fc2ブログ
プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
投資詐欺に引っかからないためには投資や金融に関する知識が必要
先日、ジャパンライフの元会長が逮捕されたというニュースを見ました。いわゆるオーナー(販売預託)商法だったようですね。
この手のニュースを見るたびにいつも考えてしまうことがあります。それは何かというと、この手の詐欺というのは、投資や資産運用に関する知識がある程度あれば、引っかかることはないだろう、ということです。

報道によると、元本保証と年利6%の配当をうたっていたとのことですが、出資法という法律で銀行や信用金庫等の金融機関を除けば元本を保証して資金を集めることは禁止されていることを知っていれば、元本保証をうたってお金を集めている時点で出資法違反だということが分かります。
年利6%の配当についても、そもそも元本保証で6%もの配当を出すことは不可能であることは、投資や資産運用の知識があれば誰でも分かる話です。
確かに、年利6%の利回りというのは株式市場の市況がよければあり得るかもしれませんが、株式や投資信託は当然のことながらそれ相応のリスクがあります(これは証券投資に限らず不動産投資でも同様でしょう)。ノーリスクで高配当など、そもそもありえない話です。

私自身は、何もすべての人が投資や資産運用を行う必要はないとは思っていますが、少なくとも投資詐欺に遭わないための金融知識については、すべての人が知っておくべきではないかと、この手のニュースを見るたびにつくづく思います・・・。

しかしおそらくこの手の投資詐欺は、これまでもそうだったように、これから先も起こり続けるのでしょう。歴史は繰り返すということでしょうか。

ちなみに、投資を実践する大きなメリットの一つは金融知識を身につけることによって投資詐欺に引っかかりにくくなるということだと思っています。投資の知識は「お金を殖やす」のみならず、「お金を守る」ことにもつながると考えています。
(ちなみに今回の話題は、以前にも書いたことがあるのですが・・・知識さえあれば身を守れるのに・・・という残念な思いがあって、なんだかもやもやします・・・)