FC2ブログ
プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
新年明けましておめでとうございます。
皆さん、新年明けましておめでとうございます。

2007年になりました。ブログを始めてから2度目のお正月を迎えたわけです。これまで、「記事のネタがどこまで続くだろうか?」と不安に思いながらも更新を続けてきたわけですが、実際にやってみると記事のネタはいくらでも見つけることができました(^_^;)

この記事のネタの問題は、ブログを書き始める前から随分心配していたのです。私が過去に読んでいたマネー系のメルマガでも、「もう書くことがなくなったからメルマガ廃刊」というケースがあったからです。特に、私のブログの基本コンセプトは「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」「投資なくして資産形成なし」というシンプルなものですから、節約・貯金・投資に関することを一通り書いてしまうともう書くことがなくなってしまうだろう、と思っていました。


もともと私のブログは、自分のマネー哲学をまとめるために始めたものですから、それが書き終わってしまったらそれで終わりにしようと思っていた部分もないわけではありませんでした。


実際にブログを書き始めてみると、予想外の反響の多さに以外に驚いたものです。私が書いてきた内容は、どれをとっても当たり前の内容ばかりだからです。
けれども、その当たり前の内容が意外と新鮮だったのかもしれません。金銭管理というものは非常に単純なものです。しかし、単純なことほど実行することが困難である、というのもまた事実です。
結局、お金持ちになるための秘訣というのは、簡単なことを実行するということができるかどうかというだけのことのような気がします。私のブログは、その簡単なことを、わかりやすくかみ砕いて記事を書くようにしているつもりです。

「お金は魔物」と言われることがあります。しかし、お金が魔物になるかどうかは、あくまでも「お金の使い手」によるという気がします。お金というものは「使う人の心を映し出す鏡」だと思います。魔物になるかどうかはその人次第、というわけです。
拝金主義という考え方も好きではありません。「拝金」という言葉を辞書で引くと、「金銭を無上のものとして崇拝すること」とあります。お金は確かに生活に不可欠で、非常に大切なものです。しかし、お金というのはあくまでも生活を豊かにするための便利な道具として使うべきものであって、崇拝の対象ではありません。

私にとって、もっとも理想的な経済状態は、「お金が空気のような状態になること」だと考えています。どういうことかというと、「お金の存在を意識することなく、常に過不足のない状態にしたい」と思っているのです。幸いにして、私の方は現在のところ堅実な貯金と投資によって順調に資産を殖やしつつあります。少しずつですが、理想の状態に近づきつつあることを実感しています。

資産形成の過程の中で新たに得た教訓を含めて、今後ともわかりやすくてためになる記事を書き続けようと思っておりますので、今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

※今日の記事は、臨時更新です。お正月休みの間は更新しないといいつつも、やっぱり新年の挨拶だけはすることにしたのです(^^)


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

masaさん。
明けましておめでとうございます。

日本はとかくお金のことを人前や子供の前で話すことを「ハシタナイ」ことだと考えます。
それはやはり間違いです。
家庭で学校で「お金」というものがどういうものかということを勉強させなければなりません。
中国人、華僑はその辺が徹底されているのだと思います。
家族経営、ファミリー企業が多いため否が応でも「お金」の感覚が身に付くのでしょう。

そのような「お金」に関して無頓着な日本人が多い中、masaさんのお金や投資に関する考え方は大変新鮮であり、大変ためになります。
今年も「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を貫いてください。

しかしたまには息抜きも必要ですね。
常に張りつめていると、いざと言うときにもろいものです。
masaさんの自分へのご褒美みたいな内容も期待しています。
本年もよろしくお願いいたします。
【2007/01/01 16:59】 URL | スマイリー #TMk8PTho [ 編集]


「崇拝の対象」という意味が、結構深くて捕らえにくいのですが、
「コレクションの対象」として捉えるのは悪くないのではないでしょうか?
ブリキのおもちゃを集めたり、トレーディングカードを集めたりするのと一緒ではないかと思います。
私などは、一万円を使って、おつりとして千円札が9枚もどってきただけでもうれしくなってしまいます(<根が貧民)。
昔、漫画「パタリロ」を呼んでいて、主人公パタリロの趣味が「現金収集」という設定を見て
「なるほど、これはありだよな」と思ったものです。
ただ、パタリロの趣味が判明するのは彼自身の、
「クレジットカードを作ろうと思ったのだが、申込書に趣味の欄があって、そこに現金収集と書くわけには行かないので、陶芸をはじめることにした」
というセリフだったため・・・・。
やはり、「趣味は現金収集」というのは、あまり人様には言わないほうがいいみたいです。
【2007/01/02 04:18】 URL | 元町愛 #mQop/nM. [ 編集]


>>スマイリーさん

明けましておめでとうございます。
私は、残念ながら中国人や華僑といった方々に関しては知識がないのですが、「商売がうまい」というイメージは持っています(^^)
お金で苦労をしないためには、お金のことをきちんと学ぶのが当たり前だと思っています。私の場合、「一般的な日本人的な習慣」というものに妙な違和感を感じることが多いのですよね・・・。特にお金に関することについてはなおさらです。感覚が少々ずれているのかもしれません(^_^;)

>masaさんの自分へのご褒美みたいな内容も期待しています。

確かにそうですね。時にはそういう記事も書いた方がいいのかもしれません。私の場合、長く使う耐久消費財などの場合、気に入ったものを買うためのお金は惜しまない主義なので、それが「自分へのご褒美」なのかもしれません(^^)


>>元町愛さん

趣味は現金収集というのもどうなんでしょうね・・・(^_^;)
物語のタイトルは忘れてしまいましたが、「裏庭に金貨を入れた壺を埋めておいて、時々掘り出してきては眺めて楽しむ」という逸話を思い出してしまいますね(昔話でしたっけ?)。
私の場合、節約と投資に対しては、「未来の自分にお金を貸し付けている」という感覚で取り組んでいます。節約も投資も「趣味としての現金収集」というよりも、何もしないと、年をとってから経済的苦況に追い込まれるのはほぼ間違いないので、やむなく取り組んでいるというのが本音ではあります。
節約も投資もしないで済む身分になるのが一番の理想なのですが、現実はそうではないので仕方がないなあ、と思っています。現状では毎年お金が増え続けてはいるので、うまくいっている方だとは思うのですが、その一方で少々複雑な思いもあるのですけどね・・・。


パタリロと言えば、昔アニメで見ておりました。ギャグとシリアスな話とのバランスは最高でした・・・。
【2007/01/02 20:06】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/209-50ea1f50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)