プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い投資家のおかしな投資
今日の記事は、過去に書いた記事、銀行や証券会社は、「客が欲しがるもの」を提供しているという事実に関連しての記事です。

本題に入る前にもう一つ。私はかつてこんな記事も書いています。

マスコミによって作られる歪んだ投資家像


しかし、ここ最近、私にはこの過去の記事である「マスコミによって作られる歪んだ投資家像」の記事の内容について、確信がもてなくなってきました。どういうことかというと、スーパーリッチな金持ち投資家と、投資で大損してしまった貧乏投資家という両極端な投資家の間にはまっとうな投資を行っている投資家がたくさんいるはずだ、と思っていたのです。


ところが、この前書いたように、某ソーシャルネットワーク内の某コミュニティ(あえて名前は出しませんので、その旨悪しからずご了承下さい)では、若い人たちが資産形成には明らかに不利と思われる毎月分配型のファンドを買って、「さて、来月の分配金はいくらになるんだろう?楽しみ!」とかいう書き込みがあったり、インドなどの新興国のファンドに投資しておきながら、短期の基準価額変動に右往左往していたり、郵便局で売られているファンドが話題になっていたり・・・。

「これが日本の若い個人投資家の一般的な認識なのかっ!?」

と唖然としてしまったわけですね。20代から30代という、これから本格的に資産形成に取り掛かる年齢層の投資家さんたちがこんな認識しか持っていないのだとすると、堅実な投資をしている投資家の方が少数派であって、大半の人が預貯金感覚で投資していたり、あるいは単なるギャンブルのような感覚で投資しているのではないか・・・?と思ってしまったのです。
・・・というか、それが事実なのでしょう。そもそも「投資家」という自覚のない人の方が多いのかもしれません。

投資信託関連のコミュニティでの発言を見ていると、分散投資とかアセットアロケーション(資産配分)とか、インデックス投資とか、現代ポートフォリオ理論といった投資において最も重要なポイントとなるキーワード(言葉・用語)がほとんど見つかりません。中にはちゃんとした投資家の方々の素晴らしいコメントもあるのですが、どうも少数派のように思えます。


「勉強している投資家」と、何も勉強していない「なんちゃって投資家」の2つに明確に分かれているようにも思えます。


「なんちゃって投資家」が発言すると、それに対して「勉強している投資家」がコメントをつける、という雰囲気も感じられます。
実は、私も何かコミュニティ内で発言をしようかと思ったのですが、正直言って書き込みをする気が失せてしまいました。ネット上には素晴らしい投資関連情報・投資ブログがたくさんあるのに、その情報は隅々までは届いていないようです。

もっとも、自分で学ぼうとはしない他力本願な投資家さんに対しては、どうしようもないのかもしれません。今後、貯蓄から投資への流れがさらに加速すれば、「自分の意思で正しい知識を学ぶ投資家」と「他力本願な投資家」との差は致命的なものとなるのでしょうね。かたや大きな資産形成、かたや大損、という具合に。

こうした状況をなんとかしないと、またいつか「投資で大損して生活が破綻してしまった」などという「自称・被害者」が続出することになりそうです。ここであえて「自称・被害者」と表記するのは、投資判断はあくまでも自己責任なので、「自分の判断の結果、自分で勝手に損をしたわけであって、決して被害者などではない」という意味あいからです。

これまでの歴史を振り返ると、「投資ブーム→大損してブーム終了」というパターンを繰り返してきた気がするのですが、今後も同じことが繰り返されるのでしょうか・・・。


何しろ、世の中にはおかしな金融商品もたくさんありますし、詐欺同然のものも少なくありません。



・・・そういえば、直接は関係のない話ですが、IP電話事業の近未来通信がなにやら大変なことになっているようですね。今回の投資家さんの損害額も例によってかなりの額になりそうです。いつか見た光景・・・・。歴史は繰り返す、というやつでしょうか。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

私は若くないですが、しっかり管理しているFX以外の投資商品は、駄目駄目投資家です。
昔から買ってあるのがほったらかして、増えてる事は増えてるんですが、いざきちんと調べて整理しようと思うと、実に億劫です。

masaさんの資産状況でずっと気になっていたのですが、最初にそれなりの外貨を買い込んだのはどういう判断からですか?
とても賢明な判断だったと思うので、理由などうかがえたら嬉しいです。
【2006/11/23 10:34】 URL | なつめぐ #- [ 編集]


書店の株本コーナーにならんだ書籍を眺めていますと、駄本の山のなかに良本が1割くらい混ざっているだけだなーと感じます。「なんちゃって投資家」と「勉強している投資家」の割合が、実はこの書店での駄本と良本の割合に近いのでは?って危惧してます。

「なんちゃって投資家」が”よし、勉強するぞ!”と書店にいっても、結局「○年で△億円儲けた私の必勝投資法」なんて本を買ってきちゃったりするのでしょう。
いきなり「ランダムウォーカー」や「敗者のゲーム」を読むのは難しいと思いますが、「貧乏人のデイトレ金持ちのインベストメント」などの良本が彼らの目に止まるためには何が必要なんでしょうかねー・・・

それにしても某SNS、投資に関してまともなコミュニティがない。。。
あったとしても、ここ3ヶ月くらい発言がなかったりします。。。
【2006/11/23 10:48】 URL | タロット #- [ 編集]


インデックで長期投資というスタイルは地味だじパンチに欠けるのでマスコミでも取り上げられないですもんね。
せめて分散投資くらいはマスコミでも流して欲しいですね。

書籍に関しては有名な「金持ち父さん,貧乏父さん」は悪い本ではないですけどね。
あれ読んだら多少なりともまともな投資をしようとするはずなんですが。。
【2006/11/23 11:39】 URL | にじ@Ray #- [ 編集]

マスコミは期待しづらいでしょうね
マスコミの多くは広告主の意向に左右されるため、「インデックスで長期投資」をクローズアップすることは難しいでしょうね。証券会社、銀行が困るようなことはしないでしょう。

「貧乏人のデイトレ金持ちのインベストメント」はボクも個人投資家必読書の1冊だと思いますが、この広告を大々的に打つのも色んな意味で難しいのかもしれません。
分かりやすい「ランダムウオーカー」、「敗者のゲーム」が出たら証券会社が買い占めるのではないでしょうか?

ところで、masaさん、リンクに加えてくださってありがとうございました。拙ブログでもリンクさせて頂きました。今後ともよろしくお願いします。
【2006/11/23 11:53】 URL | renny #- [ 編集]

狙うは捲り一発
思いますに「なんちゃって投資家」で居続ける人達は、儲かるかどうかに加えて、自覚するしないに関わらず、刺激、ギャンブル性、などの比重が高いのでしょう。
投資よりは、ギャンブルの一種として楽しみを見出しているはずです。
本当に儲けようと思う人達は、例え若くても必死に勉強しているはずです。
自身が選択していることなので「なんちゃって投資家」でも良いと思います。競輪よりは健全な感じ、しかし、やっていることは大して変わらない。ギャンブルと思えばこれまた楽しいものです。だからギャンブル性の高い商品は売れる可能性が高いと思いますし、銀行や証券会社はどんどん開発してくるでしょう。
別に皆が「勉強している投資家」になる必要はないと思います。
【2006/11/23 13:47】 URL | ムムリク #mQop/nM. [ 編集]

TBさせていただきました。
多分配投信を買っている一部の人は「なんちゃって投資」という意識もないのでは?というような情報を得たのでブログに書きました。
【2006/11/23 18:26】 URL | renny #- [ 編集]


皆さん、コメントありがとうございます。

>>なつめぐさん

私もほったらかしですが、Microsoft Moneyで管理しているため、最新価格は自動更新してくれるので非常に楽ちんです。何らかの管理ソフトを使えば解決するのでは?

外貨買い込みの件はまた後日、記事に書くことにしようかと思います。もっとも、これは運に助けられた部分も大きいのですが、そういう部分も含めて記事にします。過去の取引記録とかを見て、思い出しながら書くので少し時間はかかるかと思いますが・・・。というわけで、少々お待ち下さいm(__)m


>>タロットさん

確かに良書の数は少ないです。このことが「なんちゃって投資家」を増やしてしまう諸悪の根源なのかもしれません。ちゃんと勉強しようと思っている投資家志望者であっても、最初は知識がないがゆえに質の悪い本をつかまされる可能性は高いですね。私の場合、図書館で山のように多くの本を読んできたおかげでそうならずに済んだのですが・・・。



>>にじさん

「分散投資」という言葉自体は、証券会社の宣伝でも見かけることがありますが、そういうのはたいていコスト高の商品だったりします。「気軽に分散投資」を合言葉に、高コスト商品を売りつけようというパターンも多いですね。

>>rennyさん

おっしゃる通りで、広告主の利益に反する記事は書けないでしょう。
特に銀行に関する記事の場合、例えば出版社のメインバンクなど、取引のある銀行だったりすると、なおさら銀行に不利な記事は書けなくなってしまうのでは?(これはうがった見方でしょうか・・・?)

それと、トラックバックありがとうございました。
トラックバックに関してのコメントはrennyさんのブログにつけさせていただきました。

>>ムムリクさん

確かに、ギャンブル、あるいはゲームと割り切っている分には何の問題もないと思います。
ギャンブル性といえば、例えばゴールドマンサックスのeワラントなどは特にギャンブル性が高そうですね。小額にとどめ、単なるゲームとして楽しむ分にはいいのかもしれませんが・・・。
私の場合、資産形成を目指そうということが最大のテーマですので、そうしたギャンブルやゲームとして楽しむ、ということに対してはどうしても否定的に考えてしまうのですが・・・。
【2006/11/25 21:26】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/197-568bc80c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バニラコーク3号(2006/11/16)

masaさんのブログの若い投資家のおかしな投資を読んでいて思ったんですけど、よくわが国の政治家のレベルの低さを嘆いたりするときに「政治家のレベルは国民のレベル。政治家のレベルが低いということは国民のレベルが低いんだ」なんていったりしますが、これってテレビにも バニラコークの投資日記【2006/11/23 15:53】

猿が喜ぶ朝三暮四ファンド

しばらくぶりのエントリです。ちょっと仕事で疲れていたので休んでしまいました。最近、評論家・山崎元さんがご自身のブログのエントリ、マーケティングの付加価値と罪についてで多分配投信のことを「猿が喜ぶ朝三暮四ファンド」と名づけられいたのが印象的だったことで何か rennyの備忘録【2006/11/23 18:20】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。