fc2ブログ
プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
2021年8月21日現在の総資産額と今後の運用方針(一部売却後)
前回の記事の続きです。前回、2021年8月15日現在の総資産額を公開しましたが、その後、手持ちの投資信託の一部を売却し、2021年8月21日現在で、以下のようになりました。

2021年8月21日現在の総資産額


売却したのは、投資信託の中のeMAXIS 先進国株式インデックスとSMTグローバル株式インデックスオープンをそれぞれ500万円ずつ、計1000万円です。この結果、前回、[預金・現金・暗号資産]の比率が16.72%だったのが、27.53%になりました。金額にして2402万148円。なお、この中には仮想通貨(暗号資産)であるビットコインが約150万円が含まれます。
なお、2つの投資信託の売却に伴う税金は、合計で約123万円でした。

いつもであれば、リバランスをするときは売却によるリバランスではなく、積み立て金額の調整によって行うことが多かったのですが、今回はあまりにも短期間で急激に投資信託の資産額がふくらんでしまったため、もはや積み立て金額の調整という方法ではとても追いつきません。そのため、一部売却により、調整を行いました。ちなみに、昨年(2020年)のコロナショックの下落時には、一時的とはいえ、軽く1000万円以上の含み益が吹っ飛んでしまったことを考えると、たとえ税金を払ってでも、膨張しすぎたリスク資産を売却してポートフォリオを調整することには大きな意味があると思っています。

さて、[預金・現金・暗号資産]の金額は先ほど見たように約2400万円(ビットコイン約150万円を含む)となっています。2400万円からビットコイン150万円を差し引いた2250万円が生活防衛資金(場合によっては、一部を投資予備資金とする可能性もありますが・・・)です。2000万円超の金額は、生活防衛資金としてはやや過剰かとも思いますが、私の場合は現状において債券を所有してないため、債券の代わりに預貯金を多く持っているのです。国内債券についても検討はしていますが、現状では金利が非常に低いことから別に預貯金でも良いのではないかと思っているからです。

現状はこんなところです。
今後も、当然のことながら積み立て投資は継続します。


2021年8月15日現在の総資産額と今後の運用方針
久々の更新となりますが、2021年8月15日現在の総資産額と今後の運用方針について書いていきます。まず、現時点(2021年8月15日)での資産総額は以下の通りです(マネーフォワードのスクショになります)。


総資産額(2021年8月15日現在)

今年に入ってから8ヶ月あまりの間に、実に1400万円も資産額が増加しています。
これほど総資産額が増加した理由は、いうまでもなく、株式に投資しているインデックスファンドの基準価額の上昇によるものです。この急激な上昇には、私もいささか異常なものを感じています。もちろん、これがバブルなのかどうかは分かりません。バブルかどうかは、実際にバブルが弾けてみて初めて分かることだからです。

総資産額を見ると、約8994万円となっており、ほぼ9000万円近くにまでなっています。一億円まであと1000万円ちょっと、というところです。

さて、今後の運用方針ですが、まずはリバランス目的でインデックスファンドの一部売却を実施することにしました。今となってはコストの高いインデックスファンドを優先的に売却していきます。売却対象として考えているのは、eMAXIS先進国株式インデックスとSMTグローバル株式インデックス・オープンの2つです。

今回、一部売却に踏み切ることにしたのは、単なるリバランス目的ということもありますが、総資産額が約9000万円と非常に大きくなっており、もはや過大なリスクをとるよりも、「お金を減らさないようにする」ことの方が重要だと思ったからです。また、年齢的な問題もあります。私が投資を開始した2003年は31歳でしたが、あれから18年が経過し、現在(2021年)は49歳になっています。投資を開始した30代前半の頃と、まもなく50代に突入しようかという2021年現在とでは、自ずとリスク許容度も変わってきます。今後は少しずつ、より保守的なポートフォリオへと組み替える必要が出てきます。債券に投資するインデックスファンドへの投資も検討しています。

それから、先日より積み立てるファンドをeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)へと変更しています。当ブログでは書き忘れていましたが、つみたてNISAも利用していて、リバランス実施後も積み立ては継続します。

簡単な内容ではありますが、今回は以上になります。