プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資家の「仕事」とは何か?
投資によって得られるお金というのは「不労所得」の代表といってよいでしょう。しかし、投資家というものは働かないでお金を稼いでいるわけではありません。本当は、非常に重要な仕事をしているのです。そしてそれは投資家でなければできない仕事。
では、その仕事とは何でしょうか?それは・・・


「リスクをとる」という仕事です。


投資家の仕事とはリスクをとること。当たり前の話なのですが、投資を長くやっていると案外忘れがちになってしまいます。これまで「物理的な労働だけが金儲けの手段ではない」ということは何度か書いてきました。投資家というものはまさに「リスクを負う」という仕事をすることによって、その対価として報酬を受け取るということになります。より大きなリターンを得ようと思うなら、より大きなリスクをとる必要がどうしても出てきます。市場というものは、基本的にただ乗りを許さないからです。


さて、ここで一つ注意点。大きなリターンを得るためには、大きなリスクをとる必要があるとはいっても、リスクが大きいからリターンが大きいとは限りません。リスクばかりが高くてリターンは低いということも十分にありえます。両者のバランスをとることこそが一番重要であることはいうまでもありません。そして同時、このリスクとリターンのバランスをどうとるかこそが投資家の手腕の問われるところでもあります。



そして同時に、私にはもう一つ重要な仕事があります。それは何かというと・・・


「できるだけ何もしないようにする」という仕事です。


これはインデックスファンドメインの投資家なればこその仕事であるといえるかもしれません。「何もしないことを仕事と呼べるのか」ということになりますが、実際のところ、この「できるだけ何もしない」というのは、インデックスファンドをメインとした国際分散投資をしている限りは十分に当てはまるのではないかと思います。何もしなければ、市場平均に負けない運用成績が出せるのに、よけいな売買をしたがためによけいなコストがかかってしまったり、あるいは絶好の上昇相場のチャンスを失って、結果的に市場平均を下回ってしまってはさっぱりダメだからです。

普通、試験などの場合、たとえ平均点程度といえども、それなりに勉強しないと点数はとれません。しかし投資の世界では、何も努力しなくても、何も勉強しなくても「インデックスファンドで国際分散投資を行い、ただひたすらに持ち続ける」というたったそれだけのことで、平均点は確実にとれてしまいます。

これは投資の世界に特有の特徴だという気はします。アクティブファンドのファンドマネージャーは必死になって企業分析をして投資をしているというのに、結果としてアクティブファンドの大半がインデックスを上回ることができないというのは皮肉としかいいようがありません。

とはいえ、我々個人投資家はそのメリットを最大限に生かすべきだと考えます。私自身、インデックスファンド以外にアクティブファンドも持っていますし、今後個別銘柄投資も行っていく予定なわけですが、それでもポートフォリオの中核はインデックスファンドであることに変わりはありません。投資判断における労力というものを考慮するならば、「ただインデックスファンドに投資して、余計なことは何もしない」という投資戦略こそが最強の戦略ということになりそうです。

そして同時に、この「何もしない」という退屈な投資法ゆえに忍耐力が要求されるのもまた事実ではあるのですが・・・。しかし、この地味な投資方法のおかげで、これまで損失を出さずに済んでいるというのは確かなことだと思っています。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

こんばんは。リンクありがとうございました。
そうですね~、インデックスのバイ&ホールドの場合は、基本的に、「何もしない」のがいちばんだと思います。
個別株投資の場合、「できるだけ何もするな」と言うのは「「できるだけ売買はするな」という意味で、企業分析には多くの時間を割く必要があります。仮に個別株をバイ&ホールドする場合でも、リスク管理のためには定期的に(少なくとも四半期決算ごとに)投資銘柄をチェックし続ける必要がありますし。
【2006/11/01 00:17】 URL | 空色 #RbQi3znE [ 編集]



空色さん、コメントありがとうございます。
「できるだけ売買するな」というのは、売買コストを最低限に抑えるという意味では重要ですね。
私の方も、今後個別銘柄投資に向けて勉強を開始するつもりなので空色さんのブログを参考にさせてもらいたいと思っています。今後ともよろしくお願いします。

【2006/11/01 20:46】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/190-f8ad7f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。