プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして労働者は資本家を目指す
前回の記事サラリーマンであると同時に投資家であることの重要性では、雇われ従業員という立場だけではなく、投資家というもう一つの顔を持つことの意味について書きました。今日は、そのことについてもう少し書いてみます。まずは私が目指すところについて書いておきます。それは・・・


目標とするところは資本家である


ということになります。まあ、資本家というのはやや(かなり?)大げさですが、イメージとしては資本家ということがぴったりきます。なぜ単なる労働者ではダメなのか、ということになると、その理由は簡単なことです。それは・・・


労働者としての収入にはおのずと限度があるから


ということです。雇われ従業員の場合、一般的に「○○という業務に対しては、一時間いくら」という風に決められています(一ヶ月いくらとか年間いくらとかの期間の違いはありますが、基本は同じです)。そうであれば、いくら努力してみても、収入が劇的に増えることはない、ということになります。単純な話、必死になって仕事をこなして以前の10倍もの利益を会社にもたらしたとしても、収入が10倍になることなどまずありえません。まあ、大抜擢されて最終的に高給取りになれる可能性がないわけではありませんが、それとて「能力を正当に評価してくれる素晴らしい上司や経営者」に恵まれれば、の話です。現実には、ボーナスに多少の上乗せとか、もしくは表彰状と金一封くらいがせいぜい、というところではないでしょうか?
ヘタすると、安い給料で一生こき使われるだけ・・・ということになる可能性もなきにしもあらず。
雇われ従業員の最大のデメリットは、自分のことを自分で何一つ決めることができない、という点だという気がします。給料も、休日も、仕事内容も、そして勤務地に至るまで全て経営者の言われるとおりに従うしか道がありません。雇われ従業員は所詮は「単なる飼い犬」でしかないという気がします。ただ単に「経営者という名の飼い主」に忠実でありさえすればよいわけで・・・。


対して、投資による収入には上限がありません。持ち株数が多くなればなるほど、もらえる配当金も大きくなります。株価が何倍になることだって珍しくありません。また、たとえ少ない積み立て投資であっても、長期に渡る複利運用を行えば、すさまじいペースでお金を殖やすことができる可能性があります。個人投資家であれば、運用方針・運用期間・投資対象・投資金額など、全てを自分の意思で決めることができます。そこには「組織のしがらみ」は何一つとしてありません。

「会社が儲かっても、従業員という個人は低賃金のままで儲からない」という時代においては、単なる雇われ従業員という立場だけではなく、投資家という「資本家の立場」に立つことによって、大きな資産形成を目指すことが重要であると考えるわけです。従業員という安定収入を得られる立場で投資資金を捻出し、今度はその貯めた投資資金をつかって資本家を目指す。そしてその先には「経済的自由」が待っています。私としては、この好循環を作り出す努力を今後とも継続していきたいと思っています。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

こんにちは。趣旨に賛成です。

趣味的な話ですが、個人的には、
 資本家・・・ビジネスで利益を得る人(ゲイツ)
 投資家・・・トレードで利益を得る人(バフェット)
 資産家・・・資産からの収入で生活する人
 個人投資家・・・金融商品を購入する勤労者
かな~と思っています。特に根拠はありませんけど・・
【2006/11/09 17:06】 URL | 空色 #RbQi3znE [ 編集]


空色さん、こんにちは。

非常に適切な例ですね(^^)

私の方は、労働者とは敵対しがちな存在という意味で、資本家と言う言葉を使いました。労働者VS資本家というイメージが一般的だと思うからです。しかしながら私としては、対立するのではなく双方のメリットを得よう、という発想なわけですね(^^)


【2006/11/11 11:27】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


労働者vs資本家という一般的な概念から、資本家は強欲だという感じがよくありますが、何か抜けてる感じがするんですよね。

基本的に、力関係からすると

投資家→資本家→労働者なんですよね。これは一つの事実でしょう。

元から富裕な資本家なんて実はそう多くなくて、ほとんどは「投資家」が「資本家」に資産を預けてそれを増やすように求めてるだけなんですよね。

しかし、独力のみで資産を増やせる「資本家」はほとんどいないため会社を作って「労働者」を使って資産を増やしているわけです。
人によっては、どんな手段を使っても…仮に「労働者」を過労死させたとしても「投資家」との契約を思えばさしたることではない…というのが「資本家」の本心、現実ではないでしょうかね。

ここで「労働者」が別な「資本家」に対する「投資家」になるとすると、お金の循環する様が見えてきますね。そうやって経済がうまく回っていけばいいと思います。
【2011/10/29 15:30】 URL | ばしくし #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/193-ae75aa7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。