プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆張り投資を必ずしも勧められない理由
私がいわゆる逆張り投資派であることは今までに何度も書いてきました。では、人にも逆張り投資を勧めるかというと、必ずしもそうとはいえません。それには当然のことながら理由があります。その理由とは何かというと・・・

順張りに比べると、投資判断がより難しいのではないか?と思うからです。

逆張り投資というのは、概ね人が売っているタイミングで買うことになります(売るときは、当然のことながらその逆になりますね)。しかしながら、そういう状況の時に「あえて買いに向かう」というのはそれなりの勇気と判断力、そしてなにより決断力が必要となります。この前のライブドア・ショックのときに狼狽売りをした人というのは、順張り投資派の人たちでしょう。もし、逆張り投資派であるならば、あのタイミングで買ったか、あるいは少なくとも「買い」の検討はしたことでしょう。しかし・・・東証が取引をストップしてしまうというあの混乱の状況下の中で追加投資を行なうというのは、現実問題として難しいと思う人が多いのではないか?と思います。

実際のところ、逆張り投資というのは世の大きな流れと逆を行くことになるので、かなりひねくれた投資の仕方だといえます。また、「景気回復局面の調整の下げだ」と思って買ってみたら、そのまま景気が後退してどんどん株価が下がってしまった、などということにもなりかねません。例えば、バブルの絶頂期に株を買い始めて、下落するたびにナンピン買いを繰り返してきた人がいたとすれば、結果として、その人はどんどん損失が拡大していったことになります。だから逆張りは難しいと思うわけです。

私が調整局面での投資判断をするときは、以下の点を考慮しています。

*今回の株価の下げの原因となっているものは、長期にわたって影響を与え得るか。それとも一時的なもので終わるか?
*マクロ経済の指標は、好景気へと向かっているか、それとも不景気へと向かっているか?
*そしてなによりも「お買い得な株価水準」といえるか?

まあ、こんなところでしょうか。この中でも一番難しいのは、「お買い得な株価水準といえるか?」という判断でしょう。これについては、乱暴な言い方ですが、カンに頼らざるを得ないというのもまた事実です。とはいえ、カンといっても決して当てずっぽうというわけではなく、「株価や為替など市場のデータを毎日確認する習慣」をつけることで身につくカンのことです。でもまあ、これでも結局は理論に裏打ちされているわけではないので、根拠のない当てずっぽうといわれればそれまでなのですけどね。

まあ、一般的な投資本を見ていると、順張り派の方が多いのでは、と思います。短期的に見れば、順張りの方がラクでしょうし。それでもなお、私が逆張り派なのは、「不景気なときはものの値段が安いのでお買い得。好景気なときはものの値段が高いのでお買い得といえるものは少ない」という日常の買い物の感覚によるところが大きいからです。長期的視点で見ると、いわゆる「不景気な時に株を買い、好景気になったら売る」というようなスタンスの方がより手堅いと思えます(とはいえ、私は徹底的なバイ&ホールド派でもあるのですが・・・)。

もっとも、これは「私にとっては」のことですし、誰もがそうした手法で利益を出せるのかというとそうともいえないでしょう。結局のところ、自分自身に合った投資スタンスを見つけ、それを忠実に守ることこそが一番いいのではないか、と思うわけです。もし、その投資スタンスで利益を出すことができないのなら、そのときは投資手法を見直すのがベストということになるでしょう・・・。

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

全く持って同感です。当方は為替ですが、全くと言っていいほど自分とやり方、考え方が重なったのでコメしました。もう今となっては逆張りの方が勝率がいいし、エントリーして安心します。
【2013/03/28 02:13】 URL | うほ #- [ 編集]

市場平均であれば・・
昨今の上昇相場にはちと辛いですね。
ドル・コストも低迷期の方がよさそうです。

但し、個別株に関しては下落や上昇の波が激しいので注意が必要です(紙屑になるまでナンピンすると資産を失うし、勢いを買うと大きな損出を被ります・・)
【2013/03/28 03:58】 URL | 預金王 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/141-04ed7530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。