プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家計・投資を経営・事業と考えてみる
私は家計というのは会社の経営と同じように捕らえるべきものだと考えてます。少なくともお金持ちを目指そうとするのであれば。

家計も企業と同じようにお金の流れがあります。給料という名の「売上」があり、家賃・食費・水道光熱費などの「経費」があり、給料から支出を引いた残りの「純利益」があります。家計簿をつけるのはまさに企業会計と同じように的確に収支を把握するためにあります。そして収支を把握することで今後の戦略というか方針を決めることができます。

もしも、給料を毎月全部使い切ってしまっているなら、それは「純利益」がゼロ、ということになります。もし、給料より支出が多いなら文字通り赤字ということで貯蓄を取り崩したり、最悪、借金でまかなったりしなければならない羽目に陥ります。
そしてそういう状態がずっと続いていれば、企業であれば、当然、倒産ということになり、家計なら破綻して自己破産という事態に追い込まれることになります。

家計は経営と同じ。そしてまた投資も事業だと考えてみると・・・
たとえばこんな感じでしょうか。以下の内容はあくまでイメージですよ。念のため。

家計部門・・・コスト削減を行い、無駄を省く。同時に従業員(家族)が豊かな生活を送れるように予算の範囲で適切にお金を使う。売上(給料)の中から貯蓄・投資に資金を回すよう努力する。また、「福利厚生」として、時には予算の範囲で贅沢もする。

投資部門・・・家計事業部から貯蓄に回したお金のなかから、リスク・リターンを適切に把握した上でムリのない範囲で将来のために投資を行う。

・・・以上の内容は少し(かなり?)大げさですが、イメージとしてはこんな感じでしょう。ここで重要なことは、生活費を投資に回したりしてはいけない、ということです。「儲かりそうだから」という安易な考えで生活費まで投資に回してはダメです。これは私自身、いつも肝に銘じています。投資はあくまで余裕資金で行うのが原則ですから。なので、生活費と投資資金は明確に区別する、ということが大切と考えます。


投資で最悪の事態が起こっても、生活には影響を与えないようにする必要があります。必要以上のお金を投資には回さない、という強い自制心は絶対に必要でしょう。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/11-c6d92fa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。