プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「不動産に関する教育」の重要性
この前、不動産について書いた最初の記事の中で「不動産に関する教育が必要だ」ということを書きました。お金の教育という問題については過去においても書いてきましたが、そもそも、人の一生に使うお金の中でいわゆる「住居費」というものは非常に大きなウエイトを占めているはずです。よく言われるように、マイホームというものは人生で一番高い買い物であることは間違いありませんし、また賃貸住宅で住み続けるにしても支払う家賃の総額は馬鹿になりません。よって

不動産教育なくしてお金の教育を語るのは片手落ち

だと思うのです。
なぜなら、世の中では、不動産をめぐる悲劇とでもいうべきものが多々発生しています。一例を挙げるなら「住宅ローン破産」「欠陥住宅」「耐震偽装」「老朽マンション・あるいは震災で破損した住宅の建て替え問題」・・・
こうした問題を未然に防ぐために、私のような一般人ができることは「知識で武装」するしかないと思うわけです。耐震偽装のような問題が起こるのは、我々購入者側が外装や内装などの表面的な設備にだけ目を奪われ、より本質的な建物の構造ということに注意を向けていなかったからではないでしょうか?日本が世界一の品質の製品を作ることができるようになったのは消費者の厳しい目があったからだと思うのですが、そういう厳しい目が不動産の世界には向けられていなかったのではないか、という気がします。
持ち家購入の場合(不動産投資も同様ですが)、金額が非常に大きいだけに失敗したときのダメージは非常に大きいものとなり、人生設計そのものが大きく狂ってしまうことにつながります。下手をすれば再起不能の経済的損失をこうむることにもなりかねません。私は、過去に節約や貯金の重要性を繰り返し書いてきたわけですが、


「不動産にまつわる経済的損失」の前にはどんな節約も無意味です。何しろ、家計の中で最大規模の支出となるわけですから。不動産投資(持ち家購入を含めて)の失敗により数百万円あるいは数千万円の損失を抱えてしまうということは十分にあり得ますが、この損失額はあまりに巨額なので日常生活で涙ぐましい節約をしてみたところで穴埋めすることはもはや不可能でしょう。よって「不動産戦略なくして資産形成なし」だと思うのです。収益目的の不動産投資はともかくとして、少なくとも自分の住む家に関しては「賃貸か持ち家か」という選択は誰もが行わなければなりません。ですから不動産戦略は非常に大切なのです。


今後、金利が上昇してくると思いますが、それと同時に住宅ローン破産者も増えるのではないでしょうか?「金利の安い今が買い時」とばかりに、安易に短期変動金利で無理をしてローンを組んで家を買った人たちが経済的に追い込まれるのではないかという懸念があります。ちゃんとした資金計画を立てずに安易に持ち家を買ってしまった人は大変なことになるかもしれません。


不動産のことで苦境に陥らないためにも、転ばぬ先の杖として誰もが不動産についての知識を自主的に学ぶ必要があると思うわけです。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/122-c0a8b2ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。