プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし、証券会社が破綻したらどうなるのか
今回は、基本的なことですが、「証券会社が破綻したらどうなるのか?」ということについて簡単にまとめてみます。あまりにも基本的すぎて、これまでに書いたことがなかったのですが、全く話題にしたことがないので、一度くらいは書いておきたいと思います。
「証券会社が破綻した場合の投資者保護の仕組み」については、金融庁のサイトに書かれています。


証券会社・証券市場に関する質問(金融庁)

-------------引用開始-------------------------------

Q5.証券会社が破綻した場合の投資者保護の仕組みはどうなっているのですか?

A5.
証券会社が、万が一破綻した場合の投資者保護の仕組みは以下のとおりです。

(1)証券会社の分別保管

投資家が実際に株券などの売買を行うときは、通常、証券会社に金銭や株券など自分の財産を預けることになります。
証券会社が顧客から預かった財産を証券会社自身の財産と分けて保管していれば、仮に証券会社が破綻しても、顧客の財産は顧客に返還されることになります。このように顧客から預かった財産を証券会社自身の財産と分けて保管することを分別保管と言います。
この考え方は、投資者保護の柱となるもので、分別保管は証券取引法により全証券会社に義務付けられています。

(2)投資者保護基金

証券会社の分別保管を前提とすれば、仮にその証券会社が破綻した場合でも、顧客から預かった財産は顧客に返還されることになります。
しかし、万が一破綻時に何らかの事故が発生するなどにより、証券会社が顧客から預かった財産を円滑に返還できなくなった場合に備え、投資者保護基金による補償制度が設けられています。
証券会社の破綻に関する投資者保護基金の補償金額は一人あたり1,000万円までです。このため、証券会社が返還すべき顧客の財産のうち1,000万円を超える部分については、破綻した証券会社の財産の状況によって一部カットされることがあります。
しかし、(1)でご説明したように、証券会社の分別保管を前提とすれば、顧客から預かった財産は顧客に返還されるため投資者保護基金が補償を行うような事態は基本的には生じないよう手当てされています。

(注) 投資者保護基金は、有価証券の値下がり等により発生した顧客の損失を補償するものではありません。

-------------引用終了-------------------------------


証券会社が顧客から預かった財産をきちんと分別保管されていれば、たとえ証券会社が破綻してもその財産は顧客に返還されるようになっています。
なお、過去に日本投資者保護基金が補償を行ったケースは2例あります。


基金の概要(日本投資者保護基金)
-------------引用開始-------------------------------
補償の実績は

平成10年12月1日の設立以降、顧客に対する補償を行った実績は、以下の2件となっています。
① 南証券(本社:群馬県)補償金総額約35億円※(平成12年度)
(※当時は、1,000万円の上限額がありませんでした。)
② 丸大証券(本社:東京都)補償金総額約1億7千万円(平成24年度)

-------------引用終了-------------------------------

このうち、丸大証券の件について、ネット上の当時のニュースへのリンクを貼っておきます。

投資者保護基金、破綻した丸大証券の肩代わり 1000万円上限に(MSN産経ニュース ※2012年3月当時のもの)



なお、参考までに、いくつかのネット証券のサイトから分別管理に関わる部分についての解説文へのリンクを貼っておきます。

分別管理(楽天証券)

お客様資産のお取扱い 投資者保護基金による補償(マネックス証券)



分別管理がきちんとなされてさえいれば、たとえ証券会社が破綻しても問題ないので、ことさら破綻を恐れる必要はないといえるでしょう。
とはいえ、わずか2例とはいうものの、過去に日本投資者保護基金による補償が行われたという事例があったということも、頭の片隅に置いておいた方がいいかもしれません(まあ、これは相当特殊なケースでしょうけれど・・・)。


スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

電子書籍コンテンツ購入のため、Kindle Paperwhite(および楽天Kobo)の導入を検討中
今回は電子書籍の話題です。私が最初にSony Readerを購入したのが2010年の12月。それから早いもので3年以上が経過しました。私がSony Readerを導入するに当たって当時決めていたことが一つあります。それは、「有料の電子書籍コンテンツは当面の間は一切購入しない」ということでした。その理由は3つありました。一つめは、私が欲しかったのは電子ペーパー端末というハードウェアであって、有料で販売されている電子書籍コンテンツではなかったということ。青空文庫や、ネット上の小説投稿サイト等のデータをPDFあるいはテキストファイル化して、Sony Rerderに入れて読みたいというのが当初の目的だったのです。2つめは、当時販売されていた電子書籍のラインナップがあまりにも少なすぎ、そもそも読みたいと思う本がなかったという点。そして3つめの理由。これが最も重要なのですが、もし電子書籍コンテンツを購入するのであれば、将来性の高い電子書店で本を買いたいため、当面の間はコンテンツは買わずに様子をみたいということでした。

あれから3年が経過し、販売されている電子書籍も次第に充実してきたことから、そろそろお金を出して電子書籍を買おうか・・・と思い、さてどうするかということを検討し始めたところでした。そんな矢先、先週の話ですが、「ソニーが北米で電子書籍事業から撤退」とのニュースが飛び込んできました。


ソニー、北米で電子書籍事業から撤退 「Amazon一強」は避けられないのか(J-CASTニュース)

「2位じゃダメなんですか?」(E-Book2.0 Magazine)


このソニーの電子書籍事業撤退のニュースはあくまでも北米の話であり、日本では事業を継続するとのことですが、しかし日本でもソニーは安泰とはいえない模様。インプレスR&Dによると、日本国内でも電子書籍ストア利用動向で、「Kindleストアの利用率が半数を超える」との調査結果が出ています。

OnDeck電子書籍ストア利用率調査 Kindleストア利用者が半数を超える 楽天kobo利用者も増加傾向 『電子書籍ストア利用動向調査OnDeck 2013年10月調査版』12月18日発行

このデータを見る限り、日本国内でもAmazonのKindleストアの圧勝といわざるを得ない状況です。となると、Sony Readerのユーザーの一人としては、日本におけるソニーの電子書籍事業についても、不安を持たざるを得ません。よって、電子書籍コンテンツの購入に際しては、私の所有するSony Readerに対応するReader Storeはあえて使わず、Kindle Paperwhiteを新規購入しての電子書籍コンテンツ購入という方向で検討に入りました。

誤解のないように書いておくと、私は基本的にSony Readerという電子書籍端末自体は極めて高く評価しています。何しろ、約3年前にSony Readerを買ってから今日に至るまで、毎日、一日も欠かさず鞄の中に入れて常に持ち歩いているほどお気に入りのアイテムです。Sony Readerは、なんといっても物理キーがあるがゆえのページめくりの操作性の高さは素晴らしい。Kobo gloやKobo Aura、Kindle Paperwhiteを店頭で少し触ってみたことはありますが、物理キーのない電子書籍端末はいささか使いにくいとの印象を受けました。タブレット端末のNexus7でも試験的にKindleアプリを入れて無料電子書籍コンテンツをダウンロードして読んでみましたが、やはりページ目繰り等の操作性の点では物理キーがないがゆえの不便さを感じました。もっともこれは、私がSony Readerを使い慣れているがゆえのものなので、慣れればどうということはないのかもしれませんが。
しかしながら、Sony Readerという端末そのものは非常に高く評価しているとはいえ、電子書籍コンテンツを買うとなると話は別です。電子書籍という商品の性質を考えると、できるだけ電子書籍事業から撤退するリスクの少ないところから買いたいと思うのが人情というもの。そこでやむなく有料の電子書籍コンテンツを買う場合には、Amazon Kindle paperwhiteを新たに購入して対応しようと思ったわけです。とはいえ、Sony Readerもお気に入りであることに変わりはないことから、青空文庫などの無料コンテンツ等についてはこれまで通りSony Readerも使っていく方針です。有料コンテンツはKindleで、無料コンテンツ系はSony Readerという使い分けです。

ちなみに、私が今回かつての方針を翻して有料電子書籍コンテンツの購入に踏み切ろうと思った理由は、紙の本の保管スペースの問題によります。私は、買った本は後で読み返すために、読み終わっても売らずに手元においておきたいタイプなのですが、紙の本ではあまりにもかさばりすぎます。保管スペースを劇的に減らすには、電子書籍で本を買うのが一番合理的だと判断したわけです。なお、私は通常は図書館で本を借りるのが基本ではありますが、当然のことながら読みたい本がすべて図書館に揃っているわけではないので、欲しい本を読むには、どうしてもお金を出して本を買う必要も出てきます。

それにしても、Sony Readerのユーザーとして残念なのは、SonyがあっさりとAmazonに負けてしまっているという点。また、電子書籍全体に関していえば、日本国内において電子書籍の規格が乱立してしまっているのも残念です。一人のユーザーの要望としては、せめて規格が統一されていればもっと電子書籍が買いやすくなるのに、と思うのですがね。各社とも自社へ囲い込みをしたいというのはわかるのですが、顧客囲い込みの前に、Kindleに負けて自滅しないかが心配です。規格の乱立は顧客にとっては百害あって一利なしだと思うのですが、これはどうにかならないのでしょうか。

とりあえず私としては電子書籍としては現時点での勝ち組と考えられるAmazonのKindle Paperwhiteの購入を前向きに考えたいと思います。今のところ、Amazonであれば、電子書籍事業からの撤退リスクがもっとも低いと考えられるからです。不確実性というリスクをできるだけ抑えたいのは、投資家としてだけではなく、消費者としても同じです。


-----------------------

・・・とまあ、いろいろと考えているのですが、今の段階はまだ検討を始めたばかりであり、実際にどうするかはまだ未定。あくまでも、撤退リスクの少ない(であろうと考えられる)Kindle Paperwhiteが最有力であるという話です。最終的にはKindleの他、楽天のkoboの電子ペーパー端末も併せて購入する方向でも検討中。Sony Reader、Kindle Paperwhite、Kobo(Kobo gloあるいはKobo Aura)の主要3社の電子書籍リーダー端末を抑えておき、コンテンツに応じて併用して使う方向性で検討しています。各電子書籍ストアによって取り扱っている本が異なることに加え、ストアによって割引をしていることがありますから、電子書籍コンテンツの価格を比較しつつ、もっとも安価なストアで購入しようという計画です。Kindleストアのセールや、koboストアの割引クーポンはそれぞれなかなか魅力的です。特に、koboはどうやら割引クーポンを乱発しているらしく、お得感が非常に大きい。

電子書籍規格や電子書籍ストアが乱立している以上、どうしても複数の電子書籍ストアを使わざるを得ませんし、電子ペーパー端末での読書にこだわろうとすると、どうしても各陣営の専用端末を買わざるを得ません。複数の端末を購入するのは、当然のことながらその分のイニシャルコストはかかりますが、読書専用の電子ペーパー端末は総じて価格が比較的安く、電子書籍コンテンツ自体も割引があったりするので、まあいいかなと思っています。電子ペーパーの専用端末にこだわりさえしなければ、現在所有しているNexus7に各電子書籍陣営のアプリを入れることでわずか一台で済ませられるのですが、私的には長時間にわたって活字を読むのに液晶ディスプレイは眼精疲労が激しく、本格的な読書には厳しいのです。液晶ディスプレイでの読書に耐えられるという人なら、あえて電子ペーパー端末を買う必要はないでしょうけれども。

いろいろと書いてきましたが、今後、本の購入に関しては、電子書籍版が出ている本であれば原則として電子書籍版での購入を行い、紙の本とは可能な限り決別を行う方針です。最初に「Reader Storeは使わない方針」と書きましたが、あくまでもまだ未定であり、販売されている電子書籍の内容と価格次第では、もしかしたら購入することもあるかもしれません。細かい検討に入るのはこれからです。

Kindle paperwhiteについては次期モデルが2014年第2四半期に登場するとの噂があるので、もし買うとしたらとりあえずはkoboの電子ペーパー端末の方が先になるだろうと思います。



最後に、電子書籍にまつわる参考サイトを挙げておきます。

日本で電子書籍は普及しないのか?(THE PAGE)


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

NISA口座はあえて使わない方針にほぼ確定
今回はNISAについての話題。

まずは、金融庁のサイトへのリンクを貼っておきます。

NISA(少額投資非課税制度)が始まりました!(金融庁)


それから非課税投資のイメージとして、三菱UFJ投信のサイト。

NISA読本 非課税期間終了が近づいたら?(三菱UFJ投信株式会社)


今年(2014年)に入って、とりあえずは口座だけは開設しておこうということで、現在のメイン証券会社の一つである楽天証券の方に、NISA口座の開設を申し込みました。現在は税務署の審査待ちの状態です。しかしながら、当面の間は「NISA口座はあえて使わない」という方針にほぼ確定しました。当初は、NISA口座をフル活用するつもりで申し込んでいたのですが、急遽方向転換したわけです。その理由は、NISAのメリットよりもデメリットの方が大きいと判断したためです。NISAについては昨年(2013年)より幾人かのブロガーさんが書かれているので、やや古い記事も含め、いくつかリンクを貼っておきます。今回は、あえてNISAのデメリットの部分にもフォーカスしたブロガーさんの記事のみをあえてピックアップします。


NISA口座はどうさ? 良くないさ。のINDEX(カン・チュンドのインデックス投資のゴマはこう開け!)

NISA制度についてメモ(矢向町のインデックス投資家)

NISAの致命的な欠点について - 高橋 忠寛



さて、最初に書いたとおり、当初はNISAの非課税枠を活用するつもりで楽天証券でNISA口座を申し込んだものの、結局のところ、NISAという制度が、自分自身の運用スタイルに合わないという結論に至りました。その理由はいくつかあります。
まず第一に、非課税枠といってもたった5年間(最長10年間)の期間限定では私的にはさほど意味がありません。私の投資スタイルは基本的に「インデックスファンドを買って持ち続ける」というものです。基本的に、「売らない」という投資方法なので、基本的に売却はしません。売らなければ、税金は発生しません。確かに、ポートフォリオの調整のために売却することはあるので、全く意味がないとまではいえませんが、メリットというほどのものではないと判断。分配金に関しても、もともと分配金が少ないファンドを好んで買う傾向にあるので、分配金が非課税になったところでたいしたメリットにはなりません。
それから、NISAの場合、NISA口座という新たな口座を作るわけですから、その分管理の手間がかかりますし、NISAという制度自体が何かとややこしい。管理の手間がかかるのは大きなマイナス要因です(投資嫌いの私としては、この「管理の手間がかかる」というのがもう致命的にダメ。貯蓄も投資も手間がかからないというのは絶対条件なので)。

NISAに関して一番強く思ったのは、もし、私がNISA口座を使うとした場合、それが心理的に与えるであろう悪影響です。なまじ非課税枠があるということは、どうしても、「せっかく非課税枠があるのだから使わなければ損」という発想になってしまう可能性があります。一番最悪なのはリスク許容度よりも非課税枠を優先的に考えてしまう思考に陥ってしまうことです。また、期間限定の非課税枠ということから、どうしても、頭の中には、「売却」ということを意識することになる恐れがあります。売らない投資家のはずなのに、短期での売却を意識しながら投資するというのでは、本末転倒。結果的に、私自身の投資スタイルが多少なりとも悪影響を与える可能性がなきにしもあらず。

以上に理由により、NISA口座は原則として利用しないということで現在方向性が決まりました。それならばなぜ、NISA口座を申し込んだのかという話ですが、これは単に非課税枠という甘いエサに釣られて、きちんと検討しないままに口座申し込みをしてしまったためです。この点は大きな反省材料ではあります。申し込んでしまった以上は仕方がないので、これは一切利用しないまま、放置するものとします。もし、何か有効な使い道が見つかればまた使うことはあるかもしれませんけれど。



追記(2014年2月9日):
記事内容の非課税期間の箇所を訂正しました。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

Nexus7とOCNモバイルONEを数ヶ月間使っての感想
パソコンネタが続いていますが、今回はついでにもう一つ。
以前にNexus7 LTE版についての記事を書いていましたが、今回はその続きです。前回の記事はこちら。

Nexus7 LTE対応モデルを購入


前回は使い始めたばかりでしたが、今回は数ヶ月ばかり使ってきての感想をあらためて書いてみたいと思います。今回は、Nexus7 LTE版の感想と、OCNモバイルONEの感想を分けて書いてみます(以前に書いた内容と重複する部分がありますがご了承ください)。

○OCNモバイルONE

私が契約したのはONEモバイルONEの最も安いプランである30MB/日のプランであり、当初は通信量を削減するためにOpera miniを使っていましたが、結局はドルフィンブラウザに変更しました。というのは、テキスト主体のサイトであれば30MBの上限を超えて200kbpsの通信制限がかかっても、速度的には全く問題ないと判断したためです。ただし、通信制限のかかった状態では、画像が主体のページでは、当然のことながらページ全体が表示されるのに、それなりの待ち時間が発生します。特に、ページ全体がほぼ画像のみで構成されているWebサイトを開く際には、全体が表示されるまでに相当な時間がかかるので、これはあまり実用的とはいえません。また、同じく30MB/日の通信量を使い切った状態で、あえて容量の大きなアプリのダウンロードを試してみましたが、これもかなりの時間がかかるため、実用性は低いです。アプリのダウンロードは、やはり自宅の無線LANに接続した上で行うべきだとあらためて実感しました。
Webサイトの閲覧に関しては、普段、どんなサイトを中心に見るかにもよりますが、テキストメインのサイトを見る分には、30MB/日のプランで十分だと思いました。私が普段よく見るサイトは Amazonや価格.com、ニュースサイトなどですが、この手のサイトであれば特に高速通信も必要ありません。また、もし、どうしても一日30MBのデータ量では不足するということであれば、より上位の料金プランに変更すればいいだけのことですから、その意味でもOCNモバイルONEはニーズに柔軟に対応できるサービスだと思います。


○Nexus7(2013年) LTE版

Nexus7(2013年) LTE版についてのあらためての感想ですが、やはり7インチサイズというのは外出時にはぴったりのサイズというのがこれまで使ってきての印象です。スマートフォンも確かにいいのですが、Nexus7の画面サイズに慣れてしまうと、スマートフォンのサイズでは、スマホ向けサイトであれば全く問題ないものの、PC向けサイトを見る際には、やはり画面サイズが小さすぎるという印象を持ちました。特にGoogleマップで地図を見るときには、画面サイズが大きいことのメリットを感じます。ただこの点に関しては、あくまでも個々のユーザーの使い方次第ですから、人によっては画面サイズが大きすぎることをもって欠点と評する人も当然いることでしょう。
アプリについてですが、Nexus7を評する時によくいわれることですが、余分なアプリがプリインストールされていないというのはやはり好印象。自分が本当に使いたいアプリは自分でインストールすればいいわけですからプリインストールアプリが少ないことにメリットこそあれデメリットは全くありません。また、各種動作もキビキビ動くので、待ち時間によるストレスもありません。今、試験的にGoogleカレンダーを使ってプライベートのスケジュール管理をしていますが、入力した内容がタブレットとパソコンの両方で確認できるというのはこの上なく便利です。特にタブレットの7インチサイズだと、まさにデジタル手帳そのもの。私はNexus7は仕事には一切使っていませんが、仕事で使うと非常に便利そうです。なお、バッテリーの持ちについては、あえてコメントを控えます。というのは基本的にNexus7の利用頻度が少ないことから、使わない時は電源を切っているからです。また、外出時にはWi-Fiもオフにしていますし、外出先でもデータ通信の必要ない時にはバッテリーを節約するために機内モードをオンにするという使い方をしています。
なお、私の場合、通話はガラケー、情報端末はNexus7という2台持ちで運用していますが、この2台持ちは荷物が増えるというデメリットはあるので、これは人によっては大きな欠点となりうるだろうと思います。


さて、ガラケーと格安SIM対応端末の2台持ちにした最大の目的は、スマートフォンを使っていた時にかかっていたパケット通信費の削減でしたが、格安SIMで月額980円でパケット通信を行うようになった今、スマートフォン時代に払っていた5460円のパケット定額料が私にとってはいかに高額であったかをあらためて認識させられました。「スマートフォン時代に払っていた5460円ものパケット定額料とはいったいなんだったのか」というのが率直な感想。ヘビーユーザーであれば、高額なパケット定額料も妥当なのかもしれませんが、私のようなライトユーザーでは費用対効果が全く釣り合いません。格安SIMというサービスがある限り、私はもう二度と毎月5000円以上ものお金をパケット通信のために払うことはないだろうと思います。それから、今回、Nexus7導入とスマートフォンからガラケーへの機種変更を行った際に改めて思ったのは、通信費というのは定期的に見直すべきものだということでした。私の場合、通信費というのは、固定費という認識が強く、自動引き落としで支払っていたことから、なんとなく惰性で毎月支払っていた感が強かったので、これは大きな反省材料です。また、今後は携帯電話やタブレット端末の買い換えも、一台の機器を可能な限り長期間に渡って使うことで、買い換え回数を少なくするようにしたいと思います。せっかく通信費が安くなっても、機器本体の買い換えでまた余計なコストを使っては全く意味がないからです。

なお、格安SIMについては、その後も激しい競争が繰り広げられているようで、今年(2014年)に入ってからもこんな記事がありました。

【格安データ通信SIM】日本通信がIIJ、OCN対抗プラン(ASCII.jp)

このバトルはどこまで続くのか、今後も動向を注視したいところです。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。