プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界同時株安局面で分散投資は通用しなかったのか?
世界同時株安に関するブログなどで、時々目にするコメントがあります。それは・・・


「分散投資が大事だというけれど、世界同時株安という状況になってしまったら、いくら分散していても意味がないではないか」


というものです。今日は、この点について考えてみたいと思います。
・・・とはいえ、私のレベルでは、詳細なデータ分析など全くできません。「世界同時株安局面での分散投資の有効性」という学術的な研究については、誰かヒマな人・・・もとい、知的探求心旺盛な方々にお任せするとして、私の記事では、自分自身が世界同時株安という事態に遭遇して感じたことを書いてみます。

私自身のポートフォリオもまた、世界同時株安によって大半が下落してしまいました。では、分散投資をしていても意味がなかったのか?という点についてなのですが・・・



「それでもやはり分散投資していてよかった」というのが私の出した結論です。なぜかというと、もし分散投資していなかったとすると、この程度の下落では済まなかっただろうと思うからです。



分散投資の対極に位置するのは集中投資ですが、価格変動の大きさを考えると、もし集中投資をしていたら、それこそ悲惨なことになっていた可能性が高いものと思われます。例えば、世界同時株安の直前のタイミングで、特定の投資対象に一点集中買いをしていたとしたら・・・?
この場合、資産クラスの集中(例えば株式という資産クラスのみに投資)、地域の集中(例えば中国株の特定銘柄のみに投資)、時間の集中(分割して買わず、有り金をはたいてまとめ買い)ということになりますが、その場合、恐らく致命的な経済的打撃を受けるほどの大損をしていた可能性が高いのではないかと思います。

確かに、私のポートフォリオは全般的に大きな下げに見舞われました。それは事実です。しかしながら、どの投資対象にしても、分散投資(資産クラスの分散・地域の分散・時間の分散)をしていたからこそ、さほどのダメージを受けなかったのだと思うのです。実際のところ、利益が少々減ったというだけの話であって、ポートフォリオ全体としては、世界同時株安という事態に遭遇してもなお、高いリターンを維持できています。以前にも書いたように、元本割れには程遠い状況です。



つまり、「分散投資をしていても意味がなかった」のではなく、「分散投資していたからこそ、この程度のゆるやかな下げで済んでいる」と考えているのです。これはまさに分散投資の恩恵だといえるのではないでしょうか?



世界同時株安という一つの局面のみをみて、「分散投資をしていても意味はない」と考えるのは、非常に短絡的な発想ではないか、と思います。「分散投資がだめなら集中投資」という発想ではリスクははるかに大きくなるでしょうし、「いっそのこと投資そのものをやめてしまう」ということになれば、リスクもないかわりにリターンもなくなってしまいます。

私は、世界同時株安という事態に直面してもなお、市場にとどまり続けています。そして今なお、高いリターンを上げています。だからこそ私は思うわけです。「インデックスファンドをメインとする分散投資をしていてよかった」と・・・。


むしろ、世界同時株安という局面でこそ、分散投資の真価が発揮されたというべきなのかもしれません。私がこの大暴落時に、「こんなものはよくある世界同時バーゲンセールに過ぎない」と考え、決してパニックを起こすことなく、平然と対処できたのはまさに分散投資のおかげなのですから。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
分散の方法にいっそうの注意が必要
同感です。昔と比べて分散の効果が出にくくなってきたからこそ、より一層の注意を払って分散する必要があると思います。

株が世界的に下がったとき、社債や石油、金まで下がったと聞きます。
http://economist.com/finance/displaystory.cfm?story_id=8829603

日中や石油産出国から流れていた大量の資金が、一気に引き上げられたのでした。難を逃れたのは債券の中でも政府が発行するものと、日本円くらいだった、と上記の記事は報告しています。

だからといって国債さえ持っていればいいわけではありません。国債と株の相関が高いことも過去にありました。いろいろな局面を乗り越えるポートフォリオを形成するのはたいへん難しいようです。
【2007/03/29 03:08】 URL | 与六 #- [ 編集]


>>与六さん

コメントありがとうございます。

>昔と比べて分散の効果が出にくくなってきたからこそ、
>より一層の注意を払って分散する必要があると思います。

確かにその通りですね。
各資産クラスの相関性は今後ますます高まりそうな気もします。
私も、分散投資の有効性を認めつつも、今後の分散投資のポートフォリオの組み方にはさらなる検討が必要だなあと考えているところです。
【2007/03/31 21:37】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/234-5943322e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来週もやや方向感に乏しい動きか・・・それとも

来週は日銀短観や景気動向指数の発表があり、足元の景況感がはっきり見えてくることで株式市場大きく動く可能性も・・・ 株式市場放送局-株式市場の情報をキャッチ【2007/04/01 17:32】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。