プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運用利回り(2007年1月28日現在)
毎度おなじみ運用利回り公開です。データは2007年1月28日現在。よって、先週末の終値のデータです。

-------------------------

*TOPIX連動型上場投資信託(証券コード1306)
投資収益率 +44.8%  年間収益率 +19.9%
商品説明:TOPIX連動型ETF

*インデックスファンドTSP
投資収益率 +8.1%  年間収益率 +15.7%
商品説明:TOPIX連動型インデックスファンド

*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド
投資収益率 +43.5%  年間収益率 +22.0%
商品説明:米国バンガード社の4種類のインデックスファンドに投資するファンド・オブ・ファンズ。日本以外の世界主要各国の株式に投資する。為替リスクあり。

*さわかみファンド  投資収益率 +29.6%  年間収益率 +18.0%

*HSBCチャイナオープン  投資収益率 +119.2%  年間収益率 +33.3%

*HSBCインドオープン  投資収益率 +64.5%  年間収益率 +50.4%

*日本プライムリアルティ(証券コード8955)
投資収益率 +72.7%  年間収益率 +25.5%
商品説明:J-REIT。

*東京グロースリート投資法人(証券コード8963)
投資収益率 +11.0%  年間収益率 +8.0%
商品説明:J-REIT。

*外貨建てMMF(アメリカドル)  投資収益率 +19.3%  年間収益率 (データなし)


*外貨建てMMF(ユーロ)  投資収益率 +24.4%  年間収益率 (データなし)

*純金積み立て
投資収益率 (データなし)  年間収益率 (データなし)
 商品説明:田中貴金属工業にて純金積み立て。

※外貨建てMMFの投資収益率は、円換算のものです。
※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。

-------------------------

全体としては絶好調です。
・・・というよりも、あまりの好調ぶりが怖いです (^_^;)

どうも日本市場以外では、バブルの匂いがぷんぷんするので、当面は積立投資金額を控えめにしたいと思っています。
どうせそのうち大暴落するか、何らかの調整局面に入るでしょうから、そのときにたっぷりと買い増しができるように投資予備資金の貯金に重点を置きます。

今年に入ってからわずか1ヶ月であるにもかかわらず資産増加率がすごいので、より慎重な姿勢をとりたいと思います。無理をしてもリスクが高まるだけで何一ついいことはありませんから。

そういえば、先週ぐらいに読んだ某週刊誌では、「中国やインドに投資して儲けよう!」などという記事が載っていましたが、今頃から大きく投資するのってどう考えても超ハイリスクだと思うんですけどね・・・。長期保有前提で少額積立から始めるならいいかもしれませんが・・・。そもそも投資で稼ぐというのは、そんなに甘くはないと思うんですけど。どうにも週刊誌の投資関連記事というのは好きになれません。あの手の雑誌の記事って、百害あって一利なしだとつくづく思います。

私の方は、のんびりと「株式市場のバーゲンセール」すなわち大暴落を待つことにします。
・・・さて、次のバーゲンはいつになるんでしょうね? (^_^)





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

いつもながら、質問させていただきます。

J-REITは、個別投資されていますが、やはり、J-REITのインデックスもしくはアクティブファンドに投資するより効率がいいでしょうか?
たしかに、ファンズ・オブ・ファンズは手数料が2重になりますが、上場投信に対してのファンドなら、それほど影響は無いのではないかと思うのですが。
(購入手数料は、かかりますが)

わたしは、大和J-RIETを少しだけ持っているのですが、やはり個別投資より不利でしょうか?
円安のため外国債に投資するよりは、内需関連としてJ-RIETの買い増しを考えているのですが、悩んでいます。
現在好調な利回りに目が奪われてしまい、自分では、よくわからないのです。
よろしくお願い申し上げます。

追伸
HSBCチャイナオープンはここのところ伸び悩んでいますね。
暴落するかな?
【2007/02/01 11:27】 URL | 元町愛 #mQop/nM. [ 編集]

節分天井、彼岸底
masaさん。どうも!
このところの全世界的な上げ相場はそろそろ黄色信号でしょうね。
今年第一回目の利確調整が入るかもしれません。
まあこの手の内容を相場で一喜一憂とは無縁のmasaさんにお話しするのはお門違いかもしれませんが。

HSBCチャイナオープンはH株中心の投資先ですね。
中国A株は今年も元気で、A株関連ファンドの上昇率はすざましいものがあります。
ご参考までに。
【2007/02/03 19:40】 URL | スマイリー #TMk8PTho [ 編集]


スマイリー さん 情報ありがとうございます。

なるほど、中国A株は好調なのですね。
でも、中国A株のみへの投資信託って見たことないです。
やはり、外貨建て+個別投資なんでしょうか?
今後も、よろしくお願いいたします。
【2007/02/04 00:03】 URL | 元町愛 #mQop/nM. [ 編集]


>>元町愛さん

REITファンドを買うか、個別銘柄を買うかは資金力の有無と好みの違いによると思います。いずれにも一長一短がありますから・・・。
REITを個別銘柄で買うことの最大のデメリットは、やはりそれなりの資金力が必要になるという点ですね。あくまでも個人的意見ですが、「資金があればREITの個別銘柄、なければREITファンド」という選択の仕方でいいのではないか、と思っています。

REITに関しては、いずれにしても、ポートフォリオの中核にすべきではないと思っています。リスクの割に期待リターンが小さすぎる気がします。

最後に、REITに関して参考になるサイトへのリンクを貼っておきます。
(コラムなどは、売り手側の立場で書かれている部分が大きいように思いますが、銘柄一覧などは役に立ちそうです)

全ての投資家のための不動産投信情報ポータル
http://www.japan-reit.com/

REITについては、私も評価が非常に難しいと思っています。参考になるコメントでなくて申し訳ないのですが・・・。


HSBCチャイナオープンの件ですが、今後どうなるかは誰にもわかりません。ただ、最悪の事態にも耐えられるようにしておくべきだと思っているだけです(^^;)

>>スマイリーさん

コメントありがとうございました。参考になりますm(_ _)m
上昇率がすごいだけに、やはり警戒した方がよさそうですね。
私としては、調整局面で買いたいところではあります(^^;)

【2007/02/04 09:53】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/220-e5abb290
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

さわかみファンド投信の業務停止命令とは?

さわかみファンド投信の業務停止命令とは? さわかみファンドweb さわ か み 投信や信託などの証券情報sawakamicomへようこそ【2007/02/08 21:18】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。