fc2ブログ
プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
私自身は早期リタイアをするのかという問題(2020年11月時点での考え)

前回の記事で、「7000万円で早期リタイアできるのか?という問題」という話を書きました。

(URL http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/blog-entry-711.html)


前回の記事の結論は、私が現在保有している7000万円では早期リタイアには少なすぎるという点、そして早期リタイアには最低でも1億円は必要だと思うということを書きました。で、なぜ必要額を1億円としたのかについては一応の理由があります。それは単純に、1億円を超えるレベルの資産額を構築するのはさすがに無理があると思ったからです。あるいは運用期間が50年とか60年、あるいは70年以上にわたる超・長期投資ならそれ以上の資産額に到達することも可能かもしれませんが、投資期間が50年超にもなってくると、それはもはや早期リタイアとは言えないでしょう。

 

さて、今回は前回の続編として、私自身はFIRE(早期リタイア)をするのか?ということについて思うところを書いてみたいと思います。

これについては最初に結論を書いてしまうと、「たとえ経済的自由を得るだけの資産額を構築できたとしても、私自身はFIRE(早期リタイア)はしない」という方針で考えています。 その理由は三つあります。以下に列挙します。

 

・収入源が投資収益しかないという状態はリスクが大きいと考えている 

・別に今の仕事が嫌いな訳ではなく、むしろ仕事好きなので特に辞めようとも思わない

 ・両親が健在なので、両親の介護にかかる費用の心配がある

  

まずは一つ目に挙げた、「収入源が投資収益しかないという状態はリスクが大きいと考えている」ということについて。私としては、今の仕事を辞めるよりも、サラリーマンとしての収入と投資からの利益という複数の収入源を確保した方がより良い暮らしができますし、また複数の収入源を持つこと自体が一種のリスクヘッジになると考えているのです。このことはすでに今現在でも実感しています。私は今年(2020)の夏のボーナスは前年比で約2割減となったのですが、その一方で株式市場が好調であったため、総資産額はむしろ大幅に増加しています。サラリーマンとしての収入低下分を資産運用で補えているというわけです。もちろん、これはたまたまそうなったということであり、場合によっては不況によるサラリーマン収入の減少プラス株価の大暴落による資産総額の大幅減少というダブルパンチを食らう可能性も十分にありうるということは承知しています。しかしながら、過去の投資歴を振り返ると、リーマンショックを含め短期的な暴落は何度もあれど、長期的には総資産額は増加してきたという歴然とした事実があります。収入の安定性はあるが、決して大金を稼ぐことはできないサラリーマン。そして安定性はなくリスクも大きいものの、長期にわたって運用すれば大きな財産を作れる可能性のある投資。このサラリーマン兼個人投資家という組み合わせはある意味最強だと思っているのです。

 

それから、2つめに挙げた「別に今の仕事が嫌いな訳ではなく、むしろ仕事好きなので特に辞めようとも思わない」という点についてですが、正直なところ、たとえ経済的自由を達成したとしても仕事を辞める必要は全くないと思っています。人によっては仕事によるストレスから逃れたいがためにFIRE(早期リタイア)をしたいというケースも多いものと思われますが、仕事嫌いでないのなら別に仕事を辞める必要はありません。仕事を辞めたところで暇を持て余すだけになってしまいます。

 とはいえ、選択肢の一つとしてはFIRE(早期リタイア)も視野に入れておいた方がいいとは思っています。解雇されるリスクもあれば、なんらかのきっかけで仕事がイヤになるということも十分にあり得るからです。完全リタイアができるかどうかはともかく、それなりの資産総額があれば少なくとも当面の生活費の心配をする必要はなくなります。選択肢があるのは良いことだと思っています。

 

次に3つめ。私が早期リタイアに躊躇してしまう理由は両親の介護にかかる費用の心配があるという点。この点は不確定要素も多く、大きなリスク要因となっています。自分自身の生活費のことだけを考えておけば良いというわけにはいきません。

 

そして・・・これは余談になりますが、私が早期リタイアをしたくない理由はもう一つあります。それは、世間体という問題です。早期リタイアするということは無職になるということであり、それはニートになるということと同義です。ニートでは世間体があまりにも悪すぎます。ゆえに私は早期リタイアには消極的なのです。




7000万円で早期リタイアできるのか?という問題
いつの頃からか、ネット上の投資系の記事をみていると、FIREという言葉をよく目にするようになりました。FIREというのは、Financial Independence and Retire Earlyの略らしく、要は、投資などで経済的自由を経て早期退職を実現しようという話のようです。この話で、日本国内の事例で言うと一番有名なのが、三菱サラリーマンさんこと、穂高 唯希さんですね。以下に穂高 唯希さんのブログへのリンクを貼っておきます。


穂高 唯希さんは投資によって、30歳で7000万円の資産を作り早期リタイアを実現したとのことです。 私が注目したのは、資産7000万円での早期リタイアというくだりです。私自身は、現時点(2020年11月時点)において、ほぼ7000万円弱程度のお金はすでに持っています(注・・・ほぼ7000万円弱と書いたのは、日々の株価変動(基準価額変動)で資産額は毎日増えたり減ったりしているので、7000万円前後のところで行ったり来たりしているためです)。 
そういうこともあって、穂高 唯希さんの話を知って以来ずっと考えてきたのは、7000万円で早期リタイアできるというのなら、私も早期リタイアできるのだろうか?ということでした。 

この問いに対する私の答えは、「たかだか7000万円程度で早期リタイアするのはリスクが高すぎる」というものでした。 

私自身は、インデックスファンド投資という、個別株投資よりはリスクの少ないであろう投資手法を使っていますが、それでも株価の変動(投資信託がメインなので基準価額の変動と言った方がいいかもしれませんが)が激しいのは間違いありません。なにしろ、一日の変動幅が何十万円にも及ぶのは当たり前という状況。正直、7000万円程度の資産総額では全く安心できません。穂高さんの場合は、配当金メインで考えているようですが、高配当株投資というスタイルをとるにしても、減配や無配転落というリスクは避けられないと思います。 加えて、株式投資である以上は株価の下落リスクから逃れる術はありません。それに7000万円程度の資産総額では、仮に運用がうまくいって年利5%で運用できたとしても年に350万円(税引き前)程度。これではあまり豊かな暮らしはできなさそうです。
もちろん、これで十分暮らしていけるという人もおられるでしょうけど、この利回りにしても、あくまでも「うまくいけば」という仮定の話であって、私自身の過去の投資経験と照らし合わせても、そう都合良くいくとも思えません。 
要は、7000万円という金額は確かに大金であることに間違いはないにしろ早期リタイアするにはあまりにも少なすぎると思うのです。この程度の”はした金”で早期リタイアするのであれば、あくまでも完全リタイアではなくセミリタイア程度にとどめ、投資収益以外に何らかの副業をしてお金を稼ぐ必要があるかと思います。 
早期リタイアするのなら、その最低ラインはやはりせめて1億円くらいは必要だろうと思います(あるいはこれでも豊かな暮らしをするには足りないかと思いますが・・・)。