プロフィール

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手持ちのファンドの一つが元本割れ寸前 (2016年1月29日の運用利回り)
久々のブログ更新となりましたが、先日、運用利回りを確認してみたところ、手持ちのファンドの一つが元本割れ寸前の状態となっているようなので、今回も利回り公開とします(ここ最近は利回りの公開ばかりになっておりますが、これは備忘録的な意味合いもあるので・・・)。

-------------------------
運用利回り(2016年1月29日現在)

*eMAXIS先進国株式インデックス 投資収益率 +30.5%
*SMTグローバル株式インデックス・オープン 投資収益率 +54.4%
*SMT新興国株式インデックス・オープン 投資収益率 +0.3%
*TOPIX連動型上場投資信託(1306) 投資収益率 +40.9%
上記金融商品の総合利回り 投資収益率 +35.3%

その他:
*純金積み立て (投資収益率は計算していません)

※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。
※純金積み立ては田中貴金属工業にて行っています。

-------------------------

SMT新興国株式インデックス・オープンが+0.3%であり、あとほんのわずかの下落で元本割れになりそうです。他のファンドも利回りもピーク時と比べると、利回りは大幅に低下中。ポートフォリオ全体では、ピーク時と比べ350万円程度評価額が減少しています(※あくまでも概算です)。
とはいえ、リーマンショックを乗り越えてきた経験上、この程度の下落はそよ風のようなものにしか感じません。2008年9月のリーマンショックからすでに7年以上が経過し、その間の貯蓄&投資により総資産額は当時と比べて大幅に増加しており、株価下落に対する備えは金銭面・心理面ともに万全の状態。もしかしたら、これから先、さらなる大幅な下落もあるかもしれませんが、従来通り、のんびり運用を継続する方針ではあります。
ただ一つ懸念があるとすれば、それは景気の悪化による本業収入への影響のみ。今のように仕事が忙しすぎるのも困りますが、かといって仕事が激減するというのも困る・・・。



スポンサーサイト
2015年時点での運用利回り及びアセットアロケーション(2015年12月31日現在)
2015年末時点での運用利回りとアセットアロケーションです。


-------------------------
運用利回り(2015年12月31日現在)

*eMAXIS先進国株式インデックス 投資収益率 +46.1%
*SMTグローバル株式インデックス・オープン 投資収益率 +73.8%
*SMT新興国株式インデックス・オープン 投資収益率 +13.8%
*TOPIX連動型上場投資信託(1306) 投資収益率 +54.8%
上記金融商品の総合利回り 投資収益率 +51.3%


その他:
*純金積み立て (投資収益率は計算していません)


※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。
※純金積み立ては田中貴金属工業にて行っています。


--------------------------------------------
2015年12月31日現在のアセットアロケーション(資産配分)

*TOPIX連動型上場投資信託(1306)    比率 17%
*eMAXIS先進国株式インデックス  比率 38%
*SMTグローバル株式インデックス・オープン   比率 32%
*SMT新興国株式インデックス・オープン   比率 10%
*純金積み立て  比率 3%

(注)
※預貯金及びMRFは除外しています。
--------------------------------------------
国内株式 17%
海外株式 80%
純金積立 3%

※預貯金及びMRFは除外しています。
--------------------------------------------
預貯金(MRF含む)と投資資金の比率

預貯金及びMRF  41%
投資資金  59%
--------------------------------------------

運用利回りの方は、無事にプラス運用のまま2015年を終えることができたのでよかったと思っています。今年(2016年)も、従来通り、毎月の積み立て投資を続行します。投資資金と預貯金の比率については、預貯金が41%、投資資金が59%となっていますが、生活防衛資金としての預貯金はもはや十分な金額に到達しているため、預貯金の金額はこれ以上は増やさず、原則として毎月の収支のプラス分は投資資金へと回す方向で考えています。とはいえ、株式の比率が高まりすぎると、全体としてのリスクも大きくなるため、今後、国内債券資産クラスへの投資も行い、ポートフォリオ全体としてのリスクを抑えることも検討します。

昨年(2015年)を振り返って思うことは、とにかく仕事が忙しかった、という一言に尽きます。ボーナスの金額も多かったことから収入も増加したので、仕事にかけた労力がそれなりに報われたのも事実ではありますが、気持ち的に余裕がなかった1年ではありました。今年はもう少し、仕事面での余裕を持ちたいところではありますが、なかなかそうもいかない状況がこれからも続きそうです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。