プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の記事の補足
今日は、前回の記事「結婚した場合に「貯金生活。投資生活。」の信念が貫けるかどうか?という問題」への補足です。前回はずいぶん弱気な結論にまとめてしまいました。今日はその理由についてあらためて記事にしました。

※前回の記事に対してつけたコメントと重複するところも多々あるのですが、記事としてまとめるためですので、ご了承下さい。

それでは本題に入ります。

まず第一に、このブログにおいて私が書けるのは「過去の自分自身の知識と経験に基づくもの」だけです。よって、独身の私には「結婚していたら・・・」という仮定のもとで記事を書くことは基本的にできないのです。例えば、子育てをしたことのない人が「子育ての方法」を説いていたとしたら、少なくとも私なら「子供を育てたことのない人がどうして子育てを語れるのか?」と思ってしまいます。他にも、自分では資産運用をしたことのないファイナンシャルプランナーが投資指南をしていたり、会社を経営したことのない経営コンサルタントが経営者に対して偉そうにアドバイスをしていたり・・・まあ、同じような例は書いていけばきりがないのですが・・・。私に言わせれば、そんなものは「机上の空論」に過ぎないとしか思えません。私はそんなことを書きたくありません。
そんなわけで、経験のないことに対してはどうしてもはっきりとは書けないのです。いくら素晴らしいことを書いてみたところで、読者の方から見れば「結婚もしたことのないお前が言うな!」ということになってしまうのが関の山。


第二に、私は基本的に悲観的な物事の考え方をする人間です。私がお金に関して早くから危機感を感じたのも、悲観的に物事を考えるがゆえんです。楽観主義者なら、「別にお金の心配なんてしなくてもなんとかなるだろう」と考え、せっせと貯金に精を出すことはなかったでしょう。投資においても私は非常に弱気な臆病者です。株価が上昇すると「バブルかも・・・?」と心配になりますし、株価が下がると「どこまで下がるのだろう?」とやっぱり心配になってしまいます。大きく下落しているところでは、下落余地が少ないだろうと考え買い増しもしますが、内心はおっかなびっくりです。

ただ、私がこれまで投資の世界で、それなりにうまくやってこれたのは、悲観的で臆病であるがゆえといえるのではないか、とも思っています。株価が急上昇していても基本的に不安なので世間の熱狂ムードの乗せられることがありません。逆に株価が下落していても、そもそも最初から最悪の事態を想定しているのであせることがありません。
悲観的でネガティブな物事の考え方は、少なくとも貯金と投資にとっては役立っている気はします。


第三に、偉そうにこんなブログを書いてみたところで、私自身はしょせんは中小企業に勤める単なるサラリーマンという雇われ従業員でしかありません。過去の知識と経験をベースに貯金と投資について書いてはいるものの、私もまた貯金と投資に悩む者の一人でしかないのです。

第四に、これが一番大切なことなのですが、お金を貯め、殖やそうとする道は正直なところ、いばらの道といわねばなりません。貯金には節約が必要となりますし、投資にはお金をリスクにさらす必要があります。起業は言うまでもなく投資よりもより大きなリスクをとらざるを得ません。どのような資産形成の方法であれ、家族の強い支援がなければ不可能なことです。
私は、これまでの貯金と投資の積み重ねの中で1000万円超という資産を構築してきましたが、そこに至るまでの道は相当大変なものでした。恐ろしくシビアな形での節約生活を送ってきたのも事実です。どのような形であれ、資産を築き上げるということは、その対価として「何か」を差し出さなければなりません。その対価とは、例えば将来のために今はお金を使うことを我慢することであったり、リスクをとることであったりということです。
また、節約に対する考え方も人によって違います。節約してもいいと思える部分、そうではない部分は人それぞれです。夫婦が協力して蓄財をしようとするならば、そのすりあわせをしなくてはなりません。

なにやら、今日もネガティブなことを書いてしまいましたが、私としては、たとえ今後貯金のペースが鈍ったとしても、過去に積み上げてきた資金をただ複利運用するだけでも長期的にはある程度の資産を作ることは可能だと考えています。そしてそこに至るまでに身につけてきた貯金と投資のノウハウは文字通りの「資産」だと断言できます。


最後にちょっとだけ追伸。

一年間もブログを書いてくると、どうしても私のイメージというものが読者さんの中で一人歩きしてしまうようですが、私もまだまだ未熟者に過ぎないということです。それにいくら資産というストックを増やしてみたところで、給料あるいは資産から入ってくる収入が不十分である限りにおいては、安心感とは程遠いものがあります。
実際問題として、貯金と投資に関してはまだまだ取り組むべき課題はいくつもあります。その課題に対して、いかに克服していくかということは今後を待たねばなりません。

--------------------------------------


なお、次回のブログ更新は9月27日前後の予定です(^^)


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

masaさんは、贅沢したいから貯蓄や投資をしているのではなく、あくまでも安心して暮らすためなのですよね?

この「安心」ですが、女性の場合巣作り本能と言うのがあって、節約名人でもマイホーム願望は高い人が多いです。
女性には、お金よりも「家」で安心感を感じる人も多いのです。

もう一つは「子供」です。女性は子供のためには命もかけます。そういう気持ちの前には、「お金」なんてたいしたものではなくなります。
つまり、教育費は盲目・・になってしまう女性も多いかもしれません。

その辺をしっかり理解して、結婚と貯蓄について考えた方がいいと思います。


特にマイホームに関しては、安くて快適で、最悪の場合賃貸(資産にも変えられる)ようなものを所得出来るよう、今から調査するのもいいかもしれません。

女性と言う物を正確に理解して、対策を練ってくださいませ。
【2006/09/25 12:52】 URL | なつめぐ #- [ 編集]


なつめぐさん、コメントありがとうございます

私の場合の投資の目的は、「安心して暮らすため」に該当しますね。

女性の持ち家志向の高さはよく言われるところですね。子供に関してはいうまでもないですし・・・。そういえば、独身女性でも「自分の家だけは欲しい」という方もよくおられるようですね。
難しいところではありますね・・・(-_-;;)
【2006/09/27 20:44】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/180-cd6f4575
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

買う力

経営者はお金を使うことが仕事である。上手に金を使えるかが経営者の力量、センスを表す。経営をしていて、お金を使わないということは絶対にあり得ない。必ず支払わなければならないものがある。つまり、常に経営とは何かを買っていると言っても過言ではない。 払うものは HottaWorld::「活・喝・勝」【2007/01/04 23:20】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。