プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「投資が好きではない」と書いた件について
この前のブログ好きなことを仕事にするときの落とし穴について考えるにおいて、私は、「投資が好きなわけではない」と書きました。今日はそのことについての補足記事です(例によって、過去に書いた記事・コメントと重複する部分がありますが、その旨ご了承下さい)。


私の投資に対する考え方は、あくまでも「投資というものはお金を稼ぐための手段であって、それ自体が目的ではない」ということに尽きます。


節約・貯金も同様であって、そのいずれもが「お金持ちになるための手段」に過ぎません。節約家の人が人がいたとして、その人は「節約すること自体が趣味」なのでしょうか?貯金に力を入れている人は「貯金が趣味」なのでしょうか?おそらくは、違うと思います(中には、「節約や貯金が趣味」という人もいるかもしれませんが・・・)。
私が節約・貯金・投資というものに力を入れ始めたきっかけは、あくまでも必要に迫られてのことでした。これについては過去のブログで書いてきた通りです。単純な話、将来にわたって安定的かつ十分な金額の収入が見込めるのであれば、節約も貯金も投資も必要ありません。そうではないからこそ、貯金に目覚め、節約をし、貯めてきたお金を投資へと回してきたのです。

私自身の投資に対する考え方は、私の投資スタンスを見ればよくわかります。私がなぜ事実上の「ほったらかし投資」になっているのかといえば、「投資など面倒くさい」と思っているからです。なにより、日々の株価や為替の変動に一喜一憂したくありませんし、頻繁な売買などさらに面倒です。生活防衛資金を多めに確保しているのも、万一、投資状況が極めて悪い状態に陥ったとしても日常生活にまでその影響を持ち込むのがイヤだからです。

そもそも、私はお金の心配から開放されたいがために節約・貯金・投資を始めたわけです。それなのに、投資そのものが趣味になってしまい、投資が楽しくていつも頭から投資のことが離れないというのでは本末転倒です。確かに世の中には「投資を楽しむ」という考え方があることも承知しています。しかし、お金持ちを目指すために投資を楽しむ必要性はないと思っています。私自身は、いつもできるだけ冷静で冷ややかな目で投資というものを見つめるように意識しています。投資というものを趣味ととらえるならば、ともすれば投資にのめりこんでしまう恐れが出てきます。それは非常に危険な兆候ではないかと考えているのです。



私が思うに、はっきり言って、「投資を楽しむ」というのは、金融商品の売り手側の発想ではないか、という気がします。なぜならば、「投資そのものが趣味」になってもらった方が金融商品の売り手側にとっては都合がいいからです。「売買することが楽しい」ということになれば、顧客はどんどん売買を繰り返してくれるわけで、それは結果として、手数料収入という形で商品の売り手側である証券会社の儲けになるからです。



さて、私は、バイ&ホールドを投資の基本としていますが、私自身は「投資というものは、不労所得であることが一番望ましい」と考えています。頻繁に売買を繰り返すようになると、それはもはや不労所得ではなくて、「単なる勤労所得」になってしまいます。つまり、「売買して利ざやを稼ぐトレーダーという職業」になってしまうということです。

私はこれまで、上昇相場・下落相場のいずれにおいても常に冷静さを失わずに済みましたが、それは私のこうした姿勢によるところが一番大きいと思っています。同じような言葉の繰り返しになりますが、私が常日頃から一番意識しているのは、「投資に対して、常に客観的な立場でみるようにする」ということです。それゆえに上昇相場でも決して浮かれることがありませんし、下落相場でも決してあわてることがありません。そしてそれこそが、私の一番の強みだと思っています。「投資が趣味ではない」からこそ、投資に対して決して熱くなり過ぎるということがないのです。

・・・まあ、私の場合、投資家としての仕事は、基本的にアセットアロケーション(資産配分)を決めるというただそれだけです。なので投資に関して行う作業というのはほとんど何もありません。よって「投資が趣味」にはなりようがないのです。今後、個別銘柄投資をするようになったらもう少し仕事が増えるかもしれませんが・・・。



この記事に対するコメント
投資と心配
投資が好き=売買が多い、という構図はどうかと思います。私は投資大好きですが、売買はせいぜい年に数回。投資で儲ける基本は、売買回数はできるだけ少なく、投資金額はできるだけ多くです(全財産を投資するのは考えものですが)。
私の収入や現在の資産規模を考えると、定年までインデックス投資を続けても「お金の心配」から開放されないことが明らかなので。それだったら、多少心配の程度が増しても、お金持ちになる可能性のある選択をしたいなあと思っています。

masaさんは、もうお金の心配から開放されましたか?
もしまだであれば、いつ頃開放される見込みでしょうか?

masaさんの好みに合うかどうか分かりませんが、「マネーの公理」という本はいかがですか? 私のリスクや心配に対する考え方はその本とまったく同じです。ちょうど最近、その本の感想をブログに書いたので、暇なときに御覧ください。
【2006/10/20 10:31】 URL | 空色 #RbQi3znE [ 編集]


空色さん、コメントありがとうございます。
空色さんのブログはいつも読ませていただいております。

>投資が好き=売買が多い、という構図はどうかと思います。

うーむ。よく考えてみるとおっしゃる通りかもしれません・・・。長期投資家さんのブログを拝見していますと、売買回数は極めて少なくても、投資好きという方は大勢いらっしゃいます。この点については、確かに私の大きな認識間違いということになります・・・。私自身が投資好きではないというせいもあるのですが、この点については考えがあまりに浅すぎたようです。
ただ、投資というものをギャンブルと捉えるならば、非常に中毒性の高いゲームという見方はできるのではないかと思います。そしてそれこそが、これまで投資というものが非常にネガティブイメージになってきた原因の一つだとは思うのですが・・・。
全ての投資家が空色さんのように堅実な投資家であればよいのですが、残念ながらそうではない人も大勢いるものと推測され、それがこういう記事に書き方になってしまったのです。


>定年までインデックス投資を続けても「お金の心配」から開放されないことが明らかなので。

インデックス投資は市場平均を下回ることがない代わりに、市場平均を上回ることもないので、私自身もインデックス投資だけでは不安を感じています。その点では空色さんと同じかもしれません。私自身の投資戦略であるコア・サテライト戦略というのも、コア(中核となる部分)はインデックスファンドで市場平均に負けない運用を目指し、サテライト(衛星)部では、アクティブ運用(アクティブファンドおよび個別銘柄による運用)を行い、市場平均を上回る運用を目指そうというものです(もっとも、現状の私のアセットアロケーションでは「看板に偽りあり」の状態になっているのも事実ではあるのですが)。
インデックスファンドやETF以外にアクティブ運用のファンドを保有しているのは、そのためなんですけどね。個別銘柄についてはまだこれからの話になりますが・・・。

空色さんの書いておられた「さよなら、さわかみファンド」の記事も読ませてもらいました。私もさわかみファンドの運用スタンスや運用哲学には疑問を感じる部分も多々あるのは事実です。とはいえ、他の大半のアクティブファンドよりはマシだと思えるので現在も定期購入を続けている次第です。だからといって、将来的にも買い続けるかどうかはわかりません。


ところで、インデックス運用とアクティブ運用の混在ポートフォリオというのは、矛盾しているのも確かなのですが、日本市場やBRICs市場などではアクティブ運用もありかな?と思っています。「市場の歪み」によって利益を得るチャンスもありそうだからです。

>masaさんは、もうお金の心配から開放されましたか?

残念ながらまだまだですね。本業からの収入が低い限りにおいては心配から開放されることはなさそうです。では「転職でもすればいいではないか」ということになりますが、様々な観点からリスクとリターンを考慮すると、現状のままのほうがいいという結論に達しています。私の心配性な性格を考えると、おそらくお金の心配から開放される日は一生来ないでしょう。「だったらこんなブログを書くなよ」と言われそうですが(-_-;)

とはいえ、生活防衛資金を多めに確保していることで、不意の大きな支出にもいつでも対応可能になっているというのは心強い限りではあります。

>「マネーの公理」という本はいかがですか?

この本は、以前本屋さんで見かけて内容をぱらぱらと見てみましたが、自分には合わないかも?と思っていました。今度もういちど本屋さんで見てみます。

【2006/10/21 16:25】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/187-f2a85c57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。