったように記憶しております。このパソコンは、HDDが一年と経たずにクラッシュし、修理に出すも、修理後まもなく再び故障。仕方がないので自分でHDDを交換しようとケースを開けるとHDDを固定しているネジのねじ山がつぶれている始末。ネジを外すのに苦労した記憶があります。ただ、私の場合、たまたま運がよかったのか、比較的大きな不具合はその程度で済んだのでラッキーだったのかもしれません。確かに何かとトラブルは多かったものの、それがソーテック特有のものだったのかどうかはわかりません。HDDなんて、壊れるときには壊れるものだし、HDDに限らず、パソコンにトラブルはつきものです。修理にしても、実際に修理を担当する人によって技量に多少のバラツキがあるでしょうから、それもやむなし。ソーテックのパソコンの悪評は有名と思われますが、それが統計的に他メーカーと比べてどうなのかは不明なのでよくわかりません。しかしまあ、品質がクソレベルとの悪評を見聞きしていてもなお、割安というただそれだけの理由でパソコンを買ってしまうのは、いかにも私らしいところではあるのですがね。

いずれにせよ、今のパソコンが問題なく使えるうちは使い続けることになるので、買い換えはまだしばらく先になります。次期Windowsがどうなるのか、今から楽しみです。



スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

パソコン買い換え計画についての結論
WindowsXPのサポートが2014年4月9日をもって終了することから、パソコンを買い換えるというのが昨年来の課題でしたが、年末年始にようやくまとまった時間がとれたため、本格的に検討することとしました。その結果は・・・


今回はさしあたってはパソコンは買い換えず、既存WindowsXPパソコンをWindows7に入れ替えることで対応することとしました。


今回、当初はパソコンの買い換えを前提として、年末の休みに、いくつかのパソコンショップを見て回ったのですが、実際に購入を決断するする前に手持ちのパソコンのスペックを再確認したところ、旧式ながらどうにか使えそうだということで結局は予備機として確保していたセカンドパソコンを活用するということで方針転換しました(ここに至るまでにはいろいろと判断に迷う場面が多々あったのですが、このあたりのことは今回は割愛します)。なお、これまで使用していたメインパソコンはインターネットからは切り離した状態で、WindowsXPマシンとして利用を続行することとしました。XPでなければ動かないソフトがいくつかあり、XPパソコンを残しておく必要があるためのやむを得ない措置です。

早速、この年末年始の休みを利用してWindows7の環境を整えました。このパソコンの機種名と主要スペックは下記の通り。

機種:Epson Direct NJ5000Pro
ディスプレイ:15.4型TFT WUXGA
OS:Windows XP Professional
CPU:Core2Duo T7400(2.16GHz)
メモリ:2GB(上限2GB)
ビデオコントローラー:ATI Mobility FireGL V5200(512MB)
HDD:160GB
光ディスク:スーパーマルチドライブ (DVD±R 2層書込)

今となってはかなりの旧式であるものの、メーカーによれば、Windows7の動作も確認済み。

NJ5000Pro : Windows 7アップグレード技術情報

Windows7の標準ドライバでおおむね問題なく動きましたが、ディスプレイの表示に少々問題があったためため、ビデオドライバはWindowsVista用のものを流用。

なお、Windows エクスペリエンス インデックスの数値は下記の通り。

プロセッサ:5.4
メモリ(RAM):5.4
グラフィックス:4.2
ゲーム用グラフィックス:4.4
プライマリハードディスク:4.8



このパソコンは、世間一般がWindowsVistaの時代に、新品のWindowsXPパソコンが手に入るうちに買っておこうということで購入していたもので、利用頻度は低く状態もよいことから、当面の間はこれを有効活用することにしたわけです。

ウイルスバスタークラウドと、Office2013 Home and Businessをインストールして使ってみましたが、意外にもサクサク動きます。他に、VRAMを必要とするソフトウェアがいくつかありますが、とりあえずは手持ちのソフトはVRAM512MBで対応できるばかりであったため、既存ソフトを使う分には特に問題はありません。問題なのは、今後導入するであろう新規ソフトウェアへの対応。こればかりはどうしようもないので、もし対応できなくなった場合、そのときこそ、躊躇せず新規にパソコンを買う計画です。

そんなわけで、結局は既存パソコンを活用することでパソコン買い換えを延期することになったわけですが、見方によってはサンクコストにとらわれているというとらえ方もできそうです(今は旧式のこのパソコンも購入当時はかなり高かった・・・)。


この判断が合理的といえるかどうか、そこはかなり迷ったのですが、「何らかの不都合があれば買い換える」という方針なので、問題はないかと結論づけました。できればWindows7のサポートの切れる2020年1月14日まで持たせたいというのが希望ですが、さすがにそれは無理としても、できるだけ長く持たせたいところではあります。

ちなみに、もしパソコンを買い換えるとなった場合、ドスパラ、マウスコンピュータ、パソコン工房、ツクモの中から選択する計画。日本の大手家電メーカーの製品や、海外メーカーの製品も含めて検討しましたが、どれもこれもイマイチにつき全て却下。

それから、今回は結局は買い換えには至らなかったものの、昨年の年末まではパソコン買い換え前提で検討していて、その間にいろいろと迷ったり考えたりしたことがあるので、このことについてもまた書いてみたいと思います。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

運用利回りとアセットアロケーション(2013年12月30日時点)
ついこの間公開したばかりですが、毎年恒例になっておりますので、2013年の年末時点での運用利回りとアセットアロケーション(資産配分)について公開しておきます。2013年12月30日にまとめたデータです。


運用利回り(2013年12月30日現在)
-------------------------


株式・債券等:
*eMAXIS先進国株式インデックス 投資収益率 +69.5%  年間収益率 +27.1%
*SMTグローバル株式インデックス・オープン 投資収益率 +25.4%  年間収益率 +38.0%
*SMT新興国株式インデックス・オープン 投資収益率 +33.4%  年間収益率 +7.7%
*SMTグローバル債券インデックス・オープン 投資収益率 +33.4%  年間収益率 +7.7%
*TOPIX連動型上場投資信託(1306) 投資収益率 +37.8%  年間収益率 +5.5%

上記金融商品の総合利回り 投資収益率 +38.9%  年間収益率 +13.3%


その他:
*純金積み立て (投資収益率は計算していません)


※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。
※純金積み立ては田中貴金属工業にて行っています。

--------------------------------------------

*TOPIX連動型上場投資信託(1306)    比率 16.0%
*eMAXIS先進国株式インデックス  比率 37.0%
*SMTグローバル株式インデックス・オープン   比率 28.0%
*SMT新興国株式インデックス・オープン   比率 11%
*SMTグローバル債券インデックス・オープン 比率 4%
*純金積み立て  比率 4%

--------------------------------------------

国内株式 16%
海外株式 76%
海外債券 4%
純金積立 4%

(注)
※預貯金及びMRFは除外しています。
--------------------------------------------
預貯金(MRF含む)と投資資金の比率


預貯金及びMRF  46%
投資資金  54%

--------------------------------------------

2013年の年末時点では、有価証券類の年間収益率は+13.3%。過去の全期間では+38.9%となっています。先月にも公開したばかりなので特にコメントすべきことはありませんが、プラスで年末を迎えられたのは、とりあえずはめでたいと思っています。年末のネット上のニュースで、「平均株価は年間約5900円値上がり。56%超の上昇率は1972年以来、41年ぶり」というのをみかけましたが、日本の株価もなかなかの上昇っぷりだった模様。昨年(2013年)の後半は、仕事量が今の会社に入社以来初というレベルの多忙ぶりであったため、株価関係のニュースをほとんどみていなかったので実感はさほどなかったのですが、時間に余裕のできた年末年始の休みの間にみなおしてみると、国内・海外とも非常に好調だったことがうかがえます。ただ、こうした状況がいつまで続くかはわからないし、いつなんどき下落に転じるかわからないので、リターンの追求ではなく、あくまでもリスクを抑えることを最重要ポイントに据えるという方針は今年も変わりません。

また、昨年は貯蓄目標も、目標を余裕でクリア。昨年(2013年)は夏のボーナスが例年より多かったことに加え、休日出勤日数が多かったため、その出勤手当も多いという要因により、例年よりは収入が多くなりました(具体的な数字・金額は例によって非公開)。とはいえ、収入が多かったからといって支出を増やすことは慎みたいところではあります。この数年間は、かつてと比べると財布の紐をやや緩めてはいるのですが(あまり厳しくするのも息が詰まるためです)、ほどほどのところで抑えなければならないのも事実ではあります。


支出といえば、かねてよりパソコン買い換えの話を検討してきましたが、その検討結果についての話は次回に書く予定です。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。