プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中途半端なリスクのとりかたをしない
投資において決してやってはいけないことの一つとして、「中途半端なリスクのとりかた」が挙げられると思います。要するに、「預貯金は金利が低すぎてイヤ。だからといって元本割れなどのリスクはとりたくない」というような考え方です。これがなぜダメかと聞かれれば、こう応えます。


銀行や証券会社で売られている金融商品の大半はまさにそういう顧客をターゲットにした商品だから


という理由です。いや、誤解のないように書いておくと、もちろん本当にいい商品だというのなら何の問題もありません。問題なのは、その大半が問題のある商品ばかりだという点です。いつも書いているように、仕組みが複雑でリスクがわかりにくかったり、手数料が高かったり、税制上不利だったり、リスク限定のかわりにリターン限定であったり、中途解約すると元本割れになったり・・・およそろくな商品がありません。まあ銀行や証券会社が大々的に売りたがる大抵の金融商品はこんなものです。

私としては、「リスクをとるのかとらないのか、はっきりさせるべき」だと考えます。日々の生活費を含めた生活防衛資金と投資資金とをはっきり分けるべきだと思うわけです。生活防衛資金は一切リスクをとらないで元本保証の預貯金のみとする。投資資金は積極的にリスクをとると決めてしまう。それだけのことです。念のために書いておくと、投資資金に分類したからといって一度に投資に回す必要など全くありません。小額積み立てなどで少しずつ投入していけばいいだけの話。

間違っても、銀行や証券の窓口に行って、「預貯金より利回りがよくて、だからといってリスクがあるのはイヤなんです。そういういい商品ありませんか?」などと言ってはなりません。それこそ相手の思う壺ですから・・・。



この記事に対するコメント

masaさん、こんにちわ。

まさに、おっしゃるとおりだと思います。

日本人は、元本確保型の商品が好きですよね。海外投資している方でも、元本確保にこだわる人が多いのですが、これなどは、まさに中途半端なリスクのとり方です。為替リスクを負った以上、既に元本確保でないわけですので、どうしても元本確保にこだわるのであれば、国内投資に留めるべきですし、海外投資すると決めた以上、元本確保にこだわる必要はないはずです。

そもそも、元本確保型商品は、流動性が劣りますし、リスクが低減されている以上に、リターンが低減されているので、はっきり言って損な商品です。元本確保型商品に頼らなければならない知識レベルであれば、海外投資をしない。海外投資をするのであれば、元本確保型商品に頼らなくてもよい知識を身につける。中途半端な態度は、最悪の結果を招きかねません。
【2006/10/15 11:10】 URL | PALCOM #- [ 編集]


僕も本当にそのとおりだと思います。
なんとなくリスクが減っているように見えてはいるものの、リターンがもっと減っていて商品を売る側ががっぽり儲かるようになっている、的なものが最近非常に目に付きます。

たとえば元本確保型の多くの商品にはオプション(の買い)が組み込まれていますが、本来100円しかしないはずのオプションなのに130円で買わされていたり・・・なんてことが横行していると思われます。業者はぼろもうけです。
でも、元本確保型の商品を買っている人のほとんどは自分がオプションを買っていることも、そこで思いっきりぼったくられていることも気付いていないでしょう。
というか、販売している銀行の窓口の人だってそんなことほとんど分かっていないでしょうね。

最近流行の財産4分法とか6分法とかは仕組みが難しいわけではないと思いますが、何だか分からないうちにあちこちで手数料を抜かれてどんどん業者に寄付しているけどまあなんとなく流行の商品だからいいかな、みたいな感じでしょうね。

自分がどういうリスクをどのくらいとっているのか、基本的なところに落とし込んで理解できないのなら、その商品はどんなに儲かりそうでも自分には向かないと思って手を出さないことが必要だと思います。
【2006/10/15 14:24】 URL | vanillacoke #- [ 編集]


masaさん。みなさま。どうも!
私も海外商品で元本保証商品を購入している日本人の一人ですので耳が痛いのですが、
定期預金以上の利率を受け取ることを経験したことのない日本人にとって
「元本保証」という言葉は魅力的に聞こえるのです。
海外商品で年率50~100%リターンの商品がごろごろしている香港では
「元本保証」ということばはさほど意味のある言葉ではないのでしょう。

「元本保証」商品一点買いだけでは投資の意味がありませんし、
すべてハイリスクハイリターン商品でも危険です。
あくまでポートフォリオの一部として購入するのであればそれはそれでよいのではないかと思っています。
と自分に言い聞かせている次第です。
【2006/10/17 20:40】 URL | スマイリー #TMk8PTho [ 編集]


皆さん、コメントありがとうございます。

>PALCOMさん

本当にそうだと思います。海外投資ならなおさらでしょう。海外投資という時点ですでに為替リスクを背負うわけですし・・・。こういう投資家(そもそも投資家と呼べるかどうかがそもそも怪しいですが・・・)がいるから質の悪い投資商品が出回るのだと思います。中途半端な態度は本当に最悪ですよね。

さて、私自身は、海外投資については残念なことに知識がありません。PALCOMさんもブログを始められたとのことですので、逆にそのあたりのことについても詳しく書いて欲しいなあ、と思っています。これまでに付けていただいたコメントのレベルの高さからして、相当質の高い記事になるであろうことを期待しております。

>バニラコークさん

元本確保型とかリスク限定型とかの商品にはオプションが組み込まれているというのは有名ですが、それを買っているのはそうしたことに無知な人ばかりということが問題ですね。・・・というか、知識のある人であれば、間違ってもそんな商品は買わないわけですが(^^;)

結局、手数料ぼったくりの悪質商品が出回るのも、そうした投資に対して無知な人がいるから、ということになりそうです。我々投資家自身が知識で理論武装するのが一般的になれば、そうした商品の売れ行きは確実に落ちるはずですから、おかしな商品も登場しにくくなると思うのですけどね。

貯蓄から投資への流れの中で、無知な投資家とそれにつけこむ証券会社・銀行。そうした構図をなくすためにも真の投資教育というものが必要だと思いますね。

>スマイリーさん

今回は適切なコメントは難しいのですが・・・。
私やPALCOMさん、バニラコークさんが問題にしているのは、「元本確保」の商品であって、「元本保証」の商品ではないですね。「元本保証」と「元本確保」とでは全く別物ですし・・・。全くのノーリスク商品なら問題はないのでは?
文字通りの「元本保証」なのか、あるいは「元本確保」の書き間違いなのかがよくわからないので今回は誤解を避けるため、あえてコメントは避けます。金融用語はけっこう紛らわしいですし(^^;)

【2006/10/18 21:39】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


masaさん。すみません。
私は元本保証と元本確保の違いが良く分かっていません。
英語でGuaranteedは「保障」それとも「確保」?
私の購入した商品はおそらく元本確保の方でしょう。
上記コメントを拝読し、少し反省。。。
【2006/10/18 22:08】 URL | スマイリー #TMk8PTho [ 編集]


スマイリーさん、コメントどうもです。

海外の投資商品のことはさっぱりわからないのですが、おそらくは元本確保型でしょうか?
少なくとも日本の元本確保型の投資商品はダメダメ商品ですが、海外の商品はどうなのかはわかりません。とはいえ、PALCOMさんのコメントを見る限りでは、海外商品でもやっぱりダメな金融商品っぽい気がしないでもありませんが・・・。
・・・うーむ。詳細がわからないのでやっぱり具体的なコメントは避けることにします(^^)
【2006/10/21 16:20】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/186-b575939e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。