プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商品内容・リスク説明を聞かない・理解しようとしない投資家
世の中には、リスク説明をちゃんと聞こうとしない。あるいはリスクというものをそもそも理解しようとしない投資家が大勢おられると思います。この前の記事、毎月分配型ファンドがよく売れる理由を理解した瞬間で書いたA氏もその一人です。


現実問題として、投資商品を購入するとき、その際に行われるリスク説明をただ単に「形式的なもの」と考えてしまう方も多いのではないか、と推測されます。


そういう投資家(?)の本音は「そんな説明なんてどうでもいいよ。もうこのファンドを買うことは決めているんだから、うだうだ言ってないで早く手続きをしてよ!」というところではないのでしょうか?


前に書いたA氏の場合、リスクをちゃんと理解できていなかったということを書きました。今日はその続きです。今回はファンドの分配金支払い通知書を最初に見せてもらったときの話をもう少しだけ書いてみます。


A氏は、ずいぶんあわてた様子だったのです。分配金支払い通知書の中の、ある項目を示してこう言いました。「この数字はいったいどういう意味だ?」と。
そこに書いてあった数字。それはいったい何か?それは・・・



その数字はファンドの口数でした。口数を金額と勘違いして、大幅に元本割れになっていると勘違いしたようなのです。そうです。A氏は、口数と金額の区別がついていなかったのです。「それは金額ではなくて口数だ」ということを説明すると、とりあえずは安心したようです。・・・っていうか、「口数の意味は知らなくてもいいのか?」と思ったのですが、当の本人は、どうやらそんなことはどうでもいいようです。


さて、よく話を聞くと、リスクどころか、商品内容も全く理解できていませんでした。REITに投資しているファンドなのに、REITが一体何なのかもわかっていなかったのです。すべてにわたってこの調子。ちゃんとパンフレットに書いてあるんですけど?それも小さな文字じゃなくて、大きな文字で・・・。ちなみに、このパンフレットにはリスク説明もちゃんと目立つところに書いてありました。少なくとも私としては、この商品の説明は非常にわかりやすいと思いました。肝心なことを小さな文字で書いているパンフレットや広告は決して珍しくないのに、このパンフレットはそうではなかったからです。にもかかわらずA氏のこの状態。


どうやらA氏は、分配金の金額以外には全く興味がないようです。



そのとき、私はこう思いました。

(・・・これはもはや投資家と呼べるようなものではない。それにしても・・・銀行や郵便局というのは、こんな人を相手にファンドを売っているのか???)

正直な話、私は商品説明やリスク説明をしたであろう銀行の行員に対してある種の同情をしてしまいました。

(こんな人が、実際に損失を出したら、銀行にクレームをつけに行くのだろうな・・・)

分配金支払い通知書も読めない。商品内容もちゃんと理解していない。リスクもちゃんと認識していない・・・。認識しているのは分配金のことだけ。これって「投資家」と呼べるんですか???
そして私は同時に、今の投資ブームというものに、ある種の恐ろしさを感じたのです。もしこんな人がたくさんいるとしたら・・・・・・、いざ元本割れになった時、投資信託が社会問題化することはほぼ確実だろう、と思ったからです。


今日の話はこれで終わりです。私もこれを書いていてうんざりしてきました。誰かなんとかしてくれ・・・というのが本音です (T_T)




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

元気を出してください!masaさんが気に病むことではないですよ!(^^;;
Aさんも、投資をしている限り、その状態で一生いられることはないと思います。おそらく、長く投資していれば、どこかのタイミングで元本割れや暴落を体験することになると思います。
ブーブー言いながらも、経験を重ねていけば、投資対象やリスクの理解は否が応でも進む……かなぁ?(言ってて自信なくなってきました)
【2006/12/23 17:20】 URL | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA [ 編集]


Aさんみたいな人、おそらくたくさんいるのでしょうが、僕はもう少し楽観的にみています。

団塊の世代というとちょうと自分の親くらいの世代になるのですが、自分の親やその周りの人たちは普通に携帯使ってメールやりとりしたりしてます。
そういう人たちが、投信を買うときに「投信に価格変動リスクがある」ことを認識しないで買うとは考えにくいです。

逆に、「お金は持っていて社会的地位もあるけど、駅の自販機でキップ買ったことないような人」とかが、いざ元本割れしたときにゴネたりしそうです(私の主観です。ゴメンナサイ)

それよりも、「変動リスク」以外のリスク、たとえば流動性リスクを知らずに取らされているような仕組預金・仕組債などで、大きな社会問題が出てこないかと危惧しています。
たとえば、安全といわれる国債ひとつとっても
「個人向け国債は1年(変動10)解約できない」
「個人向け国債以外の債券は途中で売却すると元本割れする可能性が高い。特に金利上昇局面では大きく元本割れすることもある」
というリスクを知らずに購入している人たち、多そうです。
日本の定期預金って外国の定期預金と違って、いつでも途中解約できてしかも元本が保証されている特殊な商品なんですが、国債を定期預金と同じ感覚で買っている危険な人、かなり多いんじゃないかと危惧してます。
【2006/12/23 18:07】 URL | タロット #- [ 編集]


結局個人の資質によってしますと思いますよ。ーー;
若い人でも似たような人もいるでしょうし。
ただ、心配なのはマイナスになったときにmasaさんがAさんから理不尽な応対をされるのではないか。。。ということです(泣)
【2006/12/24 08:21】 URL | にじ@Ray #- [ 編集]


私の職業上の経験を踏まえて言うと、Aさんのような方は星の数ほどいます。
契約書を読まずに契約する事業者だって五万といますから(投資とは直接関係ありませんが)。
世の中、そんなもんですよ。
【2006/12/26 01:39】 URL | 空色 #RbQi3znE [ 編集]


>>水瀬さん

そうなればよいのですが、投資対象やリスクの理解が進むと言うよりも、「やっぱり投資は危ないんだ」という認識になってしまうような気が・・・(^_^;)

>>タロットさん

まあそうですね。団塊の世代くらいですと、まだ希望は持てるかもしれません。問題なのは、そこから上の世代かもしれませんね。「銀行は安心」という幻想を持っている世代ですから・・・。
とはいえ、同世代の中でも、投資スキルの格差は相当大きいとは思います。リスクや商品特性を知らないまま投資している人は大勢いるんでしょうね・・・。実際問題として、タロットさんが書いておられるような流動性リスクの話などは特にありそうな話ではありますね。

>>にじさん

確かに、若い人でも同じような人は多いと思いますね。

>ただ、心配なのはマイナスになったときにmasaさんがAさんから
>理不尽な応対をされるのではないか。。。ということです(泣)

おそらくこれはないと思います。そもそも私が勧めた商品ではありませんから(^^)
銀行に対しては不満をたらたら言うかもしれませんけど(-_-)
一応は、リスクについても必要以上に強調しておきました。

>>空色さん

まあ、そうなのかもしれませんが・・・投資系ブログなどで「勉強している投資家さん」の記事ばかり読んでいるので、どうにもそんな人の存在が信じられなくなってしまうのですよね・・・(^_^;;)
現実には、勉強している投資家さんの方が少数派なんでしょう。
【2006/12/26 21:31】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/206-dc4449b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。