fc2ブログ
プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
私が節約をやめた日
今回は、「私が節約をやめた日」というテーマで書いてみます。
資産形成を行う上では、投資の運用元本となる種銭の確保のために、節約生活(倹約生活)を行い、そのお金をインデックスファンドに積み立てて、株式市場の動向に左右されることなくひたすら持ち続けるというのが基本かと思います。私もそうやってお金を増やしてきました。しかし、私はあるときふと疑問に思いました。

「この増やしたお金を果たしていつ使うのか?」という問題です。

増やしたお金を使うことのないまま死ぬまでお金を増やし続ける?いや、それでは意味がありません。
老後に使う?もちろん、これは資産形成における大きな目的の一つです。将来的にもらえるであろう年金だけで生活を送ることは困難であることは容易に推測できますから、老後資金は絶対に必要です。しかし、だからといって身体の自由が効かなくなるであろう老後までお金を使わずにお金を増やし続けるというのもどうかと思いました。


いろいろと考えた末の結論として、身体が元気に動く現役時代のうちに「人生を楽しむために積極的にお金を使う」ことも老後資金を作るのと同じくらいに重要だと思ったのです。

この結論に至ったときから、私は節約生活をやめることにしました。私にとって幸いだったのは、比較的若いときから資産形成の努力をしてきたことによって、もう老後資金確保の目処がある程度はついたことです。この判断に至ったのが総資産額がいくらの時であったかは明確ではないのですが、資産運用によって将来的に増えるであろうことが期待できる金額と、お金を使うことのバランスを勘案したときに、

資産運用は継続してお金を増やしつつも、将来的な資金計画に支障を来さない範囲内において、人生を楽しむために積極的に金を使う


という方向に大きくシフトすることにしたのです。

貯蓄や投資をしていると、「お金はできるだけ使わず、貯めて投資をして増やし続けるのが正しい」と思ってしまうことがあります。これは資産形成の初期段階においては正しいと思います。はした金を運用してもはした金にしかならないので、運用元本を大きくする努力をしなければ、資産形成などできないからです。
しかし、資産形成の後半においては、お金を使うということもとても重要だと思います。よく言われるように、あの世までお金を持って行くことはできません。老後を迎え、身体の自由がきかなくなったときに「増やしたお金を使って、もっともっと人生を楽しんでおけば良かった・・・」という後悔をしないようにしたいと思っているのです。



億り人になってみてわかったこと(1) 資産総額の変動幅が非常に大きいという問題
先日、総資産額が1億円を超えて億り人になったという話を書きましたが、今回は、「億り人になってみてわかったこと」というテーマで書いてみたいと思います。
億り人になってみてわかったことの一つは、なんといっても、資産総額の変動幅が非常に大きいということに尽きます。

一例として、以下の画像を参照して下さい。これは2023年7月1日のマネーフォワードのWebブラウザ版のスクリーンショットになります。

moneyforward230701.jpg

ここで注目すべきは資産総額の変動幅の大きさです。


前日比:+0.4%  +45万7833円
今週:+1.0%   +103万9970円
今月:+0.4%  +45万7833円
今年:+16.9%  +1510万8604円

これを見て分かるとおり、総資産額の変更幅が非常に大きいことが分かります。
運用している資金額が非常に大きいので当然といえば当然ですが、この変動幅の大きさはなかなかの数値です。
この日(2023年7月1日)なら、お金が増えているから問題はありませんが、株価が大幅下落したときには当然のことながら、逆に大幅なマイナスになることもあります。一日の変動幅が、100万円や200万円ということも過去にはありました。私の場合、長年にわたって資産運用を継続してきているので、大きな変動にもある程度は慣れっこになっていますが、それでも、この変動幅の大きさには時として驚かされることがあります。

このときに心がけていることが一つあります。
特にお金が大きく増えている時に考えていることですが・・・

「今はたまたまプラスになっているが、もしこれだけの金額がマイナスになったとき、果たして自分は精神的に耐えることができるだろうか?」

ということを自問自答しているのです。
もしこの質問の答えが「No」ということであれば、それはリスクを取り過ぎていることを意味しますから、その場合はリスク資産を一部売却して、無リスク資産の預貯金を増やすようにしています。

億リ人になる過程において、資産総額の変動幅が非常に大きくなるというのは避けようがない問題だと思いますが、リスクのある投資をしている以上は、お金が増えることもあれば減ることもあるというごく当たり前のことを忘れてはならないと、常に肝に銘じています。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー