プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金を借りる重み。お金を貸す重み。
もし、私が「お金を必ず返してもらうという前提」のもとにお金を貸したとしたらどうするか?当然のことですが、取立ての督促はそれなりに厳しいものになるでしょう。何しろ、「お金を必ず返してもらうことが前提」ですから。もし、相手がのらりくらりとお金の返済の催促をかわそうとするなら、こちらもそれなりの考えで挑むことになります。何度も何度も督促をし、場合によっては法的措置を使ってでも自分のお金を取り戻そうとすることになるでしょう。それも当然のことです。なぜなら貸したお金というものはあくまでも期限付きで貸しているわけですから返してもらわないと困ります。そもそも、私のお金というものは給料であれ、投資であれ、私が一生懸命に稼いできたものです。それをないがしろにされて黙っているわけにはいきません。「法的措置も辞さない」という強硬な立場で相手を追い込めば、人間関係も壊してしまうでしょうし、場合によっては相手を精神的に追い込んでしまう可能性もあります。たとえそうであっても、私には関係のないことです。よって、粛々と債権取立てに向けて動くことになるでしょう。

・・・今日は最初から非常に厳しいことを書きました。なぜこういうことを書いたのかということについて理由を説明します。それは・・・

お金を借りる重み、お金を貸す重みというものを理解してもらいたいから

なのです。昨今、「欲しいものがあれば手持ちの現金がなくてもクレジットカードで気軽に買えばいい」とか「投資においてレバレッジをかけないと投資効率が悪い」とかいう風潮にあるような気がします。まるで「借金をしないものは馬鹿だ」とでもいわんばかりの人もいます。確かに投資などの場合、借り入れ金利以上の利回りが期待できるのならこれはいわゆる「よい借金」ということになるのは事実です。しかし、しかし・・・
それでもなお、私は借金というものの重みについてはよく理解しておくべきだ、と考えます。どのような場合であれ、借金返済が当初の計画通りにいくという保証はありません。これはクレジットカードの買い物であれ、住宅ローンであれ、レバレッジをかけての投資であれ、同じことです。むしろ、最悪の事態を想定した上で、それでもなお返済に支障を来たさないように計画を立てるくらいでちょうどいいと思います。

そして、大切なことがもう一つあります。
これはお金を借りる側の問題ではなく、お金を貸す側も同様に考えておいた方がいいと思うわけです。返済できるかどうかわからないのにお金を貸すというのは非常に危険です。ちゃんとした返済ができるかどうかわからないのにお金を貸してしまうと、結果的に無茶な取立てをせざるを得なくなってしまうからです。最初に書いたように、無理な取立ては相手の生活を破壊し、同時に自分自身の人格にも悪い影響を与えてしまうことにつながります。
「借金の取立て」。この言葉はあまりいい響きとはいえません。お金を貸した方にとっては、ただ単に自分のお金を返してもらうだけの話なのですが・・・。

近頃は、簡単にクレジットカードで買い物や借金ができたり、無人契約機で借り入れができたり、投資においても信用取引口座が簡単に開設できたりと、借金というものが非常に軽んじられている気がします。しかし、こういう時代なればこそ、お金の自己管理能力が大切になってくると思うのです。

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
自分が借りたお金は意地でも返す!
まったくそう思います。私は以前信販会社で働いていたのですが、借りる方にも大いに問題があると思うんです。やっぱり、借りたものは返すのが当たり前だと思います!!
【2006/07/27 21:20】 URL | ニッシー #- [ 編集]


住宅ローンの記事でくどいほど書きましたが、もはや高度成長時代は終わったのですから、一刻も早く、リターンベースではなく、リスクベースで考える癖をつけていかないと、人生取り返しのつかないことになる可能性が高いと思います。借金生活に入ると、そこから抜け出すのは非常に難しいからです。

レバレッジをかけないと投資効率が悪いというのは、明らかにリターンベースの発想ですし、実のところ、投資効率云々というのは形式的な理屈で、本音を言えば、単に投資に回す資産が足りないだけということが多いと思います。生活防衛資金がない状態での投資は、それだけでリスク許容度を超えますから、生活防衛資金のない状態でレバレッジをかけた投資をすればリスク許容度を大幅に超えることになります。

投資やビジネスに卓越した才能があれば別ですが、そうでない大多数の人は借金(住宅ローンも含む。)しないのが原則だと思います。
【2006/07/27 22:56】 URL | PALCOM #- [ 編集]


僕は借金や信用取引はあまり好きではありません。
レバレッジなどかけたりしなくても、すぐに平常心でいられなくなるくらい、
株式は十分に(?)ボラティリティが高い資産クラスだと思います。
また、平常心を保つ意味も大きい生活防衛資金を、せっかく確保しているのに、
レバレッジをかけて大興奮してしまったら、台無しだと思います。
【2006/07/28 01:00】 URL | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA [ 編集]


こんにちは。
とても詳しく書かれていて判り易い内容でした。
時々のぞかせていただきますね。
勝手にリンクしてしまいましたが、よかったら相互リンクしていただけませんか?
よろしくお願いします。
【2006/07/29 10:50】 URL | cbjim #6x2ZnSGE [ 編集]


皆様方、コメントどうもありがとうございますm(__)m


>ニッシーさん

信販会社で働いていたとのこと。それならば、さぞかし多くの人間模様を見てきたことでしょうね・・・(^^)
「借りる方にも大いに問題がある」というのは、本当にその通りだと思います。多重債務者関連の新聞記事を見ているとなにやら「多重債務者側の方が被害者」的な論調も見受けられます。ある意味ではそれも正しいのも事実だと思うのですが、私などはやっぱり「高金利なのを知っていて借りた側の責任はどうなのさ?」と思ってしまいます・・・

>PALCOMさん

毎度、ポイントを押さえたコメントをありがとうございます。

>>本音を言えば、単に投資に回す資産が足りないだけということが多いと思います

まさにおっしゃる通り。「レバレッジ」といえば聞こえはいいですが、前に書いたように、ただ単にお金のないことに対する言い訳として使われることの方が多いのが現実でしょう。

>水瀬 ケンイチさん

いつもご愛読ありがとうございます。水瀬さんのブログの方も相変わらず絶好調のようで何よりです。私もいつも更新を楽しみにしています(^^)

さて、私も水瀬さんと同じ考え方です。こうした「堅実な投資」の考え方を世に広めたいと思いますね!お互いにがんばっていきましょう(^o^)/

>cbjimさん

訪問&コメントありがとうございますm(__)m
今後ともわかりやすい記事を書いていくつもりですので今後ともよろしくお願いします。

さて、相互リンクの件ですが、サイトを訪問後に検討させていただきます。相互リンクにあたっては、一応一定の基準を設けておりますので・・・。なにやらやたらと偉そうな書き方をして大変申し訳ないのですが、アクセス数が増えれば増えるほど相互リンクの申し込みも増えることが予想されることもあり、なんでもかんでも相互リンクするわけにはいかないというのが私の基本的な考え方ですので・・・。

---------------------------------

さて、ここからはまとめレスです。
「レバレッジ」という言葉が浸透したきっかけになったのは、例の「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズではないかと思います。あのシリーズは、基本的にはいい本だと思うのですが、「少ない自己資本での投資」とか「レバレッジをかけよう」といったところをあまりに強調しすぎているような気がするのですよね・・・。私が過去に読んできた投資本の中では、やっぱり不動産投資関連の本にそうした「少ない自己資金で投資をしよう」的な考え方が目立ちます。しかし、PALCOMさんのおっしゃるように、投資やビジネスに卓越した才能のない普通の人は、そうした投資はやめておいた方が無難でしょう。

ちなみに、この話は次回へと続きますのでこの辺で一旦終わります。
【2006/07/29 22:48】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/157-ff3e4ebc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。