プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金持ちと貧乏人の境界線はどこにある?
以前から書いているように、私は1000万円を超えるお金を保有しています。私の周りには、私自身のように安月給の人が多いですから、もしかしたらそういう人たちから見れば、私でも「お金持ちだ」と思う人もいるかもしれません。しかし、当然のことですが、私自身は自分のことを「お金持ちだ」と思ったことは一度もありません。
私がこれまでやってきたことは・・・

少ない収入の中から、ただ貯めてきただけ。ただ努力してきただけ。

だからです。私自身も給料は当然のことながら安いわけですから、スタートラインではみな同じだったはず。「貧乏人とお金持ちの境界線」というのは、一体どこにあるのだろう?と思うことがあります。親から資産を受け継いだような人を除いては、最初はみなゼロからスタートしているはずです。それが段々と差がついてくるのです。結局のところ、お金に対する姿勢の違いがその差を生むのでしょう。世の中には、「お金をたくさん持っている人は、他人におごったりしてお金を使うべきだ」という考え方の人もいますが、私に言わせれば、そんなのは余計なお世話です。もちろん、社会全体としては、貧しい人にもある程度のお金を回すような仕組みが必要ですが、少なくとも私個人というレベルではそう思ってしまいます。

少ない収入の中で自分ががんばって貯めて、投資で殖やしてきたお金をどう扱おうが、そんなのは自分の勝手だ

と思っているからです。特別な事情を持っている人は別として、「自称・お金に困っている人」に分類される人というのは、過去に十分な努力をしてこなかったからこそ「お金に困っている」というだけの話です。お金持ちを妬む人は世の中にたくさんいますが、そういう人に限って、「お金持ちになるための努力」というものを放棄してきている人が多いのではないかと思います。

これは、まさに私自身が低収入の中でがんばってきて、今も努力を継続中だからこそ、そう思うのです。自分の努力不足は棚に上げて、ただお金持ちを妬むだけの人が一体世の中にどれほどいることか!

お金持ちの人、あるいは、いわゆるお金持ちではなくても世間の平均水準より多くのお金を持っている人から学べることは実にたくさんあります。「自称・貧乏人」たちは、そういう学べる部分を見ようとしないでただ妬むことしかしようとしません。結局のところ、お金持ちと貧乏の境界線を決めているのは自分自身なのだと思うわけです。努力さえすれば、誰でもある程度のお金を持てるようにはなると思うのですが・・・。

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

今後の日本で、お金持ちと貧乏人を分けるポイントは、これまでの社会主義マインドを資本主義マインドに変えることができるかという点に尽きると思います。

社会主義マインドの特徴は、格差を嫌悪する、現象の表面を見て情緒的に批判するだけ、他人依存で自己反省しない、単純な二元論が大好き、個別の問題を全体の問題にすりかえるのが得意・・・・などでしょうか。

どちらのマインドを持っているかを判断するリトマス紙的な事件が起きると、様々なブログを見て回るのですが、まだ社会主義マインドの持ち主が過半数という印象を受けます。

福井総裁の一件でも、資本主義マインドの持ち主であれば、①庶民は低金利というが、そもそも日銀総裁は庶民でない(=格差の肯定)、②銀行預金と村上ファンドを比較すべきでなく、公募投資信託と村上ファンドのパフォーマンスを比較すべき、③事件の本質は、監督者がプレイヤーを兼ねたことにある、と考えるはずです。










【2006/08/05 14:31】 URL | PALCOM #- [ 編集]


PALCOMさん、こんばんは。
ここでも結局は社会主義マインドが出てきてしまっているというわけですね。私も、PALCOMさんの意見に同意せざるを得ません。非常に残念なことではありますが・・・。

どうも世論全体を見ていると、「自分が貧乏なのは政治(あるいは社会)が悪いからだ」とでも言わんばかりの論調が目立ち、自分の力でなんとかしようという気概が全く感じられないということがしばしば見受けられますし・・・。日本人が社会主義的な考えから、資本主義マインドへと変化できるのか、不安になってしまいます。

福井総裁の件に関しても、まさにPALCOMさんのおっしゃる通りなのですが、このあたりのことをちゃんと理解している人はほとんどいないというのが現状でしょう。せめてマスコミにはこの点をちゃんと伝えて欲しいと思うのですが、マスコミ自身が社会主義マインドにどっぷりと浸かってしまっている気がします。

私も、微力ながらブログ上でこのあたりのことをちゃんと伝えていきたいなあ、と切実に思います。
【2006/08/05 22:28】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/160-869a736c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。