プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社との付き合い方を考えることの重要性
以前の記事で残業至上主義・長時間労働至上主義を批判する記事を書きました。会社や仕事との付き合い方について見直すべき点があるのではないかと思ったからです。さて、このことに関してまず書いておきたいことがあります。いうまでもありませんが、このブログは貯金と投資によって資産形成を目指そうとする趣旨のブログです。それがなぜ、会社との付き合い方について書くのか?ということについてです。

本業である会社・仕事との付き合い方について書く理由。それは、私のようなサラリーマンというものは会社で働くことこそが本業であり、そこからの稼ぎこそが生活、そして投資の原資となるからです。本業をうまくこなすことができなければ資産形成はあり得ません。それからもう一つ。よく言われるように最大の資産というものは自分自身です。会社で働くということはまさに「自分自身を投資」しているのと同じです。そしてそれは一点集中投資ということになります(複数の会社で働くということはできないためサラリーマンというものは、事実上、会社と運命共同体だからです)。

もし万一、無理のある働き方をして健康を害したり、あるいは心を病んだりすればそれは最大の資産である自分自身の資産価値を大きく毀損することになります。そしてその行き着く先は、もはやお金では解決のつかない問題となってしまう恐れがあるのです。無理な労働をして体を壊してしまい、満足に働けなくなってしまったら?鬱病になり自殺へと追い込まれてしまったまったとしたら?それはもはや資産形成うんぬん以前の問題です。

あるいは、そこまで極端ではなくとも、本業である仕事に忙しくなりすぎ、会社のことを考えるあまりに自分自身のことを考える余裕がなくなってしまうかもしれません。これまでの不況の中で「会社のために必死になって働いたのにあっさりとリストラ対象になって職を失ってしまった」あるいは「会社がつぶれてしまった」などというような例はいくらでもありました。

要するに「本業との適切な付き合いなくして自己実現なし」ということになります。当然、資産形成も同様です。だからこそ本業である会社との付き合い方を考えることは大切なのです。

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/144-424bd5ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。