プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資を趣味にできない理由
ここ数回、「投資が好きではない」「応援したい企業よりも儲かる企業」などといったことを書いてきました。こういったことに対して、ある程度の反論があることは予想していたことではありました。
では、なぜ私が投資に対してこうしたことを書いたのか。今日はそのことについて、より詳しく書いてみます。


私自身は、以前から何度も書いているように、家計管理であれ投資であれ、それらは事業としてとらえるべきだ、という考え方をもっています。そしてそうであるならば、家計管理にしても投資にしても非常に厳しい目で見るべきである、というのが私のお金に関する基本的なスタンスです。

投資に関して言うならば、それは決して趣味で行うべきものではないと考えているのは、投資というものに対して私自身が非常に厳しい見方をしているからです。投資は決して慈善事業ではなく、冷徹な視点で利益か出るかどうかを判断するわけですから、それも当然のことだと考えています。

実際のところ、たとえアセットアロケーション(資産配分)を考えるだけとはいえ、それでもなお常に試行錯誤が続いています。円建て資産と外貨建て資産をどのような比率にするか。各資産クラスにどのように振り分けるか。具体的にはどのような商品を組み入れ、長期的にどのような積み立て方法でポートフォリオを構築するのか。上昇局面・下落局面になった場合にはどのような積み立て方法でリバランスを行うのか。生活防衛資金はどれだけ確保すべきか・・・。。
普段はほったらかし投資とはいえ、それでもなお、「これで安心」という状況にはほど遠いのが現状です。私の場合、本業からの収入がそもそも少ないわけですから、投資というものにたいして「趣味や道楽」といった視点ではどうしても取り組めないのです。そこには、投資を楽しむなどというお気楽な発想は微塵もありません。何といっても、投資の運用成績いかんで今後の人生に対して大きな影響を与えることになるからです。



一般的な株式ファンドの場合、たいていは1万円からの投資が可能ですが、私にとってはたとえ1万円の積み立て投資であっても決して馬鹿にはできません。節約・貯金を長く行ってきた中で、その「1万円の重み」(むしろ1円の重み、と書いた方が適切かもしれません)というものをよく実感しているからです。投資信託のうたい文句として「1万円から気軽に分散投資」というものがありますが、私にとって1万円という金額は気軽に出せるような金額ではないのです。投資資金がかなり大きくなった今でも、それは決して変わることがありません。



そして同時に、積み立てた投資資金の1万円が将来生み出すであろう価値もまた馬鹿にはできません。だからといって、もちろん利益が出るとも限りません。損失を出してしまう可能性も十分にあるのです。利益の可能性と損失の可能性。そのギリギリのバランスの中での投資判断です。
かつて私は、株式投資というものがこの世にあるということを知ったとき、「そんなものはしょせんは金持ちの道楽ではないか」と考えていました。一部のお金持ちたちが「趣味でお金を右から左へ動かしてお金を稼ぐもの」だと考えていたのです。その頃は、まさか自分が投資の世界に足を踏み入れることになるとは思いもよりませんでしたが・・・。しかし、自分が実際に投資を始めるにあたって、「とても趣味や道楽ではやっていられない」と思ったのもまた事実です。


よく、「投資をするなら余裕資金で」といわれます。しかし、私は投資に当てている資金に関して、これまで「余裕資金」とは呼ばず「投資資金」と呼んできました。私には「余裕のある資金」などないからです。それは常日頃の節約・貯金によって貯めてきた汗と涙の結晶であり、とても余裕資金などと呼べるような性質のものではありません。投資資金は決して余裕資金などではなく、投資という明確な目的のために、少ない収入の中から乾いた雑巾を絞るような節約生活の中で捻出してきた貴重なお金だからです。


私が、「投資は好きではない」と書いた理由。そして「応援したい企業より儲かる企業」と書いた理由。それは、私にとっての投資というものが、文字通り自分の将来の運命を決定づけるものだからです。単なる趣味や感情論で投資を語ることなど私には到底できないのです。そして、自分の運用手腕の稚拙さなどのつまらない要因によって、自分の将来の経済状況が左右されることなど決してあってはならないと思っています。

私がコア・サテライト戦略を採用した最大の理由もまた、そこにあります。中核となるインデックスファンドで市場平均並みの運用成績は保証されます。その上で、ポートフォリオ全体から見ればごく一部に過ぎないサテライト(衛星)部でアクティブファンドと個別銘柄によりアクティブ運用を行おうというわけで、ポートフォリオの大部分を占めるインデックスファンドの部分には運用技量の能力差など入り込む余地がありません。

実際のところ、100%完璧な運用などありえません。それでもなお、一定の運用成績を収めるためにとったのがコア・サテライト戦略であり、国際分散投資というわけです。


最後に本日のまとめ。

私にとっての投資というものは、趣味でおこなうべきものでもなければ、「応援したい」などという感情論で行うべきでもないということです。可能な限りリスクを押さえ、ただひたすらに利潤を追求しようとする、恐ろしくシビアな判断を求められる行為だからです。いつも書いている「上昇相場でも決して浮かれることなく、下落相場でもパニックになることなく」というのは、まさにそうした私の信念が下地になっています。どんな局面であっても冷めた目で沈着冷静に対処するということ。それができないのであれば、投資などする資格などない、と私はいつも思っています。




この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/10/26 23:33】 | # [ 編集]


初めましてUと言います。
運用会社でバックオフィス勤務です。

まず、masaさんのように真剣なお客さんがおられることが解り身の引き締まる思いです。しかし、僭越ながらmasaさんはプロ(投資で顧客から食べさせてもらっている)ではないのですから、もう少し肩の力を抜いても良いかと思います。ここから述べるのは私の雑感です。
①投資は趣味ではない
これは同感です。トレードや投資理論の研究に麻薬のような快感を感じるのであれば、本業にするべきで転職or独立するべきです。
②投資は余裕資金で
この本質的な意味は「金持ち喧嘩せず」で無理や無茶は良い結果をもたらさないので、お金儲けしたければ精神的、金銭的な余裕が第一ということでしょう。
プロの中でも無理なポジションを取りすぎて髪がまっ白になったり、円形脱毛症になって心や体を壊して辞めていく人は珍しくありません。
③応援したい企業に投資をする
この意味も「資本家としての見方が大事である」という気がします。
経験則上、経営者でもない他人が「儲かりそう」と解るビジネスプランや経営戦略はたいしたことないことが多いです(見方が短期的になり易いんだと思います)。
ロジックで理解できる話は相場に織り込まれているが、直感や感性による新しい見方や判断は相場的に価値があるケースが多いということでしょう。

雑感でスイマセン。


【2006/11/08 11:12】 URL | Uさん #- [ 編集]


Uさん、初めまして。
運用会社勤務の方からコメントを頂けるとは光栄です。
その上、非常に長いコメントをありがとうございました。

雑感を読ませてもらいましたが、確かに全ておっしゃるとおりですね。
以下、文章中の一部についてコメントさせていただきます。

>もう少し肩の力を抜いても良いかと思います。

この記事については、少々大げさに書いてしまったかな?と思わないでもないのですが、気持ちの上では真剣である、ということを書きたかったのです。
肩の力は十分に抜いているつもりではいます(^^)

>この本質的な意味は「金持ち喧嘩せず」

そうですね(^^)
私としてはどうも「余裕資金」という言葉にカチンときてしまうので、こういう表現になってしまったのです。精神的な余裕に関しては、積み立てによるのんびり投資が基本ですから、そういう意味では「気持ちの余裕」は十分に持っています。

全体的に、私の文章の書き方が硬すぎたかもしれないですねぇ。

【2006/11/08 21:00】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/189-b88ca640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。