プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし私が日本市場にしか投資していなかったとしたら・・・?
投資家の中には、日本の株式市場にしか投資しない人も大勢おられるようです。しかし、私にはそういう投資姿勢は非常に疑問に思えます。


日本市場というのは、数ある投資対象の一つにしか過ぎないからです。


もし、仮に私が日本市場にしか投資していなかったとしたら・・・それは非常に大きなリスクを背負うことになったのではないか、と思います。なぜならば、「特定の市場に集中投資」することになってしまうからです。たとえ、日本株式のETFやインデックスファンドで分散投資していたとしても、それはあくまでも「日本市場という特定市場の中での分散」に過ぎません。

日本の景気が好調なうちは、給与所得も増加が見込めますし、投資の運用利回りも好調となるでしょう。しかしながら、一旦、日本の景気が悪化してしまうと、給与所得下落(ヘタすると失業の可能性もあり)に加えて、運用利回りの悪化という二重の痛手を受けることにつながります。


私はいつも考えてしまうのですが、もし私が日本のバブル経済の絶頂期に投資を始めたとして、もしそのときに日本株式に集中投資していたとしたらどうなっていたことか?
恐らく私は大損していたことでしょう。バブル崩壊によって景気はどんどん悪化し、ポートフォリオの運用利回りはマイナス運用が当たり前になり、その上、給与所得も大ピンチに・・・という最悪の状態になっていたものと思われます。


日本という国は、確かに慣れ親しんだ国ではあります。だからといって、「日本に集中投資する」ことは決して合理的とは思えません。そもそも、投資対象として適切かどうかということも冷静に考えなくてはなりません。


「自分が住んでいる国だから・・・」などという安易な理由で投資判断をしてはならないというのが私の基本姿勢です。人間と言うものは、どうしても自分の住んでいる国に対しては判断が甘くなりがちだと思うので、むしろより厳しい投資判断をすべきだと思っているのです。


余談ですが、バブル経済とその崩壊、そしてその後の長い不況というのは、私が実際に投資を始めるにあたって非常に大きな教訓となりました。先人たちの失敗に学んだことこそが、今の投資家としての私にとって非常に大きなプラスになっていることは疑いようがありません。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
国際分散投資
そのとおり!!と思いました。

私は日本株(インデックスファンド)への配分は20%に抑えています。
でも、このところ日本株が好調なので、割合を増やしたくなる衝動にかられるのですが、相場の予想はだれにもできないですもんね。我慢してます。
アセットアロケーションを守るというのは、結構自制心がいることかもしれません;(昨年末はチャイナファンドを増やしたいという衝動が;;;)
【2007/02/07 21:55】 URL | けーぽん #mQop/nM. [ 編集]


よく、個人投資家で、「日本株のみ」とか「日本株+中国株」というかたを拝見するのですが、アメリカ人から見たら、おそらく、「エマージングマーケットオンリー?クレイジー!!」と見えるのではないでしょうか。
【2007/02/07 23:52】 URL | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA [ 編集]


これと似ており、さらに悲惨な状況となりやすいのが、「もし私が自社株の積み立てしかしていなかったら」・・・ですね。

どうも日本人は自社や自国を客観的に見ることが苦手なようで、株式投資を毛嫌いする人でも、自社株の積み立てには好意的だったりして、感情に左右されることが多いように思います。アメリカでも投資が分からない人は結局自社株を購入するようなので、日本人だけの性癖というわけではないのかもしれませんが。
【2007/02/10 09:51】 URL | PALCOM #- [ 編集]


「愛社精神」については分からないこともないのですが、エンロンや山一證券の状況を見るにつけ、山崎元氏が述べるように「資産形成とは切り離して考えた方がよい」と思います。

私は父の資産運用を見ていますが、運用に回す資産を全体の55%、日本株:外国株を1:1、外国債券:外国株式を3:2程度の比率にしています。50代で自営業(まだ健康状況はよく、収入見込みはある)なので、これくらいが妥当ではないかと考えてのことですが、各種資産への分散に関しては、大事なことととらたほうがいいと言う意見には賛同します。

それにしても新興国ファンドと個別日本株だけの投資家というのは、若い人ならまだいいかもしれませんが、資産形成を考える上では到底真似できません…。あまりにも怖いので(先進国株式分散投資より価格変動リスクが大きいわりに、期待リターンが釣り合わないほど低い気がしてならない)。
【2007/02/10 13:26】 URL | 新幹線 #FyfYRPZg [ 編集]


>>けーぽんさん

アセットアロケーションをかたくなに守るのは自制心が必要ですね。この自制心と忍耐が投資には必要不可欠だと思います。


>>水瀬さん

確かにそうですね。日本のみにしても、日本+中国にしても、あまりにリスクが高すぎると思います。
もっと極端なパターンとして、日本の新興市場のみの投資家もおられますが、ここまでくるともはや超ハイリスク・超ハイリターンということになりそうですね・・・(-_-;)

>>PALCOMさん

自社株積立もまた極端な集中投資になってしまうパターンの典型ですね。積立をしている人の立場からすれば、それが大きなリスクを伴うという自覚がないのでしょうねぇ・・・。

>>新幹線さん

愛社精神については、まさにその通りですね。
愛社精神を表すなら、自社株積立をするよりも本業の仕事で頑張るのが一番だと思います。で、本業で稼いだお金を、リスク分散のために別の投資対象に投資する、というのが妥当でしょうね。

日本株+新興国の組み合わせに関しては、私も同じ感想を持っています。確かに、リスクとリターンのバランスがあまりに悪すぎるように思えます。

【2007/02/11 15:26】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


日本株でも外需が中心だから・・・。
【2007/02/16 22:27】 URL | 名無しさん #- [ 編集]


>>名無しさん

確かにそういう考え方もできますね。さわかみファンドも確かそういう投資スタイルだったはず。それは考え方の違いということになりそうですね。

【2007/02/18 17:01】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/222-407088f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エマージング国株式投信になぜ投資するのですか

久々にmasaさんのブログのエントリを取り上げさせていただきます。もし私が日本市場にしか投資していなかったとしたら・・・?masaさんは日本のみを投資対象にすることについて次のように述べられています。日本という国は、確かに慣れ親しんだ国ではあります。だからといっ rennyの備忘録【2007/02/10 09:54】

騰落率など(バニラコーク3号 2007/2/2)

masaさんのブログの「もし私が日本市場にしか投資していなかったとしたら・・・?」を見て改めて確認してみた所、バニラコーク3号は日本株比率が高すぎる状態である事に気付きました。(バニラコーク4号はほとんど外国株式なのですが、あっちはお遊びというか実験用なので3号 バニラコークの投資日記【2007/02/12 11:37】

「ホームカントリーバイアス」の危険性

masaさん、rennyさんが投資対象が国内資産に偏ってしまうことの危険性について指摘していらっしゃいます。masaさん 『もし私が日本市場にしか投資していなかったとしたら・・・?』投資家の中には、日本の株式市場に 自由な時間と経済的自立のために【2007/02/12 15:59】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。