プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「応援したい企業の株を買え」というけれど。
投資本を見ていますと、時々、「応援したい企業の株を買えばよい」という趣旨の言葉を見かけます。しかし、私はそういう投資の仕方には基本的に反対です。なぜか?

投資というものは、お金儲けの手段である。よって、買うべきなのは応援したい企業ではなくて、儲かりそうな企業の株を買うべきだ

と思うからです。ちなみにこれと同じようなものとして、「自分が入社したい企業の株を買え」というものもありますが、これも同じ理由により私としては反対です。投資において一番大切なことは、まず何よりも「利益ありき」だからです。

「期待リターンなくして投資なし」ということになります。

企業の応援をしたい、ということであれば、別に株を買わなくても、その会社の提供している製品やサービスを買えばいいだけのことではないか、と考えます。企業を応援するということと、企業に対して投資をするということとは全く別のことであると思っているからです。ただ単に企業の応援をしたいのならば、利益のことなど考えず、ただその企業のためにお金を使ってあげればよいことです。しかし、「投資をする」ということになると、極めて厳しい目で見て、「果たして利益が出るのかどうか」ということを考えねばなりません。投資というものは慈善行為ではないからです。

さて、私自身は、現状においてはインデックスファンドとETFがメインですから、「応援したい企業の株を買う」などということはそもそも全く当てはまらないわけですが、少なくとも、日本という国、そして日本企業全体には頑張って欲しいと思っています。しかし、いくら「日本の企業に頑張って欲しい」とは思ってはいても、例えば明らかに日本の株式市場全体が割高に思えるときには投資を控えるようにします。また、日本の経済・景気が落ち込んだときに備え、外貨建ての資産・外国株式のファンドも所有しています。

私が日本企業に対して投資するファンドだけを買うのではなく、外貨建て資産や外国株式のファンドを買う理由は、「日本に対して投資することに対するリスクヘッジ」としてであり、もっといえば、「それがより儲かりそうだから」です。「日本を応援したいから日本にだけ投資する」というやり方では、日本の市場が大幅下落したときに大ダメージを被ってしまいますから。非常にシビアな考え方ですが、これは投資家として当然のことだと考えます。

応援したい企業ではなくて、より儲かりそうな企業の株を買う。それが投資家というものだと思うわけです。

余談ですが信用取引による「空売り」であれば、投資対象の企業の株価が下がれば下がるほど儲かるという投資手法なわけですが、こういうことを考えてみると、なんだかなあ・・・と思ってしまいます。空売りをした当人から見れば、株価が下がれば下がるほどうれしいわけですから・・・。けれども、これもまた投資というものなのでしょうね・・・。


・・・うーむ。こんな記事を書くとまた反感を買いそうな気が・・・(-_-;)



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

はじめまして。
こちらのブログは以前よりROMさせていただいており、masaさんの鋭い洞察や投資と貯蓄についての芯の入った考え方にシンパシーを感じていたのですが、このエントリーに関してはちょっと私と考え方が異なりましたので、コメントさせて頂きますね

「応援したい企業」より「儲かりそうな企業」を買ったほうがいいという考え方は、短期投資でしたらまさにその通りかと思います。が、バイ&ホールドの長期投資として考えると、私としては応援したい企業を買いたいです。
バイ&ホールドが前提で買ったのに弱くなると損切りしたくなってしまう性格なもので(^^
応援したい企業でないと持ち続けられない怖さが私にあるのが原因でしょーか。。。
【2006/10/21 20:56】 URL | タロット #- [ 編集]


masaさんの意見に賛成です。

ちょっと厳しい言い方をすれば、「応援する企業に投資しているから」というのは、失敗した投資をそのまま塩漬けにするための口実に過ぎません。バイアンドホールドは本来、長く持っていればいつかは儲かる、というものではなく、短期トレードに負けないくらいリスクの高いい投資手法なんですが、どうもその辺が理解されていない気がしてなりません。

ところで「マネーの公理」は、私も最初は相場師向けの手引書みたいなもんだと思っていました。公理や副公理は非常に分かりやすい言葉で書かれていますが、本文をよく読まないと著者の主張が十分理解できません。そういう意味では、分かりやすい言葉で書いてあるけど分かりにくい本だなあと思います。
【2006/10/21 22:49】 URL | 空色 #RbQi3znE [ 編集]


僕は「応援したい企業の株を買いたい」派です。
性格が結構ウエットなせいもありますが、仮に個別企業に投資するとして実際どの銘柄が儲かるかは良く分からない、であれば多少株価が下がっても持ち続けていられるような会社に投資しようではないか、と思ってしまうのです。
【2006/10/21 23:48】 URL | vanillacoke #- [ 編集]



みなさん、コメントありがとうございます。

まずは、タロットさんへ。初めまして。いつもお読みいただいているとのことでありがとうございますm(__)m


今回はまとめレスになりますが失礼します。今回は、個別のコメントをつけるのが非常に難しいためです。みなさんのコメントを読んでいると、結局のところ「応援したい企業の定義」ということが問題になりそうですね。要は「応援したい企業=儲かりそうな企業」であれば何の問題もない、ということになります。たとえ短期的には利益が出せそうになくても、長期的には儲かりそうだ、という場合も問題ないでしょう。要するに、投資家としてのシビアな視点で見て、応援したい企業と儲かりそうな企業とが一致する分にはいいのですが、そうでない場合が問題だと思うわけです。


例えば、誰かから事業用の借金(あるいは出資)を申し込まれたとして、相手にお金を貸す(あるいは出資する)かどうかの基準について考えてみるのが一番いいかもしれません。そのときの判断基準として、「人がよさそうだから」「お金をないと会社がつぶれてしまって相手と従業員がかわいそうだから」「なんとなく応援したくなる人だから」とかいう理由でお金を出したりしてはいけない、というのと同じ理由です。この場合検討すべきことは「貸したお金(出資したお金)が本当に返ってくるのか?」「返済計画(あるいは事業計画)はしっかりしているのか?」「財務状況に不安要因はないのか?」などなど、非常に厳しい目でチェックするはずです。そして、そうしたことにちょっとでも不安があれば決してお金を出してはならない、ということになります。これが「投資家としての視点」つまり「儲かりそうかどうか」ということになります。

一方、相手の返済能力・事業者としての能力に不安があっても、それでもなおどうしても「相手を応援したい」と思うのであれば、損得勘定を抜きにして「お金を出したが最後、もう帰ってこないことを前提にして、いっそのこと相手にお金を贈与してしまえばよい」ということになります。これはこれで立派なことであるには違いはないのですが、「応援したい相手ではあるが、儲かりそうではない」ということになります。これはもはや投資家としての視点ではありません。

どちらがよい・悪いの話ではなくて、投資家であるならば、あくまで徹底したシビアな視点で検討すべきだということですが、私の文章が下手なせいで、なかなかニュアンスが伝わりにくいようです。
・・・これでもまだわかりにくいかもしれませんが、基本的に文章が下手ですのでそれもやむなし。(-_-;)
【2006/10/22 07:44】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


一つ書き忘れてました。

>空色さん

「マネーの公理」は私も以前本屋さんでみかけたときには同じような印象を持ちまして、それゆえに興味を持たなかったのですが・・・。
なるほど。内容的には少々奥が深そうな感じですね。
【2006/10/22 07:54】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


masaさん。どうも!
私の場合はファンド中心ですので1企業というより1セクターになりますがmasaさんの意見に賛成です。
「儲かりそうだから、応援したい。」が本音です。
儲かりそうもないセクターを応援できません。

そもそも応援したい動機はなんでしょうか?
たぶん将来性や収益性など。。やっぱり儲かりそうだからではないでしょうか?
普段の生活で身の回りで使用している製品、商品だから馴染みがあるということもあるでしょうが、
本人が余程のこだわりで使用している製品以外は、他の人も使用している製品だと思います。
ということはかなりの人気商品ということです。
人気商品=儲かる となるのではないでしょうか。
本人が気に入って使用している=良い製品=将来性がある。ではないでしょうか?

保険の勧誘じゃあるまいし、付き合いで投資している人はあまりいませんよね。
本来保険だってそんな動機で加入するものではありません。
【2006/10/22 12:51】 URL | スマイリー #TMk8PTho [ 編集]


masaさんがおっしゃているように、「応援したい企業」の定義が問題だと思います。

「応援したい」の意味が、プロ野球のひいき球団のように主観的に応援したい企業という意味であれば、これは、投資ではなく、道楽です。

「応援したい」の意味が、社会的に有意義なサービスを提供しているので、自分の利益とは無関係に応援したいというのであれば、これは、投資ではなく、寄付や慈善事業です。

従って、「応援したい企業」の意味は、社会的に有意義なサービスを提供しているのに認められていないので、株価は割安のまま放置されており、出資してやれば世の中の役に立つし、自分の利益にもなる可能性が高い、そのような企業という意味と解釈すべきでしょうが、これは当たり前のことです。

とすると、「応援したい企業の株を買え」というのは、むしろ、「応援したくない企業の株は、たとえ利益が上がりそうでも買うな」という消極的な解釈に意味を求めるしかないように感じます。

個人的には、応援したいかどうかという主観は、投資判断から取り除くべきだと思います。投資対象が企業だともっともらしく聞こえますが、投資対象が商品や外国(海外ETFなど)の場合、別に投資対象を応援したいわけでないことは明らかだからです。
【2006/10/23 22:43】 URL | PALCOM #- [ 編集]


みなさんのご意見、いろいろ参考になります。masaさんやPALCOMさんが例に出されたケースはおっしゃるとおりだと思います。

私の考えは、そもそも「儲かりそうかどうかなんて分らない(分ったら苦労しない)」というのが起点にあります。よく云われるようにサルがダーツで選んだ銘柄を買ってもいいのですが、それだったら「応援したい企業」を買いたいなーと考えるわけです。
この「応援したい企業」というのも、○○ファンクラブみたいな熱烈な気持ちではなく、業種分散を考えて空運業から1銘柄買うとなったときに「マイレージ貯めてるから」くらいの軽い気持ちでANAを選ぶことだったりします(^^

個人的には「アセットアローケーション」「分散投資」「長期バイ&ホールド」というスタイルはかなり重視してますが、個別銘柄選定や投資タイミングについては超テキトーに決めてます。。。
(30年後も存続してそうな会社が前提ですので、四季報読んでヤバそうな会社は流石にパスします)
【2006/10/24 22:14】 URL | タロット #- [ 編集]


みなさん、コメントありがとうございますm(__)m

>>スマイリーさん


>「儲かりそうだから、応援したい。」が本音です。

まあそういうことですね(^^)
私も最初から記事でこういう表現にすればよかったのでしょうけど、どうも文章力がないもので抽象的な書き方になってしまいました。
例えば、現在は先行投資や負の資産の処理などで赤字ではあっても、将来は大きく儲かりそうな企業も「今は赤字で大変だが、将来は儲かりそうだから応援したい」ということになりますね。

>人気商品=儲かる となるのではないでしょうか。

おっしゃるとおりですね。
これは余談になりますが、投資の場合はやっかいなことに人気企業の場合すでに割高であることが多いのに加え、いい商品であっても一時的なブームで終わってしまうこともあるから悩ましいところではありますが・・・(-_-;)


>>PALCOMさん

プロ野球のひいき球団といえば、村上ファンドと阪神電鉄の騒動の時に、阪神タイガースファンが「阪神タイガースを金儲けの道具にするな」といっていましたが、これが「応援したいこと」と「投資すること」の違いを如実に表しているような気がします。

>個人的には、応援したいかどうかという主観は、投資判断から取り除くべきだと思います。

これが私の一番言いたかったことの一つでして、PALCOMさんと全く同意見です。「応援したい」などというのは、むしろ正確な投資判断を阻害する原因になってしまうような気がします。

>>タロットさん

再コメントありがとうございます。
うーむ。確かにその通りで、どれが儲かるのか事前に知るすべはないのですから、適当に選ぶというのもまたひとつの方法なのかもしれません。そういう意味では、確かに「応援したい企業」でもいいのかもしれません(^^)

・・・なんだか矛盾したコメントになってしまうのですが・・・「結局、どれが儲かる企業なのかがわからないわけだから、どうせなら応援したい企業」というのも一つの考え方なのでしょうね。まあ、それでも分散投資することが大前提でしょうけど・・・。


ちなみに、今回のこの話題、またあらためて取り上げることがあるかもしれませんので、今日はこれだけにとどめておきます(^^)
【2006/10/25 21:13】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/188-8d98b643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。