プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の投資戦略 日本株式の投資比率引き下げ
今年は投資計画がなかなか決まらなかったのですが、とりあえずは方針が一つだけ決まりました。それは何かというと、


日本株式への投資比率を相対的に引き下げる


ということです。もともと、日本株式の比率を高めにしているのは、「景気が回復・あるいは過熱する前にたっぷりと買っておこう」という意図によるものでした。それを調整していこうということです。とはいえ、日本株式ファンドを売却して他の資産クラスに振り分けるというわけではありません。すでに買っている日本株式の資産クラスはそのままに、今後は外国株式の資産クラスを中心に積み立てていこうというわけです。

------------------------------

さて、ここで日本株式の資産クラスについて、上昇と下落の2つのパターンについて想定してみます。


日本株式が上昇した場合・・・日本株式が上昇すると、ただでさえ高くなっている日本株式の投資比率がさらに高くなることになる。「日本株式への集中投資」を避けるため、これ以上の日本株式資産クラスへの積み立ては当面の間は抑えるのが妥当。

日本株式が下落した場合・・・日本株式が下落すると、相対的に日本株式への投資比率が下がることになる。よって、現在の高すぎる日本株式の比率が適正な水準になることが期待される。あまりに大きく下落するようであれば、逆にそうした「バーゲンセール」の時に買い増しすることも検討する。


・・・どっちにしても、日本株式の投資比率を引き下げの方向へ動かそうというわけです。上がろうが下がろうが、別にどちらでも全くかまいません。要は、結果として日本株式の比率が下がればそれでよいのです。日本株式は、数ある投資対象の一つでしかないのですから、日本株式に固執する必要はないと考えています。要は、「ポートフォリオ全体として」利益が出ていればそれでよいわけですから・・・。


そんなわけで、今後は少しずつポートフォリオを調整していく予定です。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

あの、質問なのですが・・・

外国株式の投資信託で、インデックスを基本にしているものでも、いろいろあるじゃないですか。
MSCIコクサイ インデックス基準とか、トヨタ・バンガード、セゾン・バンガードのように、各国のインデックスを適宜わり当てているものとか。
こういうファンドを、いくつか分散させて持つというのは、あんまり意味はない(効率がよくない)のでしょうか?

今の日本の環境では、バンガードの多彩なインデックスは購入できませんので、個人で国ごとに投資の割り振りはできませんし・・・。
ましてや各国の経済事情なんて、おとなりの中国でさえもよくわからないので・・・。
何を基準にしているのか知らないけど、とりあえず分散されている外国株式投信を、さらに複数持つというのはだめなんですかねぇ。
たしかに、外国株分散型ファンドは、インデックス物は少ないですが・・・。
【2007/02/22 00:47】 URL | 元町愛 #mQop/nM. [ 編集]

先進株式組み込みを検討
私も日本株の投資比率は5割程度ですが、もう少し引き下げていいような気がしています。

現状で最も興味があるのは、楽天証券の米国株ETFとセゾン投信のバランスファンドですが、両方を活用して段階的に引き下げようと考えました。
【2007/02/24 00:08】 URL | 新幹線 #FyfYRPZg [ 編集]

遅くなりましたがコメントをつけておきます
ブログ更新停止中ですが、コメントをつけておきます。
今更ではありますが・・・


>>元町愛さん

質問の件については、私も考えてしまうところではあります。
元町愛さんの書いておられるとおり、バンガードの個別のインデックスファンドを購入できる状況にはない以上、外国株式投信をさらに複数所有数することが無意味とも思えません。
というよりも、現状ではそうせざるを得ないのも事実ではないか、という気がしています。


参考になるかどうかわかりませんが、私のブログからリンクしている「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の中の記事を紹介しておきます。

外国株式インデックスファンド放浪記(まとめ)
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-232.html


これを読むと、買ってただ持ち続けるだけのインデックスファンドもけっこう大変だという気がします。いきなり取り扱いがなくなったりとか。今後もこうしたことが起きないとも限りませんから、複数のファンドの所有にも意味があるのではないか、と思うわけです。




>>新幹線さん

やはり、無意識的に日本株式の投資比率が上がってしまうものですね(^^;)
私自身、こんな記事を書いておきながら、さて、どの程度が適正な比率なのか?ということを模索しているところです。
時価総額ベースで考えると、日本株式の比率は極端に下がってしまいますし・・・。

【2007/03/04 15:32】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/226-e1b2e90e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。