プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「投資は初心者なので・・・」という言葉
例えば、銀行や証券会社の店頭に行って、こう言ったとします。「投資型の金融商品を買いたいのですが、投資は初めてです。手持ちの預貯金は○○○円あるのですが、初心者向けで何かいい商品はありますか?」と。
言うまでもないことなのですが、こういう言葉を金融商品販売業者(銀行や証券会社など)の担当者の前で口にするのは非常に危険です。金融商品の売り手側にとってはこういう客はまさに「カモがネギを背負ってやってきた!」ということになってしまいます。普通の商品を買うときであれば、「私は初心者なので・・・」という言葉は大抵は有効だと思います。しかし、金融商品に関してはこれは通用しません。
金融商品の世界において「私は初心者なので・・・」という言葉は、「私は初心者なので投資のことはさっぱりわかりません。あなたの言うとおりにしますので、どうぞ好きなだけいくらでもお金をむしりとって下さい」というのと同じです。ましてや、預貯金の総額まで相手に教えてしまうのは最悪です。「初心者だと言っているのだから、そんなに無茶な商品は薦めてこないだろう」と思うのはあまりにも無邪気すぎます。

やや極端な言い方かもしれませんが、投資の世界においては知識なき者はカモになるしかありません。いかに相手に薦められた金融商品であっても、投資は自己責任ですから最後は自分自身で責任を背負うしかないのです。後になって「騙された・・・」という人がいますが、残念ながら、私としてはそういう人たちを擁護しようという気にはならないというのが本音です。



大儲けしたら黙って大喜び。損をしたら「被害者の会」なるものを結成して、いきなり社会的弱者になり、「私たちはお金を騙し取られたあわれな被害者です」などと騒ぎ出すというのはどうかと思うわけです。こういう人たちには「自己責任」という言葉の意味から教える必要がありそうですね・・・。



昔話や童話の世界では正直者は最後には報われることになっています。しかし、我々の生きている現実の世界では正直者が報われるとは限りません。「バカ正直」であってはならないのです。誤解なきように書いておくと、これは別に「不正直に生きる方がいい」などということではありませんので念のため(当然のことですが)。
少なくともお金の世界において理解しておくべきことは・・・

*大手銀行・大手証券会社だからといって安心できるわけではない
*知識がないのに投資に手を出すのは非常に危険
*「初心者向けの金融商品」ほど危険な金融商品である可能性が高いことを知る(リスクや手数料がわかりにくくなっているものが多いため)
*手持ちの金融資産の総額など、相手に手の内を明かさない
*「お得な金融商品」といって広告を出したり、しきりに薦めてくるのは、客にとってお得なのではなくて、「販売者側にとってお得な」金融商品なのだということを知る
*安全確実でしかも大儲けできるような商品など存在しないことを理解しておく(当たり前のことなんですけど、この程度のことが理解できない人も世の中には大勢いるものと推測されます)

・・・といったことでしょうか。投資の世界において「初心者だから・・・」というのは決して免罪符にはなりません。もし、そのことすら理解できないのなら、あるいは学ぶ気がないのなら、投資は絶対にしてはならないと思うわけです。

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
必要なのは投資家保護か?
リターンがすべて(税金を除く・・・)投資家のものになる以上、詐欺リスクも含めて、リスクもすべて投資家が引き受けるのが原則です。

もちろん、詐欺的な投資に対する規制は必要ですが、投資家の保護を訴える各種記事やテレビ番組に取り上げられている事例は、余りにもレベルが低い投資家を基準にしすぎているように思います。

以下、エコノミスト誌2006年7月4日より引用

老後資金を失ったライブドア株主の悲鳴

解散総選挙で、武部勤幹事長が『我が弟、息子だ』と手を上げ、竹中平蔵氏なども堀江前社長を応援しているのを見た。さらに日本経団連の奥田碩会長(当時)も堀江氏への理解を示した。ライブドアには“国家的なお墨付き”が与えられていると信用し、老後資金のすべてをライブドア株に投資した」。

引用終わり

しかし、「老後資金のすべてを一つの銘柄、しかも新興市場の銘柄に投資した」という投資の常識を無視した事例を引き合いに出して、投資家保護の必要性を訴えるのは妥当ではありません。

この事例の場合、投資家保護ではなく、投資家教育が必要であることは明白です。もっといえば、日本人の場合、教育という段階にも達しておらず、金銭的な常識を身につけさせるべきだといったほうが正確かもしれません。

レベルが低い投資家を基準にした投資家保護制度によって、自己責任原則が曲げられるのを危惧します。

必要なのは保護より教育です。
【2006/07/07 22:49】 URL | PALCOM #- [ 編集]


PALCOMさん、こんにちは。いつも素晴らしいコメントをありがとうございます。

>老後資金を失ったライブドア株主の悲鳴

これはまさに投資というものを知らないがゆえの悲劇といえますね・・・。
「もし、この人が投資の常識や理論を知っていたら・・・」と思うと、非常に残念でなりません。こうした悲劇を防ぐために何より大切なのはまさに投資家教育でしょう。
私も、必要以上の「投資家保護」をしてしまうと、健全な投資家の育成を妨げる結果になると思います。
おそらく投資詐欺というものがなくなることはないでしょうし、たとえ合法なものであっても「手数料ぼったくりの金融商品」がなくなる日も来ないものと思われます。そうした事態から身を守るには、投資家自身が知識と知恵を持つしか対応策はありません。

書きたいことはたくさんありますが、「投資家教育と投資家保護」というテーマは、またいずれ記事として書くことがあるかもしれませんのでこの辺にとどめておきます(^.^)
【2006/07/08 22:38】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


期待しています(^^)
【2006/07/09 10:45】 URL | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA [ 編集]


水瀬さん、コメントありがとうございます。記事を書く時期は全く未定ですので、気長にお待ち下さい。m(__)m
【2006/07/09 15:55】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/07/09 19:05】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/148-746f06b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。