プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎月分配型ファンドに魅力を感じる人たちの共通点
過去に、毎月分配型ファンドに関して何度か記事を書いてきていますが、その中でふと思ったことがあるのです。それは何かというと、「毎月分配型ファンドに魅力を感じる人たちには共通点があるのではないか?」ということです。
その共通点とは・・・

(1)現在の収入に不安がある人
(2)毎月決まった日にお金が振り込まれることに対して安心感を感じる人

の2点です。考えてみると、一般的に投資をしている人というのは、ある程度経済的に余裕のある人が大半であるはずです。当たり前のことですが、生活するだけでぎりぎりいっぱいの経済状態では投資どころではありませんから・・・。

要するに、「今現在、ある程度の経済的ゆとりのある人にとっては今日のお金より将来のお金の方が大切」であるのに対し、「今現在、生活にゆとりのない人にとっては将来のお金より今のお金の方が大切」ということになり、結果的に「投資効率の悪さ(複利運用できない、あるいはタコ足配当で元本を食いつぶすといったこと)を無視してでも、毎月お金が振り込まれるという安心感」に魅力を感じるのでしょう。それが、低所得者層や、生活に不安のある高齢者が毎月分配型ファンドに心を惹かれる最大の理由であると考えられます。

なぜ、私がこういうことを考えたのかといえば、私自身が低所得者層に属するからです。

私のような低所得者層にとっては、「毎月の少ない収入を補ってくれる(ようであるかのように見える)」毎月分配型ファンドというのは、非常に魅力的に感じるものです。もっとも、私の場合は、少なくともお金のことに関しては極めて冷静かつ合理的に考える理論派ですので、毎月分配型ファンドを実際に買おうとは決して思わないのですけどね。一方で投資資金を投下しながら、もう一方で毎月分配金を受け取るというのはどう考えても不合理ですから・・・。



人間の経済行動を心理学的側面から分析する行動経済学というという経済学の一分野がありますが、毎月分配型ファンドというのは、まさにこの行動経済学を応用した代表的な投資商品なのかもしれません。行動経済学をうまく活用しているのは、どうやら金融商品の売り手側のようです。



逆に、「人間というものは、合理的に行動するはずだ」という考え方の人たちにとっては、毎月分配型ファンドを買う人の投資行動というのは理解の範疇を超えてしまっているのでしょう。そしてこの認識のズレこそが、毎月分配型ファンドの是非(賛成派と反対派)を巡る議論の根本になっている気がするのです。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

確かにそうですね。
毎月キャッシュ受け取る事が出来るというのは大きいと思います。

株式に投資するときにも、株主に配当を出すよりも自社株買いや成長のために再投資するほうが合理的だ、なんていわれますけど、散々自社株買いや設備投資をやったって最終的に会社が潰れてしまったら長期投資をしてきた株主は投資資金を全額失ってしまいます。

ただ、一上場企業と違って投資信託が倒産することは普通ないと思いますし、分配が元本を取り崩して行われるんだとしたらさすがに違和感を持ってもよさそうなものですけどね。
【2007/01/28 22:05】 URL | vanillacoke #- [ 編集]


分配は、元本取り崩しで行われるなら、これから資産を使っていく人には良いと思いますが。どんなファンドであっても元本は保証などされていません。使わなくてもドカンと減る事がいくらでもあります。

細々と、リカクして使っていくのを、自動的にやってくれるわけで、下げトレンドになった時にあわてて狼狽売りなどするよりは、ずっといいと思います。
資産形成ではなく、資産をうまく使っていく為の商品ととらえればいいのでは?と思いますが。
【2007/01/29 07:27】 URL | なつめぐ #- [ 編集]


はじめまして。
初めてコメントさせていただきます。

私は毎月分配型ファンドホルダーの一人です。もちろん、再投資型のインデックスファンドにも毎月積み立てしています。
masaさんのように知識はありませんが、私は自分の投資がそれ程、非合理的だとは思っておりません。
私の場合、毎月分配があるおかげで、家計が安定し、貯蓄、投資にまわせる資金が確保できています。また、毎日基準価額・純資産総額もチェックしており、リスク管理はしているつもりです。
もちろんmasaさんの仰る、毎月分配型のデメリットは多少は承知しているつもりです。ブログの内容もその通りです。しかし、全ての毎月分配型ファンドホルダーが、非論理的であるというような表現(実際にはそう書いてはいませんが)にはいささか抵抗を感じます。
投資初心者が意見することなので、もし御気を悪くされたらすみません。
【2007/01/29 22:30】 URL | natu #- [ 編集]


私は、毎月分配型の存在意味が今ひとつ分かりません。
ほとんどの投資信託やMMFは解約手数料が発生しません。
お金が必要になったら、必要な分だけ解約すればいいのではないでしょうか?
また、毎月分配を選ぶより、半年や1年決算のものを選んで、自分で解約した方が
複利効果があって有利だと思うのですが。

毎月分配は、窓口に行って引き出し(部分解約)手続きするのが面倒くさいから、
というネット取引が苦手な人のための投資信託、といった気がします。
【2007/01/30 22:59】 URL | 元町愛 #mQop/nM. [ 編集]


毎月分配型のファンドが支持される理由について、私もだいぶ理解できてきました。

つまり、ファンドに預けた資産を回収するときに、毎月分配型=ファンド運用者に決めてもらって定期的に分配してもらう、無分配型=投資者が自分で決めて解約して(or買取させて)払い戻す、この点の違いかなあと思います。
ここで、毎月の分配金にかかる税金や潜在的な手数料が余分なコストと考えられるわけです。

先々の収入に不安がある場合は、自分で決断して出金するということは、かなりの心理的な抵抗があるのではないかと推測します。今出金してしまったら、将来お金が足りなくなったらどうしようかとか、後悔してしまう自分が想像されます。
だから、予め決めてもらって分配してもらう方が、心理的な壁を越えるストレスに比べると、多少の不利な点はあってもベターな選択と考えられる場合もあるのかなあと思いました。

ただし、自分で一部解約手続するのが面倒だからという理由などでは、あまり合理的な選択とはいえないでしょうね。
あと、ファンド運用額ベースで大きな割合を占めている毎月分配型の投資者の中で、上のようなケースが当てはまる人が本当に大部分なのか?というのが、ちょっと疑問な点ではあります。
【2007/01/31 10:40】 URL | Gabbiano #qbIq4rIg [ 編集]


>>バニラコークさん

株式における配当金にも、「心理的な意味での合理性」はあるのかもしれませんね。株式の配当であれ、毎月分配型の分配金であれ、「目に見える形でのキャッシュ」の心理的効果は非常に大きいと思います。


>>なつめぐさん

確かにそういう考え方もできるかもしれません。そういう意味では高齢者向けの商品だと言えるのかも・・・?
ただ、毎月分配型の仕組みを知らない人の方がはるかに多いはずなので、それが最大の問題ではありますね。利益分だけを分配するならまだいいのですが、利益が出ていないのに配当を出す、いわゆるタコ足配当をしていないかどうかはしっかりとチェックしておく必要はあります。


>>natuさん

内容を理解していて、なおかつリスク管理もしっかりとできているのなら、何ら問題はないと思います。私が問題にしているのは、「デメリットを知らずに投資すること」だからです。


>>元町愛さん

まさにその通りです。
もし、私が今現金が必要なら、現在私が保有している各投資商品を自分で必要な額だけ部分解約する道を選びます(ちなみに、私が保有するファンドのうち、さわかみファンドは今まで一度も分配金を出していません)。
元町愛さんのコメントにあるように、「窓口に行って部分解約手続きするのが面倒くさい人」にはいいのかもしれません(とはいえ、これがメリットと言えるかどうかは疑問ですが・・・)。


>>Gabbianoさん

確かに、「運用者に解約金額を決めてもらう」ことの心理的効果は大きいかもしれません。
また、預貯金感覚で投資している人も多くいると思われます(おそらくこういう人が大半でしょう)。人の心理を巧みに利用した商品ですね。

思うに、おそらく毎月分配型ファンドに投資している投資家の大半は、そもそも合理的かどうかなど考えてもいないと思います。
(中には、コメントを頂いたnatuさんのように、デメリットを承知の上で、しっかりとリスク管理をしている人もおられるようですが、それはむしろ少数派でしょうね)
【2007/02/01 21:54】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


「毎月分配型」の存在意味が分からない・・・と書きましたが、わたし的にはひとつだけ
例外があります。
それは、損切りです。
とても、パフォーマンスの悪い投資信託を持っていまして・・・
「これが、毎月分配型だったらなぁ」といつも思ってしまいます。

どうしても、自分で、全解約できないのです。
2~3ヶ月毎に、すこしづつ解約しているのですが・・・精神的に、つらいです。
長期投資を前提に購入していますので、購入銘柄を誤ったと気づいたときの
対処(損切り)はジレンマでいっぱいになります。
個別株式投資では、自動で損切りしてくれるシステムがありますが、投信は自ら
手を下すしかないので、残念です。

決算期間を自由に変えられる投資信託なんて、できないでしょうかねぇ。

(ヘッジつきの債権型なんか、どれも最悪な感じですが・・・)
(逆に買い場なのかも)
【2007/02/02 02:37】 URL | 元町愛 #mQop/nM. [ 編集]


>>元町愛さん

うーむ。すっかり投資家心理の罠にはまっているようですね。
こうしたケースであっても、毎月分配が不合理であることに変わりはありませんが・・・。
投資家心理というものは難しいですね。人間は感情の生き物である以上は、仕方がないのかもしれませんね・・・。

【2007/02/04 14:37】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


レスありがとうございます。

「投資家心理の罠」・・・まさにそのとおりかも・・・。
「合理的な投資を妨げる投資家心理」
・・・みたいな、講義をぜひお願いいたします。
【2007/02/05 04:36】 URL | 元町愛 #mQop/nM. [ 編集]


>>元町愛さん

投資家心理の罠については、また一度記事にしてみたいとは思います。
とはいえ、どんな内容になるか、いつ記事にするかは全く未定なのであしからずご了承下さい(^^;)
偉そうにブログを書いてはいるものの、基本的に文章を書くのが苦手なもので・・・(-_-)

【2007/02/09 22:10】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/218-501d463f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。