プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老後破産という問題
老後破産ということについて、現代ビジネスと読売オンラインのサイトに記事が出ていましたので紹介しておきます。

「老後破産」200万人の衝撃第1部 「普通のサラリーマン」だった私は、定年からたった10年で破産した(現代ビジネス)

「老後破産」200万人の衝撃第2部 カネはない、でもプライドはある「破産する人」「しない人」ここが分かれ目だった(現代ビジネス)

「貯金2700万円」でも危ない…「老後破産」の現実(読売オンライン)

現代ビジネスの記事では、いくつかの事例が挙げられています。一番印象に残ったのは、健康問題をきっかけに老後破産に陥るケース。認知症の発症により、判断力が低下し、そのことに起因する無駄遣いや保険の使えない鍼治療などで、あっという間に退職金は底をついてしまったという事例です。認知症で判断力が著しく低下するということは誰にでも起こりえますし、何か大きな病気にかかってしまい、その病気の治療のために、当初の想定を超える金額のお金が必要になるというケースも、誰にでも考えられます。
この記事についてのはてなブックマークのコメントを見ると、レアケースばかりが取り上げられている、という指摘があります。それは確かにその通りだと思うのですが、だからといって、自分がそうしたレアケースに遭遇しないという保証もありません。当初は予想していなかった不測の事態に直面する可能性は否定できません。

こうした問題に対応するのは非常に難しいと想いました。なんだかうんざりする話ですが、これもまた、現実ということなのでしょう。



スポンサーサイト
閉店商法 閉店しないのに閉店セールをやっている店
商店街を歩いていると、閉店セールと称してセールをしているのに、いっこうに閉店する気配のないお店を見かけることがあります。閉店セールというから、もうすぐお店が閉店してなくなってしまうのかと思いきや、何ヶ月たっても全く閉店する気配がありません。これについてネットで調べていると、こんなサイトが見つかりました。

閉店しない!? 閉店セールのナゾ(NHK生活情報ブログ)
-------------引用開始-------------------------------
【閉店しない閉店セールの店へ突撃取材!】
2015年1月、東京都内のある店で店員が大声でアピールしていたのは、「閉店セール」。
「いよいよ今日いっぱいでーす!3万円が、4万円が、あるだけ全部 3千円でございます!あした来てもやっておりませーん!さよならお別れバイバーイ!」と叫んでいました。
ところが、10日後の2月。
あれ?閉店していません。
ネットでも、こうした閉店しない閉店セールについて、 「12年以上前から閉店セールをやっている」とか、「今日も今日限りの閉店セール中」といった書き込みが多数見つかります。

(中略)

【消費者心理を突く閉店セール】
学生たちは、消費者は「閉店セール」と聞くとどう感じるのかアンケートしたところ、100人のうち64%が「普段より買いたくなる」と答えました。
調査に参加した女子学生も、閉店の言葉につられて衝動買いしてしまった経験がありました。
あるカバン店で買ったのは、定価1万円以上するというバッグです。
閉店セールのため3千円まで値引きされ、「閉店するからそれだけ大幅に値下げしても大丈夫なのかな」と思ったといいます。
しかし、1年後現場を訪れると、まだ閉店セールは行われ、バッグは3000円で売られていたということで、「騙されたという気持ちになり、悔しかった。高価なものが安くなっているというので買ったのであり、もともと3000円なら買っていなかった」と話していました。

【違法な二重価格表示】
実はこうした売り方には問題があります。
定価より安い価格で一定期間以上売り続けると、その定価には実態がなく「見せ掛けの割引」とみなされ、景品表示法に違反するおそれがあるからです。

(中略)

【買い物で失敗しないためには】
チラシなどの広告に買い物で失敗しないためのヒントがあります。
例えば、文書で回答を寄せた会社のチラシをよく見ると、閉店セールの文字の上に「店舗リニューアルのため」と明記されています。
これで改装のための閉店セールだとわかります。
改装の場合、廃業してしまう完全閉店セールほどは安くならないことも考えられます。
さらに、閉店セールの文字の下には、セール期間が示されています。
このように、セール期間を確かめれば、期間の後半になればもっと安くなるかもしれないという判断をすることができます。
-------------引用終了-------------------------------

閉店しないのに、閉店セールと称してお店を開けているのは、予想通りというべきか、閉店という言葉につられて商品を購入する客を狙ってのことのようです。
こういうお店は、しょっちゅうお店の前を通っていると、自ずと気付くものなのですが、たまたまお店の前を通りがかっただけの一見客の場合、どうしても引っかかってしまうのでしょう。

お店側にとっては、

「毎日、夜には閉店しているんだから間違ってはいない(キリッ」

・・・という妙な理屈(?)があるのかもしれませんけれども。


そういえば、大手家電量販店なんかでも、「週末限定特価!先着5台限り!」というようなセールの方法をみかけることがあるのですが、翌週の週末にお店に行くと、また先週と同じ価格で同じことをやっていたりします。これは限定商法(あるいは品薄商法と言うべきか)というやつでしょう。下記に参考リンクを貼っておきます。

「限定商法」の謎 (たちばな心理学コラム)


いずれにしても、こうした妙な商法に引っかからないように気をつけたいものです。しかし、人はどうにも”限定”というやつに弱いんですよね・・・。DVDとかでも「初回限定版」とかいうのをよく見かけます。まあ、これは確かに通常版よりも豪華仕様にはなっているのは間違いなんでしょうけど、本当にそれが必要なのかどうか、よく見極めたいものです。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。