プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

副業としての株式投資の長所と短所
今回は、株式投資というものを一種の副業として考えてみた場合の、長所と短所について思うところを書いてみたいと思います。
思いつくままに、ざっと箇条書きにしてみます。例によって、私の独断と偏見によるものです。

長所
・投資スタイルにもよるが、例えばインデックスファンドによるバイ&ホールド戦略のように、あまり手間や時間をかけずにすむ投資方法も存在する。
・元本が大きければ、より多くの利益を得られる可能性がある。
・副業が禁止されている場合でも、株式投資なら問題ないケースが多い(金融機関等に勤めている場合などで、株式投資が制限あるいは禁止されているケースは除く)。


短所
・まとまった金額の運用元本がないと、まとまった金額の利益を出すことはできない。しょぼい金額を運用したところで、しょぼい利益しか出ない。
・毎月の少額積み立てで運用元本を用意するにしても、家計の収支が黒字であり、経済的に多少なりとも余力があることが大前提となる。
・確実にお金を殖やす方法ではない。お金が殖えるという保証はなく、お金が減ってしまうリスクも常に存在する。
・やり方を間違わなければ長期的にはプラスリターンが得られることが期待できるにせよ、お金を殖やすには長い時間をかける必要があるため手っ取り早くお金を得ることができない。今すぐにお金が欲しい場合にはアルバイトなど、労働という形で額に汗して働くというやり方のほうが遙かに優れていると思われる。労働収入であれば、時給900円なら、確実に一時間で900円は稼げるが、株式投資では、今すぐにお金を稼ぐというのは難しい。


おおざっぱにいうと、こんなところでしょうか。元本保証がなく100%確実にお金を殖やせる保証はないものの、うまくいけば手間暇をかけずに効率よくお金を殖やせるのが株式投資の最大の特徴だと思われます。その反面、元本保証がないがゆえに、簡単に大きな損失を抱え込むリスクも内包しているのが大きな欠点ではあります。これが例えばアルバイト等の副業であれば、働いた分は確実にお金を稼ぐことができます。その代わり、労働収入の宿命として稼げる金額には自ずと限度があるのが欠点といえば欠点といえるかと思います。また、株式投資は余裕資金で行う必要があるため、多少なりとも家計の収支に余裕がなくてはなりません。「家計が大赤字だから株式投資でなんとかしたい」などというのは無理です。
個人的には両方のいいとこ取りをするのが一番妥当だと思っております。すなわち、まず働いて稼ぎ、稼いだお金の一部を株式投資に回すというものです。


3行でまとめると、

・お金に余裕があるなら株式投資は優れた副業となり得るが、短期間でお金を殖やすのは難しく、確実にお金が殖えるという保証もない。
・家計が火の車で、今すぐにお金が必要な場合には、額に汗して働くアルバイト等の類いの副業の方が手っ取り早い。
・まずは本業で額に汗して働いて、稼いだお金の一部を株式投資に回すというやり方が最も無難で効果的。

・・・というところでしょうか。



スポンサーサイト
今年(2015年)も、無事に夏のボーナスが支給されました
今年(2015年)も、無事に夏のボーナスが出ました。今年は金額的には過去最高レベルで、なんと手取りで46万円という、過去の実績からするとあり得ないほどの高額なものとなりました。もっとも、仕事も非常に忙しく、残業と休日出勤が常態化しており痛しかゆしというところではありますが、とりあえずは労力が報われたことはめでたい。
さて、これほどの金額のボーナスが支給された以上はパーっと使って・・・といきたいところではありますが、そういうことは行いません。では投資に回すかというと、さしあたって現時点ではそれもまだ行いません。ボーナスについては、従来通りあくまでも臨時収入という扱いで「最初からなかったもの」としてひとまずそのまま貯蓄に回します。最終的には投資資金として証券会社に回すことになるかもしれませんが、それは資産額全体のアセットアロケーション(資産配分)を考慮しての話になるので、もう少し検討してからの話となります。私はいつもボーナスが入ってきてもある程度の期間は何もせず、しばらく時間を置いてからお金の行き先を決めることにしています。その理由は、ボーナスという臨時収入が入ってきたことによってどうしても気が大きくなり判断を誤る可能性があるため、頭を冷やすために冷却期間をおくようにしているのです。

いずれにしても、消費目的としては1円たりとも使わない方針です。ボーナスによって少しくらい収入が増加したからといって、簡単にお金を使うわけにはいきません。それをやってしまうと資産形成が遠のいてしまいます。だからといってお金を使わないというわけでもありません。お金というものは使わなければ意味がないからです。まずはお金を貯め、投資に回し、首尾よくお金が増加したら、それからお金を使おうという方針です。もし投資によってお金が殖えず、かえって減ってしまったら・・・その時は潔くあきらめるしかありませんけれども、投資を行う以上はそれもまた覚悟の上。こればかりは運次第なのでどうしようもありません。

よく、高収入なのに貯金ができない高収入・高支出・低貯金という人の話をみかけます。高収入・高支出より、たとえ低収入でも低支出で堅実なお金の使い方をする方がいいと言われることもあります。しかしながら、いうまでもなく最も望ましいのは、低収入・低支出よりも、高収入で堅実なお金の使い方をする方であるのは間違いありません。現状の収入レベルでは、今回のボーナスを考慮したとしても、まだまだ高収入と呼べるレベルではありませんが、できることなら、高収入・低支出・高貯金を目指したいところです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。