プロフィール

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あべのハルカスとあいりん地区
今年(2014年)のゴールデンウィーク中に大阪のあべのハルカスまで行ってきたのですが、この周辺の地図を見ていると、実にいろんなものがごちゃごちゃ集まった地域だなあとあらためて思いました。

天王寺周辺の地図(Google マップ)

あべのハルカスがあるのが、ちょうど天王寺駅前。その北西には天王寺動物園。その西には通天閣と串カツで有名な新世界。新世界はなんとなく昭和な風情を感じました。そして、新今宮の南にあるのがドヤ街のあいりん地区。

「あいりん地区」でのGoogleの検索結果


私がいろんな意味で(つまり、いい意味でも、悪い意味でもということですが)面白いと思ったのは、あべのハルカスという日本で最も高い超高層ビルにして、昨今話題の観光スポットのすぐ近くに、あいりん地区というドヤ街があるところ。なんとなく、光と影という言葉が頭の中をよぎりました。


過去(昨年から今年あたり)のあいりん地区についてのニュース記事を検索してみると、以下のような記事がみつかりました。

ブログ:西成から見た「ハルカス」、低所得者の春遠く(ロイター) (※2013年8月19日の記事)


昨年(2013年)の古いニュース記事ですが、あいりん地区は、アベノミクスとも無縁の模様です。

今回の記事は、何かを主張したいというわけではないし、何か結論があるというわけでもないのですが、なんというか、あべのハルカスとあいりん地区というあまりにも対照的な場所がすぐ近くに存在しているというのは、なんとも奇妙で複雑な思いを感じたので、ちょっと書いてみた次第です。頭の中でもやもやしていることがいろいろとあるのですが、うまく言葉で表現することができないので、今回はこれにて終わります。


スポンサーサイト
プレジデントオンラインより「5分で自己診断! あなたはなぜ、お金が貯まらないのか」
今回の元ネタは、プレジデントオンラインから。

5分で自己診断! あなたはなぜ、お金が貯まらないのか(プレジデントオンライン)

チェック項目の部分を引用します。

-------------引用開始-------------------------------
「貯まらない体質」問診シート

<お金への関心と愛情>
□わが家の貯金額をすぐに答えられない
□給与明細は支払額だけチェックしたら引き出しやカバンに放り込む
□ねんきん定期便なんて見たことがない
□値段を比較せずに電気製品を買う
□節約なんてみみっちいから嫌いだ
□財布がレシートとカードでパンパンに膨らんでいる

<見栄っ張り体質>
□同僚の貯金額が気になる
□自分の生活が世間的にどんなレベルか知りたい
□子どもの教育にかけるお金は惜しまない
□回る寿司は寿司とはいえない
□子どもに「うちは貧乏」と言えない
□車は外車に乗りたい
□高いお金を払ってもいい家に住みたい

<お金の基礎知識>
□営業員に勧められるまま生命保険に加入した
□掛け捨て型の保険は保険料がもったいない
□銀行定期預金なんてどこに預けても同じ
□老後資金の準備には個人年金が最適だ
□投資信託のほうが株より安全だと思う
□相場が好調になってきたので株で資金の一発倍増を狙いたい

<計画性>
□5年後、10年後の家族の姿を想像したことがない
□給料やボーナスを使ってから余ったお金を貯金している
□食品や日用品をクレジットカードで購入している
□返済終了が70歳以上になる住宅ローンを組んでいる
□老後は退職金と年金でなんとか暮らせると思う
□夫婦で将来について話したことがない
-------------引用終了-------------------------------

普段からお金を貯めている人にとっては特に目新しい項目はありませんが、自分が知らず知らずのうちにお金に対してルーズになっていないかどうか、時には再チェックが必要だと思っています。上記のチェック項目が面白いと思ったのは、<お金への関心と愛情>というところ。お金に対して「関心と愛情」と表現していることに対して、一瞬だけ違和感を感じましたが、少し考えて妙に納得してしまいました。値段を比較せず買い物をする等というのは、非常に豪快なお金の使い方だという見方もできますが、実は、お金を大切なものとして扱っていないだけという見方もできます。これを見て連想したのが、よく言われる、「お金というものはお金が好きな人のところに集まってくる」という言葉。私は以前に、「お金が嫌いな」人たち?という記事を書いたことがありますが、貯蓄や節約に興味を持たない人というのは、やっぱりお金に対する愛情がない、ということなのだろうなあ、とあらためて思った次第です。貯蓄というのは、できるだけ大事にお金を使おうとするがゆえの生活習慣なのだろうと思います。
<お金の基礎知識>という括りについては、「お金に対する無知」と言葉を言い換えてもいいと思いました。あるいは、少し調べればわかるようなことを調べようとしないという意味で、「怠慢」とでもいえるでしょうか。
<計画性>という部分については、お金を貯める人と貯められない人の分岐点となるポイントですが、これは、「お金についてのリアルな現実を見ようとしない」という表現で言い換えることができそうです。なお、この<計画性>の中の「食品や日用品をクレジットカードで購入している」というところについてですが、ポイントを貯めるためにあえてクレジットカードを使って買い物をしている場合には何ら問題にならないと思われます。問題なのは、日々の資金繰りに困ってクレジットカードに頼るケースでしょう。特に最悪なのがリボ払い。

なお、私の場合、上記に挙げられた項目以外にも、時折、チェックしている項目があります。それを3点ばかり挙げておきます。


*一回当たりの支出額は小さくとも、それが支出が積もり積もって大きな無駄遣いにつながっていないか?

一回当たりの支出としては、「ちょっとした支出」のつもりが、それが積もり積もってくると、けっこうな金額になることがあります。贅沢をしてないつもりなのに、その割にお金が貯まらないというのはこのパターンが多いと思われます。


*購入するときは必要だと思って購入したものの、結局使わずじまいだった商品はなかったか?

購入時には、十分に熟慮して商品の購入を決めたはずなのに、結局利用したのは最初のうちだけだったということがしばしばありました。他にも、面白そうだと思って買った本が、実際に読んでみると期待外れだったということも。こうしたことは大きな反省点なので、定期的に過去の支出項目をチェックするようにしています。



*利用頻度が低い、あるいは需要度が低いのに、会費を支払い続けているサービスはないか?現在利用中のものと同様のサービスをより安価に利用できる方法はないか?

これは一例を挙げるなら、利用頻度の低いスポーツクラブの会費とか、使っていないクレジットカードの年会費などが該当。いったん固定費化してしまうと、なんとなく惰性で支払い続けてしまいがちなので、定期的な見直しは必須。つい先日、セキュリティ対策ソフトをより安価なものに乗り換えましたが、それはこのチェック項目に引っかかったためです。


貯蓄や投資というものをやってきて思うのは、なかなか人間は完璧にはなれないということです。100%浪費や無駄遣いをなくすことはできないし、100%合理的な投資判断を下すこともできません。たとえそうであっても、少しでもより効率的にお金を貯め、投資し、使えるようになるため、定期的に自分のお金の使い方・使い道をチェックすることをこれから先も継続したいと思います。



コスト削減のため、セキュリティ対策ソフトの乗り換えを実施
先日、トレンドマイクロ社のウイルスバスタークラウドの更新期限が来たのをきっかけに、セキュリティ対策ソフトを乗り換えました。今回乗り換えたのは、ESETファミリーセキュリティ。


ESETファミリーセキュリティ(キャノンITソリューションズ)

今回、乗り換えることとしたのは、セキュリティ対策コストの削減のためです。ウイルスバスタークラウドの場合、3年更新で11315円。私の場合、Nexus7 2013年LTE版でウイルスバスターモバイル1台2年版も使っているので、そのコストが4380円(2014/5/11現在の価格.comの最安値)。両方を合算するとけっこうな金額になります。そこでWindows、Android、Macを問わず、計5台まで利用可能なESETファミリーセキュリティを6800円(税別)でお買い上げ。無料版のセキュリティ対策ソフトは機能が限定されていることから、今回も除外。ネット銀行やネット証券との取引の他、ネットショップでの買い物もよく行いますので、ウイルス対策の他、Webサイトの安全性評価、ファイアウォールなど、一通りの機能が揃っているのが条件だったので、機能的に乏しいフリー版のセキュリティ対策ソフトは対象外としました。
問題なのは、肝心の性能が一般ユーザーにはさっぱりわからないことですが、これはネット上の各種サイトを参考にするしかなさそうです。

セキュリティソフトの比較

AV-Comparatives



私がセキュリティ対策ソフトの乗り換えを行ったのは、実はこれが初めてのことです。ウイルスバスターは、Windows95時代からずっと利用したきたので、もうかれこそ20年近く利用してきたことになります。「今までずっとこのソフトを使ってきたから」というだけの理由で、いわば惰性で更新を続けてきたことは否めません。しかしながら、今後はよりシビアに、その更新時期が来るたびにコストと機能を秤にかけて乗り換えるか否かを検討していきたいと思っています。




以下は余談。

セキュリティといえば、先日、Internet Explorer(以下、IE)の脆弱性のことが大きくニュースになっておりましたが(すでに対応策は出ておりますが)、このとき、各職場の現場ではなかなか大きな混乱が起きていた模様です。

脆弱性が見つかったけど…上司に「IE」が通じず現場がカオスに(NAVERまとめ)

各地で混乱が見られたIE問題ですが、普段ブラウザというものを意識せずに使っているからなのか、もはやジョークとしか思えない知識レベルの人がいた模様。

ふと思ったのがIEのシェアってどのくらいなの?という疑問。探していると、ちょうどタイミング良くASCII.jpに記事が掲載されておりました。

世界のトップシェアはChrome! IE天下の日本は少数派(ASCII.jp)

日本はIEのシェアが非常に高くなっています。標準装備のブラウザを使う人がそれだけ多いということなのでしょうか。あるいIE以外にもブラウザがあるということを知らない人が多いのか。この点はよくわかりません。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

運用利回りとアセットアロケーション(2014年4月29日)
運用利回りとアセットアロケーションをまとめましたので公開します。


-------------------------
運用利回り(2014年4月29日現在)

株式・債券等:
*eMAXIS先進国株式インデックス 投資収益率 +25.7%  年間収益率 +25.1%
*SMTグローバル株式インデックス・オープン 投資収益率 +66.3%  年間収益率 +23.7%
*SMT新興国株式インデックス・オープン 投資収益率 +25.9%  年間収益率 +9.3%
*SMTグローバル債券インデックス・オープン 投資収益率 +34.0%  年間収益率 +7.2%
*TOPIX連動型上場投資信託(1306) 投資収益率 +25.7%  年間収益率 +3.8%
上記金融商品の総合利回り 投資収益率 +36.1%  年間収益率 +11.5%

その他:
*純金積み立て (投資収益率は計算していません)

※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。
※純金積み立ては田中貴金属工業にて行っています。
--------------------------------------------
*TOPIX連動型上場投資信託(1306)    比率 15%
*eMAXIS先進国株式インデックス  比率 37%
*SMTグローバル株式インデックス・オープン   比率 29%
*SMT新興国株式インデックス・オープン   比率 11%
*SMTグローバル債券インデックス・オープン 比率 4%
*純金積み立て  比率 4%
(注)
※預貯金及びMRFは除外しています。
--------------------------------------------
国内株式 15%
海外株式 77%
海外債券 4%
純金積立 4%

※預貯金及びMRFは除外しています。
--------------------------------------------
預貯金(MRF含む)と投資資金の比率

預貯金及びMRF  47%
投資資金  53%

--------------------------------------------

利回りはすべてプラス。最大のものがSMTグローバル株式インデックスオープンで+66.3%で年利換算で+23.7%。その他のものも、すべて+25%以上の利回りとなっていて、かなり高い利回りです。有価証券全体での利回りは+36.1%で、年利換算で+11.5%。もっとも、中長期的にはもっと低い数値で落ち着くものと推測。

預貯金と投資資金の比率としてはほぼ理想通り。投資資金の内訳をみると海外株式の比率が投資資金全体の77%ということで、ポートフォリオのメインは海外株式という相変わらずの状況。

投資を開始してから11年目を迎えましたが、これからもこれまでと同様、積み立て投資を継続します。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。