プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断片的な知識だけで投資を始めない
最近の株式投資ブームを見ていてよくある発言。「株のことはよくわからないけど、なんだか儲かりそうだからやってみたい」という趣旨の言葉。そういう人の言葉を目にしたり耳にしたりする度に思うことが一つ。「そういう発想で投資の世界に足を踏み入れるのは危ないんじゃないの?」と他人事ながら心配になってしまいます。そういう人たちに共通していることがあって、


「非常に断片的な知識のみで投資を始めようとしている」という点です。


つまり、欲だけの投資になってしまっているのです。「知人が投資をしていて儲けている」とか、「投資をしないのは損している気がする」とか。
その発想の根底には、リターンのみが存在していて、リスクの存在というものが度外視されています。堅実な投資をされている方なら誰でも知っておられるでしょうが、投資判断において最も大切なのは「まずはリスクを考えること」「リスクをいかに抑えるか」であって「リターンを考える」ことではありません。この順序を逆にしてしまうと、大変なことになってしまいます。

投資において必要なのは、まず「体系的な知識」だと考えます。「お金が儲かる」という投資の一つの側面のみを見て投資を語るのは明らかに問題です。投資がブームになるのはいいですが、自分自身が「ただブームに乗せられるだけ」になってしまってはならないのです。むしろ、ブームに乗せられるようなことは投資において一番やってはならないことの一つだと思います。
経済や金融の知識・投資の基礎・投資理論などを学ぶ気がないのなら、最初から投資などしない方がいいと思います。さもなければ、後で後悔することになることになるでしょう。「投資なんてしなければよかった・・・」と。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/161-80192f4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。