プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀行や証券会社は、「客が欲しがるもの」を提供しているという事実
先日、某ソーシャルネットワークの投資信託コミュニティを見ていて気づいたことがあります。それは何かというと、毎月分配型ファンドとか、手数料の高いアクティブファンドとか、どう考えても「お買い得とは思えないような投資信託」がかなりの人気になっている、ということです。これは非常に意外なことでした。これが一般の個人投資家の方々の認識なのか?と・・・。私自身も、確かにアクティブファンドを保有してはいますが、あくまでもポートフォリオのメインは低コストのインデックスファンドがメイン。また、数多くの投資系ブログでは、毎月分配型の問題点とか、アクティブファンドの高すぎるコスト・そしてその割にはふるわない運用実績の問題などについてもいろいろと記事が書かれています。常日頃からそうした投資系ブログを読んでいると、「当然、投資について学んでいる一般の人たちも、そうした金融商品についての問題意識を持っているのだろう」と思っていたのです。何しろ、ネット上には優れた情報もたくさんあるのですから・・・。

私の認識としては、毎月分配型ファンドとか高コストのアクティブファンドといったような商品を買うのは、インターネットを使っていない・あるいは苦手としているような層の人たちだけが買っているのではないか、と勝手に思っていたのです。しかし、現実にはそうではないのだ、ということをあらためて認識したというわけです。
さて、ここでふと思ったことがあるのです。それは何かというと、今日のタイトル通りなのですが、


銀行や証券会社といった金融商品の売り手側の方は、少なくとも、「顧客が欲しがる商品」を提供しているのだ

ということなのです。私には、どうしてこうも「顧客にとってはあまり有利とはいえない(はっきり書いてしまうならば、明らかに不利な)金融商品」ばかりを売りたがるのかがどうしてもわからなかったのですが、これでようやくその理由の一つがわかったというわけです。顧客がこうした商品を欲しがるというのであれば、それを供給してやればいいわけですから・・・。


結局のところ、世の中に問題のある金融商品が次から次に生まれてくるのは、それを購入する顧客自身にある、ということになりそうです。


最近人気のリスク限定型投資信託にしても、それを望んで買う顧客から見れば、さしずめ「リスクを抑えられるこんな商品を待っていたのだ」ということなのでしょう。そうであるならば、そうした商品を開発・販売する側から見れば、「我々は顧客のニーズに合った商品を開発・販売しているのだ」ということになります。


ということは、本当に優れた投資商品を世に送り出すためには、われわれ個人投資家が、「本当に優れた投資商品しか買わないようにする」ということがぜひとも必要になってきます。そのためには、金融商品を選ぶ上で「見せかけだけの有利さ」に惑わされないだけの投資家としての力量を身につけること。そして、そうした投資家を増やすために、「売り手側ではなく、投資家の立場に立った真の投資家教育」こそが必要なのだと思いますね・・・。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
そのとおり!
本当にそのとおりだと思います。
無邪気に郵便局の高コストFOFを購入している人たちがたくさんいるのは、驚きを通り越して、哀しささえ感じます。

今の日本には、「投資家の立場に立った真の投資家教育」が求められており、masaさんのブログのような良質な投資情報が書かれている個人ブログが果たす役割も大きいと思います。

私たちが皆で求めない限り、本当に投資家の役に立つ良い投資商品は提供されないのだと思います。
僕も微力ながら、自分のブログで情報発信していきたいと思っています。
(前に言っていた「構想」は頓挫したままですが…汗)
【2006/11/11 18:12】 URL | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA [ 編集]

ボクも全く同じことを感じました。
こんにちは。
ボクも日本を代表するSNSサイトの例のコミュニティの中味を見たときは、腰を抜かしそうな気分になりました。
郵便局の投信、毎月分配の投信、手数料たっぷりのエマージング市場向け投信を多くの若い人が購入していること。分配金の多寡、基準価格が騰がった下がったなどが話題になっていること。などは完全に売り手ペースで買わされているな、という印象を持ちます。
ただ、一方で手数料、コストなどへの注目が少しずつ出てきているようにも感じます。
とはいえ、投資家が学習することの必要性を強く感じます。
【2006/11/11 18:30】 URL | renny #- [ 編集]

同感です
理論的に不利な商品でも、これだけ売れているのは、世間一般のニーズが強いからなのでしょう。実は、これは証券会社のマーケティングが上手いからというよりも、人間心理の本質的弱さの影響なんだと最近考えています。(昔から「朝三暮四」という言葉がありますね)
毎月分配型などは、目先の"おこづかい"に弱い人には心地よいのでしょうね。

masaさんや水瀬さん、rennyさんのような良質なブロガーが増えてきたり、書店でも内藤本や山崎(元)本、藤田本、朝倉本など、日本人著者の読みやすい本が手に入るようになったりと、少しずつ環境が変わってきましたが、まだまだしばらくは投資商品は玉石混同の時代が続くと思っています。

個人的には、(勉強している投資家が報われるという意味で)ある程度の玉石混同状態が継続するのを実は望んでいたりもします(^_^;) 証券会社も利潤を追求する以上はどこかで儲けないといけない訳で、まんべんなく儲けるよりも、(大衆に)人気のあるファンドでドカンと儲けてもらって、インデックスファンドなどの不人気ファンドは原価トントンで。。。 って、自分勝手な考え方をしてます。
【2006/11/11 19:22】 URL | タロット #- [ 編集]


真の投資家を目指していない人も多くいるのではないでしょうか。
単に刺激であったり、ギャンブルの一環だったり、趣味だったり。
本当に儲かるかどうかよりは、儲かるといいなという感覚。
宝くじが売れるのと同じですね。
【2006/11/12 08:20】 URL | ムムリク #- [ 編集]


販売側の決まり文句は、「リスク資産での運用経験が少ない方は、まずは、投信から始めてはいかがでしょうか?」ですね。

一見正しいようですが、「リスク資産での運用経験が少ない方は、まずは、インデックスファンドから始めてはいかがでしょうか?」というべきですよね。市場平均より負けることがありませんから。

販売業者の決まり文句は、一見すると正しいけれど、ちょっと深く考えると論理的に誤っているということが殆どです。




【2006/11/12 12:28】 URL | PALCOM #- [ 編集]


こんにちわ。はじめてコメントいたします。
まったくそのとおりですね。
まだ日本では投資・資産形成に対する認識が不足していますね。
米国ではインデックスファンドに対する認識が広まっていると思うのですが
401k導入とバンガード出現があったからでしょうか?
日本でも全企業401k導入を実現させてほしいものです。
全国民が投資に対して考えるようになれば状況は変わってくると思います。
【2006/11/12 13:13】 URL | w3zero7 #- [ 編集]


投信のコストやリスクを考えて買っている人は少数派だと思います。
圧倒的多数なのは、銀行に言うがままに買っている人たちです。
みなさんはリスク商品なのに考えもせずによくもそんなものを買うよなと仰いますが、
銀行の信頼感というのは、特に年配の方々に未だに根強いんですよ。
証券会社の言うことには耳を貸さないが、銀行の言うことには耳を傾けてしまうんです。
銀行は破綻が相次いだにもかかわらずこんな状況ですから、
銀行よりもさらに信頼感が強い郵便局が売り出して、やっぱりみんな買っていますからね。
こんなはずじゃなかったという年配の犠牲者は増えるでしょう。
そういう人たちに対しては投資家教育よりもまずリスク説明のほうが大事だと思います。
【2006/11/12 21:46】 URL | T #ZxLhLQ22 [ 編集]


皆様方、コメントありがとうございます。それにしてもすごいコメント数です。
みなさんもやはり同じような思いを持っておられるようですね。

>>水瀬さん

「郵便局だから安心」と多くの方が誤解しているのでしょうか。本当は、そんなはずはないのに・・・。


>(前に言っていた「構想」は頓挫したままですが…汗)

まあのんびりと取り組めばよいのでは?(^^)
水瀬さんの場合、ブログだけで十分に貢献していると思いますよ。
私も、細々とですが、ブログで強く訴え続けるつもりです。

>>rennyさん

一般投資家の認識もまた二極化しているように思えますね。「売り手ベースで買わされている投資家」と「売り手側の論理には決して惑わされない投資家」という具合に。しかし、現状ではまだまだ未熟な投資家が多いのが現状のようですね。
最後にもう一言。再びトラックバックありがとうございましたm(__)m
みんなで力をあわせて、「個人投資家本位の投資教育」を目指しましょう! (^o^)/


>>タロットさん

毎月分配型が若い人にまで人気があるのは長期に渡る資産形成ではなく、タロットさんのおっしゃるように「目先の小遣い稼ぎ」が目的の人が多いということなのでしょう。投資というものを「単なる小遣い稼ぎ」というような視点で捕らえるようではダメだと思うのですが・・・。
私も、優れた投資本や、水瀬さん、rennyさんといった高品質の記事を書いておられる良質ブロガーさんたちには大きな期待を寄せています。

>>ムムリクさん

初めましてm(__)m

確かに宝くじ感覚なのかもしれません。これが大半の個人投資家の現状だとするならば、これはもはや投資家と呼べるような代物ではないなあ、と思ってしまいますね・・・(-_-;)


>>PALCOMさん

お久しぶりです(^^)
その通りですね。「一見正しく見えるが、論理的には間違っている」というのが投資の世界ではまかり通っています。それを見抜くことができる力を養うことが必要ですし、それができないならば、投資は危険なものでしかないと思います。

>>w3zero7さん

初めまして。
日本における投資に対する認識は非常に歪んでいるような気がします。ちゃんとした投資理論や知識を持っている人というのは、実は少数派なのが実情なのかもしれませんね(-_-;)
米国でのインデックスファンドに対する認識がどうやって広まったのかは残念ながら知識がないのでお答えできないのですが、w3zero7さんの言われるように、やっぱりバンガード社の力が大きいのではないかと自分では思っています。


>>Tさん

コメントありがとうございますm(__)m

>銀行の信頼感というのは、特に年配の方々に未だに根強いんですよ。

年配の方々については、まさにおっしゃる通りです。逆に言うと、銀行や郵便局は、その信頼感を悪用しているようにも思えます。これはさすがに言い過ぎなのかもしれませんが・・・。それでも、やがては出てくるであろう「こんなはずじゃなかったのに・・・」という声のことを考えると、どうしてもそう思ってしまいます。
投資教育以前にリスク説明の方が重要だというのは確かにそうだと思います。とはいうものの、私としては、リスクというものを真に理解するためには一定レベルの投資教育が必要ではないのかな?と思うのですが・・・。もしかしたら私の認識の方が間違っているんでしょうか・・・。

--------------------------------
さて、ここで今回の記事に対する補足です。

記事での書き方が不十分だったかもしれないのですが、私が今回驚いたというのは若い方々(おそらく20代から30代くらいの方が多いのではないでしょうか?)が、明らかに購入者側にとって不利な商品を買っているという事実なのです。これが高齢者の方々であるならば別に私も驚きはしません。
今回取り上げているのは、その中でも、記事の最初にも書いたように、ソーシャルネットワークに積極的に参加している方々、すなわち


「情報を単に閲覧するだけではなく、積極的に書き込みなどを行っている若い年齢層の人たちが、問題のある金融商品を買っているという事実」


なのです。この層の人たちは、年齢的に若いだけでなく情報リテラシーも高いものと思われ、したがってインターネットで情報を集めることも得意なはずです。そうであるにもかかわらず、資産形成には不利と思われるファンドを平気で買っているという事実・・・。この点を問題にしているというわけですね。

この話題も、またそのうち続編を書きたいと思っています。


【2006/11/13 21:24】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


郵便局の投信については基本的にボッタクリなのですが,もしかしたら分配型投信も若年層利用価値があるのでは・・。という観点からエントリーしてみました。

PS:基本はインデックス投資が当然なんですけどね
【2006/11/13 22:14】 URL | にじ@hisa #- [ 編集]


にじさん、コメント&トラックバックありがとうございます。
今回のコメントについては、あとでにじさんのブログの方につけさせていただきます。
【2006/11/14 21:08】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


コメント拝見いたしました。

やはり苦しいですね^^; 
とかく非難されがちな分配投信をがんぱって使い所を見つけてみようと試みたんですが。。^^; 

そんな私は海外ETFをどうしようか思案中です・・。
【2006/11/15 08:46】 URL | にじ@hisa #- [ 編集]


にじさん、コメントありがとうございます。
また、にじさんのブログの方にコメントしますね(^^)


【2006/11/15 20:25】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


最近インデックス投資について、どうあるべきなのか、いろいろ考えていたのですが、書いた記事をトラックバックさせていただきました。
お手すきの時にでもご覧いただければ幸いです。
【2006/12/29 18:41】 URL | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA [ 編集]


>>水瀬さん

コメントありがとうございます。
インデックスファンドに関しては、水瀬さんの記事にある通りでしょうね。メジャーすぎず、マイナー過ぎず、というのが一番ベストだというのは確かにその通りでしょう。

とはいうものの、私自身は別にインデックスファンドがメジャーでもマイナーでもどちらでもよいという考えなので水瀬さんのブログへのコメントは差し控えさせていただきます(^_^:)
私がインデックスファンドをポートフォリオの中核に据えている最大の理由は、アクティブファンドは下手な運用をしているものが多いように思われ、消去法で消していくとインデックスファンドしか残らなかった、というのが本当のところだからです。

私自身はインデックスファンドに特別な思い入れがあるわけではありません。

一方で、アクティブファンドへの期待も多少はあり、それゆえにアクティブファンドも保有しているわけですけどね・・・。我ながら大いなる矛盾ではあるのですが・・・(-_-)
【2006/12/30 15:44】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/194-ebc81987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

真の投資家教育

またmasaさんのブログ貯金生活。投資生活。のエントリを紹介させて頂きます。銀行や証券会社は、「客が欲しがるもの」を提供しているという事実実はボクも某SNSサイトの「投資信託」のコミュニティ(4,000人以上が登録しています。)に最近加入してmasaさん同様、愕然という rennyの備忘録【2006/11/12 09:16】

郵便局の投資信託~野村世界6資産分散投信~

最近近くの郵便局でも投資信託の取り扱いが始まりました。相変わらず売り上げも好調なようです。そこで郵便局の投資信託で「これならば・・」と言う商品(『野村世界6資産分散投信』)を取り上げてみたいと思います。  虹の節約&資産運用奮闘BLOG【2006/11/13 22:23】

インデックス投資はマイナーであるほうがよいが、過ぎてもいけない

過去の記事、2006/12/21 なぜ、インデックス投資はマイナーなのかを考える (その5) マイナーでいい2006/12/27 しぶしぶ、インデックス投資の「本質的な問題点」を語るにおいて、「インデックス投資はマイナーで 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー【2006/12/29 18:39】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。